2016年08月14日

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(原題:Song of the Sea)

song.jpg

監督:トム・ムーア
脚本:ウィル・コリンズ
音楽:ブリュノ・クレ、KiLA
日本版主題歌:中納良恵(EGO-WRAPPIN')
声の出演(日本語吹き替え):本上まなみ(ベン)、リリー・フランキー(父コナー)、中納良恵(母ブロナー)

ベンは灯台の家でお父さんとお母さん、愛犬のクーと暮らしています。お母さんのおなかには赤ちゃんがいて、弟か妹が生まれるのを楽しみにしていました。けれども、ある晩お母さんは産まれたばかりの妹をおいていなくなってしまいました。お父さんはすっかり元気をなくし、ベンは妹のシアーシャのせいでお母さんが消えてしまったと思い、意地悪ばかりしてしまいます。
シアーシャは6歳になりましたが、おしゃべりができません。お誕生日のお祝いにやってきたおばあちゃんは、息子と孫たちを心配しています。シアーシャはその夜ふしぎな光に誘われ、お父さんが隠していた“セルキー”のコートを見つけました。海に入ったシアーシャはアザラシたちと楽しく泳ぎ回りますが、おばあちゃんに見つかり、二人は町にあるおばあちゃんの家に預けられました。どうしても家に帰りたくなって二人はこっそりと抜け出します。ところが途中でフクロウの魔女にシアーシャがさらわれてしまいました。ベンは妹を救うため魔法世界へと向かうのでした。

アイルランドに古くから伝わるお話を元にしたアニメーション。お母さんを愛するあまり、妹にやつあたりするお兄ちゃんが主人公です。ここはふつうの生活でもありそうです。さらに妖精や魔女が登場して、兄妹は知らず知らずに大冒険の世界に足を踏み入れて行くことになります。
日本の羽衣伝説、鶴女房のような「異類婚姻譚」は世界中にあるようですが、アイルランドに伝わる“セルキー”は海ではアザラシ、陸上では皮を脱いで人間の姿になる妖精だそうです。セルキーの母親が残した貝の笛をベンが吹いても音は出ませんが、口のきけないシアーシャは吹くことができました。その音色が二人を導き、ベンが母から教わって忘れなかった歌も大きな力となりました。妻が失踪してふさいでしまうお父さんがちょっと情けないですが、子どもたちの成長に後押しされ、親の自覚を取り戻しますのでご安心ください。アニメーションによく合った音楽もまた美しいです。
昨年の「アニメアワードフェスティバル2015」で上映、長編部門でグランプリを受賞しました。アカデミー賞 長編アニメ映画賞にもノミネートされたほか、いくつもの受賞を果たしています。(白)


2014年/アイルランド、ルクセンブルク、ベルギー、フランス、デンマーク合作/カラー/ビスタ/93分
配給:チャイルド・フィルム、ミラクルヴォイス
(C)Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Norlum
http://songofthesea.jp/
★ 2016年8月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次ロードショー
posted by shiraishi at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アイルランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴーストバスターズ(原題:Ghostbusters)

Ghostbusters.jpg

監督:ポール・フェイグ
脚本:ポール・フェイグ & ケイティ・ディポルド
撮影:ロバート・イェーマン
音楽:セオドア・シャピロ
出演:クリステン・ウィグ(エリン・ギルバート)、メリッサ・マッカーシー(アビー・イェーツ)、ケイト・マッキノン(ジリアン・ホルツマン)、レスリー・ジョーンズ(パティ・トラン)、クリス・ヘムズワース(ケビン)

ニューヨーク。物理学者のエレン・ギルバートは、コロンビア大学で教鞭をとって出世も目前だった…が、かつて心霊現象について情熱を傾け本を書いたのがバレ、大学にふさわしくないとクビになってしまった。封印したはずの本が世に出たのは、一緒にゴースト研究をしていたアビー・イェーツのしわざだった。彼女は天才エンジニアのジリアンを助手に今も研究を続けており、本を出して研究費用を捻出したのだ。初めは憤慨したエリンも、2人と調査に出かけた古い屋敷でついに本物のゴーストに出会って狂喜する。それをきっかけに3人は幽霊退治専門会社“ゴーストバスターズ”を立ち上げた。さらに加わったのが、地下鉄のチケット売り場で働き町中を知り尽くしているパティと、使えないけれどマッチョでハンサムな受付のケヴィン。こうして強力な(?)チームが出来上がった!

1984年の『ゴーストバスターズ』を、女性を主人公にしてリブート。84年版のアイバン・ライトマン監督がプロデューサーを務めています。メンバーはそれぞれ有名なコメディエンヌたちですが、中でもケイト・マッキノンが光っています。『テッド2』にも出演とありますが、大きな役では日本初お目見えではないでしょうか。老舗の人気コメディ番組「サタデーナイト・ライブ」の脚本家・出演者としても人気だそうです。最近はヒラリー・クリントンのマネがうけていて、ネットでも見られます。
メリッサ・マッカーシーは『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011年)で助演女優賞にノミネートされた方。以来大活躍で2015年には「世界で3番目に稼ぐ女優」になったとか。
30数年の間にCG技術が進歩して、見せ場もたくさん。旧作に登場した懐かしいメンバーやゴーストもちゃんと顔を見せますので、ぜひ目を離さずに。クリス・ヘムズワースがおバカなイケメン受付の役です。これまでの映画だと男性の上司が選ぶ美人の受付嬢というのが定番ですが、今回は男女逆。珍しい役なので一見の価値あり、かも(笑)。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/116分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
http://www.ghostbusters.jp/
★ 2016年8月11日(木・祝)〜14日(日)先行公開!
8月18日(土)2D・3Dロードショー
posted by shiraishi at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よこはま若葉町多文化映画祭2016

1607tabunkaeigasai_omotebrog.jpg

★会期 2016 年8月20日(土)〜8月28日(日)
    
・会場 シネマ・ジャック&ベティ+横浜パラダイス会館
     〒231-0056横浜市中区若葉町3-51-3

・交通 京浜急行「黄金町」駅より徒歩5分
     市営地下鉄「阪東橋」駅より徒歩5分
     JR「関内」駅より徒歩15分

・料金  ▼横浜下町パラダイスまつりのプログラムはほとんど「ワンドリンクオーダー+カンパ制」です。
*食事会はブラジル炭火焼肉定食+ワンドリンク付2000円
*大黒堂ミロさん+坂田登さん「フェティシズム勉強会〜フロイト、ラカンの同性愛論」は資料代+ブラジル炭火焼肉定食+1ドリンク付3500円

      ▼よこはま若葉町多文化映画祭2016料金表
A:鏡は嘘をつかない/シアター・プノンペン/ソング・オブ・ザ・シー海のうた
       一般1,800円、大専1,500円、高校以下シニア外国出身者1,000円
        *ソング・オブ・ザ・シー海のうたのみ2才〜800円
B:・国際市場で逢いましょう/蒼のシンフォニー/マダム/ボディトラブル/ウカマウ/地下の民
       一般1,500円、大専1,200円、高校以下シニア外国出身者1,000円
       C:福岡アジア美術館セレクション
        だれでも一律1,000円

     オトクな3回券 3600円 
*上記外国出身者割引、3回券のご利用は8/20(土)〜26(金)の間だけです。

     ★J&B会員+ART LAB OVA会員割引あり。
     ★そのほかの割引【いつでもどの映画でも割引が適用されます】
     ・夫婦50割引:どちらかお一人でも50歳以上のご夫婦は2人で2,000円
     ・しょうがい者割引:障害者手帳ご提示で、ご本人と付添の方1人1,000円
     ・レディースデイ:毎週水曜日女性1,000円
     ・メンズデイ:毎週木曜日男性1,000円

【映画祭チケットプレゼント】
外国籍・外国出身の方、毎日3名様にチケットプレゼント!予約制!
1)希望映画と上映日時
2)お客様のゆかりの国を明記して以下にメールください。
yokohamawakaba@gmail.com
*各回上映後に開催する交流会にご参加ください。
*おひとり1回かぎり。予約先着順です。

公式blog http://downtownart.hama1.jp/

posted by chie at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

栄光のランナー 1936ベルリン(原題:Race)

eiko.jpg

監督:スティーブン・ホプキンス
脚本:ジョー・シュラップネル、アナ・ウォーターハウス
撮影:ピーター・レヴィ
出演:ステファン・ジェームス(ジェシー・オーエンス)、ジェイソン・サダイキス(ラリー・スナイダー)、ジェレミー・アイアンズ(アベリー・ブランデージ)、ウィリアム・ハート(エレミア・マホニー)、カリス・ファン・ハウテン(レニ・リーフェンシュタール)、シャニース・バンタン(ルース・ソロモン)

貧しい家庭に生まれたジェシー・オーエンスは中学時代から陸上選手として才能を発揮し、家族の期待を背言ってオハイオ州立大学に進学する。そこで陸上コーチのラリー・スナイダーに出会い、さらに記録をのばし、人種を越えてかたい友情の絆で結ばれていく。オリンピック出場を目指すスナイダーの指導のもと、ジェシーは陸上競技会で45分間に新記録3つ、タイ記録1つという目覚ましい記録を打ち立てる。
1936年、ベルリンでのオリンピック開催が予定されていたが、ヒトラーが政治利用しているとして各地でボイコットの動きが盛んであった。黒人地位向上委員会からの働きかけもあり、黒人選手のジェシーはユダヤ人と有色人種を迫害するヒトラー政権のオリンピックに参加すべきか苦悩する。

実在の陸上選手ジェシー・オーエンスが、人種差別を受けながらも良き指導者を得てベルリンオリンピックに出場、素晴らしい成績を収める感動作です。アメリカでボイコット賛成派と反対派に分かれ、ブランデージ会長がドイツを訪問したうえで議論した経緯がわかりました。
ヒトラーに気に入られた女性監督レニ・リーフェンシュタールが代表作品『オリンピア』を撮影する様子もあり、氷のような雰囲気のナチスの宣伝相ゲッベルスとアメリカ側の間に立ち、通訳する場面はスリリングです。ナチスの資金をつぎ込んで作られた『オリンピア』の映像はこの作品の中にも挿入されていて、日本選手の活躍ぶりも見られます。
大観衆を前にして記録の出せる選手たちの精神力の強さに感心すると同時に、ドイツの走り幅跳びのルッツ・ロングとジェシーとのスポーツマンらしい交流に胸が熱くなりました。ジェシーを演じたステファン・ジェームスの日本で公開された作品は今のところ『グローリー 明日への行進』しか見当たりません。精悍な印象のジェシー本人より愛嬌のある親しみやすい顔立ちで、これから公開作が増えそうです。

1980年のモスクワオリンピックを日本がボイコットしたニュースは、この日のために準備していた選手団が気の毒でよく覚えています。ソ連のアフガニスタン侵攻を批判したアメリカがボイコット推進派で、日本も従わざるを得なかったと記憶しています。後にアメリカでのオリンピックをお返しとばかりにボイコットした国々もありました。多くの選手たちが涙を飲んだはず。ひとつしかない地球なのに、争いが止むことはないのでしょうか。(白)


2016年/アメリカ・ドイツ・カナダ合作/カラー/シネスコ/134分
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
(C) 2016 Trinity Race GmbH / Jesse Race Productions Quebec Inc. All Rights Reserved
http://eiko-runner-movie.jp/
★ 2016年8月11日(木・祝)ロードショー
posted by shiraishi at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

追悼上映「ありがとう、キアロスタミ!」

kialosutami tuitoo.jpg

去る7月4日に76歳でご逝去されたアッバス・キアロスタミ監督を偲んで、ご縁の深かったユーロスペースさんで緊急追悼上映「ありがとう、キアロスタミ!」が開催されます。
また、秋には、追悼上映第2弾「キアロスタミ全仕事」(仮題)の開催も決定したとのことです。
イランが世界に誇る巨匠の作品を、いま再び、目に焼き付けていただければ幸いです。


●アッバス・キアロスタミ監督 緊急追悼上映第一弾
追悼上映「ありがとう、キアロスタミ!」

期間:8月17日(水)〜19日(金)

場所:ユーロスペース

上映作品
『友だちのうちはどこ?』(1987)
『ライク・サムワン・イン・ラブ』(2012)、
『クローズ・アップ』(1990)
『ドキュメント:キアロスタミの世界』(1994 監督:ジャン=ピエール・リモザン)

☆追悼対談
8月17日(水)18:45より
ゲスト:おすぎさん(映画評論家)、野上照代さん(黒澤プロダクション・マネージャー) 
※入場無料。『クローズ・アップ』をご覧のお客様が優先入場

上映時間
8月17日(水) 
15:40『ドキュメント:キアロスタミの世界』
17:00『クローズアップ』
18:45 追悼対談:おすぎ×野上照代(入場無料)

8月18日(木) 
15:00『友だちのうちはどこ?』
17:20『ドキュメント:キアロスタミの世界』
18:40『ライク・サムワン・イン・ラブ』

8月19日(金) 
15:00『ライク・サムワン・イン・ラブ』
17:20『ドキュメント:キアロスタミの世界』
18:40『友だちのうちはどこ?』

●追悼上映第2弾「キアロスタミ全仕事」(仮題)開催決定
2016年10月19日(水)〜27日(木) 
映画監督のみならず脚本家、写真家、詩人としても活躍したキアロスタミ監督の才能を多角的に紹介する追悼上映を企画中とのことです。

その他詳細は、こちらで!
http://www.eurospace.co.jp/works/detail.php?w_id=000122

posted by sakiko at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。