2016年07月24日

あなた、その川を渡らないで(英語題:My Love, Don't Cross That River)

anata.jpg

監督・撮影:チン・モヨン
出演:チョ・ビョンマン(おじいさん)、カン・ゲヨル(おばあさん)

韓国・江原道 横城(カンウォンドウ フェンソン)郡の小さな村、古時里(コシリ)に住む老夫婦の一年を追ったドキュメンタリー。おじいさんは98歳、おばあさんは89歳。結婚して76年になる今も、お揃いの韓服を着て若い恋人同士のように手をつないで歩く。
子どもたちは独立して町に住み、二人は支えあいながら仲睦まじく暮らしている。春は花を摘み、夏は川辺で遊び、秋は落ち葉を集め、冬は雪ダルマを作る。高齢の二人には身体の不調も多々あり、別れのときも近づいている。

この小さなドキュメンタリー作品はチン・モヨン監督が二人が登場するテレビ番組を見たことから始まりました。ひとつの季節だけだったので、一年を通じた二人の暮らしぶりを映像に残したいと思われたのだそうです。色鮮やかな韓服が四季折々の里山の風景によく映えて、一幅の絵のようです。このお年で腰も曲がらず、目も耳もしゃんとしているのには感心しました。
ほほえましいシーンが続きますが、美しく楽しいことばかりではありません。幼いうちに亡くした子供たちのために、当時は買ってやれなかったパジャマを供えて、おばあさんは涙にくれます。
二人の姿に理想の夫婦を見出し、長い年月の間にどれほど苦労があったかと自分の来し方も重ねて、観客は笑ったり泣いたりするのでしょう。韓国でドキュメンタリーとしては異例の大ヒット作品となりました。(白)


2014年/韓国/カラー/86分
配給:アンプラグド
(C)2014 ARGUS FILM ALL RIGHTS RESERVED.
http://anata-river.com/
★2016年7月30日(土)シネスイッチ銀座ほかにてロードショー
posted by shiraishi at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロング・トレイル! 原題:A Walk In The Woods

c80bd0bd5ff942bc[1]_R.jpg
(C)2015 BIG WALK PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.


監督 ケン・クワピス
出演:ロバート・レッドフォード/ニック・ノルティ/エマ・トンプソン

英国に長年暮らしていた紀行作家ビル・ブライソン(ロバート・レッドフォード)は、家族と故郷であるアメリカ、ニューハンプシャー州に戻り穏やかな生活を送っていた。しかし、そんな毎日に物足りなさを感じ始めた頃、自宅近くに全長3500キロという北米有数の自然歩道「アパラチアン・トレイル」があることに気がつき、踏破を思いついた。しかし、妻は一人で行くことに難色を示したため、旅の同行者を募った。名乗り出たのは友人から話を聞きつけたカッツ(ニック・ノルティ)。40年ぶりの再会だった。
彼の破天荒さに心配を隠せない妻をよそに、二人は意気揚々と出発。しかしシニア世代のビルとカッツの前に、予想外のハプニングが続出。見た目も性格も正反対の二人は、最初は不協和音。体力の衰えという現実も立ちはだかる。熊にも遭遇してしまう。しかし、トレッキングしている人たちとの交流、大自然の光景など、彼らの冒険はだんだんと旅の醍醐味を味わってゆく。果たして二人はこのロングトレイルを踏破することができるのか…。
main_R.jpg

(C)2015 BIG WALK PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
長年、第一線で活躍してきた名優が、自身の半生を投影したような役を好演。旅は人生の縮図と感じさせてくれる。多くは山の中を行く道だけど、行きかうトレッカーも多く、山小屋もある。時々、食料調達のために街へも行く。そういう形で長旅を続けられる条件が整っているから、このロングトレイルへ行く人々がいるんだなと思った。
チベットでは五体投地で祈りを捧げながら1年もかけて旅を続ける人もいれば、登山のように挑戦のために山に登る人もいる。人は様々な目的のために旅を続ける。
そんな映画がいくつか公開され、私も子供の頃からの夢、世界一周にそろそろ挑戦したいなと思い始めている。(暁)

*7月30日から、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
原作: 「ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験―北米アパラチア自然歩道を行く」
ビル・ブライソン著(中央公論新社)
2015年/アメリカ/104分
公式HP http://www.long-trail.com/
posted by akemi at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする