2016年09月24日

ハドソン川の奇跡   英題:SULLY

hadoson.jpg

監督:クリント・イーストウッド
出演:トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー

2009年1月15日、乗客乗員155人を乗せたUSエアウェイズ1549便がニューヨークのラガーディア空港を飛び立って程なく、高度850mの地点で鳥の群れに襲われ、両方のエンジンが停止してしまう。
管制室から近くの空港に着陸するよう指示があるが、機長のチェズレイ・サレンバーガー(愛称サリー)は、とっさの判断でハドソン川への不時着を決行する。水面に無事不時着し、乗客乗員全員生存の偉業を成し遂げる。それは、「ハドソン川の奇跡」として、機長サリーは一躍英雄として称賛されるはずだった。ところが、事故調査委員会は、ハドソン川への不時着以外の選択肢はなかったのか?と、機長と副操縦士の二人を執拗に追及する・・・

事故発生から、わずか208秒の間に判断し、無事ハドソン川に不時着させた機長サリー。その咄嗟の判断の背景には、彼のこれまでの長年の経験があるからにほかならない。
管制官の指示通りに空港への着陸を試みたら、もしかしたら、マンハッタンのビルに被害を与えることになったかもしれない。
全員生存しているのに、どうしてここまで攻め立てるのか・・・
中でも、調査官の「家庭で問題はなかったか?」との問いにはムッとさせられた。
事故が起こったのは、鳥に襲われたからで、不可抗力なのに!
クリント・イーストウッドが、このテーマを映画にしたのは、「正義」とは何かを描きたかったからなのかと感じた。

撮影にあたっては、極寒のハドソン川で実際に救助にあたった人たちに、当時どのように行動したかを再現してもらったという。
映画の最後に、機長サリーを囲んで、無事帰還した乗客の人たちが集う姿が出てくる。
サリーご本人は、笑顔が素敵な温和な面持ちの方。決して自分が英雄だなどとは思うタイプじゃなくて、そこがまた魅力。(咲)


2016年/アメリカ/96分/スコープサイズ(IMAX版はビスタサイズに拡大/2D、IMAX2D/ドルビーサラウンド7.1+ドルビ・アトモス(一部劇場のみ)
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://www.hudson-kiseki.jp
★2016年9月24日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開
posted by sakiko at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真田十勇士

sanada.jpg

監督:堤幸彦
脚本:マキノノゾミ、鈴木哲也
衣装デザイン:黒澤和子
出演:中村勘九郎(猿飛佐助)、松坂桃李(霧隠才蔵)、大島優子(火垂)、永山絢斗(根津甚八)、加藤和樹(由利鎌之助)、高橋光臣(筧十蔵)、石垣佑磨(仙九郎)、駿河太郎(三好清海)、村井良大(海野六郎)、荒井敦史(三好伊三)、望月歩(真田大助)、青木健(望月六郎)、伊武雅刀、佐藤二朗、野添義弘、松平健(特別出演:徳川家康)、加藤雅也(真田幸村)、大竹しのぶ(淀殿)

関ケ原の戦いから14年。徳川家康の天下統一は目前、そうはさせじと亡き秀吉の側室淀殿は我が子秀頼を立て豊臣家の復興を狙っていた。戦国の世に名将の誉れ高いといえば真田幸村、しかしながら彼はたまたまその男前っぷりと幸運で勝ち残ってきただけであった。虚像と実像の差に悩む幸村と出会ったのが、抜け忍の猿飛佐助。幸村を「本物の天下一の英雄」に仕立てるために、同じく抜け忍の霧隠才蔵を誘い、10人の男たちが立ち上がった。

史上初の「映画と舞台が同時期に公開&上演!」となった本作。堤幸彦監督が両方の演出を手掛け、それぞれに仕掛けをたっぷりつめこんだエンタテインメント大作になりました。
人気の真田幸村が実は気弱な腰抜けだった?これまでになかった設定です。
中村勘九郎さんが元気いっぱいに演じる猿飛佐助がプロデュースの腕を発揮、仲間を束ね幸村を鼓舞して圧倒的な兵力の徳川方に向かっていきます。クールな魅力の霧隠才蔵を慕う火垂(ほたる)の恋路も気になるところ。「嘘もつきとおせば本物になる」と縦横無尽に暴れまわる若手キャストの十勇士をお楽しみください。ベテラン勢も書ききれないほどたくさんです。
舞台版は2014年1,2月に上演し、この秋再演。映画を連れてきましたって感じですね。キャストが少し違うので、両方見比べてみるのも面白そうです。(白)


クランクアップ報告会見の模様はこちらで
DSCF3724 sanada.jpg
豪華なクランクアップ報告には行ったのですが、実は、映画をまだ観てないです。観に行かねば!(咲)

2016年/日本/カラー/シネスコ/135分
配給:松竹・日活
(c)2016『真田十勇士』製作委員会
http://sanada10braves.jp/
★2016年9月22日(祝・木)全国ロードショー!
◎舞台版HPはこちら
posted by shiraishi at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

将軍様、あなたのために映画を撮ります 原題 The Lovers and the Despot

将軍様、あなたのために映画を撮ります_R.jpg

(C)2016 Hellflower Film Ltd/the British Film Institute

監督 ロス・アダム、ロバート・カンナン
出演 チェ・ウニ、シン・サンオク、キム・ジョンイル

孤独な独裁者が愛したもの、それは映画だった
韓国人映画監督と女優は北朝鮮に拉致され、どのようにして生還できたのか


1978年に発生した韓国の国民的女優崔銀姫(チェ・ウニ)と映画監督申相玉(シン・サンオク)の北朝鮮への拉致事件を追ったドキュメンタリー。香港で行方不明になった崔銀姫。その真相を探ろうと香港に行った元夫の申相玉監督。監督も行方不明になった。真相は映画マニアであった北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)書記が映画を製作するため2人は拉致されたのだった。しかし2人は1983年に再会するまで、お互いに拉致されているとは知らされてなかった。
申相玉監督は自由に撮影出来る環境下で映画を製作し、北朝鮮で17本の映画を撮った。日本人スタッフも参加し、日本でも公開されたことがある『プルガサリ 伝説の大怪獣』(1985年製作、日本公開は1998年)もシン監督の手によるもの。
1986年、映画祭に参加するためウィーン滞在中に2人はホテルを脱出してアメリカ大使館に保護され、その後韓国に戻った。そのおよそ8年に渡る北朝鮮での日々を、崔銀姫自身や事件を調査した元CIA職員など関係者へのインタビューでひも解く。また申相玉監督自身が密かに録音した金正日とのやりとりを録音したものなど貴重な証拠も出てくる。

この事件のことは昔から語られてきたのですごく気になっていた。北朝鮮脱出から30年たち、やっと公表できるものもあったのだろう。なによりびっくりしたのは金正日の肉声が録音されたテープの存在。よく録音機やテープが没収されなかったものだと思う。申相玉監督は北朝鮮では17本の作品を撮ったが、韓国に戻ってからは『政治犯・金賢姫/真由美 』(1990)など数本撮っただけ。韓国に戻ってから映画はほとんど撮れなかったという皮肉も描かれる。(暁)

左から申相玉監督、金正日、崔銀姫.jpg
左から申相玉監督、金正日、崔銀姫
(C)2016 Hellflower Film Ltd/the British Film Institute


映画好きの金正日に拉致され、北朝鮮で映画を製作していた韓国の監督と女優がいることはよく知られた話でしたが、本作でかなり詳しい経緯を知ることができ、興味津々でした。
拉致されたのが1978年、香港でのこと。拉致された申相玉監督が香港で撮影した映画の一部が出てきて、当時の香港の風景が懐かしい限りでした。私が初めて香港を訪れたのが1979年。まさにその時に観た香港だった次第です。(咲)


2016年9月24日 ユーロスペースほか、全国順次公開
2016/イギリス 配給 彩プロ
公式HP http://www.shouguneiga.ayapro.ne.jp/
posted by akemi at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

第9回 したまちコメディ映画祭in台東

fck.jpg

期日:2016年9月16日(金)〜19日(月・祝)
会場:浅草公会堂、雷5656会館 ときわホール、水上音楽堂 野外ステージ、東京国立博物館平成館
プログラムこちらから一覧のダウンロードができます。 
 チケット:チケットぴあにて販売中 
 *当日券は上映会場前にて販売
 *プログラムにより料金は異なります。
詳細は公式サイトにて http://www.shitacome.jp/2016/index.html

毎日のレポートスタッフ日記

●特別招待作品
オープニングセレモニー&『ぼくのおじさん』(2016/山下敦弘監督/松田龍平、大西利空、真木よう子)
『浅草・筑波の喜久次郎 〜浅草六区を創った筑波人〜』(2016/長沼誠監督/松平健、北島三郎)
『ネイバーズ2』「DVD&ブルーレイでーた」応援作品
(2016/アメリカ/ニコラス・ストーラー監督/セス・ローゲン)
『PK』(2016/インド/ラージクマール・ヒラニ監督/アーミル・カーン)
●企画上映「野良スコ」新作上映〜コタローの姉あらわる!!〜 
●日本映画監督協会推薦作品
 『箱入り息子の恋』(2013/日本/市井昌秀監督/星野源、夏帆)
●短編コンペティション「したまちコメディ大賞2016」
 入選作品11本を上映

●「映画秘宝」presents 映画秘宝まつり
 町山智浩、水道橋博士ほかのトークショーあり。
『グリーン・ルーム』(2015年/アメリカ/ジェレミー・ソルニエ監督/アントン・イェルチン)
『ナイスガイズ!』(2016年/アメリカ/シェーン・ブラック監督/ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリング)

●シネマ歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』
(2010年/作・演出:宮藤官九郎/市川染五郎、中村七之助)
●とり・みきの吹替え“凄ワザ”講義
 『危険戦隊デンジャー5〜我らの敵は総統閣下〜』(2011年/オーストラリア)

●お笑いライブ「人力舎×マセキ Presents映画ネタ-1グランプリ」
●吹替え60周年記念上映『名探偵登場』(1976年/アメリカ/ロバート・ムーア監督)

★コメディ栄誉賞は山田洋次監督に!
●したまち演劇祭in台東 共同企画 『母と暮せば』(2015/吉永小百合、二宮和也)
●コメディ栄誉賞山田洋次リスペクト上映『男はつらいよ』(第1作/1969年/渥美清、倍賞千恵子)
●クロージングセレモニー「山田洋次リスペクトライブ」
posted by shiraishi at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

歌声にのった少年   英題:The Idol 

utagoe.jpg

監督・脚本:ハニ・アブ・アサド(『パラダイス・ナウ』『オマールの壁』)
出演:タウフィーク・バルホーム、ナーディーン・ラバキ、ムハンマド・アッサーフ

ガザの難民キャンプで育ったパレスチナ人で、「ロケット」の愛称で呼ばれるスーパースター、ムハンマド・アッサーフ。本作は、彼が「アラブ・アイドル」で優勝するまでを描いた物語。

2005年、パレスチナのガザ。ムハンマドは歌が上手な少年。一歳上の姉ヌールや、友だちのアハマド、ウマルとガラクタを楽器にしてバンドを組んでいる。本物の楽器が欲しいと、魚を売ったり、集会で歌ったりして貯めたお金で闇商人から楽器を手に入れる。結婚式で歌う仕事を貰うが、女付き子ども馬鹿バンドとからかわれる。
 そんな折、姉ヌールが腎不全で倒れる。家族は血液型が適合しない。腎臓を買うしかない。音楽教室のカマール先生に「最後に残るのは夢だけだ」と励まされ、ヌールの手術代を稼ぐため結婚式で歌うムハンマド。透析を続けるが、結局ヌールは亡くなる。「歌で世界を変えて!」と言い残して。
2012年、学費稼ぎにタクシー運転手をしているムハンマド。ガザが壊滅的な状況とニュースが伝えている。オーディション番組「パレスチナスター」に出たいが、開催地ヨルダン川西岸地区のラーマッラーに行く許可が出ない。同じ国なのに。
停電が続く中、発電機でなんとか繋いでスカイプで出場するが途中で発電機が壊れて火事になってしまう。「イスラエルの攻撃にガザの人たちが立ち直れますように」とアナウンサー。
 ムハンマドは一大決心をして、カイロで開催される「アラブ・アイドル」の予選に出ることにする。「成功の為には失敗を恐れないで」と送り出す母。そうはいっても、ガザから出国するのは容易ではない。「エジプトまで泳いで行け」という友人。検問所を突破し出入国審査へ。「ビザは本物?」と聞かれ、正直に偽物と答えるムハンマド。クルアーンの朗誦コンクールに出場すると、係員の前でクルアーンを朗誦する。
「神に祝福された声。エジプト人を負かしてやれ」と係員。
 会場のカイロ・オペラハウスにようやくたどり着くと長蛇の列。チケットがないと入場できないといわれるが、なんとか中に入り、トイレで歌っていると、「上手いね」と声をかけられる。事情を話すと「俺は勝てない。使ってくれ」とチケットを譲ってくれる。
 こうして予選に出場したムハンマドは、どんどん勝ち進み、いよいよベイルートでの決勝大会に出演する・・・

姉の手術費用を稼ぐため、「ワクドナルド」(マクドナルドをぱくって MをWに)のハンバーガーをトンネルを抜けてエジプトに届ける仕事をする場面があります。国境を封鎖されているガザに食糧や物資を届ける為、千本以上あったトンネルですが、武器の密輸路だとして、今はイスラエルに破壊されてしまっています。映画の中では、エジプト側からパレスチナに食糧を届けるのでなく、逆に使われていて、それもありだったのかと。
ムハンマドは、現在、国連パレスチナ難民救済事業機関青年大使も務めていますが、ガザ出入国には許可がいるのだそうです。自分の故国なのに!
爆撃にあって破壊されつくしたガザの町で実際にロケをしていて、和平への思いもずっしり感じますが、それ以上に、本作では、どんな境遇にあっても夢を忘れず突進することの素晴らしさを教えてもらいました。(咲)


2015年/パレスチナ/アラビア語/98分/シネスコ/デジタル5.1ch
提供:ニューセレクト 
配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト:http://utagoe-shonen.com/
★2016年9月24日(土) 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町 他全国順次ロードショー
posted by sakiko at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする