2016年03月13日

渋谷昶子監督追悼上映会 『挑戦』『大連と私』

映像女性学の会 第35回女性監督作品上映会で、2月1日(2016年)に亡くなった渋谷昶子監督の作品が上映されます。上映されるのは、1964年カンヌ映画祭短編部門グランプリ作品『挑戦』と渋谷監督最後の作品である『大連と私』です。

2016年3月19日(土)18:30〜20:30    
場所 渋谷女性センターアイリス(渋谷区文化総合センター大和田8F)
参加費無料 カンパ歓迎  先着50名 事前予約の必要はありません

渋谷昶子監督トリミング.jpeg
女性監督が少なかった日本の映画界で、1960年代から道を切り開いてきた渋谷昶子監督。1964年にカンヌ短編映画祭で日本初のグランプリを受賞したのは、日紡貝塚のバレーボールチームが東京オリンピックを目指して激しい訓練に打ち込む姿をとらえた『挑戦』(1963)という作品。以後、『鏡のない家に光あふれ』や『Kaneko―兼子―』などのドキュメンタリー作品を中心に数多くの作品を作って来ました。そんな中から、『挑戦』と『大連と私』が上映されます。

『挑戦』
1963年/日本/34分/ドキュメンタリー/監督・脚本:渋谷昶子
電通映画社製作/カンヌ映画祭短編部門グランプリ

『大連と私』
2013年/日本/38分/ドキュメンタリー/監督・制作:渋谷昶子

主催 映像女性学の会   
お問い合わせは、映像女性学の会・小野まで(mail:ycinef@yahoo.co.jp
090-9008-1316  fax03-3306-2762)
映像女性学の会 第35回上映会 チラシ
第35回上映会 ちらし.pdf

*シネマジャーナルでは、1年ほど前から渋谷監督の歩んできた道を文章で残そうと、病院に入院している渋谷さんとやり取りし、4回の連載にしようと企画していたのですが、この1年の間に渋谷監督は、ご自身で書くことができなくなり、50年以上渋谷監督と交流のある日笠宣子監督にお願いし、聞き書きの形で掲載することにしました。2月に発行されたシネマジャーナル96号には、<渋谷昶子監督 自身を語る>というエッセイが掲載されています。第1回目は「大連は私の原点」というタイトルで、まさに、今回上映される『大連と私』に対する思いを語っています。この原稿の掲載OKをもらうのに、日笠監督や三浦淳子監督と渋谷さんの病院を訪れたのは1月23日でした。その時はお元気そうだったので、その1週間後に亡くなってしまったのはショックでした。渋谷監督が亡くなり、このエッセイは未完で終わってしまったのが残念です。ご冥福を祈ります。
なお、このシネマジャーナル96号は、この上映会場にて販売されます。(暁)
posted by akemi at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木靴の樹  原題:L'albero degli Zoccol

kigutsu.jpg

監督・脚本・撮影・編集:エルマンノ・オルミ
出演:ルイジ・オルナーギ、フランチェスカ・モリッジ、オマール・ブリニョッリ

19世紀末、北イタリア、ベルガモの農村。厳しく搾取する大地主のもとで、肩を寄せ合うように暮らすバティスティ、アンセルモ、ブルナ、フィナールの4家族。彼らは貧しく、土地も住居も農具さえ地主のものだった。
バティスティ家の息子ミネクは、ドン・カルロ神父の勧めで小学校に通うことになる。当時の農村では異例のことだったが、6キロの道のりを歩いての通学。ある日、木靴が壊れてしまい、父親は川沿いのポプラの樹を切って木靴を作る。そのポプラもまた地主のものだった。
アンセルモ家は、夫に先立たれたルンク未亡人が洗濯女をしながら6人の子どもたちを育てている。畑仕事をしているアンセルモじいさんは、畑に鶏の糞を撒くとトマトが誰よりも早く収穫できることを末娘ベッティーナにこっそり教えている。
けちなフィナールは、とうもろこしの計量の日がくると、馬車の引き出しに小石を詰め込んでごまかしている。
ブレナ家の美しい娘マダレーナは勤務先の紡績工場で知り合ったステファノ青年に見初められて結婚する。新婚旅行でミラノに行った二人は、修道院にいる伯母を訪ね、捨て子を引き取り、その代償に養育費を受け取ることになる。
春が近づき、アンセルモじいさんのトマトが他の畑より1週間早く真っ赤に熟す。ベッティーナを連れて町にトマトを売りに行って帰ってくると、バティスティ一家がなけなしの家財道具を馬車に積み込んでいる。ポプラの樹を切ったことを地主からとがめられたのだ。日が暮れて農場を去るバティスティ一家を、ほかの3家族は家の中から息を殺すようにして見送るのだった・・・

1978年カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したエルマンノ・オルミ監督の名作が、最新作『緑はよみがえる』が4月23日(土)から公開されるのを記念して、リバイバル上映されます。
ベルガモ地方出身のオルミ監督が、小さい時に祖母から聞いた昔話をもとにした物語。出演者は全てベルガモの農民たち。
寒い冬の夜、4家族が一部屋に集まって語り合う場面に、貧しいながら隣人とささえあって暮らす人たちのあたたかい心を感じました。
それと対照的に、容赦なく搾取する地主。
小船に乗ってミラノの町に行った新婚夫婦が、雇用主に声をあげたために連行されていく労働者たちの姿を見かけます。
この場面にも、理不尽な思いをしている人たちへのオルミ監督の眼差しを感じました。
心に響く名作を再びスクリーンで観られることに感謝! (咲)


1978年/イタリア/カラー/スタンダード/187分/DCP
配給:ザジフィルムズ
公式サイト:http://www.zaziefilms.com/kigutsu/
★2016年3月26日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー

posted by sakiko at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメアワードフェスティバル2016

press_taaf2016_010106.jpg

期日:3月18日(金)〜21日(月)
会場:TOHOシネマズ日本橋

 〒103-0022東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2・3F
 (上映会・コンペティション本審査・イベント等)

主催:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会、一般社団法人日本動画協会
共催:東京都
入場料:作品によって異なります。
チケット:TOHOシネマズ インターネットチケット“vitR”で発売中。

 リンクはこちら 
 空席があれば、当日会場(TOHOシネマズ 日本橋内)でもチケットを購入することが可能です。
プログラム
★詳細は公式サイトまで http://animefestival.jp/ja/
●長編コンペ(4作品)
『西遊記 ヒーロー・イズ・バック(3D)』田暁鵬(中国/2015年/1:23)
『CAFARD』Jan Bultheel(ベルギー・フランス・オランダ/2015年/1:26)
『TOUT EN HAUT DU MONDE LONG WAY NORTH』Rémy Chayé(フランス・デンマーク/2015年/1:21)
『ADAMA』Simon ROUBY(フランス/2015年/1:22)

●短編コンペ(33作品)
『きつね憑き』佐藤 美代 ほか
●ANIME OF THE YEAR作品
『心が叫びたがってるんだ。』The Anthem of the Heart 監督:長井龍雪
 (日本/2015年/01:59)
『SHIROBAKO』監督:水島努
 (日本/2015年/全24話)
『バケモノの子』The Boy and the Beast 監督・脚本・原作:細田守
 (日本/2015年/1:59)

●特別招待作品
『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』『シンドバッド 魔法のランプと動く島』『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』ほか
●TAAF2016 アニメ功労部門
2016年映画祭キービジュアル cTAAFEC. All Rights Reserved.
posted by shiraishi at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする