2014年12月28日

シン・シティ 復讐の女神(原題:Sin City: A Dame to Kill For)

sin.jpg

監督:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー
原作・脚本:フランク・ミラー
撮影:ロバート・ロドリゲス
出演:ミッキー・ローク(マーヴ)、ジェシカ・アルバ(ナンシー・キャラハン)、ジョシュ・ブローリン(ドワイト・マッカーシー)、ジョセフ・ゴードン=レビット(ジョニー)、ロザリオ・ドーソン(ゲイル)、ブルース・ウィリス(ジョン・ハーティガン)、エヴァ・グリーン(エヴァ・ロード)、パワーズ・ブース(ロアーク上院議員)

悪徳がはびこる街シン・シティ。場末のストリップバー「ケイディ」で、男たちの目を楽しませる踊る「女神」ナンシー。彼女は愛するハーディガン刑事を殺した男に復讐しようとして未だ果たせず、酒びたりになっていた。マーヴはそんなナンシーを兄のように見守っている。しがない探偵のマッカーシーは、自分を捨てて金持ちの男に走ったエヴァが忘れられず、呼び出しに応じてしまった。流れ者のギャンブラーのジョニーは、街を牛耳る上院議員のロアークに勝負を挑む。

subsub06_large.jpg


2005年公開の『シン・シティ』の続編。ロバート・ロドリゲス監督がコミックス原作者のフランク・ミラーと脚本・監督にあたり、シン・シティ(罪の街)で生きるアウトサイダーたちを描いています。前作に加えて豪華俳優陣が集結、ほんのちょっとのシーンにあっ!という人がいますので、よーく見ていてください。
ストリップダンサー役のジェシカ・アルバは衣装つけたままで、それほどセクシーではありません。補ってあまりあるのがエヴァ・グリーン。「魔性の女」の看板つけたいほど妖艶で、メデューサばりの視線も恐ろしいです。印象的な色を配した白黒の画面が鮮烈。飛び散る血しぶきが白なので、エグさ半減。それでも十分に濃い世界です。(白)


2014年/アメリカ/カラー/ビスタ/103分/R15+
配給:ギャガ
http://sincity.gaga.ne.jp/
(C)2014 Maddartico Limited. All Rights Reserved.

★2015年1月10日(土)TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー
posted by shiraishi at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラッシュ! この街が輝く日まで(原題:Trash)

TRASH!.jpg

監督:スティーブン・ダルドリー
脚本:リチャード・カーティス
原作:アンディ・ムリガン
撮影:アドリアーノ・ゴールドマン
音楽:アントニオ・ピント
出演:リックソン・テベス(ラファエル)、エデュアルド・ルイス(ガルド)、ガブリエル・ウェインスタイン(ラット)、マーティン・シーン(ジュリアード神父)、ルーニー・マーラ(オリヴィア)

リオデジャネイロ郊外。14歳のラファエルとガルドは、毎日ゴミ山からお金に換えられそうなものを集めて生活している。ある日ラファエルはゴミに混じっていた財布を拾う。中にはIDカード、女の子の写真、ロトカードそれにカギが一つ入っていた。なぜか警察が血眼で探していて懸賞金まで出すという。不審に思ったラファエルとガルドは下水道に住むラットも仲間に加え、財布に隠された秘密を突き止めようとする。

最初に正面に向かって語りかけるラファエルが登場します。その内容に「えっ!」と驚き、いったいどうなってしまうのだろうとグッと掴まれます。その後の展開をハラハラしながら見守りました。主人公は少年3人、元CIAの凄腕などではありません。大人が躍起になって追い回すのをかわしながら、隠された真実に近づいていく彼らに喝采。幅広い観客に訴える物語ですが、特に主人公と同世代の子どもたちに見て欲しいです。
親代わりのジュリアード神父や心配するオリヴィアに、ラファエルが返す答えは…ここで書いてはいけませんね。金儲けと保身に汲々としている大人が恥じ入ってしまう一言でした。貧困層と一握りの富裕層、警察の腐敗、悪辣な政治家など背景をきちんと描き、現地で見つけたという少年たちが生き生きして、素晴らしくいいです。(白)


2014年/イギリス/カラー//114分
配給:東宝東和
(c) Universal Pictures
http://trashmovie.jp/

★2015年1月9日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。