2016年06月14日

ノック・ノック(原題:Knock Knock)

knock.jpg

監督:イーライ・ロス
脚本:イーライ・ロス、ニコラス・ロペス、ギレルモ・アモエド
出演: キアヌ・リーヴス(エヴァン)、ロレンツァ・イッツォ(ジェネシス)、アナ・デ・アルマス(ベル)、アーロン・バーンズ

建築家のエヴァンは仕事も好調、アーティストの妻と可愛い子供たちとの幸せな生活を築いていた。妻と子どもたちが泊りがけで出かけて、一人留守番をしていた夜までは・・・。
ドアをノックする音に出てみると、土砂降りの中若い女性が二人、ずぶ濡れで立っていた。友人の家を探して迷ってしまったので、電話を貸してくれという。自分一人の家へ若い女性を入れるのをためらうエヴァンだったが、人助けだと思い招き入れる。
ジェネシス、ベルと名乗った二人は、タクシーを呼んで待つうちに、濡れた服を脱いだりシャワーを借りたり次第に大胆になる。あられもない姿で誘惑する二人とエヴァンはついにベッドを共にしてしまう。目が覚めると家中とんでもないことになっていた。

一夜の快楽は地獄の始まり、というキャッチ。イーライ・ロス監督ときたら、美中年スターのキアヌ・リーブスであろうとこんな目に遭わせてしまうのです。キアヌは製作総指揮にも名を連ねています。
『ジョン・ウィック』での切れっぷりがいまだ印象に残る彼ですが、ここではただの中年男性で、悪魔のような美女たちになすすべもありません。うわ〜。隙を見つけて反撃してほしい!
ジェネシスは『グリーン・インフェルノ』主演、ロス監督夫人のロレンツァ・イッツォ。金髪美人のアナ・デ・アルマスはこの作品で初めて観ました。満島ひかりさんを豊満にした感じで、笑顔がよく似ています。この二人に迫られたら、たいていの男性はイチコロでしょう。しかし、もう昔話の世界はないのですねぇ。他人を家に入れるな、関わるなが教訓?
展開があまりにもあんまりなので(?!)15歳未満は観られません。(白)


2015年/アメリカ/カラー/シネスコ/99分
配給:東京テアトル
(C)2014 Camp Grey Productions LLC.
http://www.knockknock-movie.jp/
★2016年6月11日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
posted by shiraishi at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さとにきたらええやん

satonikitara.jpg

監督・撮影:重江良樹
プロデューサー・構成:大澤 一生
音響構成:渡辺 丈彦
音楽:SHINGO★西成

大阪西成区釜ヶ崎。高度成長期を下から支えた日雇い労働者の宿泊するドヤ街が続き、「あいりん地区」とも呼ばれる。この釜ヶ崎のこどもたちに「安全で自由な遊び場を」と、荘保共子さんが小さな憩いの場を作った。変遷をへて今は「こどもの里」館長になり、デメさんと呼ばれている。1977年から38年にわたり、こどもの立場に立ち、こどもの権利を守り、こどものニーズにこたえる姿勢を貫いてきた。家の事情で長く預かっている子もいれば、毎日通う子も、急にお泊りに来る子もいる。こどもばかりでなく、大人からの生活相談も受け、疲れたときにほ〜っと息がつける場でもある。利用料はかからない。

重江監督は学生時代からボランティアとして通い続け(「シゲ」と呼ばれているようです)映像を撮りました。そのせいか、こどもたちはカメラを気にせず普段のまんま、騒いだり泣いたりすねたりしています。
デメさんは「わたしはあんたの味方やで」と言い、「困ったときはいつでも来て」と送り出します。職員さんやボランティアの方々もこどもの気持ちを一番に、一緒に遊び、食べて、寝て、親身になって話を聞きます。こんなに強くて嬉しい応援があるでしょうか。感心したのは、冷え込んだ晩にこどもたちが、路上生活をしているおじさんたちに声をかけ、暖かい飲み物を差し入れして回っていたことです。優しくされた子は人にも優しくできるんですね。こどもの里を巣立った子は、今度は応援する側として戻ってくるでしょう。
釜ヶ崎が生んだヒップホップアーティスト、「SHINGO★西成」の「近所のオッちゃんに習った〜ここではこうして生きなさい〜♪」に続くラップの熱いメッセージはどうぞ劇場で聴いてください。まっすぐにこちらに届きます。
(白)


こどもの里HP
http://www.eonet.ne.jp/~kodomonosato/

2015年/日本/カラー/16:9/100分
配給:ノンデライコ
(C)さとにきたらええやん All Rights Reserved.
http://www.sato-eeyan.com/
★2016年6月11日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

マネーモンスター(原題:Money Monster)

money.jpg

監督:ジョディ・フォスター  
製作:ジョージ・クルーニー
出演:ジョージ・クルーニー(リー)、ジュリア・ロバーツ(パティ)、ジャック・オコンネル(犯人)

人気の財テク番組「マネーモンスター」の生放送中、ディレクターのパティは不審な男がスタジオ内にいるのに気付いた。そのとたん男が発砲し、司会のリー・ゲイツを人質に取る。男は番組をジャックし、カメラに向かって「数日前のリーの発言を信用して、全財産をつぎ込んで株を買ったのに紙屑同然になってしまった」と訴える。リーは「娯楽番組」司会の自分に責任はないと訴えるが、情報操作したに違いないと激高する。コントロールルームにいるパティは男を興奮させないように、要求を聞き出す。

寡作なジョディ・フォスター監督4作目の最新作。先日のカンヌ映画祭でもお披露目されていました。アカデミー賞受賞のジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ2大スターの10年ぶりの共演です。怒れる犯人役は『ベルファスト71』『不屈の男 アンブロークン』での主演が記憶に新しいジョン・オコンネル。貧富の格差が増大しているアメリカで、なけなしの財産をちょっとでも増やそうとしたばかりに、字の通り元も子も失って凶行に及びましたが、次第に見る人(番組を見る人と映画の観客)の共感を呼びます。初めは保身に走るリー・ゲイツが、犯人の主張に耳を傾け、真実を暴くために力を貸します。予想のつきやすい事件の前半と、金融やインターネットに明るくないと仕組みがちょっと難しい後半。冷静に的確な判断を下すパティの男前っぷりが見ものです。これはジョディ・フォスターがやっても合いそう。(白)

2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/99分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト:MoneyMonster.jp
★2016年6月10日(金)ロードショー!
posted by shiraishi at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(原題:A Royal Night Out)

royal night.jpg

監督:ジュリアン・ジャロルド
出演:サラ・ガドン(エリザベス王女)、ベル・パウリー(マーガレット王女)、エミリー・ワトソン(王妃エリザベス)、ルパート・エベレット(国王ジョージ6世)、ジャック・レイナー(ジャック)

1945年5月8日。第2次世界大戦が終結し、勝利に沸くロンドン。バッキンガム宮殿から群衆に挨拶した国王一家。その夜エリザベスとマーガレットの二人の王女は、父のジョージ6世から外出許可をもらい、生まれて初めておしのびで街へ出る。ダンスホールでおつきの兵隊をまいたマーガレットは、ちゃっかりバスに乗って行ってしまい、エリザベスは慌てて後を追う。バスで知り合った若い帰還兵ジャックに、勝手のわからない街を案内をしてもらった。身分を隠したエリザベスはマーガレットを探しながらジャックと語り合い、これまで知らずにいた多くの事柄をじかに知ることになった。

70年前、ひそかに王女たちが街にお出ましだったとは、まるで少女漫画の世界のようです。エリザベス王女をきりりと美しいサラ・ガドン。奔放で明るいマーガレットはテレビでの活躍が多かったベル・パウリー。
王女たちの外出は実話です。制作陣はその後のエピソードなどから、ストーリーを膨らませてこの楽しい1本を作りました。国民の支持を集めるエリザベス女王の若き日、聡明な彼女はこの一晩で、生まれたときから王女の我が身と市井の人々との差を痛切に感じたに違いありません。街の景観やファッションなど見どころがたくさんです。王室はちゃんと許可済みだそうです。(白)


2015年/イギリス/カラー/シネスコ/97分
配給:ギャガ
(C)GNO Productions Limited
http://gaga.ne.jp/royalnight/
★2016年6月4日(土)よりシネスイッチ銀座ほかにて上映中
posted by shiraishi at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

王の運命(さだめ) 歴史を変えた八日間(原題:The Throne)

ounosadame.jpg

監督:イ・ジュンイク
脚本:チョ・チョリョン、イ・ソンウォン、オ・スンヒョン
撮影:キム・テギョン
音楽:パン・ジュンソク
出演:ソン・ガンホ(英祖)、ユ・アイン(思悼世子)、ムン・グニョン(恵慶官)、チョン・ヘジン(暎嬪)、キム・ヘスク(仁元王后)、ソ・ジソブ(イ・サン/正祖)

朝鮮王朝第21代国王・英祖は、40歳のときに授かった次男世子を王位を継ぐものとして厳しく指導するが、世子は学問よりも武芸や芸術を好む青年に育った。派閥争いの続く宮中で、英祖はわが子へ強い期待を抱いていたのが裏切られ、失望と怒りにまみれてしまう。世子もまた、父からの愛情を渇望しながら得られず、苦しんでいた。英祖は長い時間をかけて宮中の均衡を図ってきたが、世子を陥れようとする反対勢力が暗躍し、父と子の間には決定的な亀裂が入ってしまった。

朝鮮王朝はたびたび歴史ドラマの題材になるようですが、なかでも父がわが子を餓死させたこの衝撃的な「米櫃事件」は、つとに有名。これが王とその息子ではなく、巷間の親子で生まれたなら、こんなひどい確執は生じなかったでしょう(ただの人に生まれて良かった)。ソン・ガンホが痛恨の決断せざるを得なかった英祖を演じて重厚。『ベテラン』でファン・ジョンミンを相手に不敵な悪役を見せたばかりのユ・アインが、こちらでは苦悩のあまり壊れていく世子役で哀切。アインはなみいるベテランたちをおさえて、青龍映画賞の主演男優賞に輝きました。
2014年の韓国映画『王の涙 イ・サンの決断』の主人公のイ・サンはこの英祖の孫です。この『王の運命〜』では米櫃に閉じ込められた父の世子(のちに思悼の名を贈られる)に水を捧げようとしてましたね。成長したイ・サンがほんの少し出て、良いとこどりをしていきました!2016年アカデミー賞 外国語映画賞の韓国代表作品です。(白)


2015年/韓国/カラー/シネスコ/125分
配給:ハーク
(C)2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
http://www.ounosadame.com/
★2016年6月4日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。