2016年10月23日

フランコフォニア ルーヴルの記憶  原題:Francofonia

francofonia.jpg

監督:アレクサンドル・ソクーロフ( 『エルミタージュ幻想』)
出演:ルイ=ド・ドゥ・ランクザン ベンヤミン・ウッツェラート

第二次世界大戦中の1939年、ルーヴル美術館長のジャック・ジョジャールは、館内の美術品をナチス・ドイツから守るため、パリ郊外の城へ密かに運びだすよう指示する。その翌年5月、ナチス・ドイツがパリに侵攻。
将校ヴォルフ・メッテルニヒが、芸術品の管理のためジョジャールの元を度々訪れるようになる。ふたりは敵同士のため心を開いて語り合うことなかったが、美術品を守る使命で繋がってゆく・・・

ナチス・ドイツの侵攻から、いかに美術品を守ったのかのドキュメンタリーかと思ったら、それだけではありませんでした。見物人のいないがらんとした美術館で、ナポレオン1世が、「これも自分が集めてきたもの」と感慨深く美術品を眺めている。そばには、フランス共和国のシンボルの女性マリアンヌがいる。まるで亡霊のように。もちろん、当時のアーカイヴ映像も出てくるのだけど、なんとも不思議な構成。
一方で、監督の祖国ロシアのエルミタージュ美術館が、ルーヴルのように保護されず、ドイツの攻撃目標となった事も当時の映像と共に語られます。
ルーヴルに収蔵されているイラクやエジプトの遺跡も映し出され、あんなに根こそぎ現地から持ってきてしまったのかと、あらためて憤慨。持ってきたからこそ、戦争から守られたともいえるので複雑な思い。(咲)


2015年/フランス・ドイツ・オランダ/88分/5.1ch/ビスタサイズ
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://www.francofonia.jp
★2016年10月29日 (土)ユーロスペースほかで公開
posted by sakiko at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彷徨える河   原題:El abrazo de la serpiente  英題:EMBRACE OF THE SERPENT

samayoeru kawa.jpg

監督・脚本:シーロ・ゲーラ
出演:ヤン・ベイヴート、ブリオン・デイビス、アントニオ・ボリバル・サルバドール、ニルビオ・トーレス
アマゾン流域の奥深いジャングルの侵略者によって滅ぼされた先住民族の村。シャーマンのカラマカテは、唯一の生き残りとして孤独に生きている。ある日、重い病に侵されたドイツ人民族誌学者がカラマカテを頼ってやってくる。白人を嫌うカラマカテは治療を拒否するが、ようやく病を治す幻の聖なる植物ヤクルナを探しにカヌーを漕ぎ出す。
数十年後、ヤクルナを求めてアメリカ人植物学者がカラマカテを訪ねてくる。孤独に過ごしてきた彼は記憶や感情を失っていたが、アメリカ人の訪問によって再び旅に出る・・・

本作は、20世紀初頭と中盤にアマゾンに足を踏み入れた実在する2人の白人探検家の手記に触発されて作られた物語。
アマゾン先住民の生き残りで呪術をあやつるカラマカテの元を、異なる時代に訪れた二人の探検家。美しく詩情溢れる映像で二つの時代を交錯させながら描かれている物語。観ていて私自身が呪術にかかったような気分になりました。
「西洋文明」が、ずたずたにしてしまったアマゾンの伝統文化。何が文明なのかを考えさせられました。(咲)


コロンビア初のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品
2015年/コロンビア・ベネズエラ・アルゼンチン/B&W+color/2.35:1/124分
配給:トレノバ / ディレクターズ・ユニブ
後援:コロンビア共和国大使館
公式サイト:http://www.samayoerukawa.com/
★2016年10月29日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯を沸かすほどの熱い愛

yuwowakasu.jpg

監督:脚本:中野量太
撮影:池内義浩
音楽:渡邊崇
出演:宮沢りえ(幸野双葉)、杉咲花(幸野安澄)、オダギリジョー(幸野一浩)、松坂桃李(向井拓海)、伊東蒼(片瀬鮎子)、駿河太郎(滝本)

「幸の湯」の双葉は夫の一浩が蒸発してしまって銭湯は休業、パン屋のパートをして娘の安澄(あずみ)と暮らしていた。しかしパート先で突然倒れて検査を受けた結果、すでにステージ4の末期がんとわかる。衝撃で泣き崩れた双葉だったが、安澄が帰る前に立ち直る。余命はわずかしかない、やらねばならないことがあるのだ!
・夫を連れ帰って「幸の湯」を再開する
・優しいけれど気が弱くて引きこもり寸前の娘を独り立ちさせる
・娘を連れてある人のところへ行く
探偵を雇って探すと夫はあっけなく見つかった。しかも若い女性との間に生まれていた鮎子という小学生の娘まで。病気を打ち明けると翌日鮎子と戻ってきて、4人家族の生活が始まった。

『チチを撮りに』(2012)の中野量太監督・オリジナル脚本。明るく芯が強くめげないおかあちゃんを宮沢りえ。頼りないけど憎めない夫オダギリジョー。1年も戻らない困った夫は後ろから蹴りたいくらい(前だとあのほよよんとした笑顔に萎えてしまう)。
双葉は娘がいじめに遭っていると薄々知りながら口を出さず、これまで見守ってきたのですが、初めて強い言葉で送り出します。娘も母の真意を感じて一人立ち向かい、一歩も二歩も前進します(あの“背水の陣”は、誰でもはできないだろうと思いますが)。
双葉が周到に用意した“逝く準備”に胸がつまります。彼女の明るさと強さは家族でない人も巻き込み、旅の途中で出会う訳アリそうな男子・向井拓海をも包み込んでいきます。
自主制作し好評を博した『チチを撮りに』も、しっかり者のお母さんと娘のお話でした。この母たちには中野監督のお母さんが色濃く投影されているのではないかと想像していました。お父さんを早くに病気でなくされていると今回資料で知って腑に落ちました。ラストでびっくりさせるのも監督のお得意技のようです。(白)


2016年/日本/カラー/シネスコ/125分
配給:クロックワークス
(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
http://atsui-ai.com/
★2016年10月29日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
posted by shiraishi at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手紙は憶えている(原題:Remember)

tegamiwa.jpg

監督:アトム・エゴヤン
脚本:ベンジャミン・オーガスト
撮影:ポール・サロシー
音楽:マイケル・ダナ
出演:クリストファー・プラマー(ゼヴ・グットマン)、マーティン・ランドー(マックス・ザッカー)、ヘンリー・ツェニー(チャールズ・グットマン)、ディーン・ノリス(ジョン・コランダー)、ブルーノ・ガンツ(ルディ・コランダー)

90歳になったゼヴはケア施設に住んで、1週間前に亡くなった妻を毎日呼んでいる。もう憶えていられないほど老いが進んでいるのだった。そんな彼を支えているのは、友人のマックスから受け取った手紙だ。記憶が薄れていくゼヴのために“二人はアウシュビッツ収容所での生存者であること、家族はナチスに殺されたこと、その犯人のナチス兵士が身分を偽り、今も生き延びていること”が記されていた。身体が不自由になり、もう外出もかなわないマックスは、旅の手筈を整え、犯人の“ルディ・コランダー”への復讐をゼヴに託したのだ。様々なキーワードを頼りに、ゼヴはそっと施設を抜け、70年ぶりの復讐の旅に出る。

要介護度の高そうなお爺ちゃんの一人旅、それも復讐のため!?ホロコースト関連作品はいくつも観てきましたが、思いがけない設定でした。大柄でいかにも頑健そうなクリストファー・プラマーが、足取りも覚束ない90歳のゼヴを演じています。朝起きるたびに自分がなぜここにいるのか、忘れてしまっている人なのです。知らない土地を訪ねての複雑な旅程なのに、大丈夫なのか?とそっちのほうで先にハラハラしてしまいました。ゼヴが手紙を確かめながら、ジョン・コランダーと同姓同名の人を次々と訪ねるたびに一波乱あります。少しずつ明らかになる真実を積み重ねながら、ラストへと持っていくサスペンス劇でもあります。
アトム・エゴヤン監督は多くの作品が高い評価を受け、映画祭の審査員も勤めていますが、ベンジャミン・オーガストはこれが、脚本家デビュー。クリストファー・プラマーを頭に浮かべながら脚本を書いていたそうです。ぴったりなのも納得です。加害者も被害者も一様に年を重ねて、次第にいなくなっていく今だからこそできた作品。(白)


2015年/カナダ、ドイツ合作/カラー/ビスタ/96分
配給:アスミック・エース
(C)2014, Remember Productions Inc.
http://remember.asmik-ace.co.jp/
★2016年10月28日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
posted by shiraishi at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・ギフト(原題:The Gift)

the gift.jpg

監督:脚本:ジョエル・エドガートン
撮影:エドゥアルド・グラウ
出演:ジェイソン・ベイトマン(サイモン)、レベッカ・ホール(ロビン)、ジョエル・エドガートン(ゴード)

サイモンとロビン夫婦は、シカゴからサイモンの故郷のカリフォルニアに移った。郊外の一軒家で愛犬と新しい生活をスタートさせる。夫婦で買い物に出た先で、こちらを見つめていた男に声をかけられる。20年以上前高校で一緒だったゴードと名乗るが、サイモンにははっきりした記憶はなかった。ゴードは再会を喜び、ワインを贈ってきた。その後も次々と理由をつけては新居に立ち寄り、ギフトを届けてくる。真意を測りかねてサイモンは困惑し、ロビンは無下にもできず対応するのだったが…。

俳優ジョエル・エドガートンの長編初監督作品。ジョニー・デップがギャング役だった『ブラック・スキャンダル』のFBI捜査官。22日公開なったばかりの『ジェーン』では、ナタリー・ポートマンの元カレ役の人です。人妻となった元恋人に頼られて、命がけで夫婦を助ける男気のあるカウボーイ。
うってかわってこの作品では、再会した同級生に執拗にギフトを送り付ける不気味な人物。なぜそんな真似をするかは徐々に明らかになりますが、その過程が怖い。
気になるのは、郊外の一軒家なのに大きなガラス窓ばかりで、カーテンもひいていないこと。外から覗かれたり、侵入されたりの心配はないの?洋画にはカーテンのない素通しの窓がよく出てくるんです。
手前に夫婦、奥にゴードというシーンが多く、室内から明るい窓を見ると、ゴードが中をうかがっていてドッキリします。そのためのカーテンなしの演出かも。初の監督・脚本・製作なのに、きちっとまとめられたサスペンス作品になっていました。(白)


2015年/アメリカ/カラー/シネスコ/108分
配給:ロングライド、バップ
(C) 2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.
http://movie-thegift.com/
★2016年10月28日(金)TOHOシネマズ新宿ほか全国公開
posted by shiraishi at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフェルノ(原題:Inferno)

inferno.jpg

インフェルノ(原題:Inferno)

監督:ロン・ハワード
原作:ダン・ブラウン
脚本:デビッド・コープ
撮影:サルバトーレ・トチノ
音楽:ハンス・ジマー
出演:トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)、フェリシティ・ジョーンズ(シエナ・ブルックス)、イルファン・カーン(ハリー・シムズ)、オマール・シー(クリストフ・ブシャール)、ベン・フォスター(バートランド・ゾブリスト)、シセ・バベット・クヌッセン(エリザベス・シンスキー)

宗教象徴学者ロバート・ラングドンは、病院の一室で目が覚める。頭に怪我をして運び込まれたと担当の女医シエナが説明するが、記憶はぼんやりとしてなぜこうなったのか思い出せない。窓の外には来た覚えのないフィレンツェの風景が広がっていた。
ラングドンを狙う女が現れ、間一髪で逃げ出しシエナの家に匿われた。上着のポケットにあったカプセルには、ダンテの神曲を元にボッティチェリが描いた「地獄の見取り図」の映像が入っていた。それは生化学者ゾブリストが巧妙に隠した「強力なウィルス」のありかを示す手がかりだった。彼は塔の上から身を投げて亡くなっていた。
ラングドンの記憶はなかなか戻らないが、ゾブリストが遺した選択「このままでは100年後に人類は滅亡」か「ウイルスで半分を減らし生き残る」、どちらになるかはラングドンにかかっていた。同じウイルスをWHO(世界保健機構)や、ゾブリストが生前に依頼していた危機統括機構(CRC)の面々が追いかけている。裏切りと疑惑の渦巻き、タイムリミットが刻々と迫っていた。

作家ダン・ブラウンが送り出した世界的ベストセラー・シリーズ、『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)、『天使と悪魔』(2009)につぐ第3弾。
ロバート・ラングドン教授が今回解き明かすのは、ダンテの叙事詩「神曲」の地獄篇(インフェルノ)のどこかにゾブリストが隠した暗号。ラングドンを助けて各地に飛び、謎を追う女医のシエナは『博士と彼女のセオリー』で健気な妻を演じたフェリシティ・ジョーンズ。インドのスター、イルファン・カーン(『めぐり逢わせのお弁当』、『ジュラシック・ワールド』)やオマール・シーら国際色豊かな俳優が重要な役で出演しています。
ロケ地のフィレンツェ、ベネツィア、イスタンブールの風景が美しく各地の美術館も興味深いですが、早くしないと病原菌が拡散してしまうので、ほぼ走り回っていてゆっくり見る暇はありません。人口を半分に減らすなんて惨いと思いますが、では地球が人間を養えなくなるのを防ぐ手立てはあるのか、といえば唸るしかない我が身であります。(白)


2016年/アメリカ/カラー/ビスタ/121分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
http://www.inferno-movie.jp/
★2016年10月28日(金)日米同時公開
posted by shiraishi at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦場のメロディ  原題:오빠생각(兄思い)

senjo melody.jpg

監督:イ・ハン (『優しい嘘』『ワンドゥギ』)
出演:イム・シワン(『弁護人』「未生 -ミセン-」
)、コ・アソン(『スノーピアサー』)、イ・ジュニュク、パク・スヨン、イ・ヒジュン(『海にかかる霧』

1950年6月に勃発した朝鮮戦争。ハン・サンヨル少尉は、家族を失い、最前線で戦友の死を間近で経験し、1952年、失意のうちに釜山に転属になる。任務は軍部が建設した孤児院の管理。孤児院の若き女性院長パク・ジュミは、戦争孤児たちが“カギ爪の男”カルゴリに意のままに働かされていることに心を痛めていた。大学で音楽を専攻していたサンヨルは、音楽を通して戦争孤児たちの心を癒そうと、「ソルリン児童合唱団」を結成する。選考会を経て、約30人の孤児たちが合唱団のメンバーとなり、サンヨルの指導のもと、米軍司令部幹部の前でお披露目をするまでになる。子どもたちの歌声は評判を呼び、上官から前線での慰問公演を命じられる。サンヨルは子どもたちを危険にさらすことはできないと合唱団の解散を発表する・・・

合唱団を解散させないで〜とせがむ子どもたち。戦争で親を失った子どもたちにとって、合唱団は今や大事な家族。自分たちの歌声が前線の兵士たちの慰めになればという思いに、じ〜んとさせられました。
本作は、朝鮮戦争中は戦場や軍の病院などの慰問公演を行い、1953年7月27日の休戦後はアメリカ、日本、東南アジア、ヨーロッパに巡演した実在の児童合唱団をモデルにした物語。
サンヨル少尉を演じたイム・シワンは、K−POPアイドルグループ「ZE:A」のボーカル。なのですが、私は歌っている姿は見たことがなく、もっぱらドラマで静かに光るシワン君を見てきました。長身の俳優が多い韓国ドラマ界の中で、170cmちょっとと小柄。
韓国で社会現象を巻き起こしたというドラマ「ミセン-未生-」(2014年)での真面目な見習い新入社員がはまり役。初めてシワン君を認識したのは爆笑ラブコメの「スタンバイ」だったけど、そこでも彼一人、真面目なキャラでした。生き別れになった3兄弟を描いた「トライアングル」では、カジノ王の養子になり後継者として育てられた、ちょっと生意気な若造を演じていて、こんな役も出来ると驚きました。映画は、ソン・ガンホの『弁護人』での存在感ある脇役を経て、本作で初主演。これからが楽しみな俳優です。(咲)


2015年/韓国/124分/カラー
配給:ハーク
公式サイト:http://senjo-melody.info/
★2016年10月29日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
posted by sakiko at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする