2016年07月10日

パレス・ダウン   原題: Taj Mahal

palace down.jpg

監督:ニコラ・サーダ
出演:ステイシー・マーティン、ルイ=ド・ドゥ・ランクザン、アルバ・ロルバケル

2008年11月、18歳のルイーズは、父の転勤で両親と共にインドのムンバイにやって来た。新居が決まるまで、タージマハル・ホテルに滞在することになる。フロントが用意してくれたのは、インド門を見下ろす海に面した広いスイートルーム。ある晩、両親が会食に出かけ、ルイーズが一人で部屋にいた時、ドアを激しく叩かれる。不穏な空気を感じたルイーズは、息を殺して部屋に篭る。外で何が起こっているのかわからない。携帯電話が唯一の頼りだ。父と連絡が取れ、ホテルが武装グループに襲われたことを知る。ルイーズは、無事、脱出できるのか・・・

2008年11月26日。インド・ムンバイで起こった同時多発テロ。高級ホテル「オベロイ・トライデント」と「タージマハル・ホテル」、観光客向けレストラン、ユダヤ教関連施設「ナリマンハウス」、そして中央駅が、10人のテロリストからなる武装グループの襲撃を受けた。
本作は、実際にテロ事件の折にタージマハル・ホテルに滞在していた少女のことを知人から聞いた監督が、触発されて映画にしたもの。
つい先日も、バングラデシュで日本人の方たちも犠牲になる凄惨なテロが起こりましたが、今、どこでテロに襲われるか予測がつきません。2008年のこのムンバイでのテロの時にも、ほんの1時間前までオベロイ・ホテルで会食していたという後輩がいます。
不可抗力で犠牲になってしまうことも多々ありますが、とっさの判断と強靭な精神力が命を救う可能性もあることを、本作は感じさせてくれます。

本作では、到着早々、ルイーズはタクシーに乗って、ムンバイの町を見てまわります。喧騒あふれる市場、モスクで音楽を奏でる人たち・・・ 異文化に興味を持ち、溶け込もうとするルイーズ。異国で暮らすのに、まず必要な心構えも見せてくれます。(咲)


フランス映画際の折のQ&Aは、こちらで!
http://unifrance.jp/festival/2016/report/taj-mahal-2

2015年/フランス/91分/フランス語・英語/DCP/PG12
配給:パップ
公式サイト:http://www.vap.co.jp/palace-down/
★新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2016/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」(7月16日〜8月19日)上映作品。
7/29(金)16時、8/2(火)13時、8/13(土)10時の3回のみ
posted by sakiko at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016(第13回)

skip city 2016.jpg

期 間:2016年7月16日(土)〜 7月24 日(日) 9日間

会 場:
SKIPシティ 映像ホール/多目的ホール  〔埼玉県川口市上青木3-12-63〕
彩の国さいたま芸術劇場 〔埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1〕
こうのすシネマ 〔埼玉県鴻巣市本町1-2-1 エルミこうのすアネックス3F〕

主 催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
共 催:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団、こうのすシネマ

デジタルシネマの新しい才能を発掘する目的で2004年にスタートした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」も13年目を迎えました。
本映画祭のメイン「コンペティション」は、長編部門、短編部門,、アニメーション部門の計3部門で構成されています。
長編部門は広く世界中から公募し、今年は過去最多の世界88の国と地域から919本の応募があった中から、選りすぐりの12本が上映されます。中でも、バヌアツ(初参加)・インド・キルギスは本映画祭初のノミネートです。
短編部門とアニメーション部門は、日本のクリエイター支援を目的として国内作品に限定しています。

オープニングには、映画祭が主体となって若手映像クリエイターを応援して製作するプロジェクト第二弾として、熊谷まどか監督の『話す犬を、放す』が上映されます。

特別招待作品として、海外との合作に注力する中国のプロデューサー、ワン・ユー氏が手がけた2作品『長江図』『I PHONE YOU』がジャパン・プレミアとして上映されます。

その他、シネマ歌舞伎『春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)』、バリアフリー『上映海街diary』、長編アニメーション『バケモノの子』『心が叫びたがってるんだ。』の上映も行われます。
また、映画以外にもSKIPシティ夏祭りなどイベントも盛りだくさん。家族ぐるみで楽しめる映画祭です。
ちょっと遠いとお思いの方も多いと思いますが、会期中は川口駅より無料のシャトルバスがあって、楽々会場に行くことができます。

★SKIPシティへのアクセス:
会期中、JR川口駅東口キャスティ前臨時バス停より、SKIPシティまで直行の無料シャトルバスが20分間隔で運行されます。(所要:約12分)
http://www.skipcity-dcf.jp/access.html#
車でお出かけの方には、上映チケットの半券提示で駐車料無料のサービスもあります。

★長編部門コンペティション作品 (海外9作品、国内3作品)

『アヒルからの贈り物』監督:オリヴィエ・ランジェ (ベルギー)
『アウト・オブ・マイ・ハンド』監督:福永 壮志 (アメリカ)
『暗黒街』監督:ステファノ・ソッリマ (イタリア、フランス)
『タンナ』監督:ベントレー・ディーン、マーティン・バトラー(オーストラリア、バヌアツ)
『ファミリー・ジャンブル』監督:マックス・ナルダリ (イタリア)
『ニュー・クラスメイト』監督:アシュヴィニー・アイヤル・ティワーリー (インド)
『アンダー・ヘヴン』監督:ダルミラ・チレプベルゲノワ (キルギス)
『朝日が昇るまで』監督:アレハンドロ・グスマン・アルバレス (メキシコ)
『幸せを追いかけて』監督:イングヴィル・スヴェー・フリッケ (ノルウェー)

『見栄を張る』監督:藤村 明世 (日本)
『いたくても いたくても』監督:堀江 貴大 (日本)
『園田という種目』監督:太田 真博 (日本)


★短編部門、アニメーション部門、その他詳細は公式サイトでご確認ください。

◆公式サイト:http://www.skipcity-dcf.jp/

◆ガイドPDFダウンロード:
http://www.skipcity-dcf.jp/pdf/Guide_J_2016.pdf

◆ゲスト情報:
http://www.skipcity-dcf.jp/guests.html

★昨年の映画祭の模様は、スタッフ日記ブログでどうぞ!
ほんとに、毎年、どの作品も期待を裏切らない秀作揃いです。

●12回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 オープニング 地元川口が舞台の『鉄の子』に会場が沸く (咲)
http://cinemajournal.seesaa.net/article/422611042.html

●SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 『絶え間ない悲しみ』の圧倒的な映像に、メキシコ女性の苦悩をひしひし (咲)
http://cinemajournal.seesaa.net/article/422671745.html

●SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 『ガーディ』 レバノンの古い町を舞台に他者との違いを受け入れ共生することを楽しく描いた映画 ぜひ観てほしい! (咲)
http://cinemajournal.seesaa.net/article/422729195.html
posted by sakiko at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

シアター・プノンペン  英題:The Last Reel

theater punonpenh.jpg

監督:ソト・クォーリーカー
脚本:イアン・マスターズ
出演:マー・リネット、ソク・ソトゥン、トゥン・ソーピー他

カンボジアの首都プノンペンに住む女子大生のソポンは、病を患う母と厳格な軍人の父、口うるさい弟との息苦しい生活にうんざりしていた。父が独断で将軍の息子とのお見合いを進めることにに怒ったソポンは父親と喧嘩して家出してしまう。バイクの駐輪場として使われている廃墟のような映画館にもぐりこみ寝起きしていたが、ある日、ソポンは映写室に放置されているボロボロのフィルムを上映してみた。それは、クメール・ルージュがカンボジアを支配する前年、1974年に作られた『長い家路』という作品で、ヒロインを演じているのは、若き日の母だった。美しく輝いていた女優時代の母を知り、クメール王国を舞台にしたおとぎ話に、ソポンは惹き込まれた。しかし、内戦の混乱で映画の最終巻が紛失し、結末は観ることができなかった。ソポンは、病床の母の為に映画を完成させようと決心し、映画館を管理している映写技師ソクと、失われた最終巻をリメイクし始める。
その過程で、過去と現在、犠牲者と彼らを苦しめたクメール・ルージュのことや、両親の出会いを知り、この時代を生きた人々の、数奇な運命が明らかになる。

1975年からカンボジアを呑み込んだ暗黒の4年。知識人、一般大衆も巻き込み、空前の悲劇が生みだされ、カンボジア国民の4分の1の人が虐殺されたという。映画人も粛清の対象になったことが、『シアター・プノンペン』の中でも語られている。
カンボジアでは、1960年に映画製作がはじまり、クメール・ルージュの席巻する1975年までの15年間に約400本もの映画が作られていたのに、難を逃れたのはわずかな本数。
『シアター・プノンペン』は、かろうじて残った恋愛映画を軸にしたヒューマン・ドラマ。
公開を前にソト・クォーリーカー監督にお話をお伺いし、カンボジアでは当時のことは皆、心の奥にしまって話さないと知りました。被害者と加害者が共に暮らしている状況がいかに息苦しいものかと察します。
監督にお会いして、当事者が隠しているカンボジアの歴史を若い人たちに知ってもらいたいという思いを強く感じました。(咲)


シアター・プノンペントップ1.jpg 撮影:宮崎暁美
ソト・クォーリーカー監督インタビューは、特別記事で!

2014年/カンボジア/105分/クメール語/カラー
配給:パンドラ 
公式サイト:http://www.t-phnompenh.com
★2016年7月2日(土)岩波ホールほか全国順次公開
posted by sakiko at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カンボジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

ハリウッドがひれ伏した銀行マン  原題:Hollywood Banker

hollywood.jpg

監督・脚本:ローゼマイン・アフマン
登場する人々:フランズ・アフマン
アンニャ・アフマン、 スティーブ・ブルーム、ケヴィン・コスナー、ガイ・イースト、ハロルド・フリードマン、デレク・ギブソン、ヨーラン・グローバス、メナヘム・ゴーラン、ピーター・ホフマン、ロス・ジョンソン、 アーノルド・コペルソン、マーサ・デ・ランレンティス、ブルース・マクナル、ジョン・ミラー、スカイラー・ムーア、バックリー・ノリス、スティーヴン・ポール、ミッキー・ローク、ジョン・シュルマン、フレッド・サイドウォーター、ピエール・スペングラー、オリヴァー・ストーン、ジェームズ・トーマ、アンディ・ヴァイナ、ポール・ヴァーホーヴェン

フランズ・アフマン。1933年生まれ、オランダ人の銀行マン。
彼のもとに、映画会社トップから製作資金集めに奔走するプロデューサー、監督に至るまで、多くの映画人が面会を求めてきたという。
「なぜ成功したのか知りたい。ただの銀行マンなのに」とつぶやくフランズ・アフマン。

大学卒業後、ロッテルダムのスレーブブルク銀行に入社。エンタテインメント事業部を立ち上げ、映画プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティスとともに、映画配給会社に対し、作品の配給権を作品完成前に販売することで、その対価を制作費に充当することができる「プリセールス」というシステムを開発する。これにより、新興の映画会社の映画製作が盛んになり、各国のインディペンデント配給会社もアメリカ映画の大作を手がけることが可能になった。ひとりの銀行マンが編み出したシステムが世界の映画市場を大きく変えたのだ。
1987年、第59回アカデミー授賞式で、『プラトーン』のプロデューサーであるアーノルド・コペルソンが「本当に必要とする時にフィリピンのジャングルに資金を用意してくれた」とフランズへの謝辞を述べた。
「ジャングルに金を届けた男と言われたけれど、ロッテルダムからマニラに送金しただけ」と笑うフランズ。
フランズが融資した映画は、実に約900本。『キングコング』(1976年版)、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』『眺めのいい部屋』『ドライビング Miss デイジー』『氷の微笑』等々、数多くの名作が並ぶ。

この映画を作ったのは、娘であるローゼンマイン・アフマン。
2010年、ニューヨークに住んでいた彼女は、父が末期癌との知らせを受け、オランダに帰る。回顧録を残したいという父の思いを、娘は映画という形で残すことに決める。製作途中で父は亡くなり、まさに遺志を継いだ形で、関係者に取材を続け、父のたどった道を映画に収めている。
すらっとしたフランズ・アフマンは、いかにも堅実な銀行マンという雰囲気の穏やかな紳士。時折見せる笑顔は父親らしい愛情に満ちている。
銀行を引退した後は、オランダ国際映画祭の会長を12年にわたって務めている。ほんとうに映画を愛した方なのだと実感させられた。こういう方がいて、多くの映画が世に生み出されたことに私も感謝したい。そして、監督経験のないローゼンマイン・アフマンにとって、映画を作り上げるのは、いかに大変な作業だったことだろう。お父様への深い愛を感じた。(咲)


2014年/オランダ/82分/カラー/ビスタ
配給:アークエンタテインメント / 東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト:http://www.hollywoodbk.com
★2016年7月16日 (土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー.
posted by sakiko at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暗殺   原題:暗殺  英題:Assassination

ansatsu.jpg

監督:チェ・ドンフン(『10人の泥棒たち』)
出演:チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ、ハ・ジョンウ、オ・ダルス、チョ・ジヌン、チェ・ドクムン、

1911年、京城(現ソウル)。ソンタクホテルで会食中の寺内総督を狙う暗殺事件が起こる。同席していた親日派の実業家カン・イングクは総督の命を救う。一方、反日感情を抱くカン・イングクの妻は暗殺犯の独立運動家ヨム・ソクチン(イ・ジョンジェ)を逃がす。そのことを知ったカン・イングクは妻を殺害する。その騒動の中で、カンの双子の娘の一人が行方不明になってしまう。
1933年、中国・杭州。日本からの独立を目指す韓国臨時政府。独立運動家キム・ウォンボン(チョ・スンウ)と警務隊長となったかつての暗殺実行犯ヨム・ソクチンは党首の命を受け、日本政府要人と親日派を暗殺する為、独立軍最高のスナイパーのアン・オギュン(チョン・ジヒョン)、速射砲((チョ・ジヌン)、爆弾専門家(チェ・ドクムン)の3名を上海に呼び集め暗殺団を結成する。襲撃実行は、京城の三越百貨店での対日協力者カン・イングクの娘の結婚式。ところが暗殺計画は日本側に筒抜けだった。しかも、何者かが巨額の報酬でハワイ・ピストルと呼ばれる殺し屋(ハ・ジョンウ)に暗殺団3名の殺害を依頼していた・・・

韓国では、日本よりの独立から70年を迎えた2015年夏に公開され、韓国映画史上歴代7位の1270万人を動員する大ヒット。韓国の芸能ニュースでイ・ジョンジェやハ・ジョンウのインタビューを観て、これは是非観たいけど、抗日ヒーローを描いたドラマ「カクシタル」が日本で放映されないこともあって、日本公開は無理かなと諦めていた作品。
観てみたら、本作は支配者である日本人よりも、祖国を裏切った対日協力者に焦点をあてていて、これならば日本公開も納得の内容。
イ・ジョンジェ演じるヨム・ソクチンは、独立政府の警務隊長でありながら、日本の密偵でもあるという役どころ。さすが演技派イ・ジョンジェ、そこかしこで、上手い!とうならせてくれます。「なぜ裏切った?」と聞かれて「まさか独立すると思わなかった」とひょうひょうと答える姿に惚れ惚れ! 
怪しい殺し屋のハ・ジョンウも、いつもながらグッとくる魅力。殺し屋の相棒の爺や役のオ・ダルスも、登場するだけで笑わせてくれます。暗殺団の速射砲役のチョ・ジヌンも、人間味溢れて好感が持てます。臨時政府の重鎮役のチョ・スンウは、出番は少ないのに、存在感があって、美味しい役どころ。抗日派を支えるアネモネ・カフェのマダム役のキム・ヘスクも貫禄たっぷり。
でも、なにより本作では、最近ママになったチョン・ジヒョンの華麗なアクションが素晴らしい。双子役で、スナイパーとしてのキリリとした姿と別に、結婚式を迎えるしとやかなお嬢様の姿も見せてくれます。
抗日が背景にあるけれど、まさしく韓国らしいダイナミックな娯楽大作。(咲)


2015年/韓国/139分/5.1ch/デジタル/カラー
配給:ハーク
公式サイト:http://www.ansatsu.info
★2016年7月16日、シネマート新宿、シネマート 心斎橋ほか全国順次公開
posted by sakiko at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。