2015年04月09日

宮古島トライアスロン

miyakojima.jpg

総監督:すずきじゅんいち(『マリリンに逢いたい』『東洋宮武が覗いた時代』)
監督・脚本・編集:高野裕規 
製作総指揮:鈴木隆一 
出演:角田尚子、石井麻実、石川智紀・敦子、酒井絵美、安倍昭恵(総理夫人)
ナレーション:池田秀一 

エメラルドグリーンの海に囲まれた自然豊かな宮古島。この島で水泳3キロ、バイク155キロ、ラン42.195キロの過酷なレースが繰り広げられるのが宮古島トライアスロン。国内で数あるトライアスロンの中でも人気の大会だ。2014年の第30回大会に挑戦する選手たちに大会前から密着したドキュメンタリー。
日本で唯一のトライアスロン専門誌「LUMINA」編集長の角田尚子。
過去の宮古島トライアスロンで2度の入賞経験のあるトライアスリート石井麻実。
宮古島に移住して来なければ、トライアスロンに出会うことはなかった整体師の夫婦、石井智紀・敦子。
学生時代よりトライアスロンに挑戦し、今はハワイ島コナで開催される「アイアンマンワールドチャンピオンシップ」でのTOP10入りを目指して活動中の酒井絵美。
それぞれの宮古島トライアスロンに駆ける熱い想いが描かれる。

数メートルしか泳げない、自転車は乗れない、マラソンは1キロも持たない私には、まさに鉄人的なトライアスロン。そんな過酷なレースに挑戦する人たちの根性に驚かされます。(私には大金を積まれても無理!) 
制限時間の13時間30分が経つと、無情にもゴールへの扉が閉められます。たどりつけなかった人たちの無念の思い・・・ でも、ここまでやってきたことにご褒美をあげたい。そんな気持ちになりました。 そして、人間、何事も挑戦あるのみと! (咲)


製作・配給:フイルムヴォイス 
後援:公益社団法人 日本トライアスロン連合(JTU) 
特別協力:沖縄県宮古島市・宮古島トライアスロン実行委員会
2014年/日本/カラー/5.1 CH/ DCP/90分
公式サイト:http://miyakojimatriathlon.com/
★2015年4月11日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マジック・イン・ムーンライト  原題:Magic in the Moonlight

majiq in moonlight.jpg

監督・脚本:ウディ・アレン
出演:コリン・ファース、エマ・ストーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン

1928年、ベルリン。中国人奇術師に扮して派手なマジックを繰り広げる英国人マジシャンのスタンリー(コリン・ファース)は、今日も観客たちの喝采を浴びている。そんな彼のもとに、大富豪が夢中になっている米国女性占い師の正体を暴いてほしいという依頼が舞い込む。婚約者とのガラパゴス島旅行を延期して、さっそくコート・ダジュールの優雅な別荘に貿易商と名乗って乗り込むスタンリー。対面した占い師ソフィ(エマ・ストーン)は、天真爛漫でチャーミングな女性。しかも、スタンリーの中国人奇術師という仮の姿を言い当てられ、その透視能力に圧倒される。魔法や超能力など絶対ありえないと信じていたのを根底から覆されたスタンリー。不覚にもソフィの魅力に落ちてしまう・・・

婚約者がいる身で、ソフィに恋してしまったスタンリー。それなのに、ソフィには、彼女にぞっこんの大富豪の息子と結婚してしまえと心にもない助言をしてしまいます。
南フランスの紺碧の海と美しい庭園を背景に恋のマジックに落ちた二人の行く末はぜひ劇場で! 1920年代のファッションもたっぷり楽しめます。
皮肉屋で現実主義で、ちょっと不器用なスタンリーはウディ・アレン監督を思わせます。夢多き人生の楽しさを教えてくれる魔法のようなロマンティック・コメディ。(咲)


2014年/アメリカ・イギリス/98分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
配給:ロングライド
公式サイト:http://www.magicinmoonlight.jp/
★2015年4月11日(土)新宿ピカデリー&丸の内ピカデリー &Bunkamura ル・シネマほか全国公開
posted by sakiko at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする