2016年11月05日

種まく旅人 夢のつぎ木

tanemaku.jpg

監督:佐々部清
脚本:安倍照雄
撮影:阪本善尚
音楽:田中拓人
出演:高梨臨(片岡彩音)、斎藤工(木村治)、池内博之(片岡悠斗)、津田寛治(岩渕源太郎)、吉沢悠(森川卓治)、田中麗奈(森川みのり)、井上順(高橋浩一)、海老瀬はな(片岡美咲)、安倍萌生(片岡知紗)

彩音は故郷の岡山県赤磐市から、女優になることを夢見て上京した。しかし、彩音を応援して桃農家の実家を守っていた兄が病に倒れ、夢半ばで故郷に戻ることになった。兄亡きあとは高校生の妹と二人暮らし。市役所で働きながら、兄の夢だった新種の桃「赤磐の夢」を品種登録したいと頑張っている。ある日、農林水産省の職員木村が桃のレポートを書きたいと訪れ、彩音が案内役となった。初めは木村の言動を不快に思う彩音だったが、何日かつきあううちに真剣な一面も見えてきた。

日本の第一次産業で働く人を応援する「種まく旅人」シリーズ第三弾。毎回携わる方のご苦労がしのばれ、作物を大切にいただく気持ちになります。
今回は桃の産地で市役所勤めをしながら、桃を育てている彩音と彼女を取り巻く人々のお話。若き官僚として働くうちに、目標を失いかけていた木村が、霞ヶ関を出て実際の農業に触れて最初の情熱を取り戻していく過程はありがちですが、演じる俳優さんが魅力的です。斎藤工さんが出ていても不倫はありませんので期待しないように。ひとつ気になる箇所がありました。帰る足がなくなった木村が彩音の家に一泊する場面があります。姉妹二人の家に泊まるとなると、木村はどこに寝るでしょう?普通それはないでしょ、なところだったので、もしかして別の展開のパターンがあったのか?と邪推してしまったのでありました。ぜひ劇場でお確かめを。(白)


2016年/日本/カラー/ビスタ/106分
配給:アークエンタテインメント
(C)2016「種まく旅人」製作委員会
http://tanemaku.jp/
★2016年11月5日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(原題:Everybody Wants Some)

everybody.jpg

監督・脚本:リチャード・リンクレイター
撮影:シェーン・F・ケリー
出演:ブレイク・ジェナー(ジェイク)、ゾーイ・ドゥイッチ(ビバリー)、グレン・パウエル(フィネガン)、ワイアット・ラッセル(ウィロビー)、オースティン・アメリオ(ネズビット)、ウィル・ブリテン(ビューター)

1980年9月。野球推薦で南東テキサス州立大学への入学が決まったジェイク、大人への第一歩だ。車に荷物を積みこみ、野球部の寮に向かった。期待と不安半々のジェイクを迎えたのは、一癖も二癖もある風変わりな先輩たち。寮の禁止事項もあってなきがごとし、みな一度限りの青春を謳歌していた。さっそく先輩フィネガンの案内で大学巡りツアーに出発、まずは女子寮の女の子たちの品定め、夜はディスコへと繰り出していく。ジェイクは演劇専攻の新入生、ビバリーと親しくなった。

『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)のリチャード・リンクレイター監督が描いた80年代の青春。大学の入学式前の3日間、男子寮の先輩たちとのハチャメチャな3日間。初めて親元を離れて大人への入口に立ったジェイクの高揚感が伝わります。それにしてもこの大学生たち遊び過ぎ。野球の強豪チームということで練習風景やシゴキ場面も登場しますが、とにかくよく遊び、また遊び。いつ学ぶのだ、君たちは?と思わず親の気分に。家計をやりくりして仕送りしているんだぞ。
まあ、こんな黄金の日々は2度とないのだ、これが最初で最後とうすうすわかってるのだよね。いつまでも学生でいたかった一人のエピソードに、ちょっと共感しました。同年代に青春を過ごした人には懐かしいファッションと音楽、大人が観る青春映画。(白)


2015年/アメリカ/カラー/ビスタ/117分
配給:ファントム・フィルム
(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
http://everybodywantssome.jp/
★2016年11月5日(土)新宿武蔵野館、ヒューマントラスト渋谷ほかにてロードショー!
posted by shiraishi at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。