2015年09月19日

草原の実験   原題:ISPYTANIE

soogen.jpg

監督/脚本:アレクサンドル・コット
製作:イーゴリ・トルスツノフ
出演:エレーナ・アン、ダニーラ・ラッソマーヒン、カリーム・パカチャコーフ、ナリンマン・ベクブラートフーアレシェフ

草原の一軒家。父は娘を分かれ道で車から降ろす。馬で迎えにくるカザフの青年。ある日、娘が双眼鏡を覗くと何台もの軍用車が通っていく。父が制服の男たちに囲まれる。やがて、父の死。荷物をまとめ家を去る娘。鉄条網で行く手を阻まれる。白人の青年が娘に恋をする。カザフの青年と取っ組み合い。勝者と手を繋ぐ娘の前で空の色が変わる・・・

昨年の東京国際映画祭のコンペティション部門で上映され、『遥かなる家』(『僕たちの家(うち)に帰ろう』のタイトルで8月29日公開)と共に、一般公開されるといいなと思った作品。
カザフスタンで実験といえば核実験でしょうと、結末は見えていましたが、台詞を廃した表現の豊かさと映像美に圧倒されました。
DSCF0560 soogen.JPG

映画祭の折の記者会見でアレクサンドル・コット監督は、台詞の一切ない作品故、顔だけで語れる人をキャスティングし、編集で退屈しないよう繋いだと語りました。14歳の娘役は素人。とにかく美しく、それだけでも映画は成功!
注意したのは核爆発の色。下手をするとアニメのようになる。アメリカ人が撮った美しい映像にならないよう現実に近い色にしたそうです。
てっきりカザフスタンで撮影したのだと思っていたら、機材を持ち込むのが大変なため、ウクライナのクリミヤ半島で撮影したとのことです。映画は魔術!(咲)


2014年/ロシア/96分/カラー/シネスコ
配給:ミッドシップ
公式サイト:http://sogennojikken.com/
★2015年9月26日(土)よりシアター・イメージフォーラム ほか全国順次ロードショー

◎エレーナ・アンさん舞台挨拶予定◎
9/26(土)10:10/12:10/19:10 の回上映後@シアター・イメージフォーラム
※12:10の回上映後の舞台挨拶は東京国際映画祭 矢田部吉彦プログラミング・ディレクターが司会を務めます。
posted by sakiko at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする