2016年02月13日

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(原題:Sherlock:The Abominable Bride)

sherlock-special.jpg

監督:ダグラス・マッキノン
脚本:スティーブン・モファット、マーク・ゲイティス
出演:ベネディクト・カンバーバッチ(シャーロック・ホームズ)、マーティン・フリーマン(ジョン・ワトソン)、アマンダ・アビントン(メアリー・モースタン)、ルイーズ・ブリーリー(モリー・フーパー)、ユナ・スタッブス(ハドソン夫人)、ルパート・グレイブス(レストレード警部)

群衆が見守る中、ウェディングドレス姿で拳銃自殺した花嫁が蘇った? その夜、遺体検分に行く途中の夫のトーマス・リコレッティがライフルで撃たれ、銃声を聞いて駆けつけた警官が見たのは、死んだはずの妻、エメリアだった。遺体安置所に向かったホームズとワトソンは鎖で巻かれている彼女の遺体と、壁に書かれた血文字を見る。

BBC(英国放送協会)の人気ドラマ『SHERLOCK シャーロック』の劇場版。2010年から3話ずつ3シーズンまで放映され、シャーロック・ホームズ役のベネディクト・カンバーバッチ、相棒のジョン・ワトソン役のマーティン・フリーマンを世界中に知らしめました。ミステリードラマですが、BL好きの女子をわかせるコンビぶりも評判。 
ドラマは現代に置き換えられて、スマホやパソコンなどの新しい機器を駆使するホームズが新鮮でしたが、映画版は原作のヴィクトリア朝時代に戻っています。車ではなく馬車が走り、通信手段といえば電報の時代です。出演者たちの衣装や美術など、ドラマ版との違いをお楽しみ下さい。
冒頭でそれまでの経過を簡単になぞっています。時間が行きつ戻りつするようなところがありますが、ドラマを見てきた方には想像がつくかと思います。見ていないとついていくのが難しいかも。でも劇場まではせ参じるのはやはり、ドラマのファンの方々でしょうね。本編終了後20分の特別映像が観られますので、そのままお席に。(白)


2015年/イギリス/カラー/ビスタ/90分
配給:KADOKAWA
(C)2015 Hartswood Films Ltd. A Hartswood Films production for BBC Wales co-produced by asterpiece.Distributed by BBC Worldwide Ltd.
http://sherlock-sp.jp/
★2016年2月19日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディーパンの闘い(原題:Dheepan)

deepan.jpg

監督・脚本:ジャック・オーディアール
脚本:ノエ・ドブレ、トマ・ビデガン
音楽:ニコラス・ジャー
出演:アントニーターサン・ジェスターサン(ディーパン)、カレアスワリ・スリニバサン(ヤリニ)、カラウタヤニ・ビナシタンビ(イラヤル)、バンサン・ロティ(エブラヒム)

スリランカの内戦で妻子を失ったディーパンは戦う意味もなくなり、兵士をやめた。難民となって国外へ脱出しようとしたとき、やはり単身のヤリニという女に出会う。ヤリニは難民キャンプで母を亡くして一人きりになった少女イラヤルを連れ、3人は家族を偽装してフランスへと向かった。申請をパスし、パリ郊外の集合団地で新しい生活を始める。ディーパンは団地の管理人の職にありついた。イラヤルはディーパンになつくが、ヤリニはこの偽家族は一時的なものと割り切っていた。

ヨーロッパの国々は地理的なこともあって、日本とはけた違いの難民受け入れを進めています。パリ郊外には、様々な国からやってきた人が暮らしているのを、これまでにもいくつのも作品で観てきました。ディーパンを演じたアントニーターサン・ジェスターサンは実際に戦火をくぐった元兵士だそうです。尋常ではないリアリティはそんな背景があるからと思います。
戦争と難民の生活をドキュメンタリーのように描いたかと思うと熾烈な銃撃戦も展開させ、まるで二つの映画のようなストーリーを無理なくつないだジャック・オーディアール監督、カンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を得ました。(白)


2015年/フランス/カラー/シネスコ/115分/フランス語、タミル語
配給:ロングライド
(C)2015 - WHY NOT PRODUCTIONS - PAGE 114 - FRANCE 2 CINEMA - PHOTO:PAUL ARNAUD
http://www.dheepan-movie.com/
★2016年2月12日(金)TOHO シネマズ シャンテ、大阪ステーションシティシネマほか全国公開
posted by shiraishi at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴン・ブレイド(原題:天将雄師 英語題:Dragon Blade)

dragon.jpg

監督・脚本:ダニエル・リー
撮影:トニー・チャン
音楽:ヘンリー・ライ
出演:ジャッキー・チェン(フォ・アン)、ジョン・キューザック(ルシウス)、エイドリアン・ブロディ(ティベリウス)、リン・ポン(ムーン)、チェ・シウォン(イン)

前漢時代の中国。広大な砂漠地帯では36もの部族が互いに覇権を争い、抗争が続いていた。国境防衛と治安維持のために働く西域警備隊のフォ・アン隊長は、反対派に陥れられ部下とともに西域辺境の関所・雁門関へと送られてしまう。おなじころ、ローマ帝国のルシウス将軍は、暗殺された執政官クラッススの遺児ププリウスを守ってシルクロードへ逃れてきていた。雁門関で出会ったフォ・アンとルシウスは、互いの人となりに尊敬の念を抱き、友情をはぐくむようになった。二人の前に、ティベリウスが大軍を率いて現れる。実の父である執政官を暗殺し、さらに末の弟のププリウスの命も取るべく後を追ってきたのだ。

ジャッキー・チェン、ジョン・キューザック、エイドリアン・ブロディ共演と知って、いったいどんな物語なのか想像がつきませんでした。考えたら中国の西端はヨーロッパに面しており、中国から地中海沿岸までを結ぶシルクロードがあるのですから、戦乱の世にこんな交流があったとしても不思議はないのでした。映画は国際色豊かなキャストが終結し、巨額の製作費をかけた大作です。雄大なロケーションの中の戦闘シーンに男性は心躍るでしょう。二人のヒロインに慕われる役得なジャッキー、すがすがしいトルコブルーをきかせた衣装が素敵でした。

ジャッキーが芸名を成龍としたのが1976年、今年は40年です!!香港で大ヒットした『ドランク・モンキー 酔拳』(1978年)が翌年日本でも公開(『トラック野郎』との2本立て上映)されて、それまでのカンフー映画になかったコミカルで楽しい作風が子供たちにも大受け、我が家もファンでした。長い間第1戦で活躍し、香港アクション界をけん引してきたジャッキー、今後も元気で映画を作り続けていただきたいものです。
世界で日本だけ!ジャッキー最新作「ドラゴン・ブレイド」は“NG集付き”で上映決定 !(白)


2015年/中国・香港合作/カラー/シネスコ/103分
配給:ツイン
(C)2015 SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION SHANGHAI FILM GROUP CO., LTD. SHENZHEN TENCENT VIDEO CULTURE COMMUNICATION LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
http://dragon-blade.com/
★2016年2月12日(金)よりロードショー
posted by shiraishi at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする