2015年02月16日

スペシャルID 特殊身分(原題:特殊身分 Special ID)

special ID.jpg

監督:クラレンス・フォク
製作:ドニー・イェン、ピーター・パウ
撮影:ピーター・パウ
アクション監督:ドニー・イェン
スタントコーディネイター:谷垣健治
出演:ドニー・イェン(チェン・チーロン)、アンディ・オン(ルオ・ジーウェイ、サニー)、ロナルド・チェン(チャン警部)、コリン・チョウ(ホン)、ジン・ティエン(ファン・ジン)、テレンス・イン(テリー)、パウ・ヘイチン(エイミー)

警官のロンはケンカっ早いため上層部のウケが悪く、チャン警部の「警察に残りたいならこれをするしかない」と勧められ、しぶしぶヤクザ組織の潜入捜査官となった。それから8年、ボスのホンに信頼され、取引の情報が得られるまでになっていた。警察に戻れるのもあとわずかの辛抱と思った矢先、兄弟分のサニーの裏切りにより仲間が殺され、ホンからサニーを探すように命じられる。同時にチャン警部からも「特殊身分」として、女性刑事ジンと協力するようにと要請があった。

『ワンス・アポン・ア・タイム 天地大乱』(1992年)で、ジェット・リーとの対決に目を見張ったのが最初のドニー体験でした。以来、俳優としてアクション監督として名を馳せてきたドニーさんを注目してきましたが、久しぶりの現代劇です。
香港映画にはよくある潜入捜査官というロンですが、『インファナル・アフェア』シリーズのトニー・レオンのように深刻に悩むでもなく、もう一つの身分を楽しんでいるように見えます。しかし母親(パウ・ヘイチン)には内緒にしている孝行息子。お2人親子ほどの年齢差はないのですが、きっとドニーさんが実年齢より若い設定なのでしょう。
アンディ・オンとの長いガチバトルが終盤の見せ場ですが、ドニーさんらしくものすごくこだわり、時間をかけて撮ったそうです。アクションコーディネイターをつとめた谷垣健治さんによると、高速道路脇の建物の工事が進んでいっているのだとか。試写のときはアクションに釘付けでそちらには目がいきませんでした。これからご覧になる方は、背景にもちょっとだけ目をやってみてください。試写は来なかったですが、『アイスマン』3月、『モンキー・マジック 孫悟空誕生』が5月上映と主演作が続きます。(白)


2013年/中国・香港/カラー/シネスコ/99分
配給:彩プロ
(C)2013 Beijing Starlit Film and TV Culture Ltd.co.
http://www.specialid.ayapro.ne.jp/
★2015年2月21日(土)より新宿武蔵野館 他にて全国順次公開
posted by shiraishi at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君が生きた証(原題:Rudderless)

kimiga.jpg

監督:ウィリアム・H・メイシー
脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
撮影:エリック・リン
音楽:イーフ・バーズレイ
音楽監修:リズ・ギャラチャー
出演:ビリー・クラダップ(サム)、アントン・イェルチン(クエンティン)、フェリシティ・ハフマン(エミリー)、セレーナ・ゴメス(ケイト)、ローレンス・フィッシュバーン(デル)

やり手の広告マンとして忙しく過ごしていたサムは、一人息子のジョシュを銃乱射事件で亡くしてしまった。2年後、仕事を辞め、妻と別れ、独りボートで荒んだ暮らしをしているとき、ジョシュの遺品を受け取る。中には音楽好きだった息子のノートやデモCDがあった。息子のことを何一つ理解していなかったことに気づいたサムは、思わずギターを取り出してみる。
場末のバーに出かけ、飛び入りでギターをつまびき、ジョシュの遺した歌を歌うサム。喧騒の中で聞きほれていたのは内気なロック青年のクエンティンだった。彼に誘われてバンドに加わったサムは、息子との時間を取り戻したような気持ちになる。

名優ウィリアム・H・メイシーの初監督作。バーのマスター役で出演もしています。息子を亡くした父親と父親のいない青年が音楽を通じて友情を育む物語。父と息子(同じくらいの青年)がメインなので母親はほんの少ししか出てきません。失意の父親と違って新しく人生を歩み始め、遺品をみな置いていくところがちょっと「え?」でした。
『あの頃ペニー・レインと』(2000)でロック歌手役だったビリー・クラダップ。体型が少しも変わらず、大きな息子のいる父親役。アントン・イェルチンは『アトランティスのこころ』(2002)で可愛い子役でアンソニー・ホプキンスと共演、その後『スター・トレック』『ターミネーター4』などの大作にもコンスタントに出演。バンド活動もしていて、本作で歌と演奏を披露しました。(白)


2014年/アメリカ/カラー/105分
配給:ファントム・フィルム
(c)2014 Rudderless Productions LLC. All Rights Reserved.
http://rudderless-movie.com/

★2015年2月21日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きっと、星のせいじゃない。(原題:The Fault in Our Stars)

kitto.jpg

監督:ジョシュ・ブーン
原作:ジョン・グリーン「さよならを待つふたりのために」(岩波書店刊)
脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
撮影:ベン・リチャードソン
出演:シャイリーン・ウッドリー(ヘイゼル・グレース・ランカスター)、アンセル・エルゴート(ガス/オーガスタ・ウォーターズ)、ローラ・ダーン(フラニー)、ナット・ウルフ(アイザック)、サム・トラメル(マイケル)、ウィレム・デフォー(ピーター・ヴァン・ホーデン)

ヘイゼル・グレース・ランカスターはがんが進行して、自宅療養中。いつも酸素ボンベと一緒で、どこにも出かけず同じ本ばかり読んでいる。13歳で発病して以来、17歳になった今日まで、両親はずっと心身をすり減らしている。ヘイゼルは少しでも心配をかけまいと、行きたくないがん患者の集いに出かけた。初めて参加したらしいアイザックの親友ガスに出会う。片脚を失ったかわりに骨肉腫を克服したというどこまでも明るいガスは、クールなヘイゼルに一目で恋に落ちる。ヘイゼルも胸がときめくが、自分は爆弾で周りの人を傷つける、と気持ちを抑えこんでしまう。

これまでの難病+ラブストーリーとは一線を画す作品。主人公たちが若くして病気と闘っているのに重くなりすぎず、お涙頂戴作品でもありません。原作のジョン・グリーン「さよならを待つふたりのために」はベストセラーになり、この作品も大ヒットしました。若い恋人たちがとても爽やかなのと、誰もが限りある命をいっぱいに生きよう、というメッセージが伝わるからでしょう。
シャイリーン・ウッドリーは『ファミリー・ツリー』(2011)でのジョージ・クルーニーの娘役で知られています。その前に長篇のテレビドラマ「アメリカン・ティーンエイジャー〜」(2008〜2011)で高校生のヒロインを演じています。
アンセル・エルゴートは『ダイバージェント』でシャイリーンの兄役でしたが、実際は3つ年下です。父親が有名なカメラマンだそうで、幼い頃撮影された写真をネットで見つけました。191cmの長身で笑顔が可愛いですね。作品中お笑い担当のアイザックを演じたナット・ウルフは音楽家の父、女優の母の間に生まれて自身も作詞作曲を手がけるそうです。
アムステルダムのアンネの家を訪ねるシーンもあり、物語を支える背景も素敵です。(白)


2014年/アメリカ/カラー/126分
配給:20世紀フォックス映画
(c)2014 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
http://www.foxmovies-jp.com/kitto-hoshi/
★2015年2月20日(金)TOHOシネマズ 日本橋他全国ロードショー
posted by shiraishi at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする