2015年02月15日

味園ユニバース

監督:山下敦弘
脚本:菅野友恵
撮影:高木風太
音楽:池永正二
主題歌:渋谷すばる「記憶」「ココロオドレバ」(インフィニティ・レコーズ)
出演:渋谷すばる(大森茂雄&ポチ男)、二階堂ふみ(佐藤カスミ)、鈴木紗理奈(マキコ)、川原克己(タクヤ)

大阪のとある広場。「赤犬」のライブにふらふらと現われた若い男がマイクをひったくると、いきなり歌い出す。みんなが息を飲むような歌声だった。ばったり倒れてしまった男をマネージャーのカスミがうちに連れ帰った。名前はおろか何一つ記憶がなかったが、歌うことだけはできた。おじいと2人暮らしのカスミは「ポチ男」と名前をつけて、家の雑用を手伝わせ、バンドのボーカルに入れることにした。

広場の観客と同じく、渋谷すばるの歌に驚きました。「関ジャニ∞」は知っていたけれど、こんなに上手いひとがいたなんて!知りませんでした!!
歌うこと以外全ての記憶をなくした男、というのははまり役です。ちょっと悪そうで、無愛想。おじいちゃんが喜ぶ料理が作れて、こまめに働いてくれるポチ男と、しっかりもののカスミの同居がうまくいきかけたとき、ポチ男の記憶がところどころ戻ってきます。さて…。
山下監督の学校の先輩だという「赤犬」の面々は今も現役で活躍するバンド。その根城が元グランドキャバレーだった「味園(みその)ユニバース」。ポチ男がバンドに入って、化学変化が起きるように歌も空気も変わって行くところがミソ、いや見どころです。いつまでも残る主題歌がgood!カスミの口癖の「しょーもな」も可愛いです。(白)


2015年/日本/カラー/103分
配給:ギャガ
(C)2015『味園ユニバース』製作委員会
http://misono.gaga.ne.jp/
★2015年2月14日(土)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 他 全国ロードショー

misono.jpg

9年ぶり映画出演の鈴木紗理奈さん(マキコ)、二階堂ふみさん(カスミ)、山下敦弘監督


画像は2月14日初日舞台挨拶の一コマ。渋谷すばるさんは映画と同じく「古い日記」冒頭をサプライズで熱唱。
現場での思い出のほか、全員の「しょーもな」エピソードが披露されました。

渋谷:マネージャーに「俺のダメなところ教えて」って聞いたら、かぶり気味に「愛想がないです」って。「ごめん…」って言いました(笑)
二階堂:最近マナーモードにして寝ちゃって寝坊してしまいました。
鈴木;撮影でタバコを吸いすぎて胃が悪くなりました。・・・え、これダメなエピソード?言ってよかった??(笑)
監督:つい最近酔っぱらって銀行のカードを無くしてしまって、正直今落ち込んでいます。嫁になんて言われるかなって。
posted by shiraishi at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

ラブストーリーズ

ラブストーリーズ コナーの涙(原題:The Disappearance of Eleanor Rigby:Him)
ラブストーリーズ エリナーの愛情(原題:The Disappearance of Eleanor Rigby: Her)
erina.jpg

監督・脚本:ネッド・ベンソン
出演:ジェシカ・チャステイン(エリナー・リグロー)、ジェームズ・マカヴォイ(コナー・ラドロー)、ニナ・アリアンダ(アレクシス)、ビオラ・デイビス(フリードマン教授)、ビル・ヘイダー(スチュアート)

コナーとエリナー夫婦は、幼いわが子を失って以来、心がすれ違ってしまった。ふたりは悲しみを抱えたまま結婚生活を解消することにした。エリナーは親の家に戻り、長かった髪を切って大学へ通う。コナーはエリナーが出て行った部屋に一人残り、空しさを埋められない。エリナーを探して教室まで出かけていくが…。

一組のカップルを男性側からと女性側から見たストーリー。それぞれ1本の映画として、同じ時間を過ごした男女の思いや記憶の違いを明らかにしています。1本の映画の中で、というのは今までもありましたが、それぞれ独立させているのは初めてです。同時公開されますので、どっちを先に見るかでも印象が違うかもしれません。同じ場面なのに、記憶のずれがあるのも見比べるとはっきりします。(白)

2013年/アメリカ/カラー/him95分/her105分
配給:ビターズ・エンド,パルコ
(C)2013 Disappearance of Eleanor Rigby, LLC. All Rights Reserved
http://www.bitters.co.jp/lovestories/

★2015年2月14日(土)より、 ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか
全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス(原題:Muumit Rivieralla)

moomin.jpg

監督:グザビエ・ピカルド、ハンナ・ヘミラ
原作:トーベ・ヤンソン
声の出演:高山みなみ(ムーミン)、大塚明夫(ムーミンパパ)、谷育子(ムーミンママ)、フローレン(かないみか)、クラーク(さまぁ〜ず大竹一樹)

ムーミン一家はこの夏、南の海へとバカンスに出ることになりました。やってきたのはリゾート地リビエラ。高級ホテルに泊まり、VIP待遇の日々に一家は目を白黒。パパとフローレンは大喜びで毎日を遊び暮らしますが、ママはなんだか落ち着かず、ムーミンはフローレンがプレイボーイと一緒に楽しんでいるのが気に入りません。とうとうママとムーミンはホテルから出て、海岸で過ごすことにしました。

原作者トーベ・ヤンソン生誕百年記念作品。いつも静かなムーミン谷で暮らしている一家が高級リゾート地にやってきます。大きな町にたくさんの登場人物と勝手が違い、とってもにぎやかです。豪華なホテル住まいを満喫するのかと見ていると、思いがけない展開になります。あれれ大丈夫なの?と心配させられますが、ちゃんと収束していきます。どんな風に?はスクリーンでお確かめください。フローレンがビキニの水着姿を披露しますが、いつもは何にもつけていませんよね。は、裸?(白)

2014年/フィンランド/カラー/77分
配給:ファントム・フィルム
(C)2014 Handle Productions Oy & Pictak Cie (C) Moomin Characters TM
http://moomins-movie.com/
★2015年2月13日(金)TOHOシネマズ日本橋ほかロードショー
posted by shiraishi at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

Present For You

present.jpg

監督・脚本:臺佳彦(だい よしひこ)
出演:オダギリジョー(梶原茂)、風吹ジュン(リリコ)、青木崇高 (サトル)、佐藤江梨子 (ミーちゃん)、藤木勇人(島ちゃん)、永島暎子(キャバ嬢なみこ)、夏八木勲(社長)、柄本明(宗岡総一郎)

新橋のあやしい健康食品会社でアルバイトをしていた梶原は、裏社会のボスに気に入られ、さらにあやしい会社「Present For You」の社長を任された。健康食品を売るというのは表向きで、実は日本に不要な人物の「掃除」をするのが仕事だった。届けられたゴミ袋の中身を綺麗に始末しなければならない。何度目かに届いたのは大物政治家の宗岡総一郎だった。

不思議な映画を観てしまいましたっ!俳優と、そっくりに作られた(デフォルメされた)クレイ人形が、一つのキャラクターを演じ分けています。クレイアニメの部分は1日かかって数秒分にしかならないのだそうで、この作品は出来上がるまでに5年の歳月を要しています。出演俳優が豪華な顔ぶれで、その中に2013年に亡くなられた夏八木勲さん(社長役)のお元気な姿もありました。
クレイのパペットたちがとても良くできていて、モデルのご本人にそっくり。その舞台と一緒に実物を見たいものです。HPに動画があり、実写パートと人形パートの撮影シーンが見られます。(白)


2014年/日本/カラー/95分
(c)2013 PLUSheads inc.
配給:ティ・ジョイ
http://www.plusheads.com/pfy
★2015年2月7日(土)より、新宿バルト9ほか全国3D公開
posted by shiraishi at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

圧殺の海 沖縄・辺野古

20141108チラシ表.jpg


藤本幸久 影山あさ子共同監督作品
撮影:栗原良介、牧志治ほか
音楽:the yetis

2014年7/1、阿部首相が集団的自衛権を閣議決定した同じ日に辺野古の新基地建設が着工。反対する人々を力ずくでおさえこみながら工事を進める日本政府… 毎日、激しい攻防が続いているがマスコミでは ほとんど流れない。この闘いの現状を撮り作り上げたドキュメンタリー。

日本国内でも戦争はすでに始まっている、と思った。それとも、戦後の平和とか民主主義なんてみんな嘘で、こんなふうにずっと戦争は続いていたんだろうか。小川紳介監督の『圧殺の森』の時代に逆戻りしたわけではないが、カメラはいつも反対派の人たちの中にあり、同じ目線でなければ撮れない激しい映像が展開する。こんなにも平和を望んでいる人たちがこんなにも怒り、たたかわなければならないなんて、すごく切なくなった。辺野古の海には、絶滅危惧種のジュゴンが生息する。こんなことになって、ジュゴンにもたいへんもうしわけない… 機動隊の人たちも海上保安庁の人たちも上官の命令に従っているだけだと思うが、素直な感情にフタをして何か自分に言い訳をしなければこういう任務はむずかしいのではないだろうか。怒ることも出来ずニヤニヤ笑う彼らのほうが、むしろ心配になる。とにかくつらい映画だったが、これを観て自分がどう感じるか、いま直視しなければならないと思う。(千)

2015.518現在 まだ公開中です
まだ観ていない方は、ぜひ観に行ってください(暁)

*東京・ポレポレ東中野で3度目のアンコール上映
 5/1(土)〜5/22(金) 毎日16:20から
*名古屋シネマテーク 5月16日から1週間、アンコール上映
  5/16(土)〜5/18(月) 10:30
  5/19(火)〜5/22(金) 18:35
*フォーラム福島 6月20日〜26日公開。

【自主上映】
滋賀・大阪・愛知・東京・埼玉・三重・福島・北海道・大分・福岡・秋田・岡山…と続きます。
5/24(日) 滋賀県・湖南市中央まちづくりセンター
5/31 (日) 大阪・ HRCビル 5F
6/6(土)  あいち平和映画祭2015
6/13(土) 東京都・調布市文化会館たづくり 映像シアター
6/14(日) 埼玉県・プラザイースト 映像シアター
6/14(日) 埼玉県・新所沢東公民館
6/14(日) 三重県・四日市市総合会館 視聴覚室
6/18(木) 福島県・日本キリスト教団若松栄町教会
6/20(土) 愛知県・一宮市民会館 大会議室
6/20(土) さいたま市民ホールうらわ
6/23(火) 北海道・日本聖公会 札幌キリスト教会
6/23(土) 福岡市立中央市民センター
6/27(土) 大分県・別府ブルーバード会館 フレックスホール
6/27(土) 福島県・郡山市中央公民館多目的ホール
6/28(日) 北海道江別市・野幌公民館ホール
6/29(月) 秋田市文化会館小ホール
7/5(日) 岡山県立図書館 デジタル情報シアター
7/12(日) 札幌市教育文化会館 大ホール
8/2(日) 埼玉県・岩槻本丸公民館/平和のための岩槻戦争展
8/5(水) 島根県・大田あすてらすホール
8/27(木) 神奈川県・茅ケ崎市民文化会館/茅ケ崎平和映画祭

詳細スケジュール 
http://america-banzai.blogspot.jp/2014/11/blog-post.html

●藤本幸久、影山あさ子監督からのメッセージ
一人でも多くの方にご覧いただけますように
一人でも多くの方に、一緒に現在と未来を考えていただけますように。
どうか、みなさんのお力を貸してください。
marinesgohome@gmail.com
森の映画社・札幌編集室 http://america-banzai.blogspot.com/

2015年/森の映画社/109分
公式サイト
★2015年2月14日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開





posted by chie at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする