2016年09月11日

みかんの丘  原題:Mandarinebi

mikanno oka.jpg

監督・脚本:ザザ・ウルシャゼ
キャスト:
イヴォ:レムビット・ウルフサク
マルガス:エルモ・ニュガネン
アハメド:ギオルギ・ナカシゼ
ニカ:ミヘイル・メスヒ
ユハン:ライヴォ・トラス

ジョージア(グルジア)の西部にあるアブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージアからの独立を求めるアブハジアとの間に紛争が勃発し、多くの人はエストニアに帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気になるからだが、みかんの木箱作りのイヴォは本当の理由を語らない。
ある日、戦闘で傷ついた二人の兵士をイヴォは自宅に匿うことになる。ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵アハメド、もうひとりはジョージア兵ニカ。敵同士の二人は殺意に燃えるが、イヴォは家の中では戦わないことを約束させる。数日後、アブハジアを支援するロシアの小隊がやってくる・・・

2015年のEUフィルムデーズで『タンジェリン』の題で上映された作品。

エストニア人がアブハジアに移住してきて、開墾し集落を築いたのは、19世紀後半のロシア帝政時代とのこと。イヴォやマルガスにとって、エストニアは先祖の故郷で、自分たちにとってはアブハジアが生まれた地。そこをめぐる戦いに、さまざまな民族がかかわっている。
時代は、同時期に公開される『とうもろこしの島』と同じく、1992年頃。
どちらも、戦争の虚しさがぐさりと胸にささる。なぜ、人は戦うのか・・・ 大きな力に戦わされていることに気づいて、末端で戦う人がまず戦うことをやめることができればと思う。(咲)


2013年/エストニア・ジョージア合作/87分/カラー/ロシア語・エストニア語/シネスコ
配給:ハーク
後援:在京エストニア共和国大使館 在日ジョージア大使館
『とうもろこしの島』『みかんの丘』2作品共通公式サイト
http://www.mikan-toumorokoshi.info/
★2016年9月17日(土)より11月11日(金)まで岩波ホールにて 全国順次公開

posted by sakiko at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | グルジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とうもろこしの島   原題:Simindis Kundzuli

toumorokosi.jpg

監督:ギオルギ・オヴァシュヴィリ
キャスト
老人:イリアス・サルマン
少女:マリアム・ブトゥリシュヴィリ
ジョージア兵:イラクリ・サムシア
アブハジア士官:タマル・レヴェント

黒海に流れるエングリ川の中洲にとうもろこし畑を作る老人。両親を亡くした孫娘を引き取り、二人暮らしだ。ある日、とうもろこし畑に負傷した兵士を見つける。言葉が通じない兵士を老人と少女は匿う。このエングリ川は、ソ連崩壊後に成立したジョージア(グルジア)からの独立を目指すアブハジアとの境にある。ジョージア、アブハジア、ロシアの兵士が行き交い、銃弾が飛び交うこともある。1992年ごろのことだ。
やがて暴風雨が中州を襲う・・・

2014年の東京国際映画祭で『コーン・アイランド』の題で上映された作品。

少女が匿った兵士に話しかけると、ジョージア語で「アブハズ語はわからない」と字幕が出る。老人と少女はアブハズ人、兵士はジョージア人らしいとわかる。分け隔てなく負傷した兵士を世話する少女の姿に、もともとは、この地でも違う民族が平穏に共存していたことを思わせてくれる。自分と異なる者に対して、嫌悪感や対抗心を持って戦うようになるのは、それによって利益を得る者の存在があるからだと思うけど、その姿が末端で戦う者に見えにくい。犠牲になる多くは、その末端で戦う人たちなのに。(咲)

2014年/ジョージア・ドイツ・フランス・チェコ・カザフスタン・ハンガリー合作/100分/カラー/アブハズ語・ジョージア語・ロシア語/シネスコ
配給:ハーク
後援:在日ジョージア大使館
『とうもろこしの島』『みかんの丘』2作品共通公式サイト
http://www.mikan-toumorokoshi.info/
★2016年9月17日(土)より11月11日(金)まで岩波ホールにて 全国順次公開
posted by sakiko at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | グルジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チリの闘い  原題:LA BATALLA DE CHILELa Lucha de un Pueblo sin Armas 英題:THE BATTLE OF CHILE −THE STRUGGLE OF AN UNARMED PEOPLE

chili.jpg

監督:パトリシオ・グスマン(『光のノスタルジア』『真珠のボタン』)

東西冷戦期の1970年、チリで選挙によって世界初の社会主義政権が誕生し、サルバドール・アジェンデが大統領に就任した。「反帝国主義」「平和革命」を掲げ、民衆の支持を得ていたが、国内の保守層、多国籍企業、そして米国政府は、その改革路線に反撃を加え、チリの社会・経済は混乱に陥る。
1973年9月11日、米国CIAの支援を受けた軍事クーデターで、アウグスト・ピノチェト将軍を中心とした軍事独裁政権が発足する。アジェンデ大統領は、自殺したとされる。(諸説あり)

『チリの闘い』は、この顛末をパトリシオ・グスマン監督率いる5人による映画製作チーム「三年目」が記録した3部構成のドキュメンタリー。

第1部「ブルジョワジーの叛乱」(1975年/96分)
第2部「クーデター」(1976年/88分)
第3部「民衆の力」(1978年/79分)
合計 4時間23分

第一部:ブルジョワジーの叛乱
1973年3月の議会選挙で左派(人民連合)が予期せぬ勝利をおさめる。右派は、議会制民主主義がアジェンデの社会主義政策を阻止できないことを思い知り、その戦略を国民投票から街頭闘争へと転換する。政府を弱体化させるため、右派はデモやストライキを扇動。ついには軍部がクーデター未遂事件を引き起こすまでの数か月間を追う。

第二部:クーデター
第一部の終盤に登場した1973年6月29日のクーデター未遂事件で幕を開ける。いずれクーデターの「本番」が起こることを誰もが認識しはじめ、左派は戦略をめぐって分裂する。1973年9月11日の朝、クーデターが実行され、大統領府は軍による爆撃で破壊される。アジェンデはラジオを通じてチリ国民に向け演説をした後、自殺と思われる死を遂げる。同日夜、アウグスト・ピノチェトを議長とする軍事評議会のメンバーがテレビ出演し、軍事政権の発足を宣する。

第三部:民衆の力
平凡な労働者や農民が協力し合い、"民衆の力"と総称される無数の地域別グループを組織してゆく姿を追う。食糧を配給し、工場や農地を占拠・運営・警備し、暴利をむさぼる闇市場に対抗し、近隣の社会奉仕団体と連携する。
当初、反アジェンデ派の工場経営者や職業団体によるストライキへの対抗手段として始められたが、やがて"民衆の力"は、右派に対し決然たる態度で臨むことを政府に要求するようになる。

民衆に指示されて誕生した社会主義政権が、結果的に終焉を迎える過程を記録することになった本作。クーデターの後、グスマン監督は逮捕・監禁されたが、処刑は免れ、フランスに亡命。撮影されたフィルムも奇跡的に国外に持ち出され、映画監督クリス・マルケルやキューバ映画芸術産業庁(ICAIC)の支援を得て完成する。
映画製作チーム「三年目」の5人のうち、撮影者ホルヘ・ミューラー・シルバのみ、1974年11月に秘密警察DINAに捕らわれ、尋問および拷問されたのち"行方不明"となった。『チリの闘い』は「ホルヘ・ミューラーの思い出に」捧げられている。


グスマン監督が、ピノチェト軍事政権下で虐殺され、沙漠や海の底に葬られた人々のことを描いた『光のノスタルジア』と『真珠のボタン』で、誌的で美しい映像の背景に、チリの民衆の悲劇があることを知りました。
本作『チリの闘い』は、そのピノチェト独裁政権が生まれた過程を記録したもの。あからさまなプロパガンダではなく、エッセイのような映画をめざしたとのこと。労働者や農民など、社会的に底辺にいる人々が果敢に立ち向かう姿に迫っていて、この人たちはその後どうなったのだろうと胸が痛みました。

また、本作を観て、1951年に石油国有化を行ったイランのモサデグ首相が、アメリカなどの後押しによる軍部クーデターで1953年に倒されたことを思い出しました。
ちょうどイランの当時のことを扱ったニュースで、チリのアジェンダ政権に触れたのを見て、民主主義を掲げながら、民の心よりも利益を優先する大国のスタンスは変わらないとつくづく思いました。(咲)



配給:アイ・ヴィー・シー
支援:キューバ映画芸術産業庁 / マッカーサー基金
チリ・フランス・キューバ/デジタル/モノクロ
公式サイト:http://www.ivc-tokyo.co.jp/chile-tatakai/
★2016年9月10日より渋谷ユーロスペースほかにて全国順次ロードショー
posted by sakiko at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超高速!参勤交代 リターンズ

chokosoku.jpg

監督:本木克英
原作・脚本:土橋章宏
撮影:江原祥二
音楽:周防義和
出演:佐々木蔵之介(内藤政醇)、深田恭子(お咲)、西村雅彦(相馬兼嗣)、伊原剛志(雲隠段蔵)、寺脇康文(荒木源八郎)、上地雄輔(秋山平吾)、知念侑李(鈴木吉之丞)、柄本時生(増田弘忠)、六角精児(今村清右衛門)、市川猿之助(徳川吉宗)、石橋蓮司(松平輝貞)、陣内孝則(松平信祝)ほか

磐城国の湯長谷藩。幕府老中松平信祝の妨害にも負けず、見事江戸への“参勤”を果たした藩主・内藤政醇と家臣一行。しかし国元へ帰る“交代”が待っていた。今度はゆっくり出立した政醇一行だったが、その道中、湯長谷で一揆が起こったとの知らせが入った。2日以内に一揆を収束させねば藩はお取りつぶしになる。帰りは倍の速さで戻らねばならない!おまけに人も金も足りない!!艱難辛苦の末たどり着いたのに、すでに城は乗っ取られていた。全ては、湯長谷藩憎しと復讐に燃える信祝が企んだことだった。

前作『超高速!参勤交代』(2014年)は個性豊かな出演者たちが終結した本格時代劇。しかも痛快なコメディ作品で大ヒットしました。そのまさかの続編となる本作は、旧メンバーが振り切り演技で大活躍。強力な新メンバーも加わり(出演者書ききれません)、地元いわき市でロケを敢行。前作以上に走りに走った7人の雄姿をご覧ください。あ、陣内さんの悪役メイクもすごいです。
もはやこれまでか…と思う窮状を打破する知恵と勇気を発揮する殿と家臣たち。殿とお咲のラブラブっぷりもほほえましく(そんな場合じゃないのに)、わははと笑ってきゅんとして胸も熱くして楽しめる作品です。(白)


2016年/日本/カラー/ビスタ/119分
配給:松竹
(C)2016「超高速!参勤交代 リターンズ」製作委員会
http://cho-sankin.jp/
★ 2016年9月10日(土)より全国ロードショー
posted by shiraishi at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だれかの木琴

darekano.jpg

監督・脚本:東陽一
原作:井上荒野
撮影:辻智彦
出演:常盤貴子(親海小夜子)、池松壮亮(山田海斗)、佐津川愛美、勝村政信、山田真歩

小夜子は優しい夫と中学生の娘との3人家族。念願の一戸建てに引っ越してきたばかり。専業主婦でこれと言って不満も不自由もなく暮らしている。初めて訪れた美容院で担当になった若い男性美容師に会うまでは。山田海斗という名の彼から、登録した小夜子の携帯アドレスにお礼のメールが届いた。顧客みんなに出している営業メールだったが、小夜子は返事を出した。海斗がメールの件を話すと、店長は常連客になるだろうから大切にしろと言う。いくらも経たないうちに小夜子はまた美容室を訪れ、海斗を指名する。

今年82歳になられる東陽一監督最新作。「演出しないのが僕の演出」という東監督、いい役者さんが揃ったようです。池松壮亮くんが年上の主婦・常盤貴子さんに粘着されて戸惑います。美容師さんには髪ばかりではなく、その間だけ全部預けている気がします。特別愛想がいいわけでもない海斗に小夜子の心が傾いて、メールをやりとりしたことで方向が定まってしまいました。いち早くその気配をキャッチしたのが海斗の恋人。大騒ぎする佐津川愛美さん、ロリータ衣装もよく似合って可愛かったです。
小夜子は感情を表に出さず、寡黙で夫への言葉遣いも丁寧です。夫との間の心のスキマに、海斗がちょうど現れただけじゃないでしょうか。どうしても手に入れたいわけじゃない。夫はうまく浮気を隠しているけれど、小夜子は不器用でまっすぐ。どんなカップルでも時間が経てば二人の距離は変化します。自分の足元にもそんな陥穽があるかも、ご用心!(白)


2016年/日本/カラー/ビスタ/112分
配給:キノフィルムズ
(C)2016「だれかの木琴」製作委員会
http://darekanomokkin.com/
★ 2016年9月10日(土)より有楽町スバル座、シネマート新宿ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする