2016年02月12日

キャロル(原題:Carol)

carol.jpg

監督:トッド・ヘインズ
原作:パトリシア・ハイスミス
脚本:フィリス・ナジー
撮影:エド・ラックマン
衣装:サンディ・パウエル
音楽:カーター・バーウェル
出演:ケイト・ブランシェット(キャロル・エアード)、ルーニー・マーラ(テレーズ・ベリベット)、サラ・ポールソン(アビー・ゲーハード)、ジェイク・レイシー(リチャード・セムコ)、カイル・チャンドラー(ハージ・エアード)

1950年代のニューヨーク。老舗デパートで働くテレーズは、おもちゃ売り場に入ってきた婦人客に目が釘付けになる。波打つブロンド、白い肌に赤い唇、毛皮をまとって一人だけ輝いて見えた。テレーズの視線を受け止めてまっすぐ向かってきた彼女は、娘へのクリスマスプレゼントの相談をし、テレーズが薦めた商品を注文していった。キャロル・エアードという名前を記憶に刻むテレーズ。
恋人リチャードとの結婚に踏み切れないでいるテレーズは、キャロルの面影が頭から離れない。忘れ物を届けたことから、テレーズはキャロルに食事に誘われ、自宅も訪ねるようになった。何不自由ない奥様だと想像していたキャロルが、愛のない結婚生活を切り上げ、娘の親権を得るために苦慮しているのを知る。

ゴージャスでエレガント、妖艶さと気品を併せ持つケイト・ブランシェットは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでエルフの女王ガラドリエルでした。なんとも神々しかったですね。この作品でもデパートのお客の中で際立って美しく、テレーズならずとも釘付けになります。
ルーニー・マーラ演じるテレーズは『ドラゴン・タトゥーの女』のリスベット役と全く違う、幼い感じさえする若い娘です。魅力的なキャロルに出会って、どんどんと引き込まれていく姿に、男女の別なく恋する気持ちが出ていて見入ってしまいました。カメラが趣味のテレーズが撮影したキャロルのポートレートがとてもいい!衣装もカメラワークも素敵な美しい映画でした。第68回カンヌ国際映画祭ではルーニー・マーラが主演女優賞を受賞。アカデミー賞でも主演・助演ともにノミネートされています。(白)


2015年/アメリカ/カラー/ビスタ/118分
配給:ファントム・フィルム
(C)NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED
http://carol-movie.com/
★2016年2月11日(木)全国ロードショー
posted by shiraishi at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする