2015年10月18日

アクトレス 女たちの舞台(原題:Sils Maria)

actres.jpg

監督・脚本:オリビエ・アサイヤス
撮影:ヨリック・ル・ソー
美術:フランソワ=ルノー・ラバルテ
出演:ジュリエット・ビノシュ(マリア・エンダース)、クリステン・スチュワート(ヴァレンティン)、クロエ・グレース・モレッツ(ジョアン・エリス)、ラース・アイディンガー(クラウス)、ジョニー・フリン(クリストファー)

ベテラン女優のマリアは、チューリッヒに向かう車内にいる。新人だった彼女を発掘し、女優に育ててくれた劇作家メルヒオールの代わりとして授賞式に赴くためだ。マネージャーのヴァレンティンは若いが有能で、スケジュールを調整し、年上のマリアにも臆せず自分の意見を言う。そんなときにシルス・マリアに寄るように言っていたメルヒオールが亡くなったとの知らせが入る。
レセプションで声をかけてきた演出家のクラウスは、マリアの記念すべき「マローヤの蛇」をリメイクの予定で、出演を熱望していると語る。かつてマリアが演じたシグリッド役は、新進女優のジョアン・エリスに決定しており、シグリッドに翻弄されるヘレナ役をマリアにと言うのだった。

すでに熟練の大女優となりながら、過ぎていく時の流れを受け入れられないマリア。新人だったころに演じた役をまた自分が再演できるとは思えないはずなのに、素直に認められません。若く溌剌としたジョアンに会い、彼女を一番好きな女優というヴァレンティンの言葉にも心が騒ぎます。
女優3人の競演がお芝居か素なのか、見まがうような女の戦いがありました。
無邪気なところを残したまま大女優になったマリアと、仕事と割り切ってクールに対応するヴァレンティンの対比が際立ちます。可愛い顔でしたたかに生きる(それも才能)ジョアンに、『キック・アス』のヒットガールから美人女優になったクロエ・グレース・モレッツも適役。

思い出したのが『イヴの総て』(1950年)。ベティ・デイビス演じるベテラン女優が若い後進アン・バクスターに追い越され、さらにその後ろにもトップ女優を目指す女の子がいる、という芸能界の裏側を描いていました。この『アクトレス〜』も舞台裏や人に会う前にもらす本音や、取り繕う表情の変化を見せて笑えます。どろどろした雰囲気にならないのは、ジュリエット・ビノシュの笑顔や背景の雄大な自然がきいているのでしょう。
谷をうねりながら這っていく雲のシーンが幻想的です。原題の「シルス・マリア」は、スイス東南部のリゾート地サン・モリッツからバスで20分程。標高1,815mの小さな集落だそうです。山の好きな方がきっと行って見たくなる景勝地です。(白)


2014年/フランス・スイス・ドイツ/カラー/シネスコ/124分
配給:トランスフォーマー
(C)2014 CG CINEMA - PALLAS FILM - CAB PRODUCTIONS - VORTEX SUTRA - ARTE France Cinema - ZDF/ARTE - ORANGE STUDIO - RTS RADIO TELEVISION SUISSE - SRG SSR
http://actress-movie.com/

★2015年10月24日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボクは坊さん。

bokuha2.jpg

監督:真壁幸紀
原作:白川密成「ボクは坊さん。」ミシマ社
脚本:平田研也
撮影:柴崎幸三
音楽:平井真美子
出演:伊藤淳史(白方進/光円)、山本美月(越智京子)、溝端淳平(桧垣真治)、渡辺大知(峰岸孝典)、遠藤雄弥(品部武志)、松金よね子(白方宣子)、濱田岳(栗本広太)、松田美由紀(白方真智子)、イッセー尾形(新居田明)

四国八十八カ所霊場の第57番礼所・栄福寺で生まれ育った白方進は、当然のように高野山大学へ進み、お坊さんの修行をおさめ阿闍梨(あじゃり)の位を得た。しかし卒業して実家へ戻ってもまだお坊さんになる決心はつかず、書店員として働き始める。大学での友人孝典は実家の寺に入ったが、広太は進と同じくサラリーマンになった。家族は進の気持ちを尊重して見守ってくれていたが、現役住職の祖父が突然倒れ、進はようやく心が定まった。後を託すように祖父が亡くなり、進は僧名「光円」に改名し、24歳で栄福寺の住職となった。住職となって初めてわかる様々な事柄と向き合いながら、光円は精進の日々を送っていく。

栄福寺の住職・白川密成氏が、住職になった年から「ほぼ日刊イトイ新聞」で「坊さん―57番札所24歳住職7転8起の日々―」を連載。2010年書籍となった原作を映画化したもの。脚色ももちろんされていますが、ほとんどお葬式でしか知らないお寺の内側やお坊さんの大学生活が覗けて、とても面白く観ました。お坊さんの野球チームもあるんです。笑いながら仏教がちょっと身近になりました。
実際にお坊さんになってからのあれこれは修行の続きのようです。光円の努力がなかなか身を結ばず、悩んでいるのを檀家の長老がさりげなく諭して「年の功」を感じます。頑固なだけではない懐の深さを見せたイッセー尾形さん、素直で応援したくなる光円の伊藤淳史さん、いい配役でした。
密成さんご本人は住職になってすでに14年。ウェブサイトはこちら。参拝する人が増えそうですね。(白)


2015年/日本/カラー/ビスタ/99分
配給:ファントム・フィルム
(C)2015 映画「ボクは坊さん。」製作委員会
http://bosan.jp/
★2015年10月24日(土)より、全国ロードショー、四国エリアは17日(土)より先行!
posted by shiraishi at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする