2014年06月29日

her/世界にひとつの彼女(原題:HER)絶賛公開中

her.jpg

監督・脚本:スパイク・ジョーンズ
主題歌:カレン・O「The Moon Song」
出演:ホアキン・フェニックス(セオドア)、エイミー・アダムス(エイミー)、ルーニー・マーラ(キャサリン)、オリヴィア・ワイルド(デートの相手)、クリス・プラット(ポール)、マット・レッシャー(チャールズ)、ポーシャ・ダブルデイ(イザベラ)
声の出演:スカーレット・ヨハンソン(サマンサ)

近未来のロサンゼルス。妻キャサリンと別れて1年のセオドアは、離婚調停中の今も未練がある。仕事の代筆業は好評で、リピーターも多い。ある日、最新式のAI(人工知能)型OS“OS1”をパソコンにインストールしてみた。簡単な質問にいくつか答えると、OS1が起動し「ハロー!」と呼びかけられた。“サマンサ”と名乗る女性の声はセクシーで、合成音とは思えない。そして「彼女」がとても有能で、ユーモアも兼ね備えていることがわかった。セオドアは携帯端末にも彼女をインストールして、いつも一緒に過ごすようになる。

チェスや将棋や囲碁のソフトと人間が対戦するとか2次元アイドルとか、少し前には考えてもみなかった。もうしばらくしたら本当にこういうことになるかも、と思う。電車のホームでも車内でも携帯やタブレットを手にした人ばかり。
最初の質問がもっと複雑ならともかく、え?と思うくらい簡単だったし、同じOSを多くの人がインストールしているはず、とはすぐに気づいた。ただ相手によって進化する度合いや方向が違っていくだろうというのがミソ。すっかりサマンサに魅せられたセオドアは毎日がばら色、そのうち相手に触れられないのがもどかしくなる。まるで遠距離恋愛のようだ。そしてサマンサの考えついた方法が・・・。いや〜。
セオドアの仕事が面白い。AIが発達しているその時代の“代書屋”というのか、“代筆ライター”。(試写を観たのがずいぶん前なので、違っていたらすみません)たしか文面を読み上げると、さらさらとソフトが文字を書いてくれていて、いいなぁと思った覚えが。他人のラブレターを代筆して感動させるセオドアも、自分の恋愛にはじたばたしてしまう。愛する対象がAIでも人間以上に人間らしく、こんな純愛もあり。
アカデミー賞脚本賞を受賞したほか、スカーレット・ヨハンソンは、ローマ国際映画祭において最優秀女優賞を受賞。声だけの出演では初とか。(白)

2013/カラー/アメリカ/126分/
配給:アスミック・エース
(C)Photo courtesy of Warner Bros. Pictures
http://her.asmik-ace.co.jp/
★6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

革命の子どもたち   英題:CHILDREN OF THE REVOLUTION

kakumeino kodomotati.jpg

監督:シェーン・オサリバン
出演:重信房子、重信メイ、ウルリケ・マインホフ、ベティーナ・ロール、足立正生、塩見孝也、大谷恭子

元日本赤軍の重信房子と元ドイツ赤軍のウルリケ・マインホフ。
1968年、学生たちによる革命運動のうねりのなか女性革命家として名を馳せた二人。ベトナム戦争で行なわれた虐殺に戦慄した彼女たちは、世界革命による資本主義勢力の打倒を目指して活動した。そして、ふたりの娘である作家兼ジャーナリストの重信メイとベティーナ・ロールが、母親たちの人生や、自身の苦難の幼少期をたどる。民主主義とは? 世界平和とは? 様々なことを問いかけるドキュメンタリー。
監督は、ロンドンを拠点に活躍するアイルランド人のドキュメンタリー映画作家。

子どもは親を選べない。革命家の母を持った娘たち。自らも命の危険にさらされて過ごした娘たちは、母たちの崇高な思いをしっかりと捉えて人生を歩んできたのだろう。
ベトナム戦争の時代、日本でも多くの普通の人たちが、反戦の声をあげて闘った。
このドキュメンタリーを観て、皆が熱く闘った時代を思い出し、あのエネルギーは、今、どこに向かっているのだろうと思う。私自身、色々な思いはあっても、行動に移せないでいるけれど、あまりにも、皆、無関心ではないか・・・ (咲)


配給:太秦  
Special Thanks:若松プロダクション
2011年/イギリス/カラー/HD/88分
公式サイト:http://www.u-picc.com/kakumeinokodomo
★2014年7月5日(土)よりテアトル新宿ほか 全国順次公開
posted by sakiko at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする