2014年03月21日

60万回のトライ

60mankai.jpg
監督:朴思柔(パク・サユ)、朴敦史(パク・トンサ)
プロデューサー:岡本有佳、永田浩三
編集:村本勝
整音:滝澤修
音楽:大友良英
ナレーション:根岸季衣

2002年、ソウル出身の朴思柔監督は、ケーブルテレビのレポーターとして来日。ラグビーの聖地花園≠ノほど近い大阪朝鮮高級学校(以下朝高)を、グラウンド立ち退き問題で取材する。大阪はラグビーの強豪がひしめいている激戦区。条件の悪い中、全国大会を目指し、ひたむきに練習に励む朝高ラグビー部員たち。練習終了後、グラウンドに向かってお辞儀をする彼らに強い印象を受ける。
2010年1月、全国大会準決勝まで勝ち進み3位入賞を果たす。このときから3年間の密着取材が始まった。激しいスポーツのため怪我はしょっちゅうで、ときには入院することもある。要のガンテ主将やセンターのユインが怪我で泣いたときは、チームが一丸となってカバーした。ラグビー部OBの父親を始め、支える家族や級友、彼らを応援する人たちは皆熱い!
 
個性豊かで、元気で、ガッツのある純な彼らが、笑ったり泣いたりするのを観ていると、観ているこちらも心から応援したくなる。スポーツは国籍も民族も越えて、正々堂々と戦われるものだ。特にラグビーでは、試合が終了するときに「ノーサイド(No Side)」という言葉が使われている。「試合が終われば敵味方なく、双方が健闘を讃えあう」ラグビー精神がこめられているのだそうだ。
いつもはラグビーが大好きで屈託のない普通の男の子たちだが、日本と韓国との間で自分のアイデンティティーに悩んだり、高校授業料の無償化から除外されている問題と向き合ったりの場面もある。彼らは卒業し、大学生や社会人となった。タイトルの60万は在日朝鮮人の数である。(白)

●朴思柔(ぱく・さゆ)監督トリミング.jpg   ●朴敦史(ぱく・とんさ)監督.jpg

写真左:朴思柔監督  右:朴敦史監督 (撮影:宮崎暁美)

2013/日本/カラー/106分
配給:浦安ドキュメンタリーオフィス
http://www.komapress.net/

★3/15より28まで、オーディトリウム渋谷、3月下旬以降、第七藝術劇場にて、ロードショー!!
以降、全国順次ロードショー予定。
posted by shiraishi at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友だちと歩こう

tomodati.jpg

監督:緒方明
脚本:青木研次
撮影:藤井良久
音楽:coba
出演:上田耕一(富男)、高橋長英(国雄)、斉藤陽一郎(トガシ)、松尾諭(モウリ)、山田キヌヲ(サツキ)、水澤紳吾(シマヅ)、野沢寛子(イト)、林摩耶(ミイ)

団地で一人暮らしの富男は、毎日杖をついて煙草を買いに行くのが日課だ。同じ独居老人の国雄も富男を待って、買い物がてら散歩に出る。足の不自由な2人には結構な距離だが、ちょうどいい運動になる。途中で松葉杖をつくイトに出会ったかと思えば、カフェではトガシとモウリの口論が始まっている。モウリはトガシを誘って元妻のいる家に向かうが・・・。

ご近所ロードムービーと銘打った、同じ速さで歩く人々のちょっとした出来事が綴られている。独居老人組は怪我や病気のせいなのか足元がおぼつかないが、悲壮に描かず、ユーモアが漂っている。
30代組はいつまでも大人になりきれない中途半端さが見える。なんだか危なっかしいのと頼りないのとで、心配になってしまう二組の男たちだ。一人で生活をたててきたサツキ、しっかりものらしいウエイトレスのミイが男たちの後押しをする。生きていくしんどさと、それでもいいこともあるかも、という期待がないまぜになって少し切ない。(白)


2013/日本/カラー/89分/ビスタサイズ
配給:マジック・アワー
(C)友だちと歩こうプロジェクト
http://www.tomodachito.com/

★3月22日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

ドラゴン・コップス-微笑(ほほえみ)捜査線-(原題:不二神探)

dragon cops.jpg
監督:ワン・ジーミン
脚本:チャコール・タン 、チアン・チューヤン
武術指導:コリー・ユン
出演:ジェット・リー(ホアン・フェイホン)、ウェン・ジャン(ワン・プーアル)、ミシェル・チェン(アンジェラ)、リウ・シーシー(リウ・チンシュイ)、リュー・イエン(タイ・イーイー)スティーヴン・フォン(リウ・チュン)、ブルース・リャン(リウ・シン)

香港では不可解な死亡事件が3件連続して起こっていた。原因はそれぞれ異なるものの、どの遺体にも微笑みがうかんでいるのだ。ベテラン刑事のホアンは定年を間近にして株取引に夢中。腕はたつのに難事件に関わらずにすまそうという魂胆。かたや相棒として組まされたワンは気合はあるが、そそっかしくて女に弱い。彼らの上司アンジェラは、年若いキャリア組でこのデコボココンビが頭痛の種だ。この3人が「微笑み死亡事件」の担当となり、4人目の遺体に殺人事件の匂いをかぎつける。調べるうちに、売れない女優のリウ・チンシュイがこの4人の男性と付き合いがあったことがわかった。

『海洋天堂』(2010)の情愛深い親子役で、観客を泣かせたジェット・リーとウェン・ジャンが、今回は刑事コンビ。コリン・チョウ、ウー・ジン、ブルース・リャンとのアクションなど、見せ場たっぷり。このメンツでのバトルが観られるとは!アクションファンなら感涙ものです。
一方、チャラ男プーアルが引き起こす笑わせどころも多いです。『あの頃、君を追いかけた』の高校生役が今も印象に残っているミシェル・チェンも、ワイヤーワークに挑戦、ボケっぷりも可愛く癒し系。NGシーンもありますので、見逃さないよう最後までお席に。(白)
  

2013/中国/カラー/98分/シネスコ 
配給:東京テアトル、ハピネット 
(C)2013 BEIJING ENLIGHT PICTURES CO., LTD.HONG KONG PICTURES INTERNATIONAL LIMITEDALL RIGHTS RESERVED.

http://dragon-cops.com/

★3月21日(金・祝)シネマート六本木、シネマート新宿ほか、全国春休み大公開!
posted by shiraishi at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォルト・ディズニーの約束(原題:Saving Mr.Banks)

waltdisnynoyakusoku.JPG  
監督:ジョン・リー・ハンコック 
撮影:ジョン・シュワルツマン
音楽:トーマス・ニューマン
出演:トム・ハンクス(ウォルト・ディズニー)、エマ・トンプソン(P.L.トラヴァーズ)、コリン・ファレル(トラヴァース・ゴフ)、ポール・ジアマッティ(ラルフ)、ジェイソン・シュワルツマン(リチャード・シャーマン)、ブラッドリー・ウィットフォード(ドン・ダグラディ)、ルース・ウィルソン(マーガレット・ゴフ)、B・J・ノヴァク(ロバート・シャーマン)、メラニー・パクソン(ドリー) 

ウォルト・ディズニーは世界中で愛されている児童文学「メリー・ポピンズ」を映画化しようとしていた。イギリスに住む原作者のP.L.トラヴァースに連絡するが、にべもなく断られる。説得しようとアメリカに招待するとしぶしぶやってくるが、提案するミュージカルやアニメの案にもことごとく反対する。彼女はなぜそんなにも頑なに拒むのか?幼いころのトラヴァースとその父親との関係に、その理由があることにウォルトは気づく。

映画化された『メリー・ポピンズ』はジュリー・アンドリュースが主演、楽しいストーリーに織り込まれた多くの歌とともに忘れられない名作になりました。その誕生の裏にはこんな実話が隠されていました。気難しいトラヴァースをエマ・トンプソン、いつもきゅっと腕組みしているポーズに、他人に滅多に心を許さない用心深さが現れています。逆にトム・ハンクスのウォルトは、誰にも両手を広げて暖かく迎える人懐こさがあります。
子どもの頃、テレビで見ていたウォルト・ディズニーはスーツの似合う素敵なおじ様でした。まだそんなにテレビが普及していなくてテレビのあるお家でそこの家族と一緒に見るのです。この映画の中で、その番組「ディズニーランド」の部分が再現されていてとても懐かしかったです。これを観た後は絶対『メリー・ポピンズ』を観たくなりますよ〜。(白)

2013/アメリカ/126分/シネスコ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
 (c)2013 Disney Enterprises, Inc.
http://www.disney.co.jp/movies/walt

 ★3月21日(金・祝)全国公開
posted by shiraishi at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LIFE!(原題:THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY)

lifeikiterumaniumarekawarou.JPG
監督:ベン・スティラー 
原作:ジェームズ・サーバー
原案・脚本:スティーヴ・コンラッド
撮影:スチュアート・ドライバーグ 
出演:ベン・スティラー(ウォルター・ミティ)、クリステン・ウィグ(シェリル・メルホフ)、ショーン・ペン(ショーン・オコンネル)、シャーリー・マクレーン(エドナ・ミティ)、アダム・スコット(テッド・ヘンドリックス)、キャスリン・ハーン(オデッサ・ミティ)、シャーリー・マクレーン(エドナ・ミティ)

ウォルターはグラフ雑誌「LIFE」の写真管理部で長年働いている。地味で不器用な性格ゆえに、好意を抱いている経理部のシェリルにも気軽に話せない。毎日規則正しく同じ生活を繰り返す彼の唯一の楽しみは「空想」すること。その中ではどんなことだって可能なのだ。
デジタル化の波は会社にも押し寄せ、新しいボスはウォルターをリストラの対象にしている。そんなときに最終号の表紙を飾る写真のネガが見当たらない!しかも尋ねようにも、カメラマンで冒険家のショーンが今どこにいるのか、全くわからないのだった。

お久しぶりな感じがするベン・スティラーの監督&主演作。
ウォルターは、スーパーマンのように活躍する自分を空想します。はためには「ぼんやり」としか見えないのだけど。しかし、ショーンを探す旅はそんな空想を越えた自在ぶりです。臆病で不器用な自分から脱皮するウォルターに力づけられる人も多いことでしょう。私は出版界がデジタル化に押されて、というところが身につまされました。 
ここと思えばまたあちら、とウォルターを苦労させるショーンを演じるショーン・ペンが、髭ぼうぼうのむさいスタイルなのに、とってもカッコイイのにびっくり、母親役のシャーリー・マクレーンも素敵。ロケーションの素晴らしさも堪能してください。(白)

2013/アメリカ/カラー/114分/シネスコ
配給:20世紀FOX映画
(C)2013 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies.jp/life/

★3月19日(水) TOHOシネマズ 日劇ほかロードショー
posted by shiraishi at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。