2014年09月07日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(原題:GUADIANS OF THE GALAXY)

gardiansofgaraxy.JPG

監督:ジェームズ・ガン
製作:ケビン・ファイギ
出演:クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)、ゾーイ・サルダナ(ガモーラ)、イヴ・バウティスタ(ドラックス)、ジョン・C・ライリー(ローマン)、グレン・クローズ(ノバ軍の指揮官)、ベニチオ・デル・トロ(コレクター)

ピーター・クイルは子どもの頃地球から誘拐され、いまや「スター・ロード」と自称してのトレジャー・ハンター。ある惑星で秘宝の“オープ”を見つけ、巨万の富を夢見て盗み出した。それは想像以上のパワーを秘め、銀河を破滅させるほどの破壊力を持つものだった。おかげで悪党たちに狙われ、銀河の支配を目論む闇の存在との戦いに巻き込まれてしまった。
ピーターは、刑務所で出逢った凶暴なアライグマのロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、復讐に燃える破壊者ドラッグス、そして美しき暗殺者ガモーラと、チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”を組む。内輪もめを繰り返すにわか仕立てのチームは、強大な敵と戦い生き延びることがはたしてできるのか??

マーベルのグラフィックコミックスが原作。混成チームが一つの目的のために命がけの戦いに挑む…という『スター・ウォーズ』を思い出す王道のストーリーです。
クイルが誘拐されたときに持っていたのが、病死した母親の遺してくれた音楽テープ。この70年代のポップスをバックにした戦闘場面が新鮮。映像も大迫力で美しく、若い観客(特に男子)はゲームに参加した感覚で楽しめるでしょう。もともとマーベル・コミックのファンだったというジェームズ・ガン監督は一癖も二癖もある型破りな主役たちの中でも、アライグマのロケットがお気に入りのようです。ヌイグルミのオヤジクマ、テッドのように、このロケットも見た目と中味は大違い。大活躍というか大暴れしています。
ロケットの声はブラッドリー・クーパー、グルートはヴィン・ディーゼル。日本語吹き替え版には加藤浩次、山寺宏一、遠藤憲一らが声の出演。(白)


2014/アメリカ/121分/シネスコサイズ/2D、3D
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2014 Marvel. All Rights Reserved.
http://studio.marvel-japan.com/blog/movie/category/gog?ex_cmp=GOG_DhomeA_offitop

★2014年9月13日(土)より全国公開
posted by shiraishi at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイ・フランケンシュタイン(原題:I, Frankenstein)

ifranken.JPG

監督・脚本:スチュアート・ビーティー
出演:アーロン・エッカート(アダム・フランケンシュタイン)、ビル・ナイ(ナベリアス王子、ワセックス)、イボンヌ・ストラホフスキー(テラ・ウェイド)、ミランダ・オットー(リオノア)、ジェイ・コートニー(ギデオン)

200年前ヴィクター・フランケンシュタイン博士によって作られたモンスターは、極寒の地で秘かに生き続けていた。その間も悪魔と天使との戦争が人知れず続き、悪魔がモンスターを襲撃、ガーゴイルと呼ばれる天使側の兵士に助けられる。ガーゴイルの女王イリノアに会い、モンスターはアダムと名づけられる。自身が戦いの鍵を握っているために悪魔が襲ってきたことを知り、悪魔でも天使でも人間でもない者として戦いに身を投じていく。

昔白黒映画で観たフランケンシュタインとは全く違う風貌、つぎはぎはあるけれど首にボルトはなく、動きは素早くスマート、心優しい怪物ではなくクール。そんなキャラクターをアーロン・エッカートが演じています。原作は1818年にメアリー・シェリーによって書かれ、匿名で出版された「フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス」。本作の中にもその内容がかいつまんで出てきます。これはその後日譚として創作された物語。
アダム・フランケンと美人科学者との交流も少々あるものの、天使と悪魔の戦争場面に多く割かれていて、ゲーム場面のように綺麗なビジュアルですが、お話がわかりにくいかも。元の話を読むか、DVDで見直すかしようとamazonで検索したら映像作品が何ページも出てきてびっくり。とんでもない敵と戦っているのもあり、悪役キャラとしての人気を再確認。(白)


2014年/アメリカ/カラー/シネスコ/92分/
配給:ポニーキャニオン
(c)2013 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC AND LIONS GATE FILMS INC.
http://ifranken.jp/

★2014年9月6日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショー
posted by shiraishi at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー(原題: Muppets: Most Wanted)

themapets.jpg

監督:ジェームズ・ボビン(『ザ・マペッツ』)
脚本:ジェイソン・シーゲル、ニコラス・ストーラー
出演:リッキー・ジャーヴェイス(ドミニク・バジー)、タイ・バーレル(ジャン・ピエール・ナポレオン)、ティナ・フェイ(ナージャ)

マペットたちのもとを訪れた興行師ドミニク・バジーの采配で、ヨーロッパへのツアーが実現した。万雷の拍手に浮かれまくる仲間たち。ところがマペットたちの公演会場のすぐ隣では犯罪が行われ、ジャン・ピエール・ナポレオン警部にマークされていた。リーダーのカーミットはどこかへ拉致され、カーミットそっくりの“最凶のカエル”がカーミットになりすまし、まんまと仲間に入り込む。

人間とマペット(人形)たちが競演した2011年の『ザ・マペッツ』の第2弾。引退したマペットたちを集めて再結成された「ザ・マペッツ」が今度はヨーロッパ各地で大活躍!?パワフルな音楽と自在に動き回るマペットたち、前作以上に豪華なミュージカルと続々と登場する驚きのゲストたちにご注目を。特に刑務所の場面にたくさん登場します。またマペットたちの衣裳や小物が楽しく、出るたびに変わっているミス・ペギーのファッションが素敵です。衣装持ち!(白)

2014年/アメリカ/1時間47分
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2014 DISNEY
http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/muppets2

★2014年9月6日(土)シネマイクスピアリ、イオンシネマむさし村山にて劇場公開
&オンデマンド同時配信!
posted by shiraishi at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスボンに誘われて  ( リスボンに誘われて  (原題: Night Train to Lisbon)

lisbon.jpg

監督:ビレ・アウグスト
出演:ジェレミー・アイアンズ、メラニー・ロラン、ジャック・ヒューストン、マルティナ・ゲデック、トム・コートネイ、アウグスト・ディール、ブルーノ・ガンツ、レナ・オリン、クリストファー・リー、シャーロット・ランプリング

スイスの首都ベルンの高校で古典文献学を教えるライムント・グレゴリウス。57歳になるが、5年前に離婚して孤独な一人暮らし。眠れぬ夜、一人二役のチェスに興じている。
ある激しい嵐の朝、学校に向かう途中、吊り橋から飛び降りようとしている赤いコートの若い女性を引き留め、学校に連れていく。授業の途中で出て行ってしまった彼女が残したコートのポケットには1冊の本が入っていた。本にリスボン行の発車間近の切符が挟まれていたので駅に駆け付けるが、女性は見当たらない。衝動的に列車に飛び乗ったライムントは、「言葉の金細工師」と題する本を読み始める。深い感銘を受けた彼は、リスボンに着いてすぐ、著者アマデウ・デ・プラドの住所を調べて訪ねていく。すでに亡くなったことを知り、墓地を訪ねた帰り道、自転車にぶつかり眼鏡のレンズが割れてしまう。眼科に行った彼は、初対面の女医マリアナに、リスボンにやって来た経緯をとうとうと話し始める。翌日、アマデウと反体制派の仲間だったというマリアナの伯父を介護施設に訪ねる・・・

徐々に明かされていく「言葉の金細工師」の著者アマデウ・デ・プラドの人生に、ぞくぞくさせられます。一方、ベルンで孤独な暗い毎日をおくっていたライムントは、陽光溢れるリスボンの街で、まるで人が変わったように生き生きとしてきます。眼科のマリアナ先生が作ってくださった眼鏡がとてもお洒落で、ダンディになった彼は、マリアナ先生ともいい雰囲気になっていきます。
遠く離れた、誰も自分を知らない街で、前とは違った自分を演出することができる! 
私自身、高校入学の時に神戸から横浜に引っ越して、性格を変えることができたのを思い出しました。(小中学校の時はおとなしかったのです・・・)

映画に話戻って、この主人公ライムントは、古典文献学が専門で、ラテン語、ギリシア語、ヘブライ語に精通していると資料にありました。女性が忘れていった「言葉の金細工師」に馴染みの古本屋の名前が記されていて、古本屋を訪ねると、「ペルシア語の文法書はまだ入荷してないよ」と言われます。なるほど、ペルシア語も学ぼうとしているのか・・・と、興味津々。
ちなみに、映画の中で登場人物はベルンでもリスボンでも英語で話していて、本来だったら、リスボンに行って、地元の人とスムーズに会話できるとは思えません。アマデウの妹や、アマデウが亡くなったことを示唆してくれた家政婦さんとすんなり意志疎通しています。まぁ映画ですから。
本作を通じて、ポルトガルにも長く暗い独裁政権時代があったのを知りました。1910年に王制を打倒して共和制になったものの、庶民の暮らしはよくはならず、その後サラザールが政権を取って抑圧的な時代が半世紀も続いたのです。カーネーション革命と呼ばれる動きで自由を得たのは、1974年4月25日のこと。
32年前にリスボンを訪れたことがあるのですが、思えば、その革命から10年も経っていない時。そんなことは何も知らず、穏やかな国民性を感じたものですが、独裁政権を倒すエネルギーを秘めた人たちがいたのですね。(咲)


第63回ベルリン国際映画祭特別招待作品

配給:キノフィルムズ
2012年/ドイツ・スイス・ポルトガル/111分/英語
公式サイト: http://lisbon-movie.com/
★2014年9月13日(土)、Bunkamuraル・シネマほかにて全国ロードショー
posted by sakiko at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

So Young 〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜 原題:致我們終將逝去的青春 英題:So Young

監督:趙薇(ヴィッキー・チャオ)
製作:關錦鵬(スタンリー・クワン)
出演:マーク・チャオ、ハンギョン、ヤン・ズーシャン、ジャン・シューイン、リウ・ヤーソー、ジャン・ヤオ
原作:シン・イーウー「致我們終將逝去的青春」
主題歌:フェイ・ウォン「TO YOUTH」

1990年代前半の中国。18歳になったチョン・ウェイ(ヤン・ズーシャン)は、5歳年上の憧れの先輩リン・ジン(ハンギョン)が通う大学と同じ街の理工大学に入学する。大学に着くと、さっそく彼女に目を付け、寮の部屋まで荷物を運ぶ男子学生。2段ベッドの置かれた部屋には、少数民族で美人のルアン・クアン(ジャン・シューイン)、情報通で玉の輿を狙うリー・ウエイジュアン(チャン・ヤオ)、ボーイッシュなチュー・シャオペイ(リウ・ヤーソー)の3人のルームメイトたち。
ウェイは、さっそく初恋のリン・ジンを訪ねるが、海外に留学してしまっていた。意気消沈するウェイだったが、同僚や彼女たちを取り巻く男子学生たちとの賑やかな大学生活が始まる。
soyoung.jpg

(C) 2013 HS Media (Beijing) Investment Co., Ltd. China Film Co., Ltd. Enlight Pictures. PULIN production limited. Beijing Ruyi Xinxin Film Investment Co., Ltd. Beijing MaxTimes Cultural Development Co., Ltd. TIK FILMS. Dook Publishing Co., Ltd. Tianjin Yuehua Music Culture Communication Co., Ltd. All rights reserved.

ある日、ウェイは先輩の男子学生チャン・カイの部屋でビルの模型を倒しそうになって、模型の主チェン・シアオチョン(マーク・チャオ)に突き飛ばされる。そんな出会いだったが、ウェイはいつしかシアオチョンが気になるようになり、猛アタック。初めは迷惑顔だったシアオチョンも根負けしてベストカップルになる。楽しく幸せな大学生活もあっという間に卒業の季節を迎える。同じ会社に就職したいと願っていたウェイだが、シアオチョンは奨学金を得て、アメリカに留学してしまう。
そして、10年。キャリアウーマンとなって活躍するウェイの前に、副検事となった初恋の人リン・ジンと、アメリカで建築家として成功したシアオチョンが相前後して現れる・・・

青春を謳歌した大学時代の恋と別れ、そして10年後の再会を描いた甘く切ない物語。登場人物それぞれの恋や人生も丁寧に描かれていて、観る側も誰かに自分の人生を重ねて思いを馳せることと思います。そして、こんなすれ違いがあったなぁ〜と思い当る方もいるでしょう。
IMG_0974vicky.JPG

女優ヴィッキー・チャオの初監督作品。北京電影学院の卒業製作として撮った本作、4時間の素材が学校始まって以来の99点の評価を得たそうです。2013年の東京国際映画祭での上映後に、ヴィッキーが登壇。中国で大ヒットの本作、満席の客席の一割強が中国人。中国語で熱い声援が飛び交いました。
「私が監督したから観に行ってやろうというのもヒットの小さな理由でしょう。今の中国の人たちの関心が経済に向かっていて、青春時代、恋愛したりしてもっと無駄な時間を過ごせばよかったという思いもあって気に入ってくれるのではないかと思います」とヴィッキー。
1990年代初頭の雰囲気を撮れる大学が少なくて、3つの大学で撮影。大学側からは「もっと綺麗な建物があるのに、壊して建て替えようと思っているところばかり使うのか」と言われたとか。
「自分の撮った映画が海外で上映されて、討論できるとは予想していませんでした。自分の出演した映画が上映されるより嬉しかった」と、目を輝かせていました。次は女優に戻るけれど、監督は病みつきになる仕事、また撮りたいと意欲満々でした。 
私にとっては、寮の部屋の壁にレスリー・チャンの若い頃のポスターがあったり、ハッケン・リーが歌ってヒットした「紅日」をウェイが壇上で勇ましく歌ったり、1990年代前半を懐かしく思い出した映画でした。
それにしても、ヒロインのウェイの気の強いこと! こんな女性に追いかけられた男の子は大変。ヴィッキー本人が演じたら、もうちょっと共感できたかなぁ〜 「自分は歳を取り過ぎていて、映画を台無しにしたくなかった」とのヴィッキーの弁でしたが、頑張って欲しかった! (咲) 


配給:アルシネテラン
2013年/中国/中国語/カラー/シネスコ/ドルビーデジタル/131分/PG12/
公式サイト: http://www.alcine-terran.com/soyoung/
★2014年9月13日より新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー
posted by sakiko at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする