2015年10月21日

シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語   原題:Sivas

sivas.jpg

監督・脚本:カーン・ミュジデジ
出演:ドアン・イズジ、ムターリップ・ミュジデジ、オカン・アヴジュ、バーヌ・フォトジャン、ハサン・ヤズルタシュ、ハサン・オズデミル

トルコ東部アナトリア高原の小さな村。11歳のアスランは小柄で、クラスの中でも何かとのけ者扱い。鬼ごっこで鬼になったアスランは、目をつむって数えている間に置いてきぼりにされてしまう。
ある日、4月23日の子どもの日に上演する「白雪姫」の衣装が届く。白雪姫は、憧れの美少女アイシェ。アスランは王子様を演じたい。でも、先生は村長の息子オスマンに迷うことなく王子様を指名する。教師宅を訪ねて、「王子になりたい」と言うが、取り合ってくれない。
村に闘犬の一団がやってくる。村長の息子オスマンの闘犬ボゾと闘って負けた犬シーヴァスが血だらけで息絶え絶えになる。アスランはシーヴァスを家に連れ帰り手厚く介護する。
学校では「白雪姫」の練習が進んでいるが、小人役では面白くないアスランは、学校に行かず、シーヴァスと過ごす日々だ。やがて、オスマンの闘犬ボゾとシーヴァスの再対決の日が訪れる・・・

村長の息子が王子役をもらうという理不尽。世の中、権力がものをいうことを象徴しているようでした。それに対抗しようとするアスラン。チビで何かとのけ者にされていても、なんとか思っていることを伝えようとする強い心の持ち主のアスラン。強権に黙っていてはいけないことを教えてくれます。そして、負けてよれよれになったシーヴァスを助ける姿からは、弱い者に手を差し伸べる慈悲の心を学びました。
映画の最後に2012年にこの世を去った吟遊詩人ネシェット・エルタシュの歌「悪いのは私だ」が流れます。彼に捧ぐと映画の最後にありました。来日した監督にお聞きしたら、「私がこの映画を彼に捧げたのではなく、映画そのものがネシェット・エルタシュのものなのです」との答えがかえってきました。もう一度映画を観て、詩の意味をじゅっくり噛みしめてみたいと思います。(咲)

DSCF0025 civas.JPG
カーン・ミュジデジ監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2015/sivas/index.html

ユーロスペース公開初日・2日目 10月24日(土)、25日(日)
ハズレなし! ご鑑賞御礼くじ引き大開催!
特等 成田・関空⇔イスタンブール ペア航空券1組様
http://sivas.jp/campaign.html


配給:ヘブンキャンウェイト(第一回配給作品)
2014年/トルコ・ドイツ合作映画/トルコ語/ 97分
2014年/トルコ・ドイツ合作/トルコ語/97分/1:2.35/DCP
配給:株式会社ヘブンキャンウェイト
公式サイト:http://sivas.jp
★2015年10月24日よりユーロスペースほか全国にて公開
posted by sakiko at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする