2017年02月19日

スプリング、ハズ、カム

spring.jpg

監督:吉野竜平
脚本:吉野竜平、本田誠人
撮影:清水絵里加
出演:柳家喬太郎(時田肇)、石井杏奈(時田璃子)、朴路美(夏川真希子)

広島でタクシー運転手をしている時田肇は、妻が亡くなってから一人娘の璃子を男手ひとつで育ててきた。この春、東京の大学へ進学することになった璃子と部屋探しのため、2月のある日二人で上京する。あちこちの不動産屋を回って場所や値段の折り合うところを探して歩く。新宿で働く妻の妹の真希子が昼休みに駆けつけてくれた。初めて一人ずつになる父と娘を気にかけてくれるが、肇はなんとかなるよと答える。

受験シーズンもほぼ一段落、春からの新生活を控えている方々も多いことでしょう。ちょうどこの作品のように、アパート探し中の親子もいるはず。初めて親元から離れる息子や娘、送り出す父と母。事件が起きるわけでもない、小さなエピソードを積み重ねたある一日のお話ですが二人には特別の日。自分が自立した日、あるいは子どもと別れた日を思い出してちょっとほっこりしたり、胸がきゅっとなったりします。人気落語家の柳家喬太郎師匠、堂々の映画主演。ご本人はこれが最初で最後と、自然体で「存在」されていたようです。
吉野竜平監督は『あかぼし』(2013)で注目されました。夫に出て行かれ、心が不安定になってしまった妻を朴路美さん。母を必死で支える小学生の息子が健気でした。今回は子離れ、親離れする寂しさがあるものの、それぞれの新しい生活に幸多かれと祈りたくなる暖かい作品です。チラシやHPも桜色です。(白)


2015年/日本/カラー/ビスタ/102分
配給:エレファントハウス
(C)「スプリング、ハズ、カム」製作委員会
http://springhascome.xyz/

★2017年2月18日(土)より新宿武蔵野館
2月25日(土)より渋谷ユーロスペース
その他 柳家喬太郎の落語会に合わせて、巡業ロードショー
posted by shiraishi at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

サクロモンテの丘 ロマの洞窟フラメンコ  原題:Sacromonte, los sabios de la tribu

sacramonte.jpg

監督:チュス・グティエレス
参加アーティスト:クーロ・アルバイシン、ラ・モナ、ライムンド・エレディア、ラ・ポロナ、マノレーテ、ペペ・アビチュエラ、マリキージャ、クキ、ハイメ・エル・パロン、フアン・アンドレス・マジャ、チョンチ・エレディア
他多数

スペイン、アンダルシア地方グラナダのサクロモンテ地区。
この地には、かつて迫害を受けたロマたちが集い、独自の文化が形成されていった。ロマたちが洞窟で暮らしていたことから洞窟フラメンコが生まれ、その力強く情熱的な踊りや歌に、世界中が熱狂した。隆盛をきわめたサクロモンテだが、1963年の水害により全てを失い、人々は住む場所を追われた――。

本作は、伝説のフラメンコ・コミュニティに深く入り込み、激動の時代を生き抜いてきたダンサー、歌い手、ギタリストなどのインタビュー、そしてアンダルシアの乾いた大地を舞台に繰り広げられる詩の朗読、そして力強い舞の数々を通して、大地に根付く魂が紡がれ、代々引き継がれていくさまを描く。

DSCF9365 sacromonte 320.jpg
公開を機に来日されたチュス・グティエレス監督にお話を伺いました。
好奇心旺盛で、とてもパワフル!
インタビュー記事は、こちらでどうぞ!  (咲)

2014年/スペイン語/94分/カラー/ドキュメンタリー/16:9/ステレオ
配給:アップリンク
後援:スペイン大使館、セルバンテス文化センター東京、一般社団法人日本フラメンコ協会
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/sacromonte/
★2017年2月18日(土)より、有楽町スバル座、アップリンク渋谷ほか全国順次公開
posted by sakiko at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の映画祭 つぎつぎと

◆第4回グリーンイメージ国際環境映像祭

▽2017年3月3日(金)〜5日(日)
 3日(金) 11:45 – 21:45 [開場 11:30]
 4日(土) 11:00 – 18:50 [開場 10:45]
 5日(日) 11:00 – 16:45 [開場 10:45]
▽日比谷図書文化館コンベンションホール
 東京都千代田区日比谷公園1-4 地下1階
*スケジュールなど詳細は公式サイトまで
 http://green-image.jp/festivals/4th/
▽参加
 協力費1日1,500円 学生協力費1日1,000円
 3日間通し券3,000円 中学生以下無料
 事前予約不要 当日会場にて

◆大阪アジアン映画祭

▽2017年3月3日(金)〜12日(日)
▽会場
 梅田ブルク7
 ABCホール
 シネ・リーブル梅田 3,4F
 阪急うめだホール
 国立国際美術館(中之島) 
*スケジュールなど詳細は公式サイトまで
http://www.oaff.jp/2017/ja/index.html
▽チケット
 2月18日(土)10時から発売。
全国のチケットぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクスのほか、ぴあwebサイト予約、ぴあ電話予約にて。

◆東京アニメアワードフェスティバル2017

▽2017年3月10日(金)〜13日(月)
▽会場 東京・池袋
 新文芸座、シネマサンシャイン池袋、池袋シネマロサ、池袋HUMAXシネマズ、シネ・リーブル池袋ほか
▽プログラム
・コンペティション部門 長編 短編
・招待部門
・こどもアニメーション部門

*スケジュールなど詳細は公式サイトまで
 http://animefestival.jp/ja/
▽チケット
DMM.E(スマホ利用/アプリをダウンロード・会員登録)にて電子チケット販売。限定通し券あり。
スマホご利用でない方はこちら。劇場での対応はできません。
前売りは2月1日から3月8日まで販売。
posted by shiraishi at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

aibou.jpg

監督:橋本一
脚本:太田愛
撮影:会田正裕
音楽:池頼広
出演:水谷豊(杉下右京)、反町隆史(冠城亘)、北村一輝(黒衣の男)、山口まゆ(鷺沢瑛里佳)、鹿賀丈史(マーク・リュウ)、仲間由紀恵(社美彌子)、及川光博(神戸尊)、
石坂浩二(甲斐峯秋)

7年前、“高度な政治的判断”により闇に葬られた事件があった。英国の日本総領事館で凄惨な集団毒殺事件があり、ただ一人生き残った少女は何者かに連れ去られていた。この事件はニュースにもならず、国民は知るよしもなかった。
国際犯罪組織“レイブン”を長年追ってきた国際犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウが、日本にレイブンが潜伏していると来日する。警視特命課の杉下右京と冠城亘は社美彌子の指示で、リュウの案内役をつとめていた。リュウの部下が殺害され、犯人とみられるグループは7年前に誘拐した少女 鷺沢瑛里佳の現在の姿を動画で公開。7年前の事件にふれ、9億円の身代金を要求したうえ、もし前回のように拒否すれば「大勢の人が見守る中、日本人の誇りは砕け散るだろう」と脅迫した。彼らはレイブンなのか?今再び事件を起こすのはなぜなのか?メッセージの意味するところは?

2000年にテレビの単発ドラマとして始まり、2002年からは連続ドラマに変わり大人気シリーズとして定着している「相棒」。水谷豊と右京さんは同じコインの裏表のように、ぴったりと馴染んでいます。寺脇康文、及川光博、成宮寛貴と相棒が変わるたび劇場版が制作・公開されきました。第4弾となる本作は、法務省からキャリアとして警視庁入りした冠城亘を反町隆史が演じています。長身の冠城が隣に並んでも右京さんの存在感はゆるぎません。こういうふうに切れるだけでなく情もある人がほんとにいるといいんですけどね。いますように。
テロとの戦いに誰がどう向き合っていくのか、今やフィクションと言っていられない時代です。半世紀前の東京オリンピックとは全く違う環境なのに、引き受けちゃって大丈夫なんでしょうか。と現実の心配をしてしまうくらい後半がスリリングに進んでいきます。(白)


2017年/日本/カラー/120分
配給:東映
(C)2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ
http://www.aibou-movie.jp/
★2017年2月11日(土)丸の内TOEIほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

抗い ARAGAI 記録作家 林えいだい

シアター・イメージフォーラムで 2017年2月11日よりモーニングショー公開

24aabb599974d386_R.jpg

監督 西嶋真司  撮影 青木周作
プロデューサー 川井田博幸、倉富清文
協力プロデューサー増永研一
出演 林えいだい、神崎あづさ、倉地ミツ子、河野孝弘、花道柳太郎
朗読 田中泯

チラシPDF
http://aragai-info.net/chirashi/fl1021.pdf

林えいだいは、何故「民」に目を向け書き続け、抗い続けるのか

福岡県筑豊の旧産炭地には、今もアリラン峠と呼ばれる場所がある。 そこは、かつて 日本に徴用された朝鮮人たちが炭鉱に向かう時に歩いた道。でもその地名は地図にはない。
福岡県・筑豊を拠点に、朝鮮人強制連行や霧社事件、特攻隊、カネミ油症や八幡製鉄などの公害問題など、戦争や歴史に翻弄された人々をテーマに取材してきた記録作家・林えいだい83才。悪性のがんに侵され、放射線や抗がん剤治療を続けながらも現場に足を運び、史実を追い求め続けている姿を追ったドキュメンタリー。
1933年、福岡県で生まれた林えいだいは、早稲田大学中退後故郷に帰り、炭鉱夫を経て香原町役場に勤務。町史の編さんにあたる。その後、北九州市で青年労働者の教育を依頼されたのをきっかけに北九州市役所に勤めながら公害教育を担当。しかし、八幡製鉄の問題を取り上げたため異動が繰り返されたため、37才の時に退職、フリーの記録作家になった。
林が記録作家になった背景には、反戦思想を貫き警察の拷問を受けて命を落とした父親の存在があった。神主だった父・寅治は、民族差別に耐えかねて炭鉱から脱走した朝鮮人鉱夫たちをかくまり、「国賊」「非国民」とされ、特高の拷問が原因で死去。その体験が原点になっている。戦時下、国家権力に抗い、志半ばで死んでいった父の無念。国家によって肉親を奪われた子供の頃の記憶が虐げられた人々への救済と鎮魂の思いへと駆り立てる。徹底した聞き取り取材で、見捨てられ虐げられた人々の記憶をたどる。
現在は、国の命運をかけた重爆特攻機“さくら弾機”に放火したという罪が着せられて日本軍に銃殺された朝鮮半島出身の兵士について、この青年が朝鮮人であるが故に無実の罪を着せられたのではないかと疑問を抱き、真相に迫ろうと癌と闘いながらも取材を続けている。しかし、重い癌に侵された指は抗がん剤の副作用でペンを持つのもままならず、セロテープでペンを指に巻き付けながら懸命に取材記録をまとめている。そして、権力に棄てられた民、忘れられた民の姿を記録していくことが自分の使命と語る。現在は、膨大な資料が積まれた私設図書館「ありらん文庫」に愛犬の武蔵とともに暮らしている。

林えいだい_R.jpg


画面に映し出される林えいだいさんの姿や、書かれたものから、真実を調べ記録し、明らかにして残さなくてはならないという執念が強く伝わってくる。「強制連行などなかった」「南京虐殺はなかった」などという人たちは、林えいだいさんが丹念に調べた本をぜひ読んでほしいと思う。そして、マスコミが、もっとその事実を伝えていかなければ「歴史が権力者によって都合良く作り変えられる」時代が来てしまうという危機感を持って、この作品を観た。また戦争がくりかえされないように、今、戦争の時代を生きた人たちの記録を残しておかなければと思う。(暁)

配給 潟Oループ現代
2016年/カラー/100分/ドキュメンタリー/日本語
『抗い ARAGAI 記録作家 林えいだい』公式HP
http://aragai-info.net/

●前売りチケット販売 情報
• シアター・イメージフォーラム窓口
〒150-0002 東京都渋谷区 渋谷2丁目10番地2号/TEL:03-5766-0114
http://www.imageforum.co.jp/theatre/
• メイジャー オンライン 
https://www.major-j.com/info.php?f=aragaiM20170114007
• パイオニア映画 シネマデスク http://www.pioniwa.com/
• チケットポート(渋谷店、池袋店、銀座店、新宿店、吉祥寺店) 
全店共通お問い合わせ番号 03-5561-7714(平日10:00〜18:00)
• SHIBUYA TSUTAYA
http://store-tsutaya.tsite.jp/storelocator/detail/2312.html
Tel. 03-5459-2000
• 神保町 シネマガイド ユーラン社
http://www.navi-bura.com/main.php/view/main_ca_6/0/0/00371
Tel. 03-3291-1833

●これからの公開情報
・福岡 KBCシネマ 2017年3月4日、5日
ホームページ http://www.h6.dion.ne.jp/~kbccine/

・名古屋シネマスコーレ 2017年2月25日〜3月10日
ホームページ http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/home.htm

・大阪 第七藝術劇場 3月25日〜4月14日
ホームページ http://www.nanagei.com/

●問い合わせ
株式会社グループ現代 上映部
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-3-15 大橋御苑ビル7F
TEL:03-3341-2863(代表) FAX:03-3341-2874
e-mail: gg@aragai-info.net
posted by akemi at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする