2016年10月01日

イエスタデイ(原題:Beatles)

yesterday.jpg

監督:ペーテル・フリント
原作:ラーシュ・ソービエ・クリステンセン
脚本:アクセル・ヘルステニウス
音楽:マグネ・フルホルメン(a-ha)
出演:ルイース・ウィリアムズ(キム)、ホーヴァルド・ヤクヴィッツ(セブ)、オーレ・ニコライ・ヨルゲンセン(グンナー)、スサンネ・ブーシェ(セシリア)

1967年、ノルウェーのオスロ。高校生4人組のキム、セブ、オラ、グンナーは、ビートルズの最新LP『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に衝撃を受ける。自分たちも“スネイファス”というバンドを結成する。楽器も不揃いだけれどめげずに練習に励んでいる。
ポールに憧れ髪型も真似しているキムは、映画館で初めて会った少女にキスされて以来、住所も知らない彼女に手紙を書き続ける。転校してきた美少女セシリアともちょっとだけ近づいた。ジョンと同じギターを持ちたいと夢見るグンナーは、実家の食料品店の手伝いをしてお金を貯めている。

ビートルズに憧れるノルウェーの少年4人。当時どこの国でも同じように音楽に目覚め、胸を熱くした若者たちがいたはずです。原作者のラーシュ・ソービエ・クリステンセンは1953年生まれなのでまさにそうだったのでしょう。
キャストのうち、セシリア役のスサンネ・ブーシェは俳優ですが、4人はオーディションで見つけた素人ばかり。特にポールに似たルイース・ウィリアムズに出会ったのはラッキーだったと監督。彼は演技はもちろんベースギターの演奏も初めてだったそうで、劇中では役と同じにだんだん上手になっていくのがわかります。ビートルズの名曲をバックに少年たちの成長が描かれていて、ビートルズ世代のシニアたちが懐かしく観られるのはもちろん、青春ただなかにいる若い人たちも共感できる作品です。
ノルウェーのポップグループ“a-ha”のマグネ・フルホルメンが音楽監督をつとめています。(白)


2014年/ノルウェー/カラー/シネスコ/114分
配給:マクザム
(C)2014 Storm Rosenberg. All rights reserved. Exclusively licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan Distributed by MAXAM INC.
http://yesterday-movie.com/
★2016年10月1日(土)、新宿シネマカリテほか全国順次公開
posted by shiraishi at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ノルウェー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイ・ソー・ザ・ライト(原題:I Saw the Light)

isaw.jpg

監督・脚本:マーク・エイブラハム
撮影:ダンテ・スピノッティ
音楽:アーロン・ジグマン
出演:トム・ヒドルストン(ハンク・ウィリアムス)、エリザベス・オルセン(オードリー・ウィリアムス)、チェリー・ジョーンズ(リリー・ウィリアムス)

1947年メジャーデビューしたハンク・ウィリアムスは順調にヒットを飛ばし、シンガーソングライターとして大きな成功をつかんでいた。しかし、愛し合って結婚した妻オードリーは、自分自身の歌手になる夢をあきらめ、ハンクを支え子どもたちと家庭を守る生活に一抹の寂しさを感じていた。公演で家をあけることの多いハンクは、出先で酒や女性で気を紛らせることが増え、夫婦の溝が深まっていく。

アメリカで活躍したカントリー歌手ハンク・ウィリアムスを、トム・ヒドルストンが演じた伝記ドラマ。29歳の若さで他界するまでの6年間の光と影を活写しています。ハンクには脊椎に異常があり、飲酒はその痛みを和らげるためでもあったようですが、鎮痛剤に加えての深酒で結局命を縮めてしまったことになりました。「キング・オブ・カントリー」と呼ばれるほどの才能が惜しいです。
トム・ヒドルストンは『マイティ・ソー』の屈折したロキ役で大ブレイクした人。ハンク本人の線が細くて気弱な感じの雰囲気がよく似ていました。歌とギターを猛特訓して劇中の曲全てを自分で歌っています。
「ジャンバラヤ」やボブ・ディランやエルビス・プレスリーがカバーしていた何曲かがハンク・ウィリアムスの歌だったのか、とやっと気づきました。
1949年生まれの息子のハンク・ウィリアムス・ジュニアも幼い頃から歌が上手く、小さな身体でギターを弾き語りしている動画が残っています。のちにカントリーのシンガーソングライターになって、今も活動中。(白)

『アイ・ソー・ザ・ライト』というタイトルを聞いたとき懐かしかった。よく口ずさんでいた歌だったから。ハンク・ウィリアムスの名曲だけど、私がこの曲を初めて聴いたのは40数年前、新宿歌舞伎町東宝会館にあったカントリーウェスタンのライブハウス、ウイッシュボンだった。ジミー時田はじめ、日本人のカントリー歌手がよく歌っていた。今はもうこの店はなくなってしまい、TOHOシネマズ 新宿の建物になっている。ウイッシュボンでこの曲のことを知り、ハンク・ウイリアムスの歌もラジオで流れていたものを録音して聞いていた。その後、買ったカントリー・ウェスタンシリーズのCDの中にはもちろんこの曲も含まれていた。
ハンク・ウイリアムズの写真を見て、てっきり40代半ばの写真だとずっと思っていた。
でも、この作品を観て29歳で亡くなったということを知り、ちょっとショックだった。中年のおじさんだと思っていたのにそんなに若かったんだとビックリした。彼の曲はたくさん聴いてきたけど、やはりこの曲と「ジャンバラヤ」が好き。(暁)


2015年/アメリカ/カラー/シネスコ/123分
配給:カルチャヴィル、ローソンHMVエンタテイメント
(C)2016 Saw The Light Movie, LLC and RatPac ISTL LLC. All Rights Reserved.
http://isawthelight-movie.com/
★2016年10月1日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アングリーバード(原題:The Angry Birds Movie)

angrybird.jpg

監督:ファーガル・ライリー、クレイ・ケイティス
製作:ジョン・コーエン(『怪盗グルーの月泥棒 3D』)
日本語吹替え版声優:坂上忍(レッド)、勝杏里(チャック)、乃村健次(ボム) 山寺宏一(マイティ・イーグル)、三森すずこ(ステラ)、りんか&あんな(ベイビーバード)、前園真聖(ジョニー/ピッグ7)

飛べない鳥たちが住んでいる小さな島バードアイランド。おこりんぼうのレッドはいつもプンプンしているので、だれも近づかない。おしゃべりなチャック、大きいくせに怖がりのボムもみんなからちょっと浮いている。それでも平和に暮らしていたが、ある日豚の軍団がバードアイランドにやってきた。友好的だったのには理由があった。鳥たちが浮かれている間に大切な卵を全部盗み出していったのだ。レッドとチャック、ボムは、卵たちを救うために伝説のヒーロー、マイティイーグルを探しに山へ向かう。

フィンランド発のモバイルアクションパズルゲームが映画になりました。個性的なデコボコ3人(?)組が、何よりも大切な卵を救い出すために大活躍するお話。人間やほかの動物であっても成立する普遍的なストーリーで、焼きのり眉毛のレッドを始め誰もが表情豊かです。救出劇もまるでアトラクションのようで楽しいですよ。小さいお子様にもわかりやすいので、ご家族そろってお楽しみください。(白)

2016年/アメリカ/カラー/97分/2D,3D 
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
angrybird-movie.jp
★2016年10月1日(土)よりロードショー
posted by shiraishi at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画「ふたりの桃源郷」再上映のお知らせ】

《大ヒットロングランを経て、一ヶ月限定アンコール上映決定!》
5月から東京で12週にわたって上映された映画『ふたりの桃源郷』は、再上映を望む多くの声にお応えして、1ヶ月限定でアンコール上映されることになりました。「おとうさ〜ん」と呼ぶフサコさんの声がまた聞けます。
作品紹介はこちらです。
http://kry.co.jp/movie/tougenkyou/

hutari.jpg


★10月1日(土)〜10月28日(金)連日 13:30〜
◆ポレポレ東中野 東京都中野区東中野4丁目4-1 地下1F/電話:03-3371-0088
 http://www.mmjp.or.jp/pole2/
posted by shiraishi at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする