2014年02月13日

大統領の執事の涙 LEE DANIELS' THE BUTLER

daitoryo.jpg
監督:リー・ダニエルズ
原作:ウィル・ヘイグッド
脚本:ダニー・ストロング
撮影:アンドリュー・ダン
音楽:ホドリゴ・レオン
出演:フォレスト・ウィテカー(セシル・ゲインズ)、オプラ・ウィンフリー(グロリア・ゲインズ)、デヴィッド・オイェロウォ(ルイス・ゲインズ)、テレンス・ハワード(ハワード)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(アナベス)、レニー・クラヴィッツ(ジェームズ・ホロウェイ)

奴隷解放後のアメリカ南部。幼いときから農園で働くセシルは、白人に父親を殺された後、ハウス・ニガー(家働きの下男)として登用され白人の下での作法を身につける。一人で生きようと街へ出ていき、幸運な出会いとたゆまぬ努力の結果、高級ホテルのボーイとなった。そこでの仕事ぶりが認められ、ついにホワイトハウスの執事に大抜擢される。執事として空気のように自らの存在を消し、求められる回答をし、的確に仕事をこなし、大統領たちの信頼を獲得する。しかし仕事に打ち込むあまり、家庭は妻にまかせきり。長男は公民権を求めて過激な反政府運動に身を投じ、次男はベトナム戦争へと志願する。

激動の時代、ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事。実話をベースに『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督が、セシルの目を通して、時代と、それに翻弄された家族を描いた作品。差別の中で生き続けてきた黒人の歴史でもあります。観ていて楽しいのは、アイゼンハワーからオバマ大統領まで、誰もが知っている歴代大統領を演じる俳優たち。レーガン大統領のアラン・リックマン、ナンシー夫人のジェーン・フォンダがとってもよく似ていました。(白) 
2013年/アメリカ/カラー/132分
 配給:アスミック・エース
 (C)2013,Butler Films,LLC.All Rights Reserved.
 ★2月15日(土) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
posted by shiraishi at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エージェント:ライアン JACK RYAN SHADOW RECRUIT

agentryan.JPG
監督:ケネス・ブラナー
脚本:アダム・コザッド 、デヴィッド・コープ
撮影:ハリス・ザンバーラウコス
音楽:パトリック・ドイル
出演:クリス・パイン(ジャック・ライアン)、ケヴィン・コスナー(ハーパー)、ケネス・ブラナー(チェレヴィン)、キーラ・ナイトレイ(キャシー・ミューラー)

アフガニスタンの戦場で負傷したジャック・ライアンは入院先で出会ったキャシーと恋に落ち、共に暮らすようになった。ウォール街のアナリストとして復帰したライアンにCIAのハーパーが接触してきた。ロシアの実業家チェレヴィンの動向を探り、報告せよという。デスクワークから生命の危険に脅かされるCIAエージェントへ。まだ結婚していないキャシーには打ち明けられない。秘密の増えたライアンに疑いを抱いた彼女が突然出張先にやってくる。

活躍著しいクリス・パインが人気の“ジャック・ライアン”シリーズに登場。誕生から30周年になるこのシリーズでは、そのときどきの世界情勢や国際問題を背景に、天才的な分析能力を持つジャックが活躍します。本作はCIAエージェントにリクルートされる始まりから、ロシアでは息もつかせないアクションの連続です。紅一点のキーラ・ナイトレイもお飾りではありません。字幕監修にトム・クランシー愛読者のジャーナリストの池上彰氏。(白) 

2014年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/上映時間:1時間46分
配給&宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
(c) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
公開日:2月14日(金)先行、15日(土)全国公開

http://www.agentryan.jp/
posted by shiraishi at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする