2016年05月22日

裸足の季節   原題:Mustang(野生の馬)

hadasino kisetu.jpg

監督:デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン  
音楽:ウォーレン・エリス
出演:ギュネシ・シェンソイ、ドア・ドゥウシル、トゥーバ・スングルオウル、エリット・イシジャン、イライダ・アクドアン、ニハル・コルダシュ、アイベルク・ペキジャン

イスタンブルから1000km離れた黒海沿岸の小さな村。13歳のラーレは、10年前に両親を亡くし、祖母のもとで4人の姉たち、長女ソナイ、次女セルマ、三女エジェ、四女ヌルと、独身の叔父エロルと共に暮らしている。
ラーレの大好きなディレッキ先生がイスタンブルに転勤になった日。学校の帰り道、姉妹は海で男の子たちと騎馬戦をして無邪気に遊ぶ。家に帰るとお祖母さんから次々とおしおきを受ける。男の子の肩にまたがっていたことを近所の人が告げ口したのだ。叔父さんも、「傷物になっていたら、どうする?」と激怒。姉妹たちを病院に連れていき処女検査を受けさせる。この日以来、自由な外出を禁じられ、家で花嫁修業をさせられる姉妹たち。
そんなある日、どうしてもサッカーの試合を観たいラーレたちは、家を抜け出しトラブゾンまで行く。ところが、応援席にいる姿がテレビに映ってしまい、お祖母さんは卒倒。もう孫娘たちを結婚させるしかないと強行手段に出る。上から順にと、お見合いの場を設けるが、長女ソナイには相思相愛の相手がいた・・・

自分らしく生きようと羽ばたく少女の姿が実に眩しい!
結婚まで純潔を守らせるために、自由な外出までも禁じる祖母と叔父。ささやかに抵抗する姉妹たち。やがて次々と結婚を決めさせられる姉たち。その姿を見ながら、末っ子ラーレが自由を求めて着々と準備を進める姿の、なんといじらしいこと!

家を抜け出してサッカーを見に行く場面では、イラン映画『オフサイド・ガールズ』(2006年、ジャファール・パナヒ監督)を思い出しました。会場に向かうバスの中から、すでに熱く応援する姿がそっくりでした。でも、イランでは、女性がサッカー場に行くことすら禁じられているので、男装して忍び込むのです。どこの社会でも、禁止されると、それを突破する勇気ある人たちがいるものです。

処女検査といえば、昨年の東京国際映画祭で上映されたイラン映画『ガールズ・ハウス』(2015年、シャーラム・シャーホセイニ監督)で、結婚式前日に処女検査の為に医者のもとに連れてこられたことを知った花嫁が道路に飛び出し事故にあって亡くなるという場面がありました。身に覚えがあって拒否したのではなく、尊厳を傷つけられたからだと思わせてくれるエピソード。
(ちなみに、『ガールズ・ハウス』は、イラン国内での上映を禁止されました。内容が過激だったからか、古臭い因習を描いたからかどうかは不明)

パレスチナ映画『オマールの壁』(2013年、ハニ・アブ・アサド監督)では、オマールが親友のアムジャドから、オマールの恋人であるナディアを妊娠させたと聞いて、ナディアの名誉を守るため、自分の貯金をアムジャドに差し出してまで結婚を急がせます。アムジャドに早産だったことにしろとアドバイスしたり、ナディア本人に妊娠したのかと尋ねたりしないのも、彼女のことを尊重しているから。

また、イスラーム圏の映画でよくあるのが、初夜を過ごした翌朝に血のついたシーツを処女の証に見せる光景。『裸足の季節』でも、次女セルマが初夜に血が出なかったと、医者に連れて行かれる場面があります。医者に「世界中の男と寝た」と豪語するセルマ。小気味いい場面です。

出来ちゃった結婚を隠すこともない、今の日本からみると、ものすごく古臭い考えのように思えます。でも、世界には、婚外交渉を認めない社会も存在するのです。

デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督は、トルコ生まれ、フランスやアメリカで育ち、パリで映画を学び、現在フランス在住。公式サイトにあるインタビューに、「トルコに毎回帰国するたびに、驚くほどの閉塞感を感じます。女性であることに関するすべてが、絶えず性的なものに落とし込められているのです。(中略)女性を家事にだけ従事させて子供を生産する機械に貶めるという社会的思考も現れています。トルコは1930年代という早い時代に女性に参政権を与えた国の一つだったのに、哀しいことです」とあります。
いろいろな形で自由を奪われている女性たちに向けて、勇気を与える映画を作った監督の原点を感じさせてくれる言葉です。ぜひ公式サイトでインタビュー全文をお読みください。

トルコは、宗教的に保守的で伝統的な価値観を持って暮らしている人もいれば、西洋的な生活をしている人もいるという二極化した社会。さて、この映画、トルコでそれぞれの立場の人にどう受け止められたのか気になるところです。(咲)


2015年/フランス・トルコ・ドイツ/97分
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/hadashi/
★2016年6月11日(土) シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様メール(原題:Le tout nouveau testament)

kamisama.jpg

監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
脚本:トマ・グンジグ、ジャコ・ヴァン・ドルマル
出演:ブノワ・ポールヴールド(父・神様)、カトリーヌ・ドヌーヴ(マルティーヌ)、フランソワ・ダミアン(フランソワ)、ヨランド・モロー(母・女神)、ピリ・グロワーヌ(娘・エア)

この世界を作った神様はブリュッセルのアパートに妻と娘とともに住んでいる。神様は酒飲みで乱暴、おとなしい妻にどなりちらし、娘のエアを生まれてから10年間アパートから出さずにいる。毎日何をしているかというと、パソコンで気まぐれに人間世界に災厄を起こし、人の運命を弄んで楽しんでいる。エアはいじわるで横暴な父が大嫌い。兄のJC(イエス・キリスト)の協力を得て、たった一つ外界へ通じる出口を知った。家出の前にすきを見て父のパソコンから全人類へ余命を知らせるメールを送信し、神様がすぐ使えないように細工をする。脱出したエアは兄の助言にしたがい、6人の使徒を探し始める。

なんとも奇想天外で面白い設定!神様がアパートに住んでいてパソコン一つで世の中を支配しているなんて。不条理のあれもこれもこの神様のしわざだったのか!?
これは宗教の映画ではなく、支配する人される人の関わり、余命を知った人間がどう生きるのか、という物語です。余命を知ってパニックが起きている人間世界で、エアが出会うのは何かを失った人ばかり。そんな人たちへ神様の娘のエアが小さな奇跡を届けていきます。
パソコンが使えなくなって慌てて後を追ってきた神様が陥る危機には、今までの仕打ちを思うと当然!と大いに溜飲が下がります。
ドルマル監督の公開作品は『トト・ザ・ヒーロー』(1991)、『八日目』(1996)、『ミスター・ノーバディ』(2009)、どれも独創的な作品でしたね。ほかに未公開の短編やドキュメンタリー作品が何本もあるようです。見る機会がないかな、と思っていたら朗報!「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016」では、ドルマル監督のショートプログラム『乗り出し危険』(1985)の上映があります。『ミスター・ノーバディ』の元になった作品だそうですよ。(白)


2015年/ベルギー.フランス,ルクセンブルク/カラー/スコープサイズ/115分
配給:アスミック・エース
http://kamisama.asmik-ace.co.jp/
(C)2015 - Terra Incognita Films/Climax Films/Apres le deluge/Jul iette Films Caviar/ORANGE STUDIO/VOO et Be tv/RTBF/Wallimage
★2016年5月27日(金)TOHOシネマズシャンテほかロードショー
posted by shiraishi at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君がくれたグッドライフ(原題:HIN UND WEG TOUR DE FORCE)

goodlife.jpg

監督:クリスティアン・チューベルト
脚本:アリアーネ・シュレーダー
撮影:ニョ・テ・チャウ
出演:フロリアン・ダーヴィト・フィッツ(ハンネス)、ユリア・コーシッツ(キキ)、ユルゲン・フォーゲル(ミヒャエル)、ミリアム・シュタイン(ザビーネ)、フォルカー・ブルッフ(弟フィン)、ヴィクトリア・マイヤー(マライケ)、ヨハネス・アルマイヤー(ドミ)、ハンネローレ・エルスナー(イレーネ)

ハンネスとキキの夫婦は、この15年、6人の仲間たちと毎年自転車旅行に出かけている。ハンネスが決めた今年の行き先はベルギー。恒例の課題ゲームは右隣の人にメモを渡すことになっている。実行するまで口外厳禁。ハンネスは兄の家に立ち寄り、仲間と母親や弟たちとの食事中、今度の旅の目的を打ち明ける。
ハンネスの父はALS(筋萎縮性側索硬化症)を患って亡くなっている。このほどハンネスにも発症し、余命を宣告されたのだった。尊厳死が認められているベルギーまで最後の旅をしたいという。

ドイツで製作され、世界各国の映画祭で話題になった作品。愛する妻や仲間たちと最後まで一緒に楽しみ、送られたいと願うハンネス。ALSは10万人に一人という進行性の難病で、筋肉の動きを司る神経に障害がおきるのだそうです。一度発症したら今のところ有効な治療法が見つかっていないとか。このハンネスは父が亡くなるまでをつぶさに見てきたので、父のようになるよりも、と自分の最期を選択します。「なぜ戦わないのか」と弟は怒りをぶつけ、母は「パパのそばにいるだけで幸せだった」と泣きます。親しい仲間たちもショックを受けますが、旅を続けることにします。ハンネスを見守りながら仲間の絆はさらに固く結ばれていきます。
生き物は生まれたら皆死へ向かって進んでいるのですが、私を含めたいていの人は普段気にしていません。自分が病気にかかったり、身近な人の死にあったりして意識することがほとんどでしょう。毎年のように尊厳死についての映画が公開されています。自分ならどうしたいかと考えると、より良い最期を選びたいという人が増え、終末医療はこれから変わっていきそうな気がします。(白)


2014年/ドイツ/カラー/シネスコ/95分
配給:ショウゲート
(C)2014 Majestic Filmproduktion GmbH / ZDF
http://goodlife-movie.com/
★2016年5月21日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかロードショー
posted by shiraishi at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする