2016年03月08日

ヘイトフル・エイト(原題:The Hateful Eight)

hateful8.jpg

監督・脚本:クエンティン・タランティーノ 
撮影:ロバート・リチャードソン
音楽:エンリオ・モリコーネ 
美術:種田陽平
出演:サミュエル・L・ジャクソン(マーキス・ウォーレン)、カート・ラッセル(ジョン・ルース)、ジェニファー・ジェイソン・リー(デイジー・ドメルグ)、ウォルトン・ゴギンス(クリス・マニックス)、デミアン・ビチル(ボブ)、ティム・ロス(オズワルド・モブレー)、マイケル・マドセン(ジョー・ゲージ)、ブルース・ダーン(サンディ・スミザーズ)

南北戦争が終わったばかりのワイオミング。雪原を走る駅馬車には賞金稼ぎのハングマンことジョン・ルースと手錠につながれた殺人犯のデイジーが乗っている。レッドロックまで送り、吊るされるのを見届けるのだ。馬車の行く手に立ちふさがったのは元騎兵隊のマーキス・ウォーレン。今は賞金稼ぎで、腰かけていたのはお尋ね者たちの凍った死体だ。マーキスが交渉している間にもう一人男が乗せてくれとやってくる。新任の保安官だというクリス・マニックス。しかしルースは、クリスが黒人殺しの略奪団のリーダーだったと知っていた。そして賞金稼ぎのマーキスの首にも懸賞金がかかっている。
吹雪に追われるように疾走した駅馬車は、中継地点にある「ミニーの紳士洋品店」に到着した。いつもいるミニーの代わりにメキシコ人が出迎え、店には3人の先客がいた。死刑執行人のオズワルド・モブレー、カウボーイのジョー・ゲージ、そして南部軍の将軍で黒人を多数虐殺したサンディ・スミザーズ。全員が互いを疑い、空気が張り詰めていく。

タランティーノ監督の8作目の長編は70oのワイドスクリーンの西部劇でした!雪原の広大さ、右から左へ駆け抜ける駅馬車のシーン…もうひとつ書きたいですがネタバレになるのでここまで…が素晴らしいです。また音楽がエンリオ・モリコーネとは!
美術は種田陽平さん。ホールのように広いワンルームにあらゆるものが詰め込まれていて、画面をストップさせてじっくり見たくなります。この大画面はミニーの店の隅々まで目を配ることができ、登場人物をしっかりとらえてこの密室殺人劇に釘づけにさせられます。毎回毎回いろんな設定で楽しませてくれる監督、本作も長時間少しもだれず、ストーリーにどっぷりはまりました。
出てくる輩が曲者ぞろいで、みんな嘘つきでみんな怪しい。「手錠につながれた女囚」の登場で、梶芽衣子さん(監督も大ファンでしたね)の“女囚さそり”を思い出したあなた、思わずニヤリとするシーンをお楽しみに!
種田さんこだわりの美術を背景に映える衣装も良いです。サミュエル・L・ジャクソン、赤いネクタイ、黄色の裏を見せるコートの似合うこと!監督、やりたいこと全部やりましたね〜。(白)


2015/アメリカ/カラー/70o/168分
(C)MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.
http://gaga.ne.jp/hateful8/
★2016年2月27日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする