2014年07月20日

めぐり逢わせのお弁当  原題:Dabba  英題:THE LUNCHBOX

監督・脚本:リテーシュ・バトラ(長編初監督作品)
出演:イルファーン・カーン、ニムラト・カウル、ナワーズッディーン・シッディーキー 

大都会ムンバイで、125年も続いている家庭から仕事場へのお弁当配送サービス。5千人ものダッバーワーラー(お弁当配達人)が人海戦術で毎日20万個ものお弁当を配送しているが、誤配は6百万個に一つとのバーバード大学の調査結果。本作は、奇跡的に間違って届いたお弁当を巡る物語。

結婚して数年、夫の気持ちがほかの女性に向いているのを感じているイラ。お弁当配達人が取りに来る時間に向けてお弁当を作っていると、上の階に住むおばから、「秘伝の心を取り戻すスパイスを入れなさい」と、籠が降りてくる。秘伝のスパイスを仕上げにひとつまみ。その日、なめたように綺麗な空のお弁当箱が戻ってくる。なのに、夫は「カリフラワーが美味しかった」と入れてもいないオカズを褒めるばかりで素っ気ない。誤配されたと気づいたイラは、お弁当にそっと手紙をしのばせる。

イラのお弁当を受け取ったのは、保険会社に勤めるサージャン。妻に先立たれ、お昼は食堂の仕出し弁当だ。いつになく美味しい弁当が届く。早期退職を決めた彼は、食堂に辞める日を伝えに行ったついでに今日の弁当を褒める。翌日、チャパティの下に手紙を見つけ誤配を知る。二人の手紙の交換が始まる・・・
meguriawwase saajan.jpg

(C) AKFPL, ARTE France Cinema, ASAP Films, Dar Motion Pictures, NFDC, Rohfilm-2013

夫の気持ちをなんとか取り戻そうとするイラ。
亡き妻をもっと理解してあげればよかったと悔やむサージャン。
退職するサージャンの後任シャイクは、孤児。恋人の父親がなかなか結婚を認めてくれない。
上の階からイラに助言を送るおばは、寝たきりの夫の為に自家発電機を買ってまで介護中。
イラの父が亡くなり、死んだらどうしようと思っていたのに空腹しか感じないという母・・・
イラとサージャンを中心に、人生に起こる様々な問題をたっぷり盛り込んであって、観る人の誰もが、きっとどこかで自分に重ね合わせてみることができるでしょう。
イラは顔も知らないサージャンと手紙をやりとりする内に、国民総幸福量の高いブータンに行く夢を抱き始めます。男になんか頼らない! 自分の人生を歩もうとするイラを俄然応援したくなりました。
そして何より、ダッバーワーラーたちが列車の中で歌う姿にじ〜んときました。時間との勝負で家庭からお弁当をピックアップして、自転車や歩きで駅まで運び、ほっとするひと時。今日もムンバイの町の喧騒の中を彼等は汗だくになって、妻と夫を繋ぐお弁当を運んでいるのでしょうね。そして、一つ一つのお弁当に、人生のドラマがあるのですねぇ。
meguriawwase ira.jpg

(C) AKFPL, ARTE France Cinema, ASAP Films, Dar Motion Pictures, NFDC, Rohfilm-2013

イラがいつもつけているネックレスは、マンガラ・スートラといって、婚姻の証なのだそうです。
ぜひ胸元に注意して映画をご覧ください。(インド通の友人から教えていただきました。もう一度、観なくては!の私です。)(咲)


松岡環さんの「アジア映画巡礼」にも、映画の背景がたっぷり紹介されています。とても参考になります。
お弁当誤配のヒントも映画の中にあったとか。まったく、何を観ていたのか・・・の私です。
http://blog.goo.ne.jp/cinemaasia/e/4ffb3a938538fdb3dc60aa6553021be7


2013年/インド=フランス=ドイツ/1時間45分/英語、ヒンディー語
後援:インド大使館 提供:東宝、ロングライド 配給:ロングライド 
コピーライトマーク AKFPL, ARTE France Cinéma, ASAP Films, Dar Motion Pictures, NFDC, Rohfilm−2013
公式サイト:http://lunchbox-movie.jp/
★2014年8月9日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショー
posted by sakiko at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

あなたがいてこそ(原題:MARYADA RAMANNA)

anataga.jpg

監督・脚本:S・S・ラージャマウリ
撮影:C.ランプラサード 
音楽:M.M.キーラワーニ
出演:スニール(ラーム)、サローニ(アパルナ)、ナジ二ドゥ(ラミニドゥ)、ヴェーヌゴーパール(パイレッディ)

1982年、対立する家系の抗争でラミニードゥの弟がラーガワ・ラーオに殺され、傷を負ったラーオも帰り着くなり死んでしまった。ラーミニードゥは幼い息子2人とともに弟の復讐を誓い、怖れたラーオの妻は赤ん坊のラームと都会へ逃げ出した。
28年後、ラームはオンボロ自転車で配達業をしていた。母が亡くなったので相続した土地を売ろうと(因縁の)村へ行ってみることにした。列車の中で出会った美しい娘アパルナは、ラミニドゥの娘だったのだが、何も聞かされずに育ったラームは知る由もない。アパルナが忘れたスケッチブックを手に家を訪ね、ラームが仇の息子だと気づいた一家に命を狙われることになってしまった。

簡単に言ってしまえばインド版ロミオとジュリエットのような映画なのですが、主演のラームがのんきな男なので(スーパーマリオ兄弟のような髭でなんとも愛嬌があります)シリアスな場面がみなコメディに変わります。狙われていると知ったラームは、ラミニードゥの家の中にいさえすれば殺されないと気づき、あの手この手でかわしていく場面が大笑いです。おまけにアパルナの思いにもなかなか気づきません。なんとか彼を救おうとアパルナが必死になるあたりから悲恋の様相が現れてきます。
アパルナは現代的な可愛い系美人。ラームに惹かれるのは、彼女の生き方や好みをわかってくれるから。同じものが好きって大事ですもんね。蠅の復讐劇『マッキー』で笑わせてくれたS・S・ラージャマウリ監督、今度は喋る自転車を出演させています。冒頭で登場して姿を消した後、大事な場面でまた現れるのでお楽しみに。(白)


2010年/インド/カラー/125分/テルグ語/
http://www.u-picc.com/anataga/
配給:太秦
★2014年7月26日(土)よりシネマート六本木ほか
posted by shiraishi at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダバング 大胆不敵(原題:DABANGG)

dapan.jpg

監督:アビナフ・シン・カシュヤップ
出演:サルマーン・カーン(チュルブル・パンデー)、ソーナークシー・シンハー(ラッジョー)、ソーヌー・スード(チェーディー・スィン)、アルバーズ・カーン(弟マッキー)、ディンプル・カパーディヤー(母ナイヤー)

チュルブルは父が亡くなった後、暮らしていくために再婚した母と義父、再婚後に生まれた弟マッキーと暮らしている。義父は血の繋がった弟ばかり贔屓し、チュルブルは口惜しかったが母の愛情だけは変わらずそれが支えであった。
21年後、チュルブルはロビンフッドの異名を持つ警察官になっていた。悪人から金を巻き上げることもあるが、部下や庶民の味方の正義漢であった。弟マッキーは父親が甘いのをいいことに定職にもつかず、そのくせ結婚相手だけはちゃっかりと見つけていた。相手の親への持参金がないため、チュルブルのふところをあてにしている。チュルブルも美しい娘ラッジョーに出会って恋に落ち、猛アタックを開始するが、酒びたりの父の世話をしている親孝行なラッジョーはなかなか承知してくれない。
そのころ、権力の座を狙う野心家の若い政治家チェーディーは、なにかにつけ邪魔をするチュルブルを排除しようと画策していた。

インド映画界に君臨する「3カーン」(サルマーン・カーン、シャー・ルク・カーン、アミール・カーン)のうち、マッチョな身体とレット・バトラーのような髭が特徴のサルマーン・カーンがアクションに恋にと大活躍するエンターテイメント作品。来年50歳になりますが、若いです!
ソーナークシー・シンハーは両親とも俳優、モデルとして活躍していましたが、親子ほど年の違う大スターの相手役となったこの作品で大ブレイクしました。ちょっと悪女っぽい雰囲気の美女。弟マッキーのアルバーズ・カーンはサルマーンの実の弟なんだそうです。
「ダパン♪ダパン♪」と繰り返される呪文のようなテーマ曲がすっかり刷り込まれて、見終わった後頭の中でヘビロテしてしまいます。阿波踊りと同じで、一緒に踊ってしまえば楽しさ倍増。マサラ上映(映画と一緒に踊りまくる)で存分にお楽しみください。
シネスイッチ銀座で大ヒット上映中の『マダム・イン・ニューヨーク』とこの『ダバング 大胆不敵』を買い付けしたのが映画好きの個人の方で、映画上映のために脱サラして会社を立ち上げたというのに驚きました。
これも大ヒットして資金を回収し、またぜひ次に繋がりますように(白)。
◎詳しくは「ボリウッド映画を買ってみました」をご覧下さい。
http://obanaza.cocolog-nifty.com/blog/

「歌って!踊って!インド映画祭」では、ほかに『あなたがいてこそ』、『バードシャー テルグの皇帝』が初の劇場公開。
伝説の2作品のマサラ上映もあります。お見逃しなく!
『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』( 2007年/169分)
『ムトゥ踊るマハラジャ』 (1995年/166分)


2010/インド/カラー/126分/シネスコ
http://www.u-picc.com/Dabangg/
配給:太秦
★7月26日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開予定
posted by shiraishi at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2つ目の窓(英題:STILL THE WATER)

hutatume.jpg

監督・脚本:河瀬直美
撮影:山崎裕
美術:井上憲次
出演:村上虹郎(界人)、吉永淳(杏子)、松田美由紀(イサ)、杉本哲太(徹)、渡辺真起子(岬)、村上淳(篤)、榊英雄(刺青の男)、常田富士男(ジイ)

旧暦8月の奄美大島。高校生の界人(かいと)は祭りの晩に海に浮かぶ男の遺体を発見する。誰にも知らせず、その場から逃げ出す界人を、同級生の杏子が見つめていた。
界人は小学生のころ離婚した母に連れられて島に移ってきた。このごろ母が見せる女の部分がけがらわしく感じられてならない。島で生まれ育った杏子は、食堂を営む父と、ユタ神様の母イサに愛されてきたが、母は重い病で死期がせまっていた。

多感な年頃の少年少女の物語が奄美大島の自然を背景に語られます。もう一組の主人公が対照的な2人の母。都会で暮らして離婚し、現実と格闘している生身の女の岬。人の見えないものを見、神の言葉を身近に聞き、すべてをあるがままに受け入れるイサ。イサのように生きられたらいいなぁと思うものの、たいていは岬のように頑張っていくのでしょう。女手で家計を支えようとすれば肩肘はらざるをえません。
虹郎と杏子がういういしく、島の行事や歌や踊りも織り込まれています。自然と神と人が抗わずに共存しているこの島ならではの作品です。
界人役の村上虹郎くんは父親役の村上淳と歌手UAさんとの息子です。実際に離婚した母UAさんと沖縄で暮らし、カナダの高校に留学中の17歳。これが俳優デビュー作で、初の父子共演となりました。(白)


2014年/日本・スペイン・フランス/カラー/120分/シネスコ
配給:アスミック・エース
(c)2014“FUTATSUME NO MADO” Japanese Film Partners, Comme des Cinemas, ARTE France Cinema, Luis Minarro.
http://www.futatsume-no-mado.com/

映画『2つ目の窓』ブログ
http://futatsume.amamin.jp/

★7月26日(土)全国公開
posted by shiraishi at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

みんな生きている 飼い主のいない猫と暮らして

neko tirasi.JPG

企画・プロデュース・監督・脚本・撮影・編集: 泉悦子
音楽:カラーコードミュージック 金子文郎
録音:スタジオ キャット 竹山公一郎
アニメ・イラスト・ホームページ:「フシギナ」野田美波子 藤田美和 比楽健太
PC技術:柴田剛史
ドイツコーディネーター・ドイツ語通訳・インタビュー翻訳: 松山文子
アメリカコーディネーター・英語通訳・インタビュー翻訳: クロキナツミ

猫が多い町、練馬区にすむ「私」(監督)が、9 年前に娘がひろってきた子猫を育て始めたことから、つぎつぎと 4 匹の野良猫を保護、元野良猫との生活の中から、知らないこと、悩み、驚きを経験、ビデオカメラを手に、セミナーや地域猫の現場、野良猫にかかわるボランティア、獣医、行政の人々を取材。日本だけでなく、日本と同じ行政が犬猫殺処分をしているアメリカのオレゴン州ポートランドの公立シェルターやTNR拠点病院と、殺処分を禁止しているドイツのティアハイムベルリンや民間シェルターの野良猫対策を取材。
野良猫をめぐるハートウォーミングドキュメンタリー。話題の地域猫や保護猫カフェはじめ野良猫のホットな情報が満載!

泉悦子監督は、シネマジャーナル創設者の一人。早稲田大学文学部(演劇専修)卒業後、100本以上の官公庁、企業のPRビデオの脚本、演出を手掛ける。50歳の時、一念発起して、企業の映画基金を受け、ニューヨーク大学映画学科に短期留学。自主製作第1作『ニューヨークで暮らしています 彼女たちがここにいる理由』(2006年)に次ぐ、第 2 作目『心理学者原口鶴子の青春 100年前のコロンビア大留学生が伝えたかったこと』で、2008年山路ふみ子映画賞福祉賞を受賞。2011年『エクレールお菓子放浪記』脚本。本作品は自主製作3作目となる。
neko.jpg

映画制作のために奔走する泉さん。実は、その傍らで野良だった猫ちゃん4匹の世話に明け暮れていたのでした。しかも、それを映画にしてしまいました。
最近よく耳にするのが、格別猫が好きというわけじゃなかったのに、家の前などに居ついた猫ちゃんに情が移り保護して、家の中で飼っているという友たち。もちろん、一緒に寝て、それこそ猫可愛がり。でも、野良猫がそのように家猫として救済されるのは、ほんの一握り。この映画を観て、地域猫の概念や、殺処分をしないドイツのことなど、野良猫対策について勉強させてもらいました。(咲)


☆シネマジャーナル91号に、泉悦子監督ロングインタビューを掲載しています。
http://www.cinemajournal.net/cj/newcj.html
neko 1.jpg

猫と暮らす泉監督


☆トークイベント決定!
 ※イベントはすべて上映後、泉悦子監督との対談

7月31日(木)予定の太田快作氏が8月7日(木)に変更となりました
31日は飯田基晴監督と泉悦子監督のトークとなります。


7/26(土)
 ゲスト : 黒澤泰(地域猫の発案者 横浜市港南福祉保健センター獣医)
7/27(日)
 ゲスト : 片野ゆか(作家)
7/31(木)
 ゲスト : 飯田基晴(映画監督「犬と猫と人間と」)
8/2(土)
 ゲスト : 高木優治(元新宿保健所職員)
8/3(日)
 ゲスト : 村野君枝、荒川ヨシオ(南中野地域猫の会会長と地域猫研究家、獣医)
8/6(水)
 ゲスト : 穴澤賢(作家『富士丸な日々』シリーズ他、ミュージシャン)
8/7(木)
 ゲスト : 太田快作(ハナ動物病院院長、NPO法人ゴールゼロ副理事長)
8/9(土)
 ゲスト : 斎藤朋子(mocoどうぶつ病院院長、NPO法人ゴールゼロ理事長)
8/10(日)
 ゲスト : 亀山知弘&嘉代夫妻(人気ブログねりまねこ管理者)
8/15(金)
 ゲスト : 梅田達也(保護猫カフェねこかつオーナー)

製作・配給:(有)テス企画。 日本/2014年/カラー/ステレオ/91分/ドキュメンタリー/HDV・AVCHD
公式サイト:http://www.sepia.dti.ne.jp/tess/cat/
Facebook: http://www.facebook.com/minaikicats/
★2014年7月26日(土)よりポレポレ東中野モーニングショー
2014年あいち国際女性映画祭 招待上映決定:9月5日(金)ウィルホール
posted by sakiko at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする