2017年02月05日

たかが世界の終わり  原題:Juste la fin du monde

takaga sekai.jpg

監督・脚本:グザヴィエ・ドラン (『Mommy マミー』『わたしはロランス』)
原作:ジャン=リュック・ラガルス「まさに世界の終わり」
出演:ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイ

若手人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)は、12年ぶりに実家に向かっていた。重い腰をあげたのは、家族に「もうすぐ死ぬ」と伝えるためだ。
母マルティーヌ(ナタリー・バイ)は、息子の好きな料理を食卓に並べている。妹シュザンヌ(レア・セドゥ)は、小さい頃に別れた兄の記憶はないが、お洒落をして待ち構えている。一方、兄アントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)は、久しぶりに会う弟に素っ気ない。兄の妻カトリーヌ(マリオン・コティヤール)とは初対面。ぎこちない雰囲気の中で、カトリーヌは気をつかって、話題を探してルイに話しかける。
デザートを食べ終わったら、皆に話そうと思っていたルイだが、タイミングを逸してしまう・・・

12年も帰郷してなかったルイ。どこかぎくしゃくした家族の会話。過去に何があったのか?
一番印象に残ったのは、話し下手なのに、一生懸命ルイに話しかけようとするカトリーヌを演じたマリオン・コティヤール。映画ごとに違った顔を見せてくれて、驚かされる。
プレス資料に、グザヴィエ・ドランが本作を撮ろうと思ったのは、カンヌ国際映画祭でマリオン・コティヤールに出会ったのがきっかけだったとあった。鬼才ドランが引き出したマリオン・コティヤールの違った魅力。
それにしても、なんとももどかしい家族の風景! (咲)



640.jpg

(C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual


第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品、若き天才ドラン監督の最新作。映画のタイトルどおり、愛が終わることに比べたら、たかが世界の終わりなんて… 共感することこの上ない。ましてや家族なんだし… 夫婦なら離婚できるけど家族はそうそう別れられない。私も昔、実兄と喧嘩した時に「兄弟は他人のはじまり」と言われ大変ショックを受けたことを思い出し、つくづく血が繋がっている家族より赤の他人とのほうが分かり合えるなんて、と複雑な気持ちを抱いたことがあり、それは今でもトラウマになっている。これって世界共通のフラグだったのか…。 (千)





2016年/カナダ・フランス/99分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
配給:ギャガ
提供:ピクチャーズデプト、ギャガ、ポニーキャニオン、WOWOW、鈍牛倶楽部
後援:カナダ大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公式サイト:http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/
★2017年2月11日(土)新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA 、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国順次ロードショー



posted by sakiko at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海は燃えている イタリア最南端の小さな島  原題:FUOCOAMMARE 英題:FIRE AT SEA

umi moeteiru.jpg

監督:ジャンフランコ・ロージ(『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』)

イタリア最南端にある小さな島、ランペドゥーサ島。
12歳の少年サムエレは、今日も友だちと手作りのパチンコで遊んでいる。男たちは海に漁に出て、女たちは料理をしたり刺繍をしたり、のどかな島の暮らし。
一方、島で唯一の医師ピエトロ・バルトロのところには、今日も島にたどり着いた難民を乗せた船からの病人が担ぎこまれている。船に赴き、死体を確認することもある。
小さな島なのに、医師以外の島の人たちは、島の片隅の難民キャンプにいる大勢の人たちと交わることもない・・・

チュニジアの海岸から東へわずか113kmに位置するランペドゥーサ島。数多くの難民が押し寄せるのに、島の人たちが彼らと接することもないという現実。映画を観ていて、両者が決して交わることがないことに、最初は不思議な思いがしていたけれど、実はこれが世界の縮図なのだと思いました。私とて、ニュースを見ていて、故国を逃げ出すしかない人たちのことを気の毒だと思っても、結局、何の行動も起こしていません。
誰だって、難民などになりたくないはず。解決策が見つからないのが、ほんとに悲しい。

原題FUOCOAMMAREは、“海の炎”の意。サムエレのおばさんマリアが、悪天候続きで漁に出れない日々が続いている時に、天気の回復を祈ってラジオ局にリクエストする曲のタイトル。 悪天候続きということは、難民を載せた船も、無事にたどり着いているのかしらと、ふと心配になりました。(咲)


第66回ベルリン国際映画祭金熊賞

2015年/イタリア・フランス/114分/イタリア語・英語/ドキュメンタリー
配給:ビターズ・エンド
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館 
協力:国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/umi/
★2017年2月11日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー!
posted by sakiko at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君と100回目の恋

kimito.jpg

監督:月川翔(『黒崎くんの言いなりになんてならない』)
脚本:大島里美
撮影:小宮山充
音楽:伊藤ゴロー
出演:miwa(日向葵海)、坂口健太郎(長谷川陸)、竜星涼(松田直哉)、真野恵里菜(相良里奈)、泉澤祐希(中村鉄太)、太田莉菜(小原遥)、大石吾朗(大学教授)、堀内敬子(日向圭子)、田辺誠一(長谷川俊太)

7月31日誕生日の夜。葵海はライブがうまくいかず落ち込んでいて車にはねられてしまった。気がつくと教室にいて、日付は事故の1週間前の24日。どういうことなのか動揺する葵海に、バンド仲間の陸は自分が時間を巻き戻したのだと告げる。幼馴染の陸はずっと葵海を見守り、事故に遭う葵海の運命を変えようとタイムリープを繰り返していたのだった。
葵海もようやく自分の思いを打ち明け、二人の時間を取り戻すために1年前に戻ることになった。ライブのために曲を作り、幸せな日々を過ごす二人に運命の日が近づいてくる。本当に運命は変えられたのだろうか?

完全オリジナル脚本の切ないラブストーリー。カップルとしてW主演したのはシンガーソングライターのmiwaと坂口健太郎。元気で前向きなキャラの葵海と、クールで完璧な陸。その完璧さには理由があったことがわかります。
タイムスリップものは大好きですが、たいていそれには何らかの影響が出てきます。この作品ではどんなことなのか、それは観てのお楽しみ。愛する人を救うため何度も同じ日を繰り返してあきらめない陸、その一途さにたいていの女子はグッと心を掴まれるはず。その秘密を知った葵海の反応は?自分ならどうするか、女子グループやカップルでいろんな意見が出そうです。(白)


2016年/日本/カラー/ビスタ/116分
配給:アスミック・エース
(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会
http://kimi100.com/
★2017年2月3日(金)よりロードショー
posted by shiraishi at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする