2015年04月12日

ナオトひとりっきり Alone in Fukushima

naoto.jpg

監督・撮影・編集:中村真夕
出演:松村直登

原発から12kmの富岡町。原発事故後、住民は全て避難し、無人の街になったはずだったが・・・松村直登さん(55歳)は一人残ることにした。取り残された動物たち、犬、猫、牛、馬、ダチョウにエサをやりながら暮らしている。
元々は建設業だった松村さんは福島第1、第2原発の建設にも関わった。畜産家でもなく動物愛護家でもなかった彼がなぜ?と疑問をもった中村監督は1年間富岡町に通ってその姿を撮影していった。

人がいなくなって自由に繁殖している動物たち。ときどきイノブタも登場し、一人きりでも動物たちに囲まれている松村さんの毎日はどこかユーモラスでもあります。放射能汚染の影響はどうなのか?と心配しながら観ました。海外メディアではヒーローのように取り上げられたこと、日本のメディアではおおっぴらには報道できないらしいことなど知りました。松村さん宅の壁に、訪れた人たちのサインがあります。その中にあの方の名前が!あら?(白)

2014年/日本/カラー/98分
配給:アルゴ・ピクチャーズ
http://aloneinfukushima.com/

★2015年4月18日(土)より新宿K’s cinemaにてロードショー
posted by shiraishi at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インヒアレント・ヴァイス(原題:Inherent Vice)

Inherent Vice.jpg

監督・製作・脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
原作:トマス・ピンチョン「LAヴァイス」(新潮社刊)
音楽:ジョニー・グリーンウッド
出演:ホアキン・フェニックス(ラリー・“ドック”・スポーテッロ)、ジョシュ・ブローリン(クリスチャン・F・“ビッグフット”・ジョルンセン)、オーウェン・ウィルソン(コーイ・ハーリンゲン)、キャサリン・ウォーターストーン(シャスタ・フェイ・ヘップワース)、リース・ウィザースプーン(ペニー・キンボル)、ベニチオ・デル・トロ(ソンチョ・スマイラックス弁護士)

ロサンゼルスのビーチに住むヒッピー探偵のドックが今日も楽しくラリっているところへ、元カノのシャスタが現われた。今は大富豪の不動産王として有名なミッキー・ウルフマンが恋人なんだとか。カレの妻とその愛人が共謀して、ウルフマンの拉致監禁を計画し、仲間になれと誘われているという。「助けて」と微笑む彼女には抗えず、つい捜査を引き受けてしまった。まず開発計画の候補地へ出かけると、いきなり脳天にクリーンヒット。目覚めると隣には男の死体。天敵ロサンゼルス警察のビッグフットや海事弁護士のソンチョも巻き込んで、真実への道を探るはずが混迷を極めていく。

原作者のトマス・ピンチョンを全く知らずどんな話なのか予想できませんでしたが、なんと豪華なキャスト。試写状やチラシのデザインは60年代後半に流行ったサイケ調です。ホアキン・フェニックスの長いもみ上げに尾崎紀世彦を思い出し(サングラスをかけるとジョン・レノンにも似ています)ながら、酩酊状態のドックの捜査に付き合っていきました。ストーリーはハードボイルドなのに、少しも緊張感のないドックや、妙な日本語を叫ぶビッグフットに笑わされ…。あ、これはコメディだったのか、とやっと気づいたのでした。オスカー俳優たちはコメディもうまい!(白)

2014年/アメリカ/カラー/ビスタ/149分
配給:ワーナー・ブラザース
(C)2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC,AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
http://wwws.warnerbros.co.jp/la-vice/
★2015年4月18日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル梅田他全国公開
posted by shiraishi at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。