2015年11月21日

第16回 東京フィルメックス TOKYO FILMeX 2015

filmex  2015.jpg

期間 : 2015年11月21日(土) 〜 11月29日(日)

いよいよ本日から始まる東京フィルメックス!
コンペティションや特別招待作品など多彩なラインナップのうち、日本での配給会社が決まっている作品は下記4作品のみです。
『コインロッカーの女』配給:『コインロッカーの女』上映委員会
『ひそひそ星』配給:日活
『山河故人』(原題)配給:ビターズ・エンド、オフィス北野
『最愛の子』配給:ハピネット、ビターズ・エンド
その他は、フィルメックスのあとで上映される機会が、現時点では未定です。
公式サイトで上映作品をチェックして、ぜひ気になる作品の上映をお見逃しなく!
http://www.filmex.net/
チケットは、チケットボードで! (当日0時より当日料金になります)
http://filmex.net/2015/ticket

また、下記のサイトでゲストやイベント情報をチェックして、映画祭ならではの映画人との触れあいをお楽しみください。
◆ゲスト・イベント情報
http://filmex.net/2015/guest
上映後に行なわれるQ&Aや舞台挨拶のほか、字幕翻訳セミナーや、侯孝賢監督『風櫃の少年』上映後の映画研究者リチャード・スチェンスキさんのトークイベント、ツァイ・ミンリャン特集での舞台挨拶情報が掲載されています。

*字幕翻訳セミナー*
恒例企画「字幕翻訳セミナー」<中級編>
日時:11月23日(月・祝)18:00〜19:30
会場:有楽町朝日スクエアB
※入場無料、予約不要
講師:齋藤敦子(映画評論家、字幕翻訳家)
司会:樋口裕子(字幕文化研究会、翻訳家)

私たちが外国映画を観るときに当たり前のように読んでいる日本語字幕について、その難しさや面白さ、苦労話などを『わたしの坊や』をテキストにして盛りだくさんに!
これまでは入門編でしたが、今年は一歩進んで実践的な中級編として開催!

◎ホウ・シャオシェン特集
http://filmex.net/2015/program/sp2
『風櫃の少年』は今回の巡回特集のために新たに制作されたデジタル修復版のDCPでの上映。
『風櫃の少年』デジタル修復版DCP/日本語・英語字幕付き
『悲情城市』35mmフィルム/日本語字幕付き
『戯夢人生』35mmフィルム/日本語・英語字幕付き

◎ツァイ・ミンリャン特集
http://filmex.net/2015/program/sp3
ツァイ作品のうち、現在、日本で劇場での上映権利が残っているのは『ふたつの時、
ふたりの時間』と『郊遊<ピクニック>』のみです。どうぞお見逃しなく!

『青春神話』Blu-ray/日本語字幕
『愛情萬歳』Blu-ray/日本語字幕
『河』35mmフィルム/日本語字幕
『ふたつの時、ふたりの時間』35mmフィルム/日本語字幕
『楽日』DCP/日本語字幕、英語字幕
『ヴィザージュ』35mmフィルム/日本語字幕、英語字幕
『無色』DCP/セリフなし
『行者』DCP/英語字幕、中国語字幕(歌詞のみ)
『無無眠』DCP/セリフなし
『秋日』DCP/無字幕(日本語セリフ)

上記のうち、完成したばかりの『秋日』は、世界初上映です。
昨秋、東京フィルメックスで来日した際に撮影された24分の新作短編。
黒澤明作品のスタッフとして活躍された野上照代さんが出演。
ワールドプレミア上映:11/27(金)19時〜 台湾文化センター
(事前申込制、応募受付は終了)
『秋日』は、その後、有楽町スバル座の12/1(火)、12/3(木)18:20の回で、『無色』『行者』『無無眠』とあわせて上映されます。
『秋日』作品情報
http://filmex.net/2015/program/sp3/tm10

★毎日のフィルメックスの様子は下記で確認を!

デイリーニュース
http://filmex.net/2015/category/news/daily-news

ブロードキャスト
http://filmex.net/2015/category/news/broadcast

posted by sakiko at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする