2014年06月30日

消えた画(え) クメール・ルージュの真実  原題:L’Image manquante  英題:The Missing Picture

kietae tirasi.jpg

脚本・監督:リティ・パニュ
製作:カトリーヌ・デュサール
テキスト:クリストフ・バタイユ
ナレーション:ランダル・ドゥー
音楽:マルク・マーデル
人形制作:サリス・マン
撮影:プリュム・メザ
編集:リティ・パニュ、マリ=クリスティーヌ・ルージュリー
共同製作:CDP(カトリーヌ・デュサール・プロダクション)、アルテ・フランス、
ボファナ・プロダクション
リティ・パニュ監督 2013・11東京フィルメックスにて1.jpg
リティ・パニュ監督(2013年11月 東京フィルメックスにて)


1975〜1979年、ポル・ポト政権下、知識人は排斥され、私的所有権はなく、様々な伝統文化が禁じられた。数百万人の市民が虐殺された中、家族の中でただ一人奇跡的に生き延びたリティ・パニュ監督。ことごとく破棄されてしまった写真や映像を蘇らせることはできるのだろうか? 監督は、犠牲者の葬られた土で人形を作り、恐怖に支配された時代の記憶を再生する。記録映像を織り交ぜて、虐殺の成り行きが紐解かれていく。
kietae.jpg
(C) CDP / ARTE France / Bophana Production 2013 - All rights reserved


なぜこんな蛮行が許されたのか? 農村部ではベトナム戦争の余波による米軍の空爆によって村々が破壊され、反米反政府の立場からクメール・ルージュに参加する人々が増えたそうだ。
一握りの権力者の思惑で、多くの庶民が犠牲になる悲劇は今も各地で繰り返されている。歴史のうねりの中で、怪物が生み出されていく悲劇・・・ 平穏に暮らしてきたことを神に感謝するのみです。(咲)


2013年・第66回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 最優秀作品賞受賞
第86回アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート

2013年/カンボジア・フランス/フランス語/HD/95分
協力:東京フィルメックス、現代企画室、シネマトリックス、ユーロスペース
配給:太秦
公式サイト: http://www.u-picc.com/kietae/
★2014年7月5日(土)〜ユーロスペースにて驚愕のロードショー

◎公開記念「虐殺の記憶を超えて ー リティ・パニュ監督特集」
6/28(土)〜
傑作『S21 クメール・ルージュの虐殺者たち』、『さすらう者たちの地』ほかを上映
http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=572

☆トークイベント
7月1日(火)18:50『S21 クメール・ルージュの虐殺者たち』上映後 
ゲスト:森達也さん(作家・映画監督)

7月12日(土)13:40の回上映後
<クメール・ルージュを生き延びて>
ゲスト:久郷ポンナレットさん(カンボジア出身、クメール・ルージュ強制労働を経験。「虹色の空 <カンボジア虐殺>を越えて 1975-2009」、「色のない空」著者)
posted by sakiko at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カンボジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。