2016年06月19日

フランス映画祭2016

2015年6月24日(金)〜27日(月)
会場:有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇

【上映作品】
『太陽のめざめ』
『ミモザの島に消えた母』
『The Final Lesson(仮題)』
『愛と死の谷』★日本公開 未決定
『モン・ロワ(原題)』
『アスファルト』
『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』
『ショコラ(仮題)』
『めぐりあう日』
『パレス・ダウン』
『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』
『エヴォリューション(仮)』
『パリはわれらのもの』★クラシック作品

今年のフランス映画際では、新作12作品に加え、今年1月29日に87歳で逝去したジャック・リヴェット監督を追悼し、1960年の長編デビュー作『パリはわれらのもの』がデジタルリマスター版で上映されます。

13作品のうち、女性監督の作品は、マイウェン監督の『モン・ロワ(原題)』(エマニュエル・ベルコがカンヌ国際映画祭で女優賞を受賞)、『冬の小鳥』のウニー・ルコント監督の新作『めぐりあう日』、エマニュエル・ベルコ監督の『太陽のめざめ』(カトリーヌ・ドヌーヴが少年事件担当の判事を熱演)の3作品。

団長は、10年ぶりの来日となるイザベル・ユペール。(今回上映される『アスファルト』『愛と死の谷』の2作品に出演)
その他、『ショコラ』で、1900年代初頭にフランス史上初の黒人芸人として活躍した人物を演じたオマール・シィなど、多彩なゲストが来日します。

12本の新作のうち、『愛と死の谷』以外は、日本での公開が決まっていますが、いち早く観られるチャンスです。ゲストから直接映画の話も聴けます。
ゲスト情報もチェックして、ぜひフランス映画際に!
http://unifrance.jp/festival/2016/schedule
http://unifrance.jp/festival/2016/news/guest


☆今回インドを舞台にした映画が2本あります。

◆『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』
http://unifrance.jp/festival/2016/films/un-une
annna antowanu.jpg
クロード・ルルーシュ監督が全編インドで撮影。
冒頭の町の雑踏から、ガンジスやケララの風景、そして女性聖者アンマなど、インドの風景・風物をたっぷり楽しめます。
見終わってみれば、インドを背景にしていたのに、やっぱり、フランス流の男と女の世界でした!
2016年9月3日(土)〜 Bunkamuraル・シネマ他で一般公開されます。


◆『パレス・ダウン』 原題:Taj Mahal
http://unifrance.jp/festival/2016/films/taj-mahal
palace down.jpg
ムンバイで同時多発テロが勃発。父の転勤でインドに到着したばかりの少女が、両親の外出中、一人でタージマハルホテルの部屋に閉じ込められます。テロリストの手から、少女を救うことはできるのか・・・  実話に基づいている凄味があります。
こちらも、ムンバイの雑踏や、海辺の風景が楽しめます。
★フランス映画祭のあと、「カリコレ2016」にて上映
7月29日(金) 16:00/8月2日(火) 13:00/8月13日(土) 10:00
posted by sakiko at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

クリーピー 偽りの隣人

ituwari.jpg

監督:黒沢清
原作:前川裕「クリーピー」
脚本:黒沢清、池田千尋
撮影:芦澤明子
音楽:羽深由理
出演:西島秀俊(高倉幸一)、竹内結子(高倉康子)、川口春奈(本多早紀)、東出昌大(野上)、香川照之(西野)、藤野涼子(澪)

高倉幸一は元刑事で、今は大学で犯罪心理学の教鞭をとっている。かつての同僚の野上から、6年前の一家失踪事件の分析を依頼される。高倉はただ一人生残っていた長女の本多早紀と会い、記憶を辿ろうとするがどうしても途切れてしまう。
その頃郊外に引っ越した高倉は妻の康子と近所へのあいさつ回りをする。すぐ隣家の西野は一見愛想の良い男だったが、なぜか奇妙な感じがつきまとった。しばらくして西野の一人娘澪が突然訪れ、「あの人お父さんじゃありません。全然知らない人です」と高倉に訴える。いったいどういうことなのか?

都会に住んでいるとご近所付き合いはあっさりしたものです。一軒家で向こう三軒両隣に挨拶という習慣は今も残っていますが、大きなマンションなど集合住宅住まいだと、隣の人がどういう人か知らないという方もいることでしょう。生活時間が違えば顔を合わせることもありません。この作品は一戸建ての並ぶ住宅地を舞台に、一家の失踪事件を追跡する元刑事の夫と妻が「クリーピー(気持ちの悪い)」隣人と出会ったために、闇の部分に取り込まれていくスリラーサスペンスです。西島秀俊さんはNHKテレビの「とと姉ちゃん」では主人公のお父さん役でしたね。『劇場版 MOZU』に続いて香川照之さんと共演です。
隣人の西野を演じる香川照之さんは、相手がいるときと一人のときの表情がまったく違って一人二役のようでした。テイストは全く違いますが、香川さんの面目躍如の作品『鍵泥棒のメソッド』を思い出しました。
原作は第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕氏の「クリーピー」。試写の後に読んでみました。映画よりもっと人間関係が込み入っています。ミステリー好きな方は続編小説もどうぞ。(白)


2016年/日本/カラー/シネスコ/130分
配給:松竹、アスミック・エース
(C)2016「クリーピー」製作委員会
http://creepy.asmik-ace.co.jp/
★2016年6月18日(土)より全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トリプル9 裏切りのコード(原題:Triple 9)

999.jpg

監督:ジョン・ヒルコート
脚本:マット・クック
撮影:ニコラス・カラカトサニス
出演:ケイシー・アフレック(クリス・アレン)、キウェテル・イジョフォー(マイケル・アトウッド)、アンソニー・マッキー(マーカス・ベルモント)、アーロン・ポール(ゲイブ・ウェルチ)、クリフトン・コリンズ・Jr(フランコ・ロドリゲス)、ノーマン・リーダス(ラッセル・ウェルチ)、テリーサ・パーマー(ミシェル・アレン)、マイケル・K・ウィリアムズ(スウィート)、ガル・ガドット(エレナ・ヴラスロフ)、ウディ・ハレルソン(ジェフリー・アレン)、ケイト・ウィンスレット(イリーナ・ヴラスロフ)

アメリカ南部の都市アトランタの銀行が5人の武装グループに襲われた。
グループのリーダーは元特殊部隊兵士のマイケル。仲間はラッセルとその弟で元警官のゲイブ、現職警官のマーカスとフランコだ。マイケルはロシアン・マフィアの指示で犯罪を繰り返してきたが、この仕事を最後に足を洗うつもりだった。マイケルの恋人エレナは女ボス、イリーナの妹。イリーナは刑務所にいる夫のためにある機密書類を盗めと次の司令を下す。最愛の一人息子を人質に取られたマイケルには断ることなどできなかった。書類は国土安全保障省に厳重に保管されている。銀行襲撃とは比べ物にならない。

タイトルの「トリプル9」は警官が撃たれたことを意味する緊急コード。これが発せられると警官がいっせいに現場に向かい、ほかは手薄になります。仲間の悪徳警官がイリーナからの不可能なミッションを遂行するために、これを利用して時間稼ぎをしようと提案します。それには「撃たれる警官」と綿密な連携プレーが必須です・・・。で、誰をどうやって生け贄にするのか、みごと成功して息子を取り戻せるのか、というクライム・サスペンス。最初の銀行強盗からあれよあれよという手際良さ、これがクライマックスでもおかしくないほどです。そのスピードと緊張感を最後まで引っ張る出演者がなかなか渋くて濃いメンツです。
男ばかりの中にあって、夫の代わりに組織を牛耳るケイト・ウィンスレットの貫禄が際立っています。『ダイバージェント』(2014)でもずいぶん押し出しがよくなったなぁと思っていましたが、『タイタニック』(1997)のお嬢様からもうそろそろ20年になるのでした。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/115分/R15+
配給:プレシディオ
(C)2015 999 Holdings, LLC
http://999-movie.jp/
★2016年6月18日土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国ロードショー
posted by shiraishi at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰ってきたヒトラー(原題:Er ist wieder da)

kaettekita.jpg

監督・脚本:デビッド・ヴェンド
原作:ティムール・ベルメシュ
撮影:ハンノ・レンツ
出演:オリヴァー・マスッチ(アドルフ・ヒトラー)、ファビアン・ブッシュ(ファビアン・ザバツキ)、クリストフ・マリア・ヘルプスト(クリストフ・ゼンゼンブリンク)、カッチャ・リーマン(カッチャ・ベリーニ)

アドルフ・ヒトラーは連合国軍に追いつめられて自殺した・・・はずだったが、天国でも地獄でもなく草むらで目が覚めた。何が何だかわからないまま、ようすの違う見覚えのない街を歩き、新聞の日付を見て今は2014年だと知って驚愕する。
テレビマンのファビアンは、いきなりリストラされて途方に暮れていたとき、ヒトラーとそっくりな男を見つけた。彼と街の人とのやりとりを撮影し上司に見せると採用され、その外見と物腰、演説のたくみさでたちまちのうちに人気者となっていった。

現代にヒトラーを蘇らせ、人心をつかむ才能をまたもや発揮させていくというティムール・ヴェルメシュのベストセラーが原作です。ドイツ国内で250万部を売上げ、42言語に翻訳され日本では河出文庫から発刊されています(400pもある厚い本!)。ヒトラーの一人称で語られるこの小説を映画化するにあたり、ヴェンド監督はオリヴァー・マスッチ演じるヒトラーが、街の人々と会話していく様子をドキュメンタリーのように撮影しました。拒否反応を示す人ばかりでなく、多くの人がこの偽ヒトラーを歓迎したそうです。笑って終わりではなく、強い指導者を望むという本音が出るあたり、今の日本の現状とよく似ていて笑っていられなくなります。テレビ番組も実際にあるものを模した作りで司会者もそのまま。テレビ番組に出演し、新しい機器やインターネットを知り、「これは(扇動・洗脳に)使える」と思うところにゾッとしました。ヒトラーをどこまで笑えるか、というこの映画を作ったドイツって大人の国!これを見た人は周りの人と話さなくちゃ。日本には「ナチスを手本に」と言った政治家もいるんですから。参院選もすぐだしね。(白)

2015年/ドイツ/カラー/ビスタ/116分
配給:ギャガ
(C)2015 Mythos Film Produktions GmbH & Co. KG Constantin Film Pro duktion GmbH Claussen & Wobke & Putz Filmproduktion GmbH
http://gaga.ne.jp/hitlerisback/
★2016年6月17日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにてロードショー
posted by shiraishi at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

シチズンフォー スノーデンの暴露(原題:Citizenfour)

citizn.jpg

監督:ローラ・ポイトラス
製作:ディルク・ヴィルツキー
製作総指揮:ジェフ・スコール、スティーヴン・ソダーバーグ
出演:エドワード・スノーデン、グレン・グリーンウォルド

2013年、ドキュメンタリー映画作家であるローラ・ポイトラスにコードネーム“シチズンフォー”を名乗る人物から、アメリカ政府の極秘事項に関する重大な情報を提供するとのメールが届く。ローラは英国のジャーナリストのグレン・グリーンウォルドと共に、極秘インタビューのために香港へと向かう。現れたのは、元CIA職員のエドワード・スノーデンという若者だった。スノーデンはCIAとアメリカ国家安全保障局(NSA)で訓練を受けたサイバー・セキュリティのエキスパートである。彼はアメリカ政府が監視・盗聴の世界同時監視システムを使って、アメリカ国民の個人情報のみならず世界中の通信データを収集、分析していることを内部告発したいと言う。当局の追跡がスノーデンに及ぶ前に、グレン・グリーンウォルドは英国ガーディアン紙に記事を発表、その5日後にはスノーデンが内部告発者だと名乗り出た。

これがフィクションでなく、ドキュメンタリーだというのに衝撃を受け、国家機密を犯罪であると告発した勇気に頭が下がりました。平穏な生活が送れないのではと危惧します。
便利になったかわりに、スパイ活動とは無縁と思われる(私自身を含む)あらゆる人の個人情報が見られて分析されるなんて!電話の会話も、ネットでのメールや買い物や検索ワード、こういう書き込みまでも?? そういえば『キングスマン』でIT富豪役のサミュエル・L・ジャクソンが「紙とペンはいいなぁ、ハッキングされない」と笑うセリフがありました。されるほうは笑いごとじゃありませんね。
スノーデンから内部資料を託されたグレン・グリーンウォルドは著書「暴露:スノーデンが私に託したファイル」を執筆、2014年に世界24か国で同時発売、日本では新潮社から刊行されています。スノーデンは日本の横田基地に派遣され、三沢基地にも行ったこともあるそうです。サンデー毎日の6月12日、19日号で今ロシアに亡命中のスノーデンへのインタビューが読めます。日本の企業も盗聴されていた…とは。(白)


2014年/アメリカ、ドイツ/カラー/ビスタ/114分
配給:ギャガ・プラス
(c)Praxis Films (c)Laura Poitras
http://gaga.ne.jp/citizenfour/
★2016年6月11日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。