2015年05月30日

ダライ・ラマ14世

ダライ・ラマ14世.jpg

監督・構成・編集:光石富士朗
プロデューサー:吉田裕
企画・撮影:薄井一議、薄井大還
語り:柄本佑
出演:ダライ・ラマ14世

1991年、写真家の薄井大還がダライ・ラマ14世に出会ってから20数年。撮影を始めてあしかけ6年の歳月をかけて誕生したドキュメンタリー。これまで見たことのないダライ・ラマ14世のプライベートな素顔を垣間見ることができる。
さまざまな催しに気軽に参加し、行く先々で会う人々の手をとり、力づけ、質問にはウィットに富んだ答えを返し、茶目っ気たっぷりの表情も見せる。非暴力での解決を望み、ノーベル平和賞を受賞している高僧という近寄りがたさは全くない。取材班はインドのダラムサラのチベット亡命政府も訪ね、難民の生活、多言語を学ぶ子どもたちのようすも紹介する。

気さくでやさしい親戚のおじさんのような親近感のあるダライ・ラマ14世です。留学生の女の子たちが「チベット人として誇りを持ちましょう」と励まされ、滂沱の涙にくれるシーンにもらい泣きしながら、こういう人が世界中にたくさんいてくれたら、という甘いことをつい考えてしまう筆者。
若者から発せられた質問「日本人としてできることはなにか」に答えた14世の言葉にぐっときました。ぜひスクリーンでご確認ください。人頼みでなく、自分のできることを考える。戦後70年も平和で豊かな日本(最近はそうとも言い切れませんが)に生まれ育って享受しているものに感謝し、学ぶことを怠ってはいけない、とつくづく思ったのでありました。(白)


東京の街頭で集めた質問の数々を投げかけるのですが、即答する内容がユーモアに溢れていたり、真実を突いていたりと、ダライ・ラマ14世の人間味溢れる姿に出会えました。
「髪型を変えられるなら、どんな髪型に?」という質問にも楽しい答えが。
答えられない時には、率直に「I don’t know」ときっぱり。逆に「あなたが知っている」とも。
「仏陀の生まれ変わりでも、悪魔でもない、普通の人間」と語るダライ・ラマ14世。
「生まれ変わったら何に?」の答えも素敵でした。
「平和は内(心)から生まれるもの」という言葉を、世界の皆が噛みしめて実行したいものです。(咲) 



2014年/日本/カラー/116分
製作・配給:ブエノスフィルム
cBuenos film
http://www.d14.jp/
★2015年5月30日(土)ユーロスペースほかにて全国順次公開 
posted by shiraishi at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誘拐の掟(原題:A Walk Among the Tombstones)

yukai.jpg

監督・脚本:スコット・フランク
原作:ローレンス・ブロック「獣たちの墓」
出演:リーアム・ニーソン(マット・スカダー)、ダン・スティーブン(スケニー・クリスト)、デビッド・ハーバー(レイ)、ボイド・ホルブルック(ピーター・クリスト)、ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー(TJ)、ダニエル・ローズ・ラッセル(ルシア)

マット・スカダーはNY市警の元刑事だったが、酒に溺れて失敗しキャリアを失った。今は探偵稼業で暮らしている。世間を騒がせている猟奇殺人事件で、妻を殺された夫から犯人を捜せと依頼がある。犯人の要求どおり身代金を渡したにも関わらず、人質は変わり果てた姿で発見されたのだった。マットの捜査中にもう一件の誘拐事件が起こる。依頼人と同じく麻薬関係者の娘が拉致され、高額な身代金を要求している。被害者側が警察に通報できない立場なのを知る狡猾な犯人と、マットとの交渉が始まる。

リーアム・ニーソンはこのところ家族を守るお父さん役が多かった気がしますが、今度はアル中で失敗した元刑事役。犯人は快楽殺人の変質者で残虐極まりなく、目を瞑りたくなるシーンありますが手前でストップされてレイティングはGです。これまでの作品では孤軍奮闘していたのが、今回はTJという少年の相棒ができます。被害者ルシア役のダニエル・ローズ・ラッセルは先が楽しみな美少女だし、ベテランの中で子役が光ると嬉しいですね。リーアム・ニーソンが主役なら解決するに違いない、という安心感があるのは…いいのか悪いのか?(白)

2014年/アメリカ/カラー/シネスコ/114分
配給:ポニーキャニオン
(C)2014 TOMBSTONES MOVIE HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS ESERVED.
http://yukai-movie.com/

★2015年5月30日(土)ロードショー 
posted by shiraishi at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涙するまで、生きる(原題:oin des hommes)

namida.jpg

監督・脚本:ダヴィド・オロファン
原作:アルベール・カミュ
撮影:ギョーム・デフォンテーヌ
編集:ジュリエット・ウェルフラン
音楽:ニック・ケイヴ、ウォーレン・エリス
出演:ヴィゴ・モーテンセン(ダリュ/教師)、レダ・カテブ(モハメド)、ジャメル・バレク、ヴァンサン・マルタン、ニコラ・ジロー、ジャン=ジェローム・エスポジト

1954年のフランスからの独立運動が高まっているアルジェリア。元軍人のダリュは砂漠で一人小さな学校を開き、教師をしている。憲兵がアラブ人の男を連れてきて、裁判にかけるために街まで護送しろと言う。気が進まなくとも命令には逆らえない。男の名はモハメド、裁判は形式だけで処刑されることになるだろうと覚悟している。ダリュは縄をほどき自由にさせるが逃げようともしない。復讐のために追ってきたアラブ人たちに襲撃され、2人は追っ手を交わすために山を越える道を選ぶ。

『異邦人』で知られるノーベル賞受賞の作家アルベール・カミユの原作。彼はフランス人入植者の息子としてアルジェリアで生まれました。『最初の人間』(2011)で、子どもの頃の想い出が描かれています。本作はアルジェリア紛争の只中、違う民族の2人の魂の触れ合いを描いています。
ヴィゴ・モーテンセンは深い知性を感じさせる静かな印象の俳優で、『ロード・オブ・ザ・リング』のアラゴルン役で一気に世界中に知られました。この作品も砂漠のアラゴルンという雰囲気です。
レダ・カテブも個性的で印象を残す人。すぐに思い出せるのは『黒いスーツを着た男』(2013)、『愛について、ある土曜日の面会室』(2012)です。
アルジェリアに平和が来ることを願いながら、1960年に亡くなったカミユの思いが生きている作品でした。チラシに掲載されているカミユの言葉を掲げておきます。(白)


私の後ろを歩かないでください、
私はあなたを何処へも連れて行けないから。
私の前を歩かないでください、
私はあなたについて行けないから。
私の隣で、いつも一緒に歩いて欲しい。
だって私たちは友人なのだから。


2014年/フランス/カラー/シネスコ/101分
配給:レスペ、スプリングハズカム
(c)2014 ONE WORLD FILMS (c)Michael Crotto
http://www.farfrommen.com/

★2015年5月30日(土)イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

ゆずり葉の頃

yuzuriha.jpg

監督:中みね子
出演: 八千草 薫、仲代達矢、風間トオル、竹下景子、六平直政、嶋田久作、本田博太郎、 岸部一徳

海外勤務から帰ってきた進(風間トオル)は、一人暮らしの母・市子(八千草 薫)を訪ねるが、隣家の主人から軽井沢に行ったと聞かされる。部屋には、パリ帰りの著名な画家・宮謙一郎(仲代達矢)が故郷の軽井沢で個展を開くという新聞記事と、彼の画集が残されていた。軽井沢へ母を追って行く進。
一方、秋深まる軽井沢に赴いた市子は、個展の会場で、子守する少女の後ろ姿に銀杏の黄色い葉が落ちている画「原風景」を探すが、展示されていないと聞かされがっかりする。近くの喫茶店〈珈琲歌劇〉で一休みした市子は、店のマスター(岸部一徳)と話すうちに、マスターも宮画伯のファンで個人的に懇意にしていることわかり、会いにいくことになる。市子は戦争中だった少女の頃、軽井沢に疎開していて、そこで知り合い、淡い想いを抱いたのが宮だった・・・

息子は母が自分の父と結婚する前にどんな青春時代をおくっていたのか、なかなか知ることはないでしょう。誰しも心に秘めた思い出があるもの。それを息子にわかつことができれば、それもまた素敵だなと思います。

「ゆずり葉」は、まだ葉が青いうちに地に落ち、新芽に命を託し、自らは落ちてから枯れていくことからその名がついたと言われています。監督は、知性がくずれないうちに、自身の最期を考えておきたいという思いをタイトルに込めたそうです。
人生の最後のステージを迎え、人生を振り返り、思い残すことのないよう、いさぎよく旅立ちたい・・・ そんな思いでしょうか。監督の中みね子さんは、岡本喜八監督夫人。ご主人に先立たれて10年、76歳にしてオリジナル脚本で本作を初監督されました。いくつになっても夢に挑戦する勇気をいただいた思いがします。そして、しっとりとした着物姿で晩秋の軽井沢に佇む八千草薫さん。こんな風に年を重ねたいと憧れます。(咲)

35年くらい前、白馬村で暮らそうと行った時、冬のシーズン前で森の中の木はほとんど葉を落としていた。そんな中、緑の葉をつけている木があった。それが「ユズリハ」だった。それ以来ユズリハという言葉を聞くと気になっていた。1年中、葉がついているなとは思っていたけど、次の新しい葉が出てくるまで葉を落とさない木だから「譲葉」という名前だったとは知らなかった。この作品では、「ゆずり葉」というタイトルに、母から子へ人生を託していくことの意味を込めているのだろう。私も、そろそろ、自分の来し方行く末を考えなくてはと思った。
軽井沢という地で暮らす人々とのふれ合いを映し出す姿に、白馬での日々を思い出した。
それにしても、やはり信州の秋はいい。久しぶりに軽井沢にも行ってみたいと思った。
もちろん、静かな森、カラマツの林のある軽井沢である。(暁)


2014年/日本映画/カラー/ビスタ/デジタル/DCP/1時間42分
配給:パンドラ
第36回モスクワ国際映画祭特別招待作品
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
公式サイト:http://yuzurihanokoro.com/
★2015年5月23日(土)、岩波ホールほか全国公開
posted by sakiko at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EUフィルムデーズ  EU Film Days

EUフィルムデーズ.jpg

〜映画で旅するヨーロッパ〜
欧州連合(EU)加盟国大使館・文化機関が提供する各国の作品を一堂に上映する映画祭。
13回目となる今年は、東京と京都の会場でEU加盟28カ国中24カ国の作品が上映されます。日本初公開作品12本。ヨーロッパ各国のそれぞれのお国柄を旅するように楽しめる機会です。

東京国立近代美術館フィルムセンター:
5月29日(金)〜6月21日(日)

京都府京都文化博物館:
7月1日(水)〜12日(日)

作品リスト(国名50音順)
【アイルランド】Song of the Sea 〜海の歌
【イタリア】   ある海辺の詩人−小さなヴェニスで−
【エストニア】 タンジェリン
【オーストリア】マコンド
【オランダ】  ちいさなバイオリニスト
【ギリシャ】  我が内なる敵
【クロアチア】 ヴィザヴィ
【スウェーデン】コールガール
【スペイン】  スガラムルディの魔女
【スロヴァキア】候補者
【スロヴェニア】連れ去られた子供たち
【チェコ】   海へ行こう!
【デンマーク】 特捜部Q 檻の中の女
【ドイツ】   西という希望の地
【ハンガリー】 ハンガリー大使人質事件
【フィンランド】パンク・シンドローム
【フランス】  スザンヌ
【ブルガリア】 ザ・レッスン/授業の代償
【ベルギー】  ブルーベリーの味
【ベルギー】  裁判の行方
【ポーランド】 イーダ
【ポルトガル】 パッション、アリーナ
【ラトビア】  ロックス・イン・マイ・ポケッツ
【リトアニア】 サンタ
【ルクセンブルク】蝶のシンメトリー

作品内容など詳細は公式サイトで!
http://eufilmdays.jp/
posted by sakiko at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする