2015年04月10日

和食ドリーム   WASHOKU・DREAM

washoku.jpg

監督: すずきじゅんいち(『マリリンに逢いたい』『東洋宮武が覗いた時代』)
出演者: 金井紀年(共同貿易 会長)村田吉弘(菊乃井 主人)佐竹洋治(美濃吉本店 調理総支配人)今田景久(銀座久兵衛 三代目)松久信幸(Nobu オーナーシェフ)上地勝也(Katsu-ya オーナーシェフ)デイヴィッド・ブーレー(ブラッシュストローク オーナー・シェフ)タイソン・コール(Uchiレストラン オーナー・シェフ)ジョエル・ロブション(ロブショングループオーナー・シェフ)熊倉功夫(静岡文化芸術大学 学長)稲田朋美(前クールジャパン戦略担当大臣)

2013年12月4日、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録された。
アメリカに住んで11年になり、和食の素晴らしさを実感していたすずきじゅんいち監督。当時住んでいたロサンゼルスで、50年程前のゼロ状態から和食を世界に広めた知人の金井紀年さんが91歳となり、彼の業績を残したいという思いもあって、和食についてのドキュメンタリー映画を作る決意をする。
本作は、金井紀年さんをはじめ、アメリカや日本で和食を世界に広める活動をしてきた人たち60人以上に取材して作り上げた、日米における和食の過去、現在、未来。

世界には美味しいお料理は数々あれど、見た目の美しさ、繊細さは、なんといっても和食がピカイチでしょう。まさに量より質。かつて会社勤めしていた頃、懐石料理のちまちました盛り付けに、「お雛様になったみたいやなぁ」とつぶやいた上司がいたっけ。
ある外国の方からは、ほぼすべてのお料理が出終わった頃に、「メインはこれからですか?」と聞かれたことがあります。確かに、どれもが前菜のように思えたかも。
和食が無形文化遺産になった蔭に、多くの日本人の努力があったことを知ることのできるドキュメンタリー。
和食はまさに目で楽しむ料理。そして、ヘルシー。日本では、いろいろな国の料理が食べられるけれど、和食の素晴らしさをあらためて見直したくなりました。思えば、会社勤めしていた頃には、銀座久兵衛や、神楽坂の料亭などにもよく連れていってもらったなぁ〜と、上司に感謝!(咲)


製作・著作:フイルムヴォイス 
2014年/日本・アメリカ/カラー/5.1 CH/ DCP/107分
公式サイト:http://www.washokudream.jp/
★2014年4月11日から東京・テアトル新宿ほか全国順次公開


posted by sakiko at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。