2016年06月05日

王の運命(さだめ) 歴史を変えた八日間(原題:The Throne)

ounosadame.jpg

監督:イ・ジュンイク
脚本:チョ・チョリョン、イ・ソンウォン、オ・スンヒョン
撮影:キム・テギョン
音楽:パン・ジュンソク
出演:ソン・ガンホ(英祖)、ユ・アイン(思悼世子)、ムン・グニョン(恵慶官)、チョン・ヘジン(暎嬪)、キム・ヘスク(仁元王后)、ソ・ジソブ(イ・サン/正祖)

朝鮮王朝第21代国王・英祖は、40歳のときに授かった次男世子を王位を継ぐものとして厳しく指導するが、世子は学問よりも武芸や芸術を好む青年に育った。派閥争いの続く宮中で、英祖はわが子へ強い期待を抱いていたのが裏切られ、失望と怒りにまみれてしまう。世子もまた、父からの愛情を渇望しながら得られず、苦しんでいた。英祖は長い時間をかけて宮中の均衡を図ってきたが、世子を陥れようとする反対勢力が暗躍し、父と子の間には決定的な亀裂が入ってしまった。

朝鮮王朝はたびたび歴史ドラマの題材になるようですが、なかでも父がわが子を餓死させたこの衝撃的な「米櫃事件」は、つとに有名。これが王とその息子ではなく、巷間の親子で生まれたなら、こんなひどい確執は生じなかったでしょう(ただの人に生まれて良かった)。ソン・ガンホが痛恨の決断せざるを得なかった英祖を演じて重厚。『ベテラン』でファン・ジョンミンを相手に不敵な悪役を見せたばかりのユ・アインが、こちらでは苦悩のあまり壊れていく世子役で哀切。アインはなみいるベテランたちをおさえて、青龍映画賞の主演男優賞に輝きました。
2014年の韓国映画『王の涙 イ・サンの決断』の主人公のイ・サンはこの英祖の孫です。この『王の運命〜』では米櫃に閉じ込められた父の世子(のちに思悼の名を贈られる)に水を捧げようとしてましたね。成長したイ・サンがほんの少し出て、良いとこどりをしていきました!2016年アカデミー賞 外国語映画賞の韓国代表作品です。(白)


2015年/韓国/カラー/シネスコ/125分
配給:ハーク
(C)2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
http://www.ounosadame.com/
★2016年6月4日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウスポー(原題:Southpaw)

Southpaw.jpg

監督:アントワン・フークア
脚本:カート・サッター
撮影:マウロ・フィオーレ
出演:ジェイク・ギレンホール(ビリー・ホープ)、レイチェル・マクアダムス(モーリーン・ホープ)、フォレスト・ウィテカー(ティック・ウィルズ)、ウーナ・ローレンス(レイラ・ホープ)、カーティス・“50セント”・ジャクソン(ジョーダン・メインズ)、ナオミ・ハリス(アンジェラ・リヴェラ)

ライト・ヘビー級チャンピオンのビリ−・ホープは43戦無敗のファイター。美しい妻モーリーンと愛娘のレイラのため勝利するのがなによりも好きだ。あるとき養護施設への寄付を募るチャリティ・パーティに夫婦で出席する。ビリーとモーリーンは子供の頃施設で出会ったのだ。スピーチを終えて帰るビリーに若いボクサーが暴言を吐き、短気なビリーが挑発にのって悲劇が起こる。大混乱の中、モーリーンに暴発した銃弾が当り、ビリーの腕の中で亡くなってしまう。妻の死を受け入れられないビリーは自暴自棄になり、母を亡くした一人娘を気遣うこともできない。試合に負け滞納したローンのため家も失い、マネージャーや取り巻きも去っていく。ついには生活力がないことから、最愛の娘レイラとも引き離されてしまった。

ジェイク・ギレンホールが、何もかもなくしてどん底まで落ち、娘を取り戻そうと再起に賭ける元チャンプを演じます。前作『ナイト・クローラー』では、目ばかりが大きく見えるほど体重を落としたジェイクが、今度はプロボクサーの身体を作り出しました。昔ならロバート・デ・ニーロ、今はこのジェイク・ギレンホールが肉体改造の双璧か?『ダラス・バイヤーズ・クラブ』で激やせのマシュー・マコノヒー、太ったり痩せたりのジャレッド・レトもいますが、脂肪ではなく筋肉をつけるのは大変です。
その肉体美で、壮絶なファイトシーンを見せたジェイクもすごいですが、娘レイラ役のウーナ・ローレンスが上手くて泣かせました。将来どんな女優になるのか楽しみです。(白)


2015年/アメリカ/カラー/シネスコ/124分
配給:ポニーキャニオン
Artwork(C) 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.
http://southpaw-movie.jp
★2016年6月3日(金)よりロードショー
posted by shiraishi at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火花

hibana.jpg

総監督:廣木隆一
監督:白石和彌、沖田修一、久万真路、毛利安孝
原作:又吉直樹「火花」(文藝春秋刊)
脚本:高橋美幸、加藤結子
脚本協力:板尾創路
脚本統括:加藤正人
出演:林遣都(徳永太歩)、波岡一喜(神谷才蔵)、門脇麦(宮野真樹)、好井まさお(山下真人)、村田秀亮(大林和也)、菜葉菜(西田英利香)、山本彩(熱海の居酒屋の店員)、徳永えり(あゆみ)、渡辺大知(小野寺)、高橋メアリージュン(百合枝)、渡辺哲(ロクさん)、染谷将太(緒方健治)、田口トモロヲ(日向征太郎)、小林薫(渡辺)

幼馴染の山下と漫才コンビ「スパークス」を組む徳永は、なかなか売れないままネタ作りと稽古を続けている。営業で訪れた熱海の花火大会で、先輩の芸人神谷に出会った。天才肌の神谷の芸と人柄に惚れ込んだ徳永が弟子入りしたいと頼むと、「俺の伝記を書くこと」という条件で受け入れられた。意気投合した二人は毎晩のように吉祥寺界隈を飲み歩き、尽きない話に花を咲かせた。それぞれの相方よりも一緒にいる時間が長くなるほど。
徳永が少しずつ売れていくのと反対に、神谷は恋人の真樹に去られ、荒れた生活を送るようになる。
そしてある日、多額の借金を抱えた神谷は徳永の前から姿を消してしまった。

漫才に打ち込む若者たちを描いたピースの又吉直樹さんの芥川賞受賞作が原作。Netflixから10話のオリジナルドラマになり、6月3日からネット配信が開始されました。世界190ヶ国、映画館のない地域でも、パソコンやスマホやテレビで視聴することができます。ネットにつなげられれば、いつでも見られるのですから、この道をたどる映像が増えていきそうですね。
10話はそれぞれの担当監督のもと、1本45分「前後」というゆるい縛りで作られているようです。そこに監督の個性がにじみ出てきているのかもしれません。原作者の又吉さんからは「関西弁ネイティブスピーカーであること」とだけ希望が寄せられたそうです。大津出身の林さん、大阪出身の浪岡さんはぴったり。数々の役柄を演じてきた二人ですが、漫才はたいへんだったようです。時間の流れ通りの「順撮り」だったため、漫才が上達していくようすもわかります。
業界に生きる人たちの悲喜こもごもが熱く描かれた作品です。1本ずつゆっくりでも、一気見でもお好きな方法でどうぞ。主人公たちに思い入れが強くなるに従い、ティッシュ必携。(白)

(C)2016 YDクリエイション
http://hibana-netflix.jp/
posted by shiraishi at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。