2015年11月29日

技術者たち(原題:The Con Artists)

gijutusya.jpg

監督:キム・ホンソン
脚本:キム・ヤンジュン
撮影:ユン・ジュファン
音楽:チョン・ジノ
出演:キム・ウビン(ジヒョク)、イ・ヒョヌ(ジョンベ)、コ・チャンソク(グイン)、キム・ヨンチョル(チョ社長)、チョ・ユニ(ウナ)

クールな詐欺師にして金庫破りのジヒョクは、人材調達を任せられるグイン、天才ハッカーのジョンベと組んで、宝石店襲撃を成功させ、一躍有名になった。そこへ目をつけた財界の大物チョ社長が、彼らに大金の強奪を持ちかける。最高のセキュリティをほこる仁川税関に1500億ウォンの札束が保管されているというのだ。短時間で盗み出すことができるのか?技術とメンツをかけた大博打に挑むジヒョクたち。

長身でイケメン、一度見たら記憶に残る「華」のあるキム・ウビンが今度は強盗に。明るくて愛嬌のあるイ・ヒョヌ、テッドのヌイグルミのようなコ・チャンソクらと共演しました。プロの手にかかれば、鍵も金庫もパスワードも無力なのだと思い知らされますが、狙われる財産もない我々は面白く事件を見物することができます。綿密に張り巡らした伏線を見落とさず、強奪計画の行く末を見守ってください。(白)

2014年/韓国/カラー/シネスコ/116分
配給:クロックワークス
(C)2014 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
http://gijyutsu-movie.com/
★2015年11月28日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

007 スペクター

spectre.jpg
監督:サム・メンデス
製作バーバラ・ブロッコリ
マイケル・G・ウィルソン
製作総指揮:カラム・マクドゥガル
原案:ジョン・ローガン
出演:ダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)、クリストフ・ワルツ(オーベルハウザー)、レア・セドゥー(マドレーン・スワン)、レイフ・ファインズ(M)、モニカ・ベルッチ(ルチア・スキアラ)、ナオミ・ハリス(マネーペニー)、ベン・ウイショー(Q)、アンドリュー・スコット(マックス・デンビ)、イェスパー・クリステンセン(Mr.ホワイト)

ジェームズ・ボンドは古巣のスカイフォールで受け取った焼け残った写真の謎を追い、Mが止めるのもきかず、メキシへと飛ぶ。さらにローマへ飛んだボンドは美しい未亡人ルチアに出逢い、悪の組織スペクターを知る。かつての宿敵Mr.ホワイトを訪ね、彼の娘のマデレーン医師が秘密のカギを握ることを突き止めた。
ロンドンでは、国家安全保障局の新しいトップについたマックス・デンビがMI6を解体させようと目論み、ボンドは後ろ盾のないまま、事件の渦中に身を投じることになった。

待ちきれずに27日からの先行公開で観た方もいらっしゃることでしょう。冒頭のヘリコプターのアクション、ビルは倒壊…いきなりクライマックスか!と驚かれたのでは?メキシコの「死者の日」の大群衆の中でのアクションに度肝を抜かれますがこれは序の口、どこもかしこもクライマックスのような展開です。いやもう凄かった。
主役をはれる俳優が束になって出演しての演技合戦、ボンドとオーベルハウザーの対決はにっこりしながらの冷徹な応酬。イタリアの至宝と呼ばれる妖艶なモニカ・ベルッチと主演作の続くフランスのレア・セドゥーの女優競演。この人の前歯が文字通りちょっと「隙」を見せて可愛いです。日本ならすぐ矯正されてしまいそうですが、フランスは個性を大切にするのでしょう。Mを継いだレイフ・ファインズ、Qのベン・ウイショー、脇の人まで見所満載です。ダニエル・クレイグは4作目の出演、2年かけたこれが最後かもと噂があるようですが、彼の代表作になるのは間違いありません。(白)


2015年/アメリカ/カラー/シネスコ/148分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
SPECTRE(c)2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.
http://www.007.com/spectre/?lang=ja
★2015年12月4日(金)よりTOHOシネマズ日劇他にて全国ロードショー
posted by shiraishi at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場版 びったれ!!!

bittare!.jpg

監督:金田敬
原作:田島隆(作)高橋昌大(画)
脚本:竹内清人、田島隆
撮影:今井裕二
音楽:MOKU
出演:田中圭(伊武努)、森カンナ(杉山栄子)、岩崎未来(伊武かりん)、日向丈(五十鈴)、池田鉄洋(流生人)、山本耕史(霧浦三郎)、竹中直人(伊武制覇)

司法書士の伊武努はかつては広島の極道「狂犬」として名を馳せていたが、今はすっかり足を洗い亡き姉の遺児かりんを引き取って育てている。二人の平穏な暮らしが続いていたが、周囲ではかりんの幼稚園のパパ友が不当解雇におびえており、努の補助者の杉山栄子の実家も立ち退きを迫られていた。その陰に辣腕弁護士の霧浦と、努の実父伊武制覇が暗躍しているのをつきとめる。

テレビドラマから1年。「びったれ!!!」が劇場版で戻ってきました。「びったれ!」(広島弁で小心者の意味)と罵られると、ついキレてしまうというので思い出したのが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマイケル・J・フォックス。あっちでは「チキン」でした。これもやっぱり「小心者、弱虫」の意味なので、男性には禁句なのでしょう。
優しい顔立ちが極道者にみえないのでは、と思った田中圭さんですがそこは役者さん。豹変する努の裏表をきちんと演じています。可愛い岩崎未来ちゃんとのからみもほほえましいです。そういえば実生活でも愛娘のパパなのでした。父親役の竹中直人さんは裏社会のトップで、やたら「びったれ!」を連発して息子を挑発。キャストの中で、独特の味を出していました。濃いわ…。
漫画原作者の田島隆氏は実際に行政書士なのだそうで、共同脚本、監修にあたっています。(白)


2015年/日本/カラー/ビスタ/99分
配給:ビデオプランニング=太秦
(C)田島隆・高橋昌大(別冊ヤングチャンピオン)2013 / 2014「びったれ!!!」製作委員会
http://bittare.jp/
★2015年11月28日(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー
[11月7日より広島先行上映]
posted by shiraishi at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。