2014年02月21日

ドストエフスキーと愛に生きる   原題:5頭の象と生きる女

監督・脚本:ヴァディム・イェンドレイコ

出演: スヴェトラ-ナ・ガイヤー、アンナ・ゲッテ、ハンナ・ハーゲン、ユルゲン・クロット

 

ロシアの文豪ドストエフスキーのずっしり重い5大長編『罪と罰』、『カラマーゾフの兄弟』、『悪霊』、『未成年』、『白痴』を5頭の象と呼び、生涯をロシア文学のドイツ語への翻訳に捧げたロシア人女性スヴェトラーナ・ガイヤーさんの物語。

1923年、旧ソ連ウクライナのキエフで生まれる。

1938年、15歳の時、父がスターリンの大粛清で収監される。18ヵ月後、奇跡的に監獄から生還するが半年後に亡くなる。ソ連で政治犯の娘に将来はないと、母親は彼女に生きる術に外国語を学ぶように勧める。彼女はドイツ語やフランス語を学ぶ。

1941年、高校生の時、ドイツが侵攻してくる。キエフのユダヤ人3万人以上がバビ・ヤール渓谷で銃殺される。親友も犠牲になる。

その頃、彼女はナチス将校ケルシェンブロック伯爵と出会い、通訳を務めるようになる。1943年、ソ連軍がキエフを奪還する気配を察した彼女は、ドイツに逃れる。ドイツでは、外国人旅券を特別に与えられ、大学にも通う。ドイツ敗戦後も故郷に帰らずドイツで暮らす。

341127_008.jpg
 歴史に翻弄されながらも、自分の道を静かにまっすぐ貫いたスヴェトラーナ・ガイヤーさんの生き様に感銘を受けました。
 戦後、一度も故郷に帰らなかった彼女が、65年ぶりに孫娘を連れてウクライナに向かいます。監督も彼女を撮り始めたときには想定していなかったそうです。
「今まで帰らなかった理由は?」と監督に尋ねられて、「逆に帰る理由がなかった」と答える彼女。しばらく遠くを眺めて、「なぜかしらね。簡単には言えない。遠い昔の話」と微笑む姿に、いろんな思いが交錯しているのを感じました。
dostoevski.jpg
  また、この映画を観て痛感したのは翻訳がいかに緻密な心が必要な仕事であるかということ。友人の音楽家のクロット氏が翻訳したものを朗読しながら、「ここは句読点を入れれば」とアドバイスするけれど、「原文にはないわ」とぴしゃりと答える厳格さ。

 中学生の頃、父が買ってくれた世界文学全集の翻訳は、ちょうど英文法を習い始めた頃ということもあって、英語の構文が思い浮かぶような直訳に近いものが多かったのを思い出します。あくまで翻訳だから原文に忠実でなければならないけれど、翻訳者に必要なのは、語学力だけでないことを感じます。私の恩師でペルシア文学研究者の岡田恵美子先生の翻訳は、実に美しい日本語で、まるでご本人の創作であるかのよう。ペルシア文学やイランの歴史に対する深い知識、さらにイラン人気質を理解してこその翻訳なのですが、日本語の語学力や表現力が前提。翻訳者に憧れたこともありましたが、早々に諦めて正解でした!(咲)

2011年山形国際ドキュメンタリー映画祭市民賞インターナショナル・コンペティション部門2冠受賞

スイス、ドイツ/2009年/ドイツ語、ロシア語/カラー、モノクロ/デジタル/93

公式HP http://www.uplink.co.jp/dostoevskii/

★2014年2月22日(土)より、渋谷アップリンク、シネマート六本木ほかにて全国順次公開



☆『ドストエフスキーと愛に生きる』公開記念トークイベント (予約可)

 【場所】渋谷アップリンク

http://www.uplink.co.jp/movie/2013/20712

2/23(日)12:45〜の回

【上映後トークショー】 ゲスト:野崎歓さん(フランス文学者・翻訳家)


2/26(水)1900〜の回
【上映後トークショー】 ゲスト:鴻巣友季子さん(翻訳家・エッセイスト)

3/2(日)12:45〜の回

【上映後トークショー】 ゲスト:岸本佐知子さん(翻訳家)

※このイベントは文芸フェスのサテライトイベントでもあります


3/6(木)1900〜の回
【上映後トークショー】 ゲスト:柴田元幸さん(アメリカ文学研究者・翻訳者)

★写真展 「言語をほどき紡ぎなおす者たち──

海外文学界の第一線で活躍する翻訳家9名の仕事場を訪ねて」

【日時】2014219日(水)〜33日(月)

【場所】渋谷アップリンク・ギャラリー 

150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1

【撮影】荒牧耕司

【料金】入場無料

 

posted by sakiko at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

猫侍

nekozamurai.JPG
監督:山口義高

出演:北村一輝(斑目久太郎)、蓮佛美沙子(お梅)、浅利陽介(前場新助)、戸次重幸(三郎太)、洞口依子(白滝)、寺脇康文(島崎新右衛門)、温水洋一(仁太)、津田寛治(源七郎)、横山めぐみ(お静)、斎藤洋介(相川一家親分)、小野寺昭(米沢一家親分)

幕末。かつては加賀藩で百人斬りとして知られた斑目(まだらめ)久太郎、今は内職で食いつなぐ貧乏浪人。町では二つの一家が覇を競っていたが、久太郎のもとに“犬派”の米沢一家から“猫派”の相川親分が飼っている白猫・玉之丞の暗殺依頼がきた。大枚の報酬につられて玉之丞を斬ろうとしたが、つぶらな瞳に見つめられ、どうしても手にかけることができなかった。久太郎はこっそり長屋に連れ帰ってしまう。

眉間にしわを寄せた剣豪が白猫にはデレデレしてしまうギャップ、北村一樹さんと白猫コンビが微笑ましいです。口数が少ない分ボソッと入る久太郎の心の声にニヤニヤしてしまいました。猫が可愛いだけでなく、いろんな表情を見せています。顔が微妙に違うので、全部同じ猫ではなさそうですが美猫には違いありません。イタリア人にもなれる(?)濃い顔立ちの北村さんですが、地毛をうまく使った髷や衣裳もよく似合っていました。(白)

2013年/日本/カラー/100分/ビスタ
配給:AMGエンタテインメント
(C) 2013「猫侍」製作委員会

★3月1日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー(原題:KICK-ASS 2)

kick.jpg
監督・脚本:ジェフ・ワドロウ
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン(デイヴ・リゼウスキ/キック・アス)
クリストファー・ミンツ=プラッセ(クリス・ダミコ/マザー・ファッカー)
クロエ・グレース・モレッツ(ミンディ・マクレイディ/ヒット・ガール)
ジム・キャリー(サル・バートリー/スターズ・アンド・ストライプス大佐)
モリス・チェスナット(マーカス・ウィリアムズ)

一時は普通の学生に戻ったデイヴだったが、町の平和のために今度こそ本物のヒーローを目指すことにした。元マフィアのスターズ・アンド・ストライプス大佐ら新しい仲間を募り、ヒーロー軍団「ジャスティス・フォーエバー」を結成する。一方復讐に燃えたレッド・ミストが「マザー・ファッカー」と改名し、最凶の悪党軍団で暴れ始めていた。
ヒット・ガールことミンディは父亡き後、後見人となったマーカスに諭され、「普通の女の子」として生活しようとしていた。メイクアップやドレスにおずおずと挑戦するミンディ、彼女がヒット・ガールに復帰する日はいつ?

前作もかなりぶっとんでいましたが、さらにパワーアップした第2弾。ヒーロー軍団は人数が増えたものの大佐以外あまり強そうではないのですが、悪党軍団は金にあかせて集めただけあって凄いメンバーです。特に怖いのがマザー・ロシア!!予算も増大したんだろうなという派手さ加減。15歳以上でもご注意ください。ヒット・ガール役のクロエちゃんはますます綺麗になりました。(白) 

2013/イギリス/カラー/103分/シネスコ/R15+ 
配給:東宝東和 
(C) 2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
http://kick-ass-movie.jp/

★2月22日(土)公開
posted by shiraishi at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラヴレース LOVELACE

lovelace.JPG
監督:ロブ・エプスタイン、ジェフリー・フリードマン 
脚本:アンディ・ベリン 
出演:アマンダ・セイフライド(リンダ・ラヴレース)、ピーター・サースガード(チャック・トレイナー)、シャロン・ストーン(ドロシー・ボアマン)、クロエ・ゼヴィニー(レベッカ)、ジェームズ・フランコ(ヒュー・ヘフナー) 

敬虔なカトリックの厳格な両親に育てられたリンダは、失恋後に出逢ったチャック・トレイナーに夢中になった。初めは大人で優しいと思われたチャックは、しばらくすると本性を現し、従順なリンダをポルノ映画に出演させる。チャックに授けられた秘技を披露した『ディープ・スロート』で主演すると映画は大当たり。反体制のシンボルとして祭り上げられ、セレブや女性も劇場に足を運んで、世界中で大ヒットした。しかしリンダが受け取ったギャラはわずか、両親を嘆かせたポルノ女優というレッテルは容易にはがすことはできなかった。


ラブレースの名前は知らなくても、有名な映画タイトルは記憶にあります。アマンダ・セイフライドが、ソバカスいっぱいの普通の女の子リンダ役、ポルノ映画に出演して人生が変わっていくのを演じています。横暴な夫のピーター・サースガードと支配的な母シャロン・ストーンも、プレスを見るまでそれとわからなかったなりきりっぷり。
夫に無理強いされた映画がどれだけヒットしても、リンダの幸せにはすこしも貢献せず、その後の人生にマイナスになるばかりだったのが痛ましいです。もっと自由なイメージがあったアメリカでも、女性が社会的にも性的にも抑圧されていたのが垣間見られた作品。(白) 

(C)2012 LOVELACE PRODUCTIONS, INC. 配給:日活
 2012年/アメリカ/カラー/93分/ビスタ/R18+ 
 http://lovelace-movie.net/ 


★3月1日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー 
posted by shiraishi at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

まちや紳士録

machiya4.jpg

監督:伊藤有紀

音楽:原みどり

デザイン・写真:白水高広(うなぎの寝床)

 machiya1.jpg

福岡県南部の八女市。その一角にある美しい白壁の町家が軒を並べる福島地区は、2002年に重要伝統的建造物群保存地区に選定され、住民たちは町並み保存に日々奮闘している。

八女茶と並び有名なのが、手漉き和紙や石燈籠、仏壇、提灯などの伝統工芸。年商はかつての1割ほどに落ち込み、技術の継承者不足も悩みの種だ。そんな中、古い建物の魅力に惹かれ、よそから移り住み、町の一員として町の復興を考える若い人たちもいる。

本作は、縁あって町家の一角を借りた伊藤有紀監督が、2年間にわたって町の人たちにカメラを向けて綴った1作。
machiya2.jpg

「まちや」と聞いて、東京の町屋?と思ったら、福岡・八女福島に残る伝統的な「町家」でした。40年程前、八女に程近い福岡の瀬高にあったルノワルユースホステルに泊まっていた時、八女で燈籠人形の出るお祭りをやっていると聞いたのですが、鉄道駅からは遠く、バスの便もよくわからなくて行くのを諦めたのでした。(今なら、ネットですぐに調べられるのに!) 本作の中で、福島八幡宮の境内にお祭りの期間だけ3層2階建ての大きな屋台が組まれ、そこで燈籠を頭に載せたからくり人形の芝居が上演されることを紹介していました。監督に伺ったら、今年も秋分の日前後に開催されるとのこと。アジアフォーカスと組み合わせて行ける日程。相変わらず交通の便は悪いようですが、ぜひ行かねば!

 

思えば、20代の頃、日本各地の古い町並みが残る町をよく訪ね歩いたものです。その後、ディスカバージャパンのキャッチフレーズで脚光を浴びて、すっかり観光地と化してしまった町も多数。戦前は日本のどこにもあった美しい伝統的な町並み。今や、国から重要伝統的建造物群保存地区に指定されないと、町並みを守れない悲しさ。それでも、伝統的家屋を維持するのは、技術的にも費用的にも大変で、住む人の覚悟が必要なことを本作は教えてくれます。監督と同じようによそからやってきて、八女に住んで、町家を生かして地域の復興に携わる若い人たちの生き生きした姿に、日本人も捨てたもんじゃないと思いました。後に続く人が大勢出てくれることを願うばかりです。(咲)

 

画像提供:グループ現代

 

制作・配給:グループ現代

2013/88/HDCAM/16:9/カラー/日本/ドキュメンタリー

公式サイト:http://www.yame-machiya.info


201431日よりシアター・イメージフォーラムにて公開!!

連日11:00〜 《暮らしと伝統をみつめるモーニングショー!
posted by sakiko at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする