2017年01月08日

天使にショパンの歌声を  原題:La Passion D'Augustine

tennsini chopin.jpg

監督:レア・プール(『天国の青い蝶』『翼をください』)
出演:セリーヌ・ボニアー、ライサンダー・メナード、ディアーヌ・ラヴァリー、ヴァレリー・ブレイズ、ピエレット・ロビタイユ、マリー・ティフォ、エリザベス・ギャニオン

1960年代、カナダ、ケベック州の広野にたたずむ修道院の運営する女子寄宿学校。音楽教育に力を入れ、ピアノコンクール入賞者も輩出する名門校だが、政府の進める近代化で公立学校が増え、存続の危機に見舞われていた。そんな折、校長オーギュスティーヌの姪アリスが転校してくる。両親に見捨てられたと思い込んで心を閉ざすアリスだが、彼女にピアニストとしての才能を見出した校長は、学校存続の鍵にもなると彼女を中心にイベントを企画する。ところがイベント前夜、アリスはクラスメイトをかばって頑固なシスターと喧嘩し、怒りのあまり無断外出してしまう・・・

カナダの女性監督、レア・プールが、長編映画監督デビューから35年となる2015年に製作した渾身の最新作。
ケベック州は、カナダの中で唯一のフランス語文化圏。カトリック教会が大きな力を持ち、教育も従来教会の支配下に置かれていた。1960年の選挙で革新的な自由党が勝利し、産業・社会・教育・宗教など多岐にわたって「静かなる革命」が行われる。特に学校教育は政教分離の大改革が行われ、教会や修道会が直接運営してきた学校の多くが公立学校として世俗化された。
本作は、その時代を背景にした物語。
原題『La Passion D'Augustine(オーギュスティーヌの情熱)』の通り、校長オーギュスティーヌの教育に捧げる情熱を描いた物語。カナダでも、1960年代は、まだまだ女性の権利や自由、社会進出が認められていなかった時代だそうです。
音楽の力を信じて、学校を救おうと権力に立ち向かうシスターや女生徒たちの姿が眩しいです。そして、修道服を脱ぎ捨て、スーツ姿で現れるシスターたちの潔さ! 
ショパンを初め、リスト、バッハ、ドビュッシー、モーツァルト、ベートーヴェン等々、クラシックの名作の数々が心地よく響きます。
中でも、学校閉鎖の危機を救おうと開く記者会見で歌われるドビュッシーの「家なき子たちのクリスマス」は、第一次世界大戦勃発後の1916年に、ドイツ軍の侵攻で家を失いクリスマスを迎えられなくなった戦災孤児のためにドビュッシーが作詞作曲した合唱曲とプレス資料にありました。ぜひ歌詞に注目してご覧ください。(咲)


2015年/カナダ/フランス語/カラー/103分
配給:KADOKAWA
公式サイト:http://tenshi-chopin.jp/
★2017年1月14日(土)より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
posted by sakiko at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

愛を歌う花  原題:解語花(ヘオファ)   英題:Love,Lies

aiwo utauhana.jpg

監督:パク・フンシク(『メモリーズ 追憶の剣』『私にも妻がいたらいいのに』  
出演:ハン・ヒョジュ(『ビューティー・インサイド』「トンイ」)、ユ・ヨンソク(『尚衣院−サンイウォン−』『ビューティー・インサイド』)、チョン・ウヒ(『サニー 永遠の仲間たち』)、パク・ソンウン(『新しき世界』『鬼はさまよう』)

日本統治末期の1943年。京城唯一の妓生養成学校で学ぶソユル(ハン・ヒョジュ)とヨニ(チョン・ウヒ)。幼馴染の二人は、共に美声と美貌に恵まれた親友どうし。ソユルは、愛する作曲家ユヌ(ユ・ヨンソク)の作曲した「朝鮮の心」を歌うことで、妓生ではなく歌手になりたいと願う。ところが、ユヌは偶然耳にしたヨニの歌声に魅了され、「朝鮮の心」をヨニに歌わせレコードを出す。そのことを知って激しく嫉妬するソユル。3人の運命が大きく狂い始める・・・

原題『解語花』(直訳「人の言葉を理解する花」)は、美しさと強さ全てを持つ女性という意味。妓生を例える言葉。
大衆歌謡が黄金期を迎えた終戦前夜。“券番”と呼ばれる妓生養成学校に所属する妓生の中から、民衆の心を癒す歌を歌いたいと次々と歌手がデビュー。一方で、日本軍は民族意識を扇動したという理由で大衆歌謡を抑圧したそうです。
そんな時代背景の中で、一人の男性をめぐる二人の女性の思いが描かれていて、切ないです。
純情なイメージの強いハン・ヒョジュが嫉妬に狂うさまも絶品。(咲)


2016年/韓国/120分/カラー/ビスタ/5.1ch
配給:クロックワークス
公式サイト:http://aiuta-movie.com
★2017年1月7日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかロードショー
posted by sakiko at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック・ファイル 野心の代償  原題:Misconduct

black file.jpg

監督:シンタロウ・シモサワ
出演:ジョシュ・デュアメル、アンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、アリス・イヴ、マリン・アッカーマン、イ・ビョンホン

ベン・ケイヒル(ジョシュ・デュアメル)はニューオーリンズにある一流弁護士事務所に勤める若き弁護士。巨大製薬会社ピアソンが新薬の治験結果捏造により巨額の富を得ていることを暴こうと燃えている。流産を機に夫婦仲が冷え切っている中、元恋人エミリー・ハインズ(マリン・アッカーマン)からSNSに友達リクエストが届く。10年ぶりに再会したベンは、エミリーがピアソンのCEOアーサー・デニング(アンソニー・ホプキンス)の愛人と知る。エミリーから機密の臨床ファイルを入手し、弁護士事務所代表チャールズ・エイブラムス(アル・パチーノ)に、ピアソンに対する訴訟を起こすよう持ちかける。
訴訟準備を進める中、ベンはバイクに乗った謎の男(イ・ビョンホン)に襲われ、手を引かなければ妻シャーロット(アリス・イヴ)に危害を加えると脅迫される・・・

「トランスフォーマー」シリーズのジョシュ・デュアメルを主役に据え、アンソニー・ホプキンスとアル・パチーノというハリウッドの大物俳優共演で本作を撮ったのは、日系二世のシンタロウ・シモサワ監督。謎の殺し屋イ・ビョンホンも出番は少ないながら、強烈な印象を残します。
新薬開発過程での薬害については、韓国映画『フィッシュマンの涙』(2016年12月17日(土)公開)でもテーマになっていて、表沙汰にならない薬害はきっと多くあることと思いました。(咲)


2015年/アメリカ/106分/シネスコ
配給:松竹メディア事業部
公式サイト:http://blackfile.jp
★2017年1月7日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
posted by sakiko at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホワイト・バレット(原題:三人行 Three)

white baret.jpg

監督:ジョニー・トー
脚本:ヤウ・ナイホイ
撮影:チェン・シュウキョン
音楽:ザビエル・ジャモー、ロー・タイユー
出演:ルイス・クー(チャン)、ビッキー・チャオ(トン)、ウォレス・チョン(シュン)、エディ・チョン(フォク)、ロー・ホイパン(チョン)

救急病院に銃創で運ばれていたのは、凶悪な強盗団のメンバーのシュン。銃撃戦の末逮捕したチャン警部ら多くの警察官が、シュンを見張りながら強盗団一味の情報を聞き出そうとしていた。女医のトンはすぐに銃弾の摘出手術をというが、シュンは暴れて手術を拒否。なんとか仲間へ連絡をつけようと画策する。チャン警部はわずかな手がかりから一味に迫ろうとする。

香港で一番稼ぐスター、ルイス・クーの映画公開が続きました。前は犯罪もの、アクションものの俳優としてイメージが強かったルイス・クーですが、コメディやホームドラマなどいろいろな役柄にもしっくりはまるようになっています。東京国際映画祭で『シェッドスキン・パパ』で来日したのが嬉しかったです。
共演は初監督作『So Young 〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』が好評だった人気女優のビッキー・チャオ。中国で大人気だったテレビドラマ「還珠姫 〜プリンセスのつくりかた〜」(1997)からもう20年になるとは驚いてしまいます。犯人役のウォレス・チョンは香港で歌手として活躍していたのを覚えていますが、これも20年前とは、もうびっくり。ずっとテレビドラマ、映画にと活動しています。
そんな三人が、警部、女医、犯人として織りなすサスペンスアクション。ジョニー・トー監督らしい怒涛のラストシーンを、瞬きしないで観てくださいね。(白)


2016年/香港・中国合作/カラー/シネスコ/88分
配給:ハーク
(C)2016 Media Asia Film International Limited All Rights Reserved
予告編はこちら
★2017年1月7日(土)新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
posted by shiraishi at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疾風スプリンター(原題:破風 To the Fore)

sisso.jpg

監督:ダンテ・ラム
脚本:ダンテ・ラム、ラム・フォン、ハウ・ウィンハン
出演:エディ・ポン(チウ・ミン)、ショーン・ドウ(チウ・ティエン)、チェ・シウォン(チョン・ジウォン)、ワン・ルオダン(ホアン・シーヤオ)

ミンとティエンは自転車ロードレースチーム“レディエント”に、エースのチョン・ジウォンのアシストとして所属することになった。2人の活躍でチョン・ジウォンはエースとして勝利を重ね、ミンとティエンはエースを目指しながら友情を深めていく。レディエントはライバルチーム“ファントム”の妨害にも屈せず勝ち残るが、ついに資金難に陥ってしまう。3人は別のチームに移籍し、それぞれがエースとして対決することになった。

『激戦 ハート・オブ・ファイト』(2013)でも自転車で山道を走って登場したエディ・ポン。今度はプロのロードレーサーとして、鍛えぬいた足腰で最新の自転車を駆り全編走り抜きます。
台湾では『練習曲』(2007)が自転車での「環島」(一周)ブームに火をつけ今も続いています。日本でも高校生の自転車競技を描いた少年コミックの「弱虫ペダル」が大ヒットし、テレビアニメから映画にもなり、劇場版が2年連続で公開されています。自転車愛好者増加に一役も二役もかったのではないでしょうか。
ダンテ・ラム監督の作品は撮影中怪我人が続出する過酷な現場だそうですが、この作品は怪我人のカズで記録を塗り替えたそうです。しかし出演者たちの本気度も見事です。それが存分に発揮されたトップ争いのシーンは、観ているだけのこちらも力が入ってしまいました。ものすごいスピード感に耐えた後、観客も達成感が味わえる作品。第88回アカデミー賞外国語映画賞香港代表作品(受賞は『サウルの息子』でした)。空撮を多用したシーンに台湾の美しい風景も堪能できます。(白)


2015年/香港・中国合作/カラー/シネスコ/125分
配給: エスパース・サロウ
(C)2015 Emperor Film Production Company Limited All Rights Reserved
http://shippu-sprinter.espace-sarou.com/
★2017年1月7日(土)新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
posted by shiraishi at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする