2015年01月25日

ロード/デスティニー・オブ・TTライダー   原題:ROAD

road.jpg

監督・脚本・プロデューサー:ディアミッド・ラベリー、マイケル・ヒューミット
出演:ジョイ・ダンロップ、ロバート・ダンロップ、ウイリアム・ダンロップ、マイケル・ダンロップ、マーレー・ウオーカー
ナレーション:リーアム・ニーソン

アイルランド、マン島。
1949年に始まった公道で行われる世界選手権ロードレースに賭けるダンロップ・ファミリーの男たち。
閉鎖された公道を時速320kmで駆け抜ける驚愕のレース。
兄ジョイ・ダンロップは、5年連続世界チャンピオンを獲得。2000年7月、エストニアのレースで人生の終焉を迎える。享年48歳。死後14年になる今も、マン島TTレースの勝利記録は破られていない。
兄に憧れライダーとなった弟ロバート・ダンロップ。1994年のマン島TTレースで壁に激突。再起不能と言われたが蘇り、勝利を手にする。が、2008年5月、再びレースでの事故で命を落とす。
ロバートの二人の息子、長男ウィリアムと次男マイケルは、父がレース予選で亡くなった直後、決勝戦に挑む。大会本部は二人の精神状態を考え、出場停止を言い渡すが、誰も二人を止めることは出来なかった・・・

過酷なロードレースに賭ける男たちの栄光と悲劇を描いたドキュメンタリー。
父親の壮絶な死を目の当たりにした翌日に決勝戦に臨む息子たち。次男マイケルは、見事優勝する。まさに父へのはなむけ。勝利を手にした翌日、父の葬儀。その日の祖母の目が忘れられないと言うマイケル。長男ジョイを亡くし、喪失感で生きる気力を失った祖母。次男ロバートも逝ってしまい、もう生きる意味がないと語る。いつか孫も・・・という思いがよぎる姿が涙を誘う。それでも、危険な賭けをやめない男たち! 母や妻や子どもたちを差し置いても挑みたい気持ちはわからないでもないけど、私はやっぱり平々凡々静かに暮らしたい。といいながら、それを差し置いても魅力ある家族愛に溢れたドキュメンタリー! (咲)


2014年/イギリス映画/102分/英語
提供 Euro Pictures inc.
配給:レイドバックコーポレーション
公式サイト:http://road.euro-p.info/index.html
★2015年4月11日(土)よりシネマート新宿にてロードショー
posted by sakiko at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二重生活   原題:浮城迷事   英題:Mystery

nijuuseikatsu.jpg

監督・脚本:ロウ・イエ
脚本:メイ・フォン、ユ・ファン
撮影:ツォン・ジエン(『スプリング・フィーバー』)
編集:シモン・ジャケ
音楽:ペイマン・ヤズダニアン(『天安門、恋人たち』『スプリング・フィーバー』『パリ、ただよう花』)
出演:(『天安門、恋人たち』)、チン・ハオ(『スプリング・フィーバー』)、チー・シー、ズー・フォン、ジョウ・イエワン、チャン・ファンユアン、チュー・イン

中国湖北省の省都、武漢。
ある雨の降りしきる日、崖下の道路で若い女性が若者たちの乗った車にはねられて亡くなる。
その一部始終を見ていた浮浪者がいた・・・

ルー・ジエは、優しい夫と可愛い娘に恵まれ、幸せに暮らしている。
ある日、娘アンアンと同じ幼稚園の男児ユイハンの母親サン・チーから、「夫に愛人がいるみたいなの」と打ち明けられる。窓の外に目をやると、夫ヨンチャオが若い女性とホテルから出てきて、キスしている。
青天の霹靂。ルー・ジエが夫の携帯を調べてみると、出会い系サイトの履歴。複数の女性とデートしているのを知る。
ある日、夫の後を追う。向かった先はサン・チーの家だった。ただの浮気相手だったサン・チーが男の子を産み、ヨンチャオの母親にも公認の家族になっていたのを知るルー・ジエ。

一方、雨の日に車にはねられて亡くなった女性の身元が判明する。女子大生シャオミン。検死結果、頭部に事故の前に打撃を受けた跡があることがわかり、ドン刑事は単なる交通事故ではなく、事件ではないかと疑う。携帯履歴から、事故の前に会っていたのがルー・ジエの夫ヨンチャオだと割り出す・・・

男の子を産み、いつかは本妻にと願うサン・チーが、浮気相手の女子大生シャオミンと別れさせるために本妻ルー・ジエを利用しようとするが、交通事故でシャオミンが亡くなるという思わぬ展開になってしまったのだった。だが、これを機に、ルー・ジエはヨンチャオと別れ、結果、サン・チーはヨンチャオと暮らし始める。
さて、あの雨の日、浮浪者が見ていた一部始終とは? 

浮気するような男に見えないチン・ハオさんをヨンチャオ役にしているという友人がいるのですが、いかにも複数の女性と関係を持ってますという、ぎらぎらした顔をした男だけが浮気者じゃない。しら〜っと「あなただけを愛してる」と相手の女性に思わせ、世間にも誠実に思われている男が案外複数の女性と上手くやっていたりするもの。まぁ、それは男も女も同じ。それが、何かで発覚して事件になったらどうなるか? 
男女の愛憎を軸に繰り広げられるサスペンス劇場といった趣だけど、背景には、中国の一人っ子政策の弊害や、金でことを片付ける風潮なども織り交ぜてあって、ロウ・イエ監督が久しぶりに中国で撮った作品は痛烈。(咲)

DSCF8108 rouie.JPG

公開にあわせて来日したロウ・イエ監督にお話をお伺いしました。
特別記事でどうぞ!
『二重生活』 ロウ・イエ監督 インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2015/nijuu/index.html


配給:アップリンク
2012年/中国、フランス/98分/1:1.85/DCP
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/nijyuu/
★2015年1月24日(土)より、新宿K’s cinema、渋谷アップリンクほか全国順次公開
posted by sakiko at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

パンク・シンドローム(原題:Kovasikajuttu)

the punk.jpg


監督・脚本:ユッカ・カルッカイネン、J=P・パッシ
出演:ペルッティ・クリッカ、カリ・アールト、サミ・ヘッレ、トニ・バニリタロ、カッレ・パジャマー

「ペルッティ・クリカン・ニミパイヴァト」は、フィンランドの知的障害者4人のパンク・バンド。ギターのペルッティ、ヴォーカルのカリ、ベースのサミ、ドラムのトニが自分達で作ったオリジナルの曲を演奏する。歌詞には彼らの社会の偏見、身近な施設への不満など、率直なアピールが込められている。これまでにテープ、CD、7インチのレコードなどを発売し、ほぼ完売。障害者・健常者の別なく受け入れられている人気のバンドなのだ。彼らの日常に密着し、練習風景、海外ツアー、メンバー一人ひとりのつぶやきも紹介する。

このバンドは障害のある成人向けのワークショップから生まれました。撮影当時、メンバーは20代後半から50代ですが、みな率直に言いたいことを言い合ってケンカしたり、うまく行かなければ口惜しくて泣いたりと全く自然そのものです。しかし、いったんステージに上がればパワフルな歌唱を聞かせ、聴衆もノリノリ。元気の出るこの作品は、2013年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で「市民賞」を受賞しています。
一昨年の東京国際映画祭のサクラグランプリは『ウィー・アー・ザ・ベスト!』。スウェーデンの女子中学生3人がパンク・バンドを作る話でした。北欧はパンクが盛んなのでしょうか。社会の批判や不満を歌にぶつけるなら、福祉国家の北欧より今の日本のほうがよほどネタが豊富です。日本のバンドは何を歌っているのか門外漢だけれど気になってきました。(白)


2012年/フィンランド・ノルウェー・スウェーデン合作/カラー/ビスタサイズ/88分/フィンランド語
配給:エスパース・サロウ
(C)Mouka Filmi oy
http://punksyndrome.net/

★2015年1月17日(土)シアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開
posted by shiraishi at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

ナショナル・ギャラリー 英国の至宝(原題:National Gallery)

gya.jpg

監督・製作・編集:フレデリック・ワイズマン

ロンドンの中心地トラファルガー広場に面してナショナル・ギャラリーがある。1824年の設立から190年、英国が誇るこの国立美術館で3ヶ月間に渡って撮影したドキュメンタリー。収蔵・展示された名画の数々、学芸員たちの会議から、ギャラリートーク、ワークショップ、絵画の修復作業、多くの来館者の表情などが目の前に繰り広げられる。

『パリ・オペラ座のすべて』(2009)『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』(2012)のフレデリック・ワイズマンが長年撮影を切望していたというナショナル・ギャラリー。一人の銀行家のコレクションが基礎になったのだそうです。王族、貴族所蔵の美術品ではないところがほかとは違いますね。3時間もの作品ですが、名画を間近に見せてもらえるほか、来館者の目が触れることのない絵画の修復作業のようすも紹介されています。
日本の美術館で特別展を催すと、行列のうえ人人人で何重もになった人の頭越しに観ることもあります。めったに観られないからこその混雑なのですが、無料でゆっくり名画鑑賞ができる外国の美術館を羨ましく思っていました。海外に出かけずに体験できるこの機会、お見逃しなく。私は長さを感じることなく、ワクワクしながら観られました。(白)


2014年/フランス・アメリカ合作/カラー/181分
配給:セテラ・インターナショナル
http://www.cetera.co.jp/treasure/
★2015年1月17日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開
posted by shiraishi at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョコリエッタ

chokorietta.jpg

監督:風間志織
脚本:風間志織、及川章太郎
原作:大島真寿美 「チョコリエッタ」(角川書店刊)
撮影:石井勲
音楽:鈴木治行
出演:森川葵(宮永知世子)、菅田将暉(正岡正宗)、市川実和子(宮永香世子)、村上淳(宮永周一)、須藤温子(宮永霧湖)、宮川一朗太(岡見)、中村敦夫(爺さま)

知世子(ちよこ)と犬のジュリエッタは子どものころからの親友。母は知世子を二人分あわせてチョコリエッタと呼んでいた。その母が亡くなって、ジュリエッタも年を取って死んでしまって…知世子には何の楽しみもなくなってしまった。進路調査に「犬になりたい」と書いて呼び出しをくらったけど、それは本当の本当なんだ。
母が好きだったフェリーニの『道』を探して、高校の先輩の正宗に出逢った。『道』のビデオを見せてくれた正宗は知世子を主人公に映画を撮るという。二人は“ここじゃないどこか”を探しに撮影の旅に出ることになった。

ベリーショート(昔は3分刈り、5分刈りと言った坊主頭。運動系男子だけでしたが)女子高生の知世子を演じるのはファッション誌のモデルの森川葵さん。小さなお顔に似合って可愛いです。知世子は森川葵、森川葵は知世子そのものだそうです。
映画好きな先輩を菅田将暉さん。『海月姫』の女装男子が似合い過ぎていました。ここでは寂しくて不機嫌な知世子を問い詰めたりせず、そばにいてくれるという身近に一人いてほしい(なかなかいません)先輩。
10年ぶりの新作を手がけた風間志織監督は「とにかく二人が美しいなぁと思ってやってきた」そうで、「二人と一緒に映画が作れて幸せだった」とか。そんな気持ちの詰まったちょっと不思議で映画愛に満ちた作品です。(白)


2014年/日本/カラー/158分
配給:太秦
(c)寿々福堂/アン・エンタテインメント
http://www.suzufukudo.com/chokolietta/

★2015年1月17日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。