2016年06月26日

ペレ 伝説の誕生   英題:PELE: BIRTH OF A LEGEND

pele.jpg

脚本・監督:ジェフ・ジンバリスト、マイケル・ジンバリスト
出演:ケヴィン・デ・バウラ、ディエゴ・ボネータ 、コルム・ミーニイ、セウ・ジョルジ、ヴィンセント・ドノフリオ 、ロドリゴ・サントロ

今やサッカーの王者として名を馳せるブラジル。
本作は、17歳にしてW杯に出場し、ブラジルを初優勝に導いた英雄ペレの物語。

本名エドソン・アランチス・ドゥ・ナシメント。ペレは、バウルという貧しい村で、洗濯物を丸めたものをボールがわりにサッカーに興じる少年時代を過ごしていた。1950年、自国開催のW杯でブラジルは決勝で敗れる。(マラカナンの悲劇) 涙に暮れる元サッカー選手の父に、ペレは「いつか僕がブラジルを優勝させる!」と約束する。父親の指導で、硬いマンゴーの実を蹴って技術を習得するペレ。16歳の時、約20年間在籍することになるサントスFCに入団。18ヵ月後、1958年のスウェーデンW杯でブラジルを初優勝へと導く。17歳でのW杯優勝はいまだに破られていない最年少記録だ。その後も、ペレはブラジル代表として活躍し、1974年にはニューヨーク・コスモスに移籍。アメリカにサッカーを知らしめる役割を担う。1977年10月、人生最後の試合の折には75000人の観客を前に「ラブ!ラブ!ラブ!」と呼びかけた。引退後はスポーツの親善大使などを務め、今も社会貢献を続けている。

黒人差別のある中、スラムで育ったペレが、W杯で3回ブラジルを優勝に導き、サッカーの王様として崇められる存在となった背景を紐解くドキュメンタリー。
父親が膝の怪我のためサッカー選手をやめ、その後、貧しい生活に陥ったことから、息子のプロサッカー入りを反対していた母親。やがて父親と共にペレを応援。家族愛がペレを支えたことに、ほろりとさせられます。
本作を観て、ジンガというブラジルサッカー独特の型を知りました。奴隷として連れてこられたアフリカの人たちが、看守にばれないようダンスのフリをして自分たちの伝統的な格闘技を守ろうとした「カポエイラ」。その基本的なステップがジンガ。リズミカルな足の動きをサッカーに応用したもので、ペレがそのスタイルでプレーをした時に、当初は監督からも否定され、観客からもブーイングを受けたそうです。政府が黒人の遺産をぬぐいさろうとカポエイラを禁止しようとしたことがあることも思うと、当然の成り行きだったのでしょう。それが今や、ブラジルサッカーのスタイルとして定着。このこと一つをみても、ペレの功績は大きいなと思います。

さて、この映画の監督、ジェフとマイケルの兄弟のジンバリストという名字に、はっと思い出したのが、1960年代に毎週かかさずに見ていたTVドラマ「サンセット77」の主役 エフレム・ジンバリスト・ジュニア。もしやと思ったら、本作の監督たちのお父様でした。

あと、この映画で忘れてはならないのが、音楽を担当したのがA・R ラフマーンだということ。『スラムドッグ$ミリオネア』(08)でアカデミー賞作曲賞と歌曲賞をダブル受賞したインドの音楽家です。サッカーの動きに連動した躍動感溢れる音楽に、最初から最後まで酔いしれました。(なので、もしかしたら、中には音楽がうるさいと感じる方がいるかも)
A・R ラフマーンは、今年、福岡アジア文化賞を受賞されます。
授賞式および講演会の申し込みはこちらから!
http://fukuoka-prize.org/contact/apply/

『ペレ 伝説の誕生』は、サッカーに興味のない方にも、音楽を味わいながらヒューマンドラマとして楽しめる感動作です。(咲)


2016年/アメリカ/107分/スコープサイズ/5.1chサラウンド
配給:アスミック・エース
公式サイト:http://pele.asmik-ace.co.jp/
★2016年7月8日(金)ロードショー!
posted by sakiko at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーショウ!  原題:Dare to Be Wild

flower shou.jpg

監督:ビビアン・デ・コルシィ
出演:エマ・グリーンウェル、トム・ヒューズ。クリスティン・マルツァーノ

監督:ビビアン・デ・コルシィ
出演:エマ・グリーンウェル、トム・ヒューズ。クリスティン・マルツァーノ

エリザベス女王が総裁を務める英国王立園芸協会が主催するチェルシー・フラワーショー。世界最古にして最高峰の豪華絢爛たる舞台に、あえて雑草とサンザシの木だけという質素なコンセプトで挑んだアイルランドの若き女性の実話に基づく物語。

アイルランドの田舎で育ったメアリー・レイノルズ。野草を愛し、自然を活かした庭をデザインして世に出したいと夢見ていたメアリーは、著名なガーデン・デザイナー、シャーロットのスタッフとして仮採用になり、首都ダブリンで働き始める。やがてメアリーのデザインした庭園はセレブな顧客たちに提供されるが、シャーロットはメアリーの名を表に出すことはなかった。挙句の果てにクビになってしまう。「こうなったら、チェルシー・フラワーショーで金メダルを獲るしかない!」とひらめく。2000人の応募の中から、たった8人の出展枠に選ばれたメアリー。でも、実際に出展するのには、25万ポンドの資金を調達し、80日後には施工を開始、3週間で仕上げなくてはならない。さて、メアリーは無事出展できるのか・・・

メアリーのデザインした「ケルトの聖域」は、“平凡な日常を忘れ、自然の力を感じられる魔法の地”というコンセプト。華やかさはないけれど、大地に根ざしたダイナミックな力を感じさせてくれる庭園。異色さに興味を持ちましたが、この映画でもっと神秘的でダイナミックさを感じさせてくれたのは、エチオピアのキリスト教の儀式。実は、ふっと寝てしまって、気がついたらエチオピアの場面でした。なぜエチオピア?と思ったら、施工を頼みたい植物学者のクリスティが仕事のためエチオピアに行ったのを追いかけてのことでした。そして、恋に落ち・・・と、どこまで実話なのかわかりませんが、そこは映画を面白くするため?
実在のメアリー・レイノルズは、1974年生まれ、1997年にランドスケープの学位を取得し、同年、ランドスケープ・デザインの会社を設立。2002年、チェルシー・フラワーショーのショー・ガーデン部門に初エントリーして金賞を受賞しています。シャーロットにこき使われたり、デザインを盗まれたりした話も、もしかしたら映画のための作り話? エチオピアに行ったことも、監督のアイディアだとしたら、それはよかったなと。(咲)


2014年/アイルランド/100分/カラー/DCP5.1ch/シネマスコープ
配給・提供:クロックワークス
公式サイト:http://flowershow.jp
★2016年7月2日 (ヒューマントラストシネマ有楽町、 YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
posted by sakiko at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アイルランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

ダーク・プレイス(原題:Dark Places)

dark place.jpg

監督・脚本:ジル・パケ=ブレネール
原作:ギリアン・フリン著「冥闇」〈小学館文庫〉
出演:シャーリーズ・セロン(リビー・デイ)、ニコラス・ホルト(ライル)、クロエ・グレース・モレッツ(若き日のディオンドラ)、クリスティーナ・ヘンドリックス(パティ・デイ)、コリー・ストール(ベン・デイ)、タイ・シェリダン(若き日のベン)

1985年、カンザス州の町。リビーの両親は早くに離婚。母は4人の子どもを抱えながら農場を支えていた。ある夜、母と姉2人が惨殺され、生き残った8歳のリビーの目撃証言により、15歳の兄が犯人として逮捕された。兄は終身刑となり収監。家族をなくした幼いリビーには全米から同情と寄付が集まり、今まで定職にもつかず、支援金を取り崩して無気力に生きてきた。28年後のある日「殺人クラブ」のメンバーでライルと名乗る男性から連絡が入る。「殺人クラブ」とは有名殺人事件の検証をする会で、リビーの口から事件の話を聞きたいという。支援金が底をつき困窮していたリビーは、謝礼金めあてに参加することになった。リビーはライルに促され、刑務所の兄に面会してこれまで触れずにいた真実を聞きただそうとする。リビーの面会を喜ぶ兄は、自分は殺していないというものの、それ以上話さない。

幼いころに家族が殺されたのを目撃、妹の証言で兄は有罪という惨い始まりです。現在と過去のシーンを交互に見せながら事件の解明が進んでいきます。リビーが見たもの、見なかったもの、8歳では分からなかった母や兄の思いにも気づいていきます。
「殺人クラブ」という名前はちょっと顰蹙モノですが、こういう同好の士はいそうですね。ここから声がかからなければ、リビーの家族の事件は思い出したくないものとして蓋がされたままであったはず。
若き日のベン役はタイ・シェリダン。人気シリーズ最新作『X-MEN:アポカリプス』でチームの一員に、スピルバーグ監督が映画化する(2018年)SF小説「ゲームウォーズ」にも抜擢されたそうで、将来が楽しみな若手です。ベンの恋人ディオンドラに人気のクロエ・グレース・モレッツ。小悪魔な役はこれまでもありましたが、ここでは金持ちの娘で相当なビ○○役でした。それでも目が吸い寄せられる可愛さです。
ギリアン・フリンは『ゴーン・ガール』の原作・脚本家。ジル・パケ=ブレネール監督の前作『サラの鍵』(2010年)は衝撃的でした。リビーを演じたシャーリーズ・セロンがプロデューサーも兼ね、パワフルな仕事ぶりだったとか、原作・演出・俳優たちのアンサンブルで繰り広げられるミステリーをお楽しみください。(白)


2016年/英・仏・米/カラー/シネスコ/113分
配給:ファントム・フィルム
(C)2014 DAMSELFHISH HOLDINGS, LLC ALLRIGHT RESERVED.
http://dark-movie.jp/
★2016年6月24日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか、全国ロードショー
posted by shiraishi at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

好きにならずにいられない(原題:Fusi)

suki.jpg

監督・脚本:ダーグル・カウリ
撮影:ラスムス・ビデベック
制作:バルタザール・コルマウクル、アグネス・ヨハンセン
音楽:スロウブロウ
出演:グンナル・ヨンソン(フーシ)、リムル・クリスチャンスドッティル(シェヴン)、シガージョン・キャルタンソン(モルドゥル)

フーシは43歳独身。アイスランドの首都レイキャビクの空港で荷物係をし、母親とアパートで暮らしている。身体は大きいけれど気は小さく、女友達もいない。単調な仕事をこなした後は、カーステレオでヘビメタを聞き、ラジオにリクエストする。ジオラマ作りが趣味で、有名な「エル・アラインの戦い」を小さな兵士や戦車のフィギュアを使って再現している。母親はそんなフーシを心配して、誕生日にダンス教室のクーポンをプレゼントしてくれたが、フーシは気が進まない。いやいや出かけるが中に入れない。車の中でいつものようにラジオを聞いていると、小柄な女性が声をかけてきた。ダンス教室に通うシェヴンだった。

フーシ役のグンナル・ヨンソンはお相撲さんのような巨体で200sあるそうです。長髪にヒゲで、体形はほとんどベイマックスかトトロか?
フーシは、恋愛経験もなく純情で、オタク少年のまま中年になってしまった人。出会いのチャンスを、とママがプレゼントしてくれたダンス教室のクーポンは、功を奏するのですが。シェヴンの優しさに舞い上がったり、隣に引っ越してきた父子家庭の少女ヘラと遊んでやって誘拐と間違えられたリ、散々です。大きな事件は起きませんが、シャイなクマさんのようなフーシを「ネジでもあったら巻いてやりたい」気持で見守りました。ほぼ母親の心境です。
ダーグル・カウリ監督は『氷の国のノイ』(2003年)で長編デビューした方。別名義で音楽も担当しています。この優しい大男が主人公の映画は、北欧の映画祭をはじめ世界各地で様々な賞を受けました。フランシス・フォード・コッポラ監督のコメント「フーシ、君のような人が増えたなら、世界はもっと幸せになれるのに」に同意。(白)


2015年/アイスランド・デンマーク合作/カラー/シネスコ/94分
配給:マジックアワー
http://www.magichour.co.jp/fusi/
★2016年6月18日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

ブレイク・ビーターズ   英題:Dessau Dancers

break beaters.jpg

監督:ヤン・マルティン・シャルフ
出演::ゴードン・ケメラー、ゾーニャ・ゲルハルト、オリバー・コニエツニー、セバスチャン・イェーガー

1985年夏、東ドイツ、デッサウ。19歳のフランクは、母を亡くし父と二人暮らし。ある日、西ドイツのテレビで観たダンスが人生を変える。翌日、親友アレックスとアメリカ映画『ビート・ストリート』を観に行き、ブレイクダンスの虜になった二人は路上で踊る。が、アメリカ生まれの非社会主義的なものとして国家警察に逮捕されてしまう。
「ブレイクダンスは虐げられた人々の反抗運動から生まれた反資本主義的なもの」とフランクは主張し、釈放される。
路上でのブレイクダンスの流行に頭を痛めていた国家娯楽芸術委員会は、フランクとアレックスに、ミヒェル、それに元オリンピック代表の女性体操選手マティナの4人でチーム"ブレイク・ビーターズ"を結成させる。人民芸術集団として、ブレイクダンスを社会主義化する狙いだった。東ドイツ中を巡業した4人は、たちまち人気者になる。一方で、国家体制の操り人形だとして軽蔑する目もあった。ある日、テレビの生番組に出場することになったフランクたちは、思いがけない行動にでる・・・

まさに国家への反旗を翻したブレイク・ビーターズ! 痛快な一作。
自由や夢を求める人たちの思いを、国家権力が統制しようとしても、ゆがんだ姿になってしまうことを見せつけてくれます。ブレイクダンスを社会主義化するという発想に驚かされますが、これは実際にあったこと。
本作は、それと共に、母親を亡くした息子と、妻を亡くした父親が、肉親を亡くした悲しみを徐々に乗り越えて、二人の間のわだかまりも解けていく様も見せてくれます。苦虫をかみつぶしたような表情だったお父さんに笑みが浮かぶ瞬間をお見逃しなく! (咲)


2014年/90分/ドイツ/カラー/DCP/5.1ch
後援:ドイツ連邦共和国大使館 日本ストリートダンス協会
配給:アニモプロデュース
公式サイト:http://www.break-beaters.jp
★2016年6月25日(土) ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。