2014年08月31日

さまよう刃(原題:THE HOVERING BLADE BROKEN)

samayoukatana.JPG

監督・脚本:イ・ジョンホ
原作:東野圭吾
撮影:キム・テギョン
出演:チョン・ジェヨン(サンヒョン)、イ・ソンミン(オッグァン刑事)、ソ・ジュニョン(ヒョンス刑事)、イ・ジュスン(ドゥシク)、イ・スビン(スジン)

数年前妻をガンで失ったサンヒョンは一人娘のスジンと暮らしている。中学生のスジンはこのごろ母親に似てきて、残業続きの父親にあれこれ言うようになった。小言を言われても最愛の一人娘だ。またもや遅くなって深夜に帰宅したサンヒョンは、スジンの姿がみえずに探し回る。携帯も繋がらず、見つけられないまま出社したサンヒョンに警察からスジンの遺体が見つかったと電話がある。廃墟になっている古い銭湯で見つかったという遺体にはレイプされ、激しく抵抗した痕跡が認められた。
サンヒョンはショックで何も手につかない。娘を守ってやれなかった自分を責め、後悔するばかりだ。そこへ凶行を知る何者かからの連絡が入る。

ベストセラー作家東野圭吾原作。日本でも2009年に寺尾聰主演で映画化されています。ほぼ同じストーリーで、韓国版が濃い目の味付け。チョン・ジェヨンの絶望と後悔と憤怒の表情に、自分がその立場だったらと胸が痛くなります。それにひきかえ加害者の罪悪感のなさときたら!人を傷つけることを何とも思わないのはどうしてなのか??感情や想像力が育っていないわけ??
と、むかついているってことは、演じた若手たちがうまかったってことですね。いつも思うけど韓国映画界は層が厚い。
繰り返し報道される陰惨な事件も、そのときはショックでも自分に関わりがなければいつしか忘れてしまいます。そんな第三者の立場から引きずり降ろされた感じのした作品でした。(白)


2014年/韓国/カラー/122分
配給:CJ Entertainment Japan
(C)2014 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
http://samayouyaiba.net/

★2014年9月6日(土)角川シネマ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷にてロードショー
posted by shiraishi at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イヴ・サンローラン(原題:Yves Saint Laurent)

yvessaintlaurent.JPG

監督:ジャリル・レスペール
出演:ピエール・ニネ(イヴ・サンローラン)、ギョーム・ガリエンヌ(ピエール・ベルジェ)、シャルロット・ルボン(ヴィクトワール)、ローラ・スメット(ルル・ド・ラ・フェレーズ)、マリー・ドゥ・ヴィルパン(ベティ・カトルー)、ニコライ・キンスキー(カール・ラガーフェルド)、マリアンヌ・バスレール(ルシエンヌ・サンローラン)

1957年パリ。10代のうちに才能を現し、ディオールに認められたイヴ・サンローラン。ディオールの死去により弱冠21歳で後継者に指名される。周囲の危惧はあったものの初のコレクションが大成功、華々しいデビューを飾った。26歳の実業家ピエールはイヴに出会ってたちまち2人は恋に落ちいっしょに暮らし始める。
ピエールのバックアップを得て、イヴは自身のブランドをたちあげ次々と革命的なコレクションを発表する。ピエールは繊細なイヴを守り、全ての雑事を引き受けてイヴがデザインだけに没頭できるように献身的に尽くした。

2011年4月公開のドキュメンタリー『イヴ・サンローラン』(2011年/ピエール・トレトン監督)を見て、ハンサムな彼の素顔に驚いたものでした。
本作ではピエール・ニネが繊細なイヴに扮しています。ジャリル・レスペール監督は、ドキュメンタリーではすくいきれなかった部分を脚色で補い、ピエールという生涯のパートナーに出会ってもなお孤独な心を抱えていた天才を描き出しています。パリの社交界とオートクチュールを舞台に有名なデザイナーたちも登場(俳優ですが)するので、会話に思わず聞き耳を立ててしまいました。
イヴが仕事を成功させ、華やかな世界に住みながらも薬や酒で酩酊したかったのはなぜなのでしょう。これで満足ということがないから高みを目指せるのでしょうが、なんと孤独で辛い道かと思います。凡人でよかった。(白)


イブ・サンローランの生涯を描いた映画と聞いて、私のもっぱらの関心事は、イブ・サンローランが晩年を過ごしたモロッコ時代がどのように描かれているか・・・でした。
ところが、冒頭に映し出されたのは、地中海に臨むオランの町。1936年、当時フランス領だったアルジェリアのオランで彼は生まれたのでした。(勉強不足で知らなかった!)サンローランがデザイナーを志してパリに移ったのが、1954年。ちょうどアルジェリアでフランスからの独立戦争が勃発した年。母親たちが、「アルジェは戦火?」「オランは大丈夫」などと話しています。その後、独立戦争は激しくなり、サンローランも1960年、フランス陸軍に撤兵されるのですが、1ヵ月も経たないうちに、神経衰弱で入院。最終的に除隊。翌年、すぐにピエール・ベルジュと<イブ・サンローラン>を設立しています。
ピエールに支えられながら、華やかに活躍し、2002年1月22日のパリでのオートクチュールコレクションを最後に引退。その後、2008年に亡くなるまで、モロッコのマラケシュでほとんどを過ごしました。映画には、マジョレル庭園と呼ばれる緑溢れる素敵な邸宅も映し出されました。世界の注目をあびるだけの功績をあげただけに、愛する人とひっそりと暮らしたかった彼の思いを感じました。
サンローラン自身のこと以上に印象に残ったのが、アルジェリア独立後、故郷を去らなければならなかった彼の両親のこと。父シャルル・マチュー=サンローランは、1988年にモナコで亡くなっています。父親が海を観てアルジェリアを想う姿をサンローランが眺める場面がありました。縁あって植民地で生まれ育った支配者側の民族の人々も、植民地支配の犠牲者であることに思いが至りました。(咲)


2014年/フランス/カラー/106分/シネスコ
配給:KADOKAWA
(C)WY productions - SND - Cinefrance 1888 - Herodiade - Umedia
http://ysl-movie.jp/

★2014年9月6日(土)角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネマライズ他全国ロードショー
posted by shiraishi at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チング 永遠の絆(英題 FRIEND:The Great Legacy)

chingeiennokizuna.JPG

監督・脚本:クァク・キョンテク
出演:ユ・オソン(イ・ジュンソク)、キム・ウビン(チェ・ソンフン)、チュ・ジンモ(イ・チョルジュ)、チョン・ホビン(ウンギ)、チャン・ヨンナム(ヘジ)、キ・ジュポン(ヒョンドゥ会長)

2010年、親友のドンスの殺害を示唆した罪で服役しているジュンソクの元にヘジが面会にくる。息子のソンフンが同じ刑務所にいるので気をつけてやってほしいというのだ。ジュンソクは父親を知らずに育ったソンフンを出所後も弟分として面倒をみることになった。17年ぶりに故郷の釜山に帰ったジュンソクがみたのは、様変わりした裏社会地図だった。ヒョンドゥ会長の代わりに狡猾なウンギが勢力を拡大し、ジュンソクの居場所はすでになくなっていた。ジュンソクはヒョンドゥ会長に亡き父チョルジュが釜山を掌握した時代の話を聞き、釜山を一緒に取り戻そうとソンフンを誘う。

『友へ チング』(2001年/クァク・キョンテク監督)の続編。幼馴染の親友が大人になって再会したのは対立した組織の敵同士としてだった、という悲劇。若き日のユ・オソンとチャン・ドンゴンのとうの立ち過ぎた学生服姿に吹きそうになりましたっけ。しかし血も涙も義理も人情も果てしなく濃いストーリーに泣かされたのでした。未見の方はぜひ先に1作目をご覧下さい。
ヤクザ社会の物語ですが、渋い中年になったユ・オソン、若獅子のようなキム・ウビン(モデルで、映画初出演だそうです)2人の兄弟分というより親子のような情愛、回想場面の若き父チュ・ジンモの華と、女性にも受ける要素多々あり。(白)


2013年/韓国/カラー/122分/ビスタサイズ
配給:東京テアトル、日活
(C)2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
http://ching-kizuna.com/
★2014年9月6日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
posted by shiraishi at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フライト・ゲーム(原題:Non-Stop)

frite.jpg

監督:ジャウム・コレット=セラ
撮影:フラビオ・ラビアーノ
出演:リーアム・ニーソン(ビル・マークス)、ジュリアン・ムーア(ジェン・サマーズ)、スクート・マクネイリー(トム・ボーウェン)、ミシェル・ドッカリー(ナンシー)、ネイト・パーカー(ザック・ホワイト)
ニューヨーク発ロンドン行の旅客機に搭乗したビル・マークスは、一般乗客の中で気づかれないように警備にあたる航空保安官。離陸して乗客が眠りについたころ、ビルの携帯電話に「1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺す」と脅迫メールが届く。どこで監視しているのかビルの行動も逐一知られている。機長に告げ保安局に報告するが乗客名簿の照合には30分かかると言われる。あせるうちに20分経ち、最初の犠牲者が出てしまう。誰もが犯人に思える中、ビルは全ての乗客の荷物や携帯電話を調べるが何も見つからない。保安局の調べで、指定された口座がビルの名義とわかり一番の容疑者と疑われてしまった。

ハイジャック映画は数多く、どれもドキドキハラハラの連続ですが、これも例に漏れません。二転三転する状況に、ビルのあせりが伝わってきて同調してしまいます。どんな状況でも飛行機の中では逃げ出すこともできず、どの人もどの人も怪しく見えて、死と隣り合わせの犯人探しはスリル満点。かといって絶対体験したくありませんけど。60代のリーアム・ニーソンも身体を張ったアクションで熱演。『それでも夜は明ける』のルピタ・ニョンゴがCAの1人で出演しています。
搭乗時にどんなに厳しいチェックを受けても、その上をいってしまう悪意があれば乗客はなすすべがありません。無事に目的地に着くことが当たり前〜の陰にはこういう保安官の存在があるんですね。お疲れ様です。(白)


2014年/アメリカ/カラー/107分
配給:ギャガ
(C)2014 TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. - STUDIOCANAL S.A.
http://flight-game.gaga.ne.jp/
★2014年9月6日(土)新宿ピカデリー ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サスペクト 哀しき容疑者  (原題:容疑者  英題:The Suspect)

sasupect.jpg

監督:ウォン・シニョン (『セブンデイズ』)
出演:コン・ユ(『トガニ 幼き瞳の告発』「コーヒープリンス1号店」)、パク・ヒスン、チョ・ソンハ、ユ・ダイン、キム・ソンギュン、ソン・ジェホ

北朝鮮特殊部隊の元エリート工作員チ・ドンチョル(コン・ユ)。妻子を殺され、脱北し、大都会ソウルの片隅で運転代行業をしながら犯人の行方を追う日々だ。
ある日、元上司で今は韓国財界で成功しているパク会長(ソン・ジェホ)を訪ねたドンチョルは、殺害現場を目撃してしまう。瀕死のパク会長から眼鏡を渡され、「これを必ず北に届けてくれ」と言い残される。唯一親身にしてくれていたパク会長の死を悲しむ間もなく、ドンチョルは会長殺しの容疑者として追われることになる。対北情報局室長のキム・ソッコ(チョ・ソンハ)は“国家の狩猟犬”の異名を持つミン・セフン大佐(パク・ヒスン)に捜査の指揮権を与える。やがて、ミン大佐はドンチョルを追っているのが自分たちだけでないことを知る。自分に指揮権を与えたキム室長自身が統括する北朝鮮出身者グループが、ドンチョルが会長から手渡された物を執拗に狙っていたのだ・・・

会長が守ろうとした眼鏡に隠されていた重要な機密事項に、最後、あっと驚かされます。カーチェイスや、アクションありのスピード感溢れる展開に、実はちょっとついて行けなくて、疲れたなぁ〜と思ったところに、思いがけない真相! 疲れは吹き飛び、ほのぼのとした気持ちになりました。あ〜最後まで観てよかったと思いました。
パク会長を演じるソン・ジェホは、『拝啓,愛しています』や「愛を信じます」で、人の良さそうな初老の男性を演じていますが、本作でも、脱北者支援や韓国と北朝鮮の交流事業に力を注いでいる善良な人物です。
一方、キム・ソッコを演じたチョ・ソンハは、「王(ワン)家の家族たち」では、会社が倒産して宅配屋を始める長男、「トキメキ☆成均館スキャンダル」では、朝鮮王朝第22代王正祖(チョンジョ)と、ドラマで好人物を演じていることが多いのですが、今回は悪役。なかなかの存在感です。
そして、最後になりましたが、ドンチョルを演じたコン・ユ。笑顔を封印して、家族を殺された男の哀愁を漂わせています。(咲)


韓国/2013年/2.35:1/137min./カラー/ドルビーデジタルSRD
配給:ツイン
公式サイト: http://www.suspect-movie.net/
2014年9月13日(土)  新宿武蔵野館 ほか全国順次公開
posted by sakiko at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケープタウン(原題:ZULU)

cape.jpg

監督:ジェローム・サル
脚本:ジュリアン・ラプノー、ジェローム・サル
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:オーランド・ブルーム(ブライアン・エプキン)、フォレスト・ウィテカー(アリ・ソケーラ)、コンラッド・ケンプ(ダン・フレッチャー)、ジョエル・カイエンベ(ジーナ)

 南アフリカのケープタウン。元人気ラグビー選手バイツの娘ニコールの惨殺死体が発見された。捜査の指揮に当たるのは、ズールー族出身ながら警部まで昇進したアリ・ソケーラ。アリの捜査チームのブライアンは酒と女にだらしなく、妻子にも見捨てられ署長にはクズとまで言われている。しかしアリがもっとも信頼を置く部下だった。捜査を進めていくと新しい麻薬、最新の銃器で武装した凶暴なギャングたちの存在、さらに子供たちの失踪にも関わっていることが明らかになる。事件の背後には想像もつかない秘密と大きな組織があり、2人にも危険がせまってくる…。

オーランド・ブルームといえば『ロード・オブ・ザ・リング』の美しいエルフ、弓の名手のレゴラスが思い浮かびますが、ここでは酔っ払いで女ったらしの刑事ブライアン。落差に驚かず、俳優としてのオーリーの幅広さを楽しんでください。悲惨な過去のあるアリとの良きバディぶりも。ヨレヨレでも刑事の仕事だけはちゃんとやるんですね、これが。女が放っておけない可愛さがあって、子どものままの部分を本人も自覚しているセリフが出てきました。
オーリーにうっとりしている場合じゃありません。映画に甘い部分はなく、治安が悪化し警察が奔走している厳しい現実が描かれます。南アフリカの陽光の下での銃撃戦や惨殺死体が白日夢のようです。小さな点が次第に線で結ばれていくこの原作はキャリル・フェリー作(2008年)で、フランスで推理小説大賞を受賞しているそうです。読んでもとても面白そうですが残念ながら日本では発刊されていません。(白)


2013年/フランス、南アフリカ/カラー/107分/シネスコ
配給:クロックワークス
(C)2013 ESKWAD-PATHE PRODUCTION-LOBSTER TREE-M6FILMS
http://capetown-movie.com/

★2014年8月30日(土) 新宿バルト9他にてロードショー

☆シネジャ特別記事にオーランド・ブルーム来日記者会見を掲載しています。
http://www.cinemajournal.net/special/2014/capetown/index.html
posted by shiraishi at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テロ,ライブ(原題:The Terror Live)

terolive.JPG

監督・脚本:キム・ビョンウ
撮影:ピョン・ボンソン
美術:キム・シヨン
音楽:イ・ジュノ
出演:ハ・ジョンウ(ユン・ヨンファ)、イ・ギョンヨン(チャ報道局長)、チョン・ヘジン(パク・ジョンミン主任)、イ・デビッド(パク・シヌ)、キム・ホンパ(ジュ長官)、キム・ソジン(元妻)

テレビの人気キャスターだったユン・ヨンファはある不祥事からラジオ局へ左遷された。朝の生放送中にリスナーから1本の電話を受けるとそれは「爆破予告」の脅迫電話であった。ヨンファがいたずらだと決め付けて電話を切った直後、背後に見える麻浦(まぽ)大橋が予告どおりに爆発する。驚きながらも、テレビに返り咲くための絶好のチャンスと、上司と交渉するヨンファ。テロの犯人と通話を続け、次々と発生する爆破テロの独占実況放送を開始する。犯人の要求は巨額の現金と大統領の謝罪だった。犯人は何者なのか?

爆破による死傷者よりも自分の出世に頭が回るヨンファに最初むっとしますが、それ以上に視聴率を気にする上司たちにメディアの残酷さが見えてぞっとしました。リアルタイムで進む事件にヨンファと同じ体験をしているような感覚になります。
この緊密に構築されたストーリーを書き、演出したのが32歳の新人のキム・ビョンウ監督と知ってもう一度びっくり。出ずっぱりのヨンファ役ハ・ジョンウの熱演はもちろんのこと、ほぼ放送局のスタジオだけで進むシーンに緊迫した空気を作り出した撮影と美術の力も大きいです。アナウンサーと犯人の攻防に手に汗を握ってください。(白)


2013/韓国/カラー/98分/ビスタサイズ
配給:ミッドシップ、ツイン
(C)2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
http://terror-live.com/

★8月30日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、テアトル梅田ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NO ノー (原題:No)

no.jpg

監督:パブロ・ラライン
脚本:ペドロ・ペイラノ
オリジナル戯曲:アントニオ・スカルメタ
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル(レネ・サアベドラ)、アルフレド・カストロ(ルチョ・グスマン)、ルイス・ニェッコ(ホセ・トマ・ウルティア)、アントニア・セヘルス(ベロニカ)、マルシアル・タグレ(アルベルト)
1988年、ピノチェト独裁政権末期の南米チリ。政権の信任継続を問う国民投票が行われることになり、政権賛成派は「YES」、反対派は「NO」を選んで投票する。広告マンのレネのもとに友人で反対派の主要メンバーのウルティアが訪ねてくる。投票に向けた選挙キャンペーンの責任者にレネを抜擢し、深夜15分だけの放送枠で、「NO」派のCMを作ろうという。独裁政権のマイナスを前面に出した内容を考えていた首脳陣に、レネは明るくて斬新な広告を提案する。レネの上司は「YES」派のアドバイザーになり、熾烈なCM合戦が展開していく。

パブロ・ラライン監督によるチリ独裁政権3部作の完結編。実話をもとにして、実際の当時の映像もおり込み、わざわざビンテージカメラで撮影したそうです。
初めは出来レースだろうとあまり乗り気でなかったレネが、反対派の活動家の元妻が逮捕されるに及んで広告マンとしての力を発揮していく過程と、広告キャンペーンが人々に働きかけていくようすがとても面白いです。こうやって世の中を変えていくことができるのね〜!圧倒的な上からの力に対抗できるのは、抑えつけられた一人ひとりの集合体なのでした。逆にメディアに扇動されることもあるはずで、見極めが大事と心しました。ガエル・ガルシア・ベルナルが息子を守る父親役。もうそんな年頃でしたか・・・。(白)


2012年/チリ・アメリカ・メキシコ合作/カラー/118分/
配給:マジックアワー
(C)2012 Participant Media No Holdings, LLC.
http://www.magichour.co.jp/no/
★2014年8月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

監視者たち   英題:『COLD EYES』

kansisya.jpg

監督:チョ・ウィソク、キム・ビョンソ 
出演:チョン・ウソン、ハン・ヒョジュ、ソル・ギョング、ジュノ(2PM)

混雑した地下鉄の車内。韓国警察特殊犯罪課の凶悪犯行動監視専門班に配属された新人女性ハ・ユンジュ(ハン・ヒョジュ)が、その記憶力と洞察力を班長であるファン・サンジュン(ソル・ギョング)に試されるために乗車していた。その頃、銀行襲撃事件が発生する。用意周到な犯罪グループによるもので、犯行は成功したかに思えた。が、ユンジュの驚異的な記憶力から、地下鉄に乗り合わせていた男(チョン・ウソン演じるジェームズ)が、銀行襲撃の関係者だと推察。記憶を頼りにジェームズを探し出し、犯罪組織を追い詰めていく・・・

大好きなチョン・ウソンさまが初の悪役という言葉に惹かれて観始めたら、どこかで観たようなシチュエーション。観終わってから香港映画『天使の眼、野獣の街』(2007年 ヤウ・ナイホイ監督、ジョニー・トー製作)のリメイクと知りました。どうりで!と思う一方、それを感じさせないほど、しっかり韓国テイストの映画に仕上がっています。
『天使の眼、野獣の街』では、トラムの中での場面から始まり、上環の坂道で繰り広げられる追跡に、香港の街をたっぷり味わったものでした。『監視者たち』は地下鉄から始まり、ソウルの近代的な街が舞台。ヨイド(汝矣島)やテヘラン路を始め、大都会ソウルがたっぷり楽しめます。イテウォン(梨泰院)のハラールフード屋さんにモスクまで出てきました!(撮影場所については、「輝国山人の韓国映画 監視者たち」に詳しく出ています。www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/chouisok_kanshisha.html)

『天使の眼、野獣の街』で、サイモン・ヤムが演じた警察・監視班班長をソル・ギョング、レオン・カーファイが演じた犯罪組織のリーダーをチョン・ウソンが演じていて、いずれも安定した演技を見せます。何より、観たものをすべて記憶する新人刑事を演じたハン・ヒョジュ(「トンイ」役といえばおわかりでしょう!)が印象に残りました。(『天使の眼、野獣の街』のケイト・ツィは申し訳ないけど、印象が薄い!)

★ネタバレ注意です!
 『監視者たち』の最後の方にサイモン・ヤムが出てきて、おおっと声が出そうになりました。最近、韓国映画によく顔を出す彼ですが、『天使の眼、野獣の街』の主役として本作に友情出演なのですね。今回、どんな役で出てくるのかは、ご覧になってのお楽しみ! (咲)


2013年/韓国/118分/カラー/ドルビーデジタル/韓国語
配給:クロックワークス  
公式サイト:http://kanshisya-movie.com
2014年9月6日(土)シネマート新宿ほか、ロードショー!

posted by sakiko at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする