2015年12月18日

ストレイト・アウタ・コンプトン  英題:Straight Outta Compton

straight outta.jpg

監督: F・ゲイリー・グレイ
出演:オシェイ・ジャクソン・Jr.、コーリー・ホーキンス、ジェイソン・ミッチェル、ポール・ジアマッティほか

1986年にアメリカ、カリフォルニア州コンプトンで結成されたヒップホップグループ「N.W.A.」。本作は、彼らの成功への道のりと挫折、名声の代償、権力と偏見との戦い、そして友との別れを描いた知られざる真実の物語。

1986年、ロサンゼルスのダウンタウンの南に位置するコンプトン。ギャングの抗争や麻薬売買が横行するアメリカ屈指の危険な町。ロサンゼルス警察は黒人というだけで容赦なく制裁を加えていた。そんな状況に、暴力ではなく、ラップという武器で立ち向かおうとアイス・キューブやドクター・ドレーら5人の若者がN.W.A (Niggaz With Attitude −主張する黒人たちー)を結成した。
彼らの才能に目をつけたレコード業界のベテランビジネスマン、ジェリー・ヘラーと共にルースレス・レコードを設立。1988年8月にリリースしたデビュー作「ストレイト・アウタ・コンプトン」は、理不尽な社会への反骨精神が若者たちに受け、300万枚以上売れる大ヒット。N.W.Aは、黒人差別する警察暴力への反対運動を加速させる原動力ともなった。
名声を得た彼らだが、その裏でグループ内で亀裂が生じ始める・・・

ラップは苦手で、私にとっては全く未知の人たちだったのですが、理不尽な差別社会に音楽で立ち向かった彼らの物語はぞくぞくするものでした。
帰宅して、ブラックミュージックが好きな妹に、レコードジャケット風のプレス資料を見せたら、「え〜観たの?」と羨ましがられました。試写を観たのは11月12日のことでしたが、この時すでに妹の娘が特典付き前売り券を2枚買ってきてくれていて公開を楽しみにしているという次第でした。アイス・キューブを息子のオシェア・ジャクソン・Jrが演じているのを予告で観て、そっくり!と娘と二人で歓喜していたそう。本作、ファンを決して失望させない映画になっています。そして、私のようにラップ嫌いにも楽しめた作品です。(咲)


配給:シンカ / パルコ / ユニバーサル映画
2015年/アメリカ/147分/スコープ/デジタル
公式サイト:http://soc-movie.jp
★2015年12月19日(土)渋谷シネクイント、新宿バルト9先行公開、12月26日(土)全国公開
posted by sakiko at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はるかなるオンライ山 〜八重山・沖縄パイン渡来記〜

poster2_R.jpg


監督:本郷義明
原案:三木 健
企画:はるかなるオンライ山 映画製作委員会 株式会社シネマ沖縄
企画・脚本:本郷義明、末吉真也
音楽:喜久川ひとし
ナレーター:国井雅比古
切り絵:熊谷溢夫
監修:三木 健
製作:末吉真也、糸数 淳

パイナップルを八重山に伝えたのは台湾の人たちだった

沖縄の名産品であるパイナップルを伝えたのは、戦前、台湾から石垣島に入植した人たちだという。日本の植民地だった台湾で、日本政府によるパイン缶詰工場の統合があり、台湾でパイナップルを生産できなくなった人たちは石垣島に新天地を求めた。
彼らは農業技術の遅れていた石垣島に進んだ農業技術を持ち込み、沖縄にパインナップル栽培を定着させ、パイナップルの缶詰を沖縄の産業に発展させた。しかし、そこに至るまでは多くの苦難の歴史があった。言葉が通じなかったり、習慣の違いが原因で二つの文化はぶつかりもしたが、そういう苦境を乗り越え協力しあうようになり大きな夢を実現させていった。
しかし、軌道に乗ったパイン缶詰も、戦争中は贅沢品として生産できなくなったり、戦後はせっかく復活してパイン缶詰工場が盛んになったのに、外国からの安いものが入ってきて、結局続かなくなってしまった。今は生のパイナップルが主流になっている。
歴史に本流された台湾の人たちの2世、3世は日本に帰化し、今は沖縄に根付いている。過去から未来へ、入植者の子孫たちと八重山の人たちとの文化交流活動も描かれる。
沖縄にパイナップルを根付かせた入植者たちの足跡は、知られざる台湾と八重山の交流史を、現代の私たちに伝えてくれる。
長年、台湾と八重山の交流史を調べてきたジャーナリストの三木健さん(八重山台湾親善交流協会顧問)の原案で、株式会社シネマ沖縄と琉球新報社が製作委員会を立ち上げ、『よみがえる琉球芸能 江戸上り』『徐葆光が見た琉球〜琉球と冊封』の本郷監督が台湾ロケも行い製作した。

三世の呉屋寛永さん_R.jpg
三世の呉屋寛永さん

パイン畑-02補正_R.jpg

オンライとは、台湾の言葉でパイナップルのこと。鳳梨と書くらしい。この字を見て、台湾土産の定番であるパイナップルケーキのことを思い出した。「鳳梨酥」と書かれていた。でもオンライと読むとは知らなかった。
沖縄出身の友人から、子供の頃、パイナップル工場に台湾から出稼ぎに来ていた女工さんがいたという話を聞いたことはあったけど、八重山や沖縄のパイナップルが台湾から移住した人たちから伝わったとは全然知らなかった。
水牛も、その台湾から来た人たちが連れてきたとこの作品の中で語られる。当時は、この水牛の働きで、そのうち台湾の人たちに島が占領されるのではと思われ、それも台湾人排斥の流れに繋がったという。
実は37年前、石垣島に行ったことがある。その時、パイナップル畑が一面に広がっている丘を歩いたことがあり、初めてパイナップルが植えてある姿を見て感動した記憶がある。でも、台湾の人たちの苦難の歴史があったとは、全然知らなかった。知られざる八重山のパイナップル生産の歴史を知り、また八重山に行ってみたいと思った。その37年前に沖縄に行った時は、有明埠頭(東京)から船で行ったのだけど、那覇、石垣経由で台湾に行く船だった。今思うと台湾というのは基隆(キールン)だったのかもしれない。
その時は知らなかったけど、このドキュメンタリーを観て、那覇、石垣島間より、石垣、台湾間のほうがずっと近いということを知った。今は台湾から石垣島に来る観光客がいっぱいいるということも出てきたが、これを観て、今も有明から台湾に行く船があるのなら、今度は石垣島から台湾に行ってみたいと思った。(暁)


2015年/日本/85分
★2015年12月5日〜12月27日ポレポレ東中野で公開中 
posted by akemi at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。