2016年11月13日

この世界の片隅に

konosekai.jpg

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代
企画:丸山正雄
プロデューサー:真木太郎
声の出演:のん(北條、浦野すず)、細谷佳正(北條周作)、尾身美詞(黒村径子)、稲葉菜月(黒村晴美)、牛山茂(北條円太郎)

広島の海沿いの村で家族総出で海苔づくりをして育った浦野すずは、見染められて18でお嫁に行くことになった。第2次大戦中のことである。呉の嫁ぎ先に行くのに「北條」という姓も覚えていないのんきな娘だった。呉は軍港として賑わい、高台の北條の家からも良く見えた。夫の両親、たびたび子連れで戻ってくる義姉のいる家で嫁として忙しく働き、何かとかばってくれる夫にも情愛がわいてくる。久しぶりに会った妹に「頭にハゲができている」と言われ、ずいぶんと気遣いをしていたのかとやっと気づく。物資がどんどん乏しくなる中、誰もが工夫して毎日の食卓を整え暮らしている。そんなすずたちの上空にも、ついに敵機がやってきた。

戦時下でも営々と働き、食べて、つつましく生きてきた人達の生活がここにありました。
こうの史代さんの原作漫画に出会った片渕須直監督が、映画化したいと決心。綿密なリサーチを重ね、すずの暮らした町や村の風景ばかりでなく、そこに住んだ人達まで再現しているそうです。細やかに描かれた背景、暮らしの道具や食事づくりの工夫などにも、当時を知る人がどんなにか懐かしく思うことでしょう。呉を知らない私も故郷の原風景のような気がしました。
ふんわりとした絵柄に、のんきな子どものままのようなすずの表情、生き生きとした声をあて命を吹き込んだのんさん、全ての相乗効果でかけがえのない1本ができました。クラウドファンディングで全国からの協力のもと6年の歳月をかけてスクリーンにお目見え。東京国際映画祭で観せていただき、監督とのんさんの舞台挨拶もきけました。戦後生まれの私の胸にも深く刻まれた1本です。(白)


2016年/日本/カラー/126分
配給:東京テアトル
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
http://konosekai.jp/
★2016年11月12日(土)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華麗なるリベンジ(原題:A VIOLENT PROSECUTOR)

kareinaru.jpg
監督・脚本:イ・イルヒョン
撮影:チェ・チャンミン
音楽:ファン・サンジュン
出演:ファン・ジョンミン(ピョン・ジェウク)、カン・ドンウォン(ハン・チウォン)、イ・ソンミン(ウ・ジョンギル)、パク・ソンウン(ヤン・ミヌ)、シン・ソユル(ハナ)、ハン・ジェヨン(チャン・ヒョンソク)、キム・ウォネ(ヨンチョル)

熱血検事ピョン・ジェウクは持ち前の正義感が時に暴走、容疑者につい手荒い取り調べをしてしまうこともあった。そんな性格につけ込み、ワナにはめたヤツがいた。リゾート開発について取り調べ中に容疑者の男が急死し、ジェウクは無実を証明できないまま懲役15年の刑で投獄されてしまったのだ。
大きな権力を持った黒幕がいると睨んだジェウクは、獄中で知り合ったハン・チウォンにそのヒントを見出して接近する。チウォンはイケメンを武器に詐欺を繰り返す前科9犯、調子が良いが頭も切れる男だった。ジェウクに「復讐に協力してくれるなら外に出してやる」と持ち掛けられ、チウォンは了承。まんまと出所した後、ジェウクから届く指示に従って調査を開始する。

またも熱血ファン・ジョンミン刑事の出番です。『ベテラン』(2015)では 財閥の御曹司ユ・アインを向こうに回し、双方大活躍でした。カン・ドンウォンは『オオカミの誘惑』(2004)で初めてその端正な容姿を目にしました。『デュエリスト』 (2005)での来日会見にかけつけ、その立ち姿の美しいのにもほれぼれしたものです。善悪どちらでもいける演技力も伴った俳優さんに成長しています。主演の二人はともに出演作の途切れない人気スター、顔合わせはこの作品が初めてです。長編デビューだというイ・イルヒョン監督、正反対の二人がコンビを組むストーリーにいろいろな素材をうまく合わせて料理、目の離せない作品にしあげています。白)

2015年/韓国/カラー/ビスタ/126分
配給:ツイン
(C)2016 SHOWBOX, MOONLIGHT FILM AND SANAI PICTURES CO,. LTD ALL RIGHTS RESERVED.
http://www.kareinaru-revenge.com/
★2016年11月12日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オケ老人!

oke.jpg

監督・脚本:細川徹
原作:荒木源「オケ老人!」(小学館文庫)
撮影:芦澤明子
音楽:渡邊崇
出演:杏(小山千鶴)、黒島結菜(野々村和香)、坂口健太郎(坂下くん)、左とん平(及川さん/クラさん)、小松政夫(花田富雄/トミー)、藤田弓子(花田昌江/マーサ)、石倉三郎(戸山/棟梁)、茅島成美(清水真弓/真弓センセイ)、喜多道枝(宮崎しま子)、森下能幸(竹岡亮吉/ラパウルさん)、萩原利(大沢コーイチ)、フィリップ・エマール(フィリップ・ロバール)、飛永翼(通訳・アリノ)、光石研(大沢義郎/梅フィル・コンマス)、笹野高史(野々村秀太郎)

梅が丘高校に赴任してきた教師の小山千鶴は、地元のアマチュア・オーケストラ“梅が岡フィルハーモニー”(梅フィル)の入団しようと決意する。かねてからの夢だった「オーケストラに入ってバイオリンを演奏する」を叶える…つもりだったが、電話をするとあっさりと許可され、どうも様子がおかしい。さっそく出かけてみると老人ばかりの“梅が岡交響楽団”(梅響)だった。今更間違いだったとも言えず、しぶしぶ仲間入りすることになったが、音楽への愛とは裏腹にお粗末すぎる演奏に頭が痛くなる。しかしコンマスの野々村が心臓の持病で倒れたため、急きょ指揮棒をふるはめになってしまった。

元気で明るい杏さんが、“オケ老人”の仲間入り。たくさんの老メンバーの生態が自分や周りを思い出させて「いるいる、あるある」と苦笑・爆笑です。荒木源さんの原作も読みましたが、身近のお年よりをずっと観察したにちがいない!個性派老人たちをまとめあげていく千鶴の苦労をいやすのは、年下の坂下くんの笑顔と千鶴に向ける尊敬のまなざし。坂口健太郎さんが「いい人全開」です。エリート集団の梅フィルとの因縁が物語の大事な要素になっており、光石研さんが鼻持ちならないコンマスを演じてこちらは「憎らしさ全開」。ベテランの俳優さんたちの年季の入った滋味ある演技と名曲の数々、ラストへ向けての盛り上がりを劇場でおおいにお楽しみください。(白)

2016年/日本/カラー/ビスタ/119分
配給:ファントム・フィルム
(C)2016荒木源・小学館/「オケ老人!」製作委員会
http://oke-rojin.com/
★2016年11月11日(金)よりロードショー
posted by shiraishi at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湾生回家(原題:湾生回家/WANSEI BACK HOME) 湾生回家(原題:湾生回家/WANSEI BACK HOME)

wamsei.jpg

監督:ホァン・ミンチェン(黄銘正)
製作:ホァン・ジェンヨウ(范健祐)、内藤諭
出演:冨永勝、家倉多恵子、清水一也、松本洽盛、中村信子、片山清子

“湾生”とは、戦前日本統治下であった台湾で生まれ育った約20万人の日本人をさす言葉。1895年から1945年の終戦までの50年間、台湾には日本の公務員や企業に駐在員、農民たちも数多く渡っていた。敗戦後、中華民国政府の方針により、彼らのほとんどが日本本土に強制送還された。故郷を追われた彼らは、望郷の念を抱き続け幾度となく台湾へと旅をする。自分のルーツをたどり、幼馴染を見つけ、無情な時の流れに涙する。

本作は、台湾に生まれ育ちながら未知の祖国・日本に戻らねばならなかった湾生の人々を訪ねるドキュメンタリーです。40名近くの湾生たちに取材し、そのうち6名を中心に故郷・台湾によせる望郷の想いをまとめました。台湾での公開時には口コミで広がり、ドキュメンタリーとしては例のない11週上映、3200台湾ドル(約1億400万円)という興行成績をあげました。高齢にになられた湾生たちが、親を慕うように台湾を愛し続ける姿に胸が締めつけられました。時代に翻弄されるとはまさにこのことです。同時に彼らを迎え、受け入れる台湾の人々の温かさが嬉しいです。子どもの頃母親から他家に預けられたため、台湾にとどまった片山清子さん。病床にいる彼女の代わりに、娘や孫たちが清子さんの母親の足跡をたどる旅も心に響きました。大阪アジアン映画祭で観客賞を受賞。(白)

湾生回家 監督&出演者たち_R.JPG
監督&出演者たち(2016 大阪アジアン映画祭にて)




★ホァン・ミンチェン監督緊急来日! 岩波ホールで舞台挨拶が行われます。
12月2日(金)16時の回上映終了後
12月2日(金)19時の回上映前
12月3日(土)11時の回上映終了後


2015年/台湾/カラー/DCP/111分
配給:太秦
(C)田澤文化有限公司
http://www.wansei.com/
★2016年11月12日(土)より岩波ホールにてロードショー
posted by shiraishi at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。