2014年09月21日

悪童日記(原題:A nagy fuzet)

akudou.jpg

監督:ヤーノシュ・サース
原作:アゴタ・クリストフ「悪童日記」(早川書房刊)
出演:アンドラーシュ・ジェーマント(双子)、ラースロー・ジェーマント(双子)、ピロシュカ・モルナール(祖母)、ウルリッヒ・トムセン(将校)、ウルリッヒ・マテス(父)

双子の僕たちは両親と街で暮らしていたが、戦争が激しくなってきたので田舎にいるおばあちゃんの家に預けられることになった。お母さんのお母さんがいたなんて今まで聞いたこともなかったのに。お父さんは「日記をつけるように」とノートを渡して戦場に行き、お母さんは「勉強をやめてはいけない」「生き延びるのよ」と僕たちを置いて行ってしまった。
僕たちは“おばあちゃん”と呼ぶ。おばあちゃんは村で“魔女”と呼ばれ、僕たちを“メス犬の子ども”と呼び、言いつけられた仕事をしてやっと食べさせてくれた。おばあちゃんは僕たちをすぐにぶつ。村では誰もが蹴ったり殴ったりするので、僕たちは強くなって生き延びられるように訓練を始めることにした。

戦争場面を描かない戦争映画。原作は双子の目線で描かれた日記で、目に入ったこと聞いたこと、自分たちがしたことだけが書かれ、映画も日記が影の主役です。
監督が出会ったのは奇跡だという双子は、ハンガリーの貧しい地域の出身で、この役を体現するのにうってつけの目力とハンサムぶり。監督がめざしたとおり余計なものがなく、シンプルでとても力強い作品でした。ヤーノシュ・サース監督の名前はお初ですが、この作品ですっかり刻み込まれました。
原作の同名小説は、ハンガリー出身の作家アゴタ・クリストフが母国語ではないフランス語で書き、51歳にして初めて出版したもの。「ふたりの証拠」「第三の嘘」との3部作で、世界的なベストセラーとなっています。ぜひ読んでみようと思います。
ハンガリーの映画の公開は数少ないですが、『ニーチェの馬』(2011/タル・ベーラ監督)『人生に乾杯!』(2007)『タクシデルミア ある剥製師の遺言』(2006)といくつか観ていました。どれも強く残って忘れられません。(白)


2013年/ドイツ、ハンガリー合作/カラー/111分/シネスコ
配給:アルバトロス・フィルム
(C) 2013 INTUIT PICTURES - HUNNIA FILMSTUDIO - AMOUR FOU VIENNA - DOLCE VITA FILMS
http://akudou-movie.com/

★2014年10月3日(金)TOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテ他全国順次公開
posted by shiraishi at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖者たちの食卓 (原題:Himself He Cooks)

seija.jpg

監督:フィリップ・ウィチュス、ヴァレリー・ベルト

黙々と野菜の皮をむく人たち。じゃがいも、人参、ニンニク・・・
チャパティを何枚も何枚も焼き続ける人たち。
そして大勢で一斉に食事をする姿。
裏方では、食器を洗う人々。 時に、ステンレスの皿が飛び交う。
大きなお鍋に入って、鍋を洗う男・・・

シク教の総本山、インド北西部アムリツァルにある黄金寺院(ハリマンディル・サーヒブ)。ここでは、毎日10万食の豆カレーが無料で提供されている。
映画は、ナレーションなしに、人々の姿を映し出す。
食器の触れあう音や、水の音が響いてくる・・・

監督のフィリップ・ウィチュスとヴァレリー・ベルト夫妻は、ベルギー出身。『Sarega』(2010年)というインドの伝統音楽についてのドキュメンタリー製作の過程で、2004年にパキスタンのラホールに行くことになり、国境近くのアムリツァルに滞在する。その折に、黄金寺院で途方もなく大勢の人たちが無料で食事の提供を受けている姿を目の当たりにし驚く。写真や映像を撮り、帰国後、すぐに『黄金寺院』という5つの短編にまとめる。この素晴らしい光景を世界に見せなければならないと、黄金寺院を再訪して許可を取り、1ヵ月かけて撮影したのが本作。

1回で10万食?と驚いたら、1日24時間体制で、1回5千人分が20回。
それにしても半端な量じゃない。それも毎日!
シク教の巡礼者だけでなく、人種や身分や宗教に関係なく、誰しもがお腹を満たすことのできる聖なる場所。
公開を前に、監督の一人フィリップ・ウィチュス氏が来日。
フィリップ・ウィチュス監督-1.jpg

撮影:宮崎暁美

監督を囲む会で、日本在住のシク教徒の方にお話を伺ったら、振る舞われる料理は、辛くないし、塩も控え目、ギー(バターオイル)もあまり使わない、そして、お肉も使わないと教えてくれました。どんな宗教の人でも食べられるし、子どもにもOKという次第。
こんな場所が世界の隅々にあれば、飢える人を救えるのになぁ〜 (咲)


特別記事 『聖者たちの食卓』フィリップ・ウィチュス監督来日レポート 
http://www.cinemajournal.net/special/2014/seija/index.html

配給: アップリンク
2011年/ベルギー/65分/カラー/16:9
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/seijya/
★2014年9月27日(土)より渋谷アップリンク他、全国順次公開
posted by sakiko at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界一美しいボルドーの秘密  (原題: Red Obsession)

bordou.jpg

監督:デヴィッド・ローチ、ワーウィック・ロス
ナレーション:ラッセル・クロウ
登場する人物:ロバート・パーカー、オズ・クラーク、フランシス・フォード・コッポラほか

何世紀にもわたり、富と権力の象徴として、マリー・アントワネットなどにも愛されたボルドーワイン。1855年のパリ万国博覧会で、ナポレオン3世が初めて公式にワインを格付けし、ラフィット、マルゴー、ラトゥール、オー・ブリオンの4つのシャトーが第一級とされた。その後、1973年に第一級に昇格したムートン・ロートシルトを含め、5大シャトーが世界のワイン愛好家たちを魅了する存在として君臨している・・・

『世界一美しいボルドーの秘密』という邦題から想像していたのは、甘美なワインを巡る物語。ところがどっこい、本作は、今や中国をはじめとする新興国の富裕層がボルドーワインを凄まじい価値に押し上げているのを探ることがメイン。
コメントを語るのは、シャトー経営者やワイン評論家やコレクターなど、西側の人たちばかり。中国や香港で取材をしているけれど、高級ワインに目を向ける人たちの本音が聞こえてこない。中国の富裕層は、5大シャトーのうち、ラフィットとラトゥールの二つにしか興味を示さないとか、ブランド品を買いまくる姿にバッグとワインを一緒に語ってほしくないなど、なんだか高級ワインに群がる成金のイメージ。思えば、原題は、Red Obsession。“赤い資本主義国”中国が、高級赤ワインに執着する??でしょうか。
ワインには疎くて、かつて、ワインに詳しい上司が高級フランスレストランで選んでくれた高級ワインも渋くて飲めなかったという私。ブランドよりも、飲みやすいのが一番とワインにはこだわりがないけれど、本作では、こだわりを求める人たちの姿を楽しませていただいた。中国のワイン事情にも驚くばかり!(咲)


配給:アットエンタテインメント
2013年/豪・中国・フランス・イギリス・香港/英語/78分
公式サイト:http://www.winenohimitsu.com
★9月27日(土)ヒューマントラスト シネマ有楽町ほかにてロードショー!
posted by sakiko at 17:00| Comment(1) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルゲリッチ 私こそ、音楽!  (原題: BLOODY DAUGHTER)

argerich.jpg

監督:ステファニー・アルゲリッチ
製作:ピエール・オリヴィエ・バルデ(『パリ・オペラ座のすべて』『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』)、リュック・ピーター
出演:マルタ・アルゲリッチ、スティーヴン・コヴァセヴィッチ、ロバート・チェン

マルタ・アルゲリッチ。
1941年6月5日、アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれ。
24歳の時、世界最高峰と称されるワルシャワのショパン国際ピアノコンクールで優勝。
その後、世界のあらゆる著名オーケストラとの共演を果たす。
1998年に別府アルゲリッチ音楽祭の総監督に就任し、日本とも縁を持つ。
現在、世界最高のピアニストといわれる一人として、世界各地で演奏を続けている。

私生活では、父親の違う3人の娘を持つ。
長女リダ。ヴィオラ演奏家。父は中国人指揮者ロバート・チェン。マルタとは一度も一緒に暮らしていない。
次女アニー。ジャーナリスト。父はスイス人指揮者シャルル・デュトワ。子供のころ、忙しい母に代わって、妹ステファニーの面倒をみていた。
三女ステファニー。本作の監督。父はピアニストのスティーヴン・コヴァセヴィッチ。父には、マルタとは別のふたりの女性との間に生まれた3人の息子がいる。
本作は、三女であるステファニーが撮った、母として、女として、そして名ピアニストとしてのマルタの素の姿。

小さい頃から、母の演奏旅行にはほとんどついていったステファニー。奔放で、気ままなマルタの姿も、ずっとそばで母を見てきた娘だからこそ率直に描いている。
一方で、子どもの頃にはほとんど一緒に過ごしたことのない父とは、この映画を通じて距離を縮めることができたとステファニーは言う。
どんなに有名なピアニストであっても、娘にとっては、母と父。
様々な家族の形があることも、この映画は見せてくれる。
人からどう思われようと、好きなように生きればいいという勇気を与えてくれる映画でもある。(咲)


配給:ショウゲート
2012/フランス・スイス/96分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
公式サイト:http://www.argerich-movie.jp/
★2014年9月27日(土)より、Bunkamuraル・シネマほかにて公開!
posted by sakiko at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファーナス 訣別の朝(原題:Out of the Furnace)

furnase.JPG

監督:スコット・クーパー
脚本:ブラッド・インゲルスビー、スコット・クーパー
撮影:マサノブ・タカヤナギ
出演:クリスチャン・ベール(ラッセル・ベイズ)、ウッディ・ハレルソン(ハーラン・デグロート)、ケイシー・アフレック(ロドニー・ベイズ・Jr.)、フォレスト・ウィテカー(ウェズリー・バーンズ)、ウィレム・デフォー(ジョン・ペティ)、ゾーイ・サルダナ(リナ・テイラー)、サム・シェパード(父)

米ペンシルバニア、溶鉱炉(ファーナス)からのぼる白煙が絶えない鉄鋼業の町ブラドック。ラッセルは年老いた父親の面倒を見ながら製鉄所で働いている。恋人リナとささやなか幸せをはぐくみ、貧しいながら穏やかに生活していた。しかし、弟ロドニーがイラク戦争から戻ってきた。この街を嫌い、兵役についたロドニーはラッセルが勧める製鉄所の仕事をしようとはしない。心に戦時の大きな傷をかかえたまま、ラッセルが気づかないうちに裏の世界に近づき、飲み込まれようとしていた。

キャストの面々が豪華!製作陣にはリドリー・スコット、レオナルド・ディカプリオらが名を連ねています。主人公のラッセルは煤けた街に暮らす労働者で、家族思いの寡黙な男です。犯罪組織に足を絡め取られ、命の危険にさらされた弟のために立ち上がります。衣装も灰色っぽいものばかり、派手なカーチェイスやアクションもありませんが、日本なら若き日の高倉健さんが主人公か?というタイプの作品。過激なほどの役作りをするクリスチャン・ベールが抑えた演技で説得力があります。溶鉱炉(ファーナス)がタイトルになったのは、街のシンボルであるばかりでなく、地味な男の内側に滾る思いも表しているのでしょう。(白)

2013年/アメリカ/カラー/116分/
配給:ポニーキャニオン
http://furnace-movie.jp/
★2014年9月27日(土)新宿ピカデリーほか全国公開
posted by shiraishi at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記憶探偵と鍵のかかった少女(原題:Mindscape)

kiokutantei.jpg

監督:ホルヘ・ドラド
脚本:ガイ・ホームズ
出演:マーク・ストロング(ジョン・ワシントン)、タイッサ・ファーミガ(アナ・グリーン)、ブライアン・コックス(セバスチャン)、サスキア・リーブス(ミシェル・グリーン)、リチャード・ディレイン(ロバート・グリーン)

ジョン・ワシントンは他人の記憶の中に入り込む特殊能力を持つ「記憶探偵」。数々の難事件を解決してきた彼に「部屋から出ず絶食している娘のトラウマを解消してほしい」という依頼が舞い込んだ。森の中の豪邸に住む資産家の娘のアナは16歳。高い知能を持ち繊細なアナは、子どものころから変わったところがあり、いろいろと問題を起こしてきたという。母親はアルコール依存症になり、義父はアナを施設に入れようとしていた。
ジョンがアナの記憶に入って見たものは、少女には過酷すぎるできごとだった。ジョンは真実をさぐるためにアナの周辺の人々に話を聞いて回るが、彼らの証言はアナの記憶とは違っていた。

証言はすべて記憶によるものです。同じできごとを体験しても、その人によって焦点を合わせるものが異なるので、見え方と記憶に違いが出てきます。時間がたてばますますずれが大きくなるでしょう(これは私自身もたびたびあり、家族や友人達との笑い話のタネになっています)。
それでも多くの記憶の断片を寄せ集め、すり合わせて、数々の名刑事、名探偵が事件を解決してきました。記憶探偵は他人の記憶を見ることができますが、それが正しいとは限りません。見たいものしか見ていないものだし、後から無意識に修正も加わるからです。
そんなリスクも抱えながら記憶探偵は真実を追究します。わりあい早くに予想がついてしまいますが、ジョンが記憶の中に入り込む映像、豪邸の内部など撮影と美術が美しいです。スペイン期待の監督のもとに、よりぬきのスタッフが集結したのだとか。
猛禽類を思わせる厳しい顔立ちのマーク・ストロングは、よく主人公の上司や敵役で見る俳優です。初の単独主演。タイッサ・ファーミガはヴェラ・ファーミガの21歳も年の離れた妹。ミステリアスな美少女の未来は開かれるのか、劇場でご覧下さい。(白)


2013年/アメリカ/カラー/99分/
配給:アスミック・エース
Stills photographs by Quim Vives - Copyright (C) 2013 OMBRA FILMS, S.L. - ANTENA 3 FILMS, S.L.U. - MINDSCAPE PRODUCTIONS, S.L. - THE SAFRAN COMPANY - OMBRA FILMS, LLC.
http://kiokutantei.asmik-ace.co.jp/


★2014年9月27日(土)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする