2015年02月24日

みんなの学校

mina.jpg

監督:真鍋俊永
撮影:大窪秋弘
ナレーション:豊田康雄

大阪の南住吉にある大空小学校の入り口には「みんなでつくるみんなの学校 大空小学校」と大きな文字が掲げられている。2012年度児童数220人のうち特別支援の対象児童は30人を越えていたが、ここには特別支援学級はない。どの子もみな同じ教室で学んでいる。
「不登校ゼロ」を目指して、粘り強い取り組みをする学校の評判を聞きつけて、ほかの地域から転校してくる子もいる。長くじっとしていられない子、教室から逃げ出す子、すぐに暴力をふるってしまう子たちには、彼らなりの理由がある。木村泰子校長はじめ教職員は保護者と密に連絡をとり、地域の方々の協力も仰いで、辛抱強く子どもたちに向き合っている。

大空小学校の先生と生徒に密着したドキュメンタリーです。なかなかユニークな子どもたちが、自分の居場所を見つけて落ち着いていくようすに、親戚のおばちゃんのように涙してしまいました。こんな学校と先生、クラスメートがいたなら、学校嫌いになんてならないはずです。
大空小の約束はたった一つ「自分がされていやなことは人にしない、言わない」です。約束を破った子どもは「やり直しの部屋(校長室)」に行き、木村泰子校長と「自分の言葉で」話をすることになっています。
大空小学校のHPには子どもにつける4つの力として
人を大切にする力 」「自分の考えを持つ力」「自分を表現する力」「チャレンジする力」をあげています。簡単そうで難しいことです。しかも「こどもだけでなく、大人のめあてでもあることを共有しあう 」とあります。
子どもに声を荒げた若い男性講師を、木村校長が厳しく叱責する場面がありました。後に教員資格認定試験に通った彼に「これから倍叱るで」とダメ押ししていたのがおかしかったです。先生方も子どもの指導だけでなく、自分を含めて目標を実践し互いに学びあっているのが、この作品を観るとよくわかります。(白)


2014年/日本/カラー/106分
配給:東風
(c)関西テレビ放送
http://minna-movie.com/
★2月21日(土)ユーロスペースほか全国順次公開
posted by shiraishi at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。