2014年07月19日

あなたがいてこそ(原題:MARYADA RAMANNA)

anataga.jpg

監督・脚本:S・S・ラージャマウリ
撮影:C.ランプラサード 
音楽:M.M.キーラワーニ
出演:スニール(ラーム)、サローニ(アパルナ)、ナジ二ドゥ(ラミニドゥ)、ヴェーヌゴーパール(パイレッディ)

1982年、対立する家系の抗争でラミニードゥの弟がラーガワ・ラーオに殺され、傷を負ったラーオも帰り着くなり死んでしまった。ラーミニードゥは幼い息子2人とともに弟の復讐を誓い、怖れたラーオの妻は赤ん坊のラームと都会へ逃げ出した。
28年後、ラームはオンボロ自転車で配達業をしていた。母が亡くなったので相続した土地を売ろうと(因縁の)村へ行ってみることにした。列車の中で出会った美しい娘アパルナは、ラミニドゥの娘だったのだが、何も聞かされずに育ったラームは知る由もない。アパルナが忘れたスケッチブックを手に家を訪ね、ラームが仇の息子だと気づいた一家に命を狙われることになってしまった。

簡単に言ってしまえばインド版ロミオとジュリエットのような映画なのですが、主演のラームがのんきな男なので(スーパーマリオ兄弟のような髭でなんとも愛嬌があります)シリアスな場面がみなコメディに変わります。狙われていると知ったラームは、ラミニードゥの家の中にいさえすれば殺されないと気づき、あの手この手でかわしていく場面が大笑いです。おまけにアパルナの思いにもなかなか気づきません。なんとか彼を救おうとアパルナが必死になるあたりから悲恋の様相が現れてきます。
アパルナは現代的な可愛い系美人。ラームに惹かれるのは、彼女の生き方や好みをわかってくれるから。同じものが好きって大事ですもんね。蠅の復讐劇『マッキー』で笑わせてくれたS・S・ラージャマウリ監督、今度は喋る自転車を出演させています。冒頭で登場して姿を消した後、大事な場面でまた現れるのでお楽しみに。(白)


2010年/インド/カラー/125分/テルグ語/
http://www.u-picc.com/anataga/
配給:太秦
★2014年7月26日(土)よりシネマート六本木ほか
posted by shiraishi at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダバング 大胆不敵(原題:DABANGG)

dapan.jpg

監督:アビナフ・シン・カシュヤップ
出演:サルマーン・カーン(チュルブル・パンデー)、ソーナークシー・シンハー(ラッジョー)、ソーヌー・スード(チェーディー・スィン)、アルバーズ・カーン(弟マッキー)、ディンプル・カパーディヤー(母ナイヤー)

チュルブルは父が亡くなった後、暮らしていくために再婚した母と義父、再婚後に生まれた弟マッキーと暮らしている。義父は血の繋がった弟ばかり贔屓し、チュルブルは口惜しかったが母の愛情だけは変わらずそれが支えであった。
21年後、チュルブルはロビンフッドの異名を持つ警察官になっていた。悪人から金を巻き上げることもあるが、部下や庶民の味方の正義漢であった。弟マッキーは父親が甘いのをいいことに定職にもつかず、そのくせ結婚相手だけはちゃっかりと見つけていた。相手の親への持参金がないため、チュルブルのふところをあてにしている。チュルブルも美しい娘ラッジョーに出会って恋に落ち、猛アタックを開始するが、酒びたりの父の世話をしている親孝行なラッジョーはなかなか承知してくれない。
そのころ、権力の座を狙う野心家の若い政治家チェーディーは、なにかにつけ邪魔をするチュルブルを排除しようと画策していた。

インド映画界に君臨する「3カーン」(サルマーン・カーン、シャー・ルク・カーン、アミール・カーン)のうち、マッチョな身体とレット・バトラーのような髭が特徴のサルマーン・カーンがアクションに恋にと大活躍するエンターテイメント作品。来年50歳になりますが、若いです!
ソーナークシー・シンハーは両親とも俳優、モデルとして活躍していましたが、親子ほど年の違う大スターの相手役となったこの作品で大ブレイクしました。ちょっと悪女っぽい雰囲気の美女。弟マッキーのアルバーズ・カーンはサルマーンの実の弟なんだそうです。
「ダパン♪ダパン♪」と繰り返される呪文のようなテーマ曲がすっかり刷り込まれて、見終わった後頭の中でヘビロテしてしまいます。阿波踊りと同じで、一緒に踊ってしまえば楽しさ倍増。マサラ上映(映画と一緒に踊りまくる)で存分にお楽しみください。
シネスイッチ銀座で大ヒット上映中の『マダム・イン・ニューヨーク』とこの『ダバング 大胆不敵』を買い付けしたのが映画好きの個人の方で、映画上映のために脱サラして会社を立ち上げたというのに驚きました。
これも大ヒットして資金を回収し、またぜひ次に繋がりますように(白)。
◎詳しくは「ボリウッド映画を買ってみました」をご覧下さい。
http://obanaza.cocolog-nifty.com/blog/

「歌って!踊って!インド映画祭」では、ほかに『あなたがいてこそ』、『バードシャー テルグの皇帝』が初の劇場公開。
伝説の2作品のマサラ上映もあります。お見逃しなく!
『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』( 2007年/169分)
『ムトゥ踊るマハラジャ』 (1995年/166分)


2010/インド/カラー/126分/シネスコ
http://www.u-picc.com/Dabangg/
配給:太秦
★7月26日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開予定
posted by shiraishi at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2つ目の窓(英題:STILL THE WATER)

hutatume.jpg

監督・脚本:河瀬直美
撮影:山崎裕
美術:井上憲次
出演:村上虹郎(界人)、吉永淳(杏子)、松田美由紀(イサ)、杉本哲太(徹)、渡辺真起子(岬)、村上淳(篤)、榊英雄(刺青の男)、常田富士男(ジイ)

旧暦8月の奄美大島。高校生の界人(かいと)は祭りの晩に海に浮かぶ男の遺体を発見する。誰にも知らせず、その場から逃げ出す界人を、同級生の杏子が見つめていた。
界人は小学生のころ離婚した母に連れられて島に移ってきた。このごろ母が見せる女の部分がけがらわしく感じられてならない。島で生まれ育った杏子は、食堂を営む父と、ユタ神様の母イサに愛されてきたが、母は重い病で死期がせまっていた。

多感な年頃の少年少女の物語が奄美大島の自然を背景に語られます。もう一組の主人公が対照的な2人の母。都会で暮らして離婚し、現実と格闘している生身の女の岬。人の見えないものを見、神の言葉を身近に聞き、すべてをあるがままに受け入れるイサ。イサのように生きられたらいいなぁと思うものの、たいていは岬のように頑張っていくのでしょう。女手で家計を支えようとすれば肩肘はらざるをえません。
虹郎と杏子がういういしく、島の行事や歌や踊りも織り込まれています。自然と神と人が抗わずに共存しているこの島ならではの作品です。
界人役の村上虹郎くんは父親役の村上淳と歌手UAさんとの息子です。実際に離婚した母UAさんと沖縄で暮らし、カナダの高校に留学中の17歳。これが俳優デビュー作で、初の父子共演となりました。(白)


2014年/日本・スペイン・フランス/カラー/120分/シネスコ
配給:アスミック・エース
(c)2014“FUTATSUME NO MADO” Japanese Film Partners, Comme des Cinemas, ARTE France Cinema, Luis Minarro.
http://www.futatsume-no-mado.com/

映画『2つ目の窓』ブログ
http://futatsume.amamin.jp/

★7月26日(土)全国公開
posted by shiraishi at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。