2016年06月23日

好きにならずにいられない(原題:Fusi)

suki.jpg

監督・脚本:ダーグル・カウリ
撮影:ラスムス・ビデベック
制作:バルタザール・コルマウクル、アグネス・ヨハンセン
音楽:スロウブロウ
出演:グンナル・ヨンソン(フーシ)、リムル・クリスチャンスドッティル(シェヴン)、シガージョン・キャルタンソン(モルドゥル)

フーシは43歳独身。アイスランドの首都レイキャビクの空港で荷物係をし、母親とアパートで暮らしている。身体は大きいけれど気は小さく、女友達もいない。単調な仕事をこなした後は、カーステレオでヘビメタを聞き、ラジオにリクエストする。ジオラマ作りが趣味で、有名な「エル・アラインの戦い」を小さな兵士や戦車のフィギュアを使って再現している。母親はそんなフーシを心配して、誕生日にダンス教室のクーポンをプレゼントしてくれたが、フーシは気が進まない。いやいや出かけるが中に入れない。車の中でいつものようにラジオを聞いていると、小柄な女性が声をかけてきた。ダンス教室に通うシェヴンだった。

フーシ役のグンナル・ヨンソンはお相撲さんのような巨体で200sあるそうです。長髪にヒゲで、体形はほとんどベイマックスかトトロか?
フーシは、恋愛経験もなく純情で、オタク少年のまま中年になってしまった人。出会いのチャンスを、とママがプレゼントしてくれたダンス教室のクーポンは、功を奏するのですが。シェヴンの優しさに舞い上がったり、隣に引っ越してきた父子家庭の少女ヘラと遊んでやって誘拐と間違えられたリ、散々です。大きな事件は起きませんが、シャイなクマさんのようなフーシを「ネジでもあったら巻いてやりたい」気持で見守りました。ほぼ母親の心境です。
ダーグル・カウリ監督は『氷の国のノイ』(2003年)で長編デビューした方。別名義で音楽も担当しています。この優しい大男が主人公の映画は、北欧の映画祭をはじめ世界各地で様々な賞を受けました。フランシス・フォード・コッポラ監督のコメント「フーシ、君のような人が増えたなら、世界はもっと幸せになれるのに」に同意。(白)


2015年/アイスランド・デンマーク合作/カラー/シネスコ/94分
配給:マジックアワー
http://www.magichour.co.jp/fusi/
★2016年6月18日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする