2014年06月20日

浮城    原題:浮城  英題:Floating City

監督:イム・ホー(『ホームカミング』『レッドダスト』)
出演:アーロン・クォック(『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義』)、チャーリー・ヤン(『天使の涙』『楽園の瑕 終極版』)、パウ・ヘイチン、ジョシー・ホー(『エグザイル 絆』)、アニー・リウ、カールソン・チェン

1940年代後半、戦後間もない香港。水上生活を送る貧しい蛋民の若い妻が荒れる船の上で流産してしまう。もう子どもを望めないと言われ、英国水兵にレイプされた香港女性が産んだ子を媽祖廟の境内で買い取る。ワーチュン(華泉)と名付けられた赤毛で色白の男の子は、周囲から「あいの子」とからかわれるが、母親はその後に自身が産んだ弟や妹たちと区別することなく可愛がって育てた。
母の影響で教会に通うようになったワーチュンは、牧師から学ぶことを勧められる。父の反対を押し切って夜学に通い始めるが、間もなく父が海で命を落とす。自分が買われてきた子だと知るが、一家の長として身を粉にして働き始める。東インド会社に採用されれば、住む家も貰えると知り、必死になって自分を売り込み、雑用係の職を得る。働きながら、正式な学校教育を受け、正社員となり、幼馴染の蛋民の娘・タイ(娣)と結婚する。次第に頭角を表わしてきたワーチュンに、アメリカで建築学を学んだエリート女性のフィオン(菲安)が目をかけ、上流社会での振舞い方も教え込む。時が経ち、ついにワーチュンは、東インド会社で初のアジア系重役にまで上りつめる・・・
ukishiro1.jpg
(C) 2012 Mandarin Films Limited. All Rights Reserved

実在の人物二人の人生を、ワーチュン(華泉)という一人の男に仕立てて描いた物語。
訳ありであいの子として生まれ、蛋民の貧しい夫婦に買い取られて育ったワーチュンを、ちょっとバタ臭い風貌のアーロン・クォックが好演。『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義』で、警察の副長官という貫禄あるアーロンに感慨深いものがありました。本作では、20代から50代までを演じていて、20代のワーチュンは『ケネディ・タウン・ストーリー 嵐の季節』(1990年)の時のアーロンを彷彿させてくれました。
引き取った子を必死になって育てる蛋民の若い母親を演じたジョシー・ホー、年老いた母親を演じたパウ・ヘイチン、幼馴染で妻となる蛋民の女性を演じたチャーリー・ヤン、仕事上のパートナーとなる美しいエリート女性のアニー・リウ。4人の女優たちそれぞれが魅力的。
1967年の反英運動、ベトナム戦争の影響を受けた時代、1997年の香港返還と、戦後の香港を巡る歴史的出来事を背景にした物語は、混血の一人の男だけでなく、中国とイギリスの狭間で彷徨う香港そのものの物語のようにも思えました。『レッドダスト』のイム・ホー監督の新作とあって、楽しみにしていた本作。期待を裏切りませんでした。久しぶりに香港映画らしい香港映画を観た!という思いです。(咲)


提供:ポリゴンマジック 配給・宣伝:太秦 
コピーライトマーク2012 Mandarin Films Limited. All Rights Reserved
2012年/香港/104分/広東語・北京語・英語/カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD
公式サイト:公式サイト:http://www.pm-movie.com/ukishiro/
★6月21日(土)よりシネマート六本木ほか全国順次ロードショー.
posted by sakiko at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする