2017年04月23日

イップ・マン 継承(原題:葉問3)

ipman3.jpg

監督:ウィルソン・イップ
脚本:エドモンド・ウォン
撮影:ツェー・チュントー
アクション監督:ユエン・ウーピン
音楽:川井憲次
出演:ドニー・イェン(イップ・マン)、リン・ホン(ウィンシン)、マックス・チャン(チョン・ティンチ)、マイク・タイソン(フランク)、パトリック・タム(サン)、ケント・チェン(ポー)、チャン・クォックワン(ブルース・リー)

1959年香港。イップ・マンは愛妻と小学生の息子とこの街に暮らし、“詠春拳”の普及に力を注いでいる。気がかりなのは妻の体調が思わしくないこと。
好景気に沸く中、悪徳不動産業者が小学校の土地に目を付け、いやがらせを繰り返していた。裏社会を牛耳っている不動産王フランクが、立ち退かせようと手をまわしていたのだった。イップ・マンは街と妻子を守るために、人々と共に立ち向かうのだが。

『イップ・マン 序章』(2008)『イップ・マン 葉問』 (2010)に次ぐ第三弾。どちらもウィルソン・イップ監督。日本では2010年の東京国際映画祭で2本同時に上映されましたが、一般公開は順序が逆になりました。
2010年11月『イップ・マン 葉問』公開時に行われた「『イップ・マン 葉問』〜ブルース・リー誕生日記念イベント〜」のレポがこちらに。
第3弾の本作は香港の生活になじんだイップ・マンが、悪徳不動産業者と戦いますが、その役がマイク・タイソンとは、びっくりしました。どういういきさつでこのキャスティングだったのか?!商売では冷酷でも自分の家族には良き父親で、闘いでは潔いところがあるなかなかいい設定でした。ドニーさんのイップ・マンは端正で愛妻家、俺様なところが微塵もなくて女子からの好感度高いです。
『グランド・マスター』(2012年/ウォン・カーウァイ監督)の目の覚めるようなアクションで一躍有名になったマックス・チャンが父兄の一人で登場します。いろいろとありましてイップ・マンと一線交えることになり、それが超重量級のタイソン戦とまた違う見もの。マックス・チャンはユエン・ウーピンの「袁家班(ユエン・アクションチーム)」に20代から所属していて、スタントやアクション指導を長く勤めていた人。奥様が香港のスター、エイダ・チョイ(蔡少芬)、第33回香港電影金像奨で助演男優賞を受賞したとき、無名のころから彼を支え続けた夫人の嬉し涙にくれる様子が映ったそうです。主人公の敵役で腕はたつが冷酷、という役がこれまで多かったのですが、笑顔全開のいい役もたまには振ってほしいものです。
パトリック・タムのチンピラぶりとお約束のブルース・リーの登場シーンをお見逃しなく。(白)


2015年/中国・香港合作/カラー/シネスコ/105分
配給:ギャガ・プラス
(C)2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.
http://gaga.ne.jp/ipman3/
★2017年4月22日(土)新宿武蔵野館 ほか 全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノー・エスケープ 自由への国境   原題:DESIERTO

no escape.jpg

監督:ホナス・キュアロン
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ジェフリー・ディーン・モーガン

灼熱の砂漠を歩く人々。やがて、鉄条網が現れる。国境! 引っかからないようにくぐり抜け、さらに砂漠を進むと、どこからか銃弾が飛んでくる。ちりちりになり、15人いたのが、いつの間にか男女二人になる。残り少ない水を分け合って飲み、怪我した女性を置いて、偵察にいく男。襲撃者は執拗に追いかけてくる。隙を狙って襲撃者の車に乗り込み、逃避行が始まる・・・

舞台は、メキシコとアメリカの国境地帯に広がる砂漠。国境には、簡単にくぐり抜けられる鉄条網が続いている。ここにトランプ大統領は、分離壁を建設しようとしているのかと、なんだか悲しく、虚しくなる。苛酷な砂漠を越えてでもアメリカに移民したいメキシコの人たち。誰だって故国で幸せに暮らせれば、移民などしたくないはず。例え、幸せに暮らしていたとしても、どこにでも行く自由は誰にでもあるはず。国境を閉ざそうなどという心の狭い人がいる限り、世界は平和にならないとつくづく思う。そんなことを、ずっしり思わせてくれた映画。ガエル・ガルシア・ベルナルも、美男子ぶりを封印して不法移民を試みるのに必死な男を体現していて、そこまでして国を離れなければならない人たちが世界に数多くいることに思いが至り、心が痛みました。(咲)

2015年/メキシコ=フランス/88分/ヴィスタサイズ
配給:アスミック・エース
公式サイト:http://desierto.asmik-ace.co.jp
★2017年5月5日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
posted by sakiko at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕とカミンスキーの旅   原題:ICH UND KAMINSKI 英題:ME AND KAMINSKI

bokuto caminsky.jpg

監督・脚本:ヴォルフガング・ベッカー
出演:ダニエル・ブリュール、イェスパー・ クリステンセン

31歳のドイツ青年ゼバスティアン・ツェルナー(ダニエル・ブリュール)は、自称・経験豊富な美術評論家。実は何も実績がなく、かつて盲目の天才画家として一斉風靡したマヌエル・カミンスキー(イェスパー・クリステンセン)の伝記を書いて一山当てようと思い立つ。スイスの山奥で隠遁生活を送るカミンスキーを訪ね、若き日に熱烈に愛し合いながら、彼の前から突然姿を消してしまった恋人テレーゼ(ジェラルディン・チャップリン)の居所を知っていると言って、カミンスキーを旅に誘い出すことに成功する。かくして、二人の珍道中が始まる・・・

カミンスキーは、1920年代にポーランド人の母親とともにパリに出て、マチス最後の弟子となり、ピカソにも一目置かれる。1960年代にポップアート花盛りのニューヨークを訪れ、盲目の画家として時代の寵児となるが、突然姿を消し、スイスで隠遁生活を送っている。
てっきり実在の画家かと思ったら、架空の人物。物語が進むにつれ、カミンスキーがほんとに盲目なのかどうかもわからなくなってきて、狐につままれたような摩訶不思議な気分に。ゼバスティアンが、31歳というのに若々しくなくて、しかも嫌なヤツなのが、段々愛おしくなってくるのも不思議。なんとも可笑しな映画なのです。(咲)


2015年/ドイツ・ベルギー/独語・仏語/123分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch
配給:ロングライド   後援:ドイツ連邦共和国大使館、ジャーマンフィルムズ
公式サイト:http://meandkaminski.com/
★2017年4月29日 YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
posted by sakiko at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

草原の河  原題:河   英題:River

soogenno kawa.jpg

監督・脚本:ソンタルジャ
出演:ヤンチェン・ラモ、ルンゼン・ドルマ、グル・ツェテン

広大なチベット高原で暮らす6歳の少女ヤンチェン・ラモ。春のはじめ、父グルのバイクの後ろに乗って、祖父に会いに行く。祖父は村から離れた洞窟に篭って仏教の修行をしていて、村人から行者さまと呼ばれ尊敬されている。でも、父は4年前の出来事が許せないと言って会いたがらない。重い腰をあげて出かけたが、凍った河を走って氷が割れてお見舞いの品が水浸しになってしまう。手ぶらでは会えないという父の頼みで、ヤンチェンは一人で祖父に会いにいく。
ある日、母羊が狼に襲われる。遺された子羊にジャチャと名づけて母親代わりをするヤンチェン。一方、母のお腹に赤ちゃんが宿ったことを知ったヤンチェンは、お母さんを独占できなくなってしまうと面白くない・・・

海抜3000メートルを越える厳しい自然環境の中で半農半牧の暮らしを営むチベットの家族の物語。
少女ヤンチェン・ラモの仕草が、とにかく可愛い。子羊に、「ジャチャ、ジャチャ」と呼びかけながらミルクをあげるところなど絶品。上海国際映画祭2015で最優秀女優賞を受賞しています。
実は、彼女ありきで出来たのが本作。ソンタルジャ監督が、初監督作品『陽に灼けた道』(2011年)発表後、次は子どもが主人公の映画を撮りたいと考えていた時に、故郷の青海省同徳県で出会ったのが遠い親戚であるヤンチェン・ラモ。彼女を軸に、映画を撮りながら脚本を書いたそうです。
子羊や生まれてくる赤ちゃんへのヤンチェンの思いだけでは物足りないと登場させたのがお祖父さん。文革で一度僧衣を脱いだけれど、改革解放の時代になって、再び僧衣を着て修行をしているという人物。ヤンチェンの家を訪ねてくる母方のおじさんも、文革前にはお祖父さんと同じお寺で学んでいた設定で、かつては一家に一人はお寺で修行していたことを思い起こしました。
撮影も、ヤンチェン・ラモの実際の家族の牧草地やテント、監督の実家などで行っています。チベット人であるソンタルジャ監督だからこそ描けた、チベットの人たちのリアルな姿。変わりゆくチベットの人たちの暮らしを映画に留めた意義は大きいと思います。(咲)


2015年、第28回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門で『河』のタイトルで上映。
チベット人監督作品として、日本で初めて劇場公開される映画。

『草原の河』公開記念 二つのイベント
http://www.tufs.ac.jp/event/tufs_cinema_20170405.html

◆TUFS Cinema チベット映画特集(@東京外大府中キャンパス)
2017年4月15日(土)12:30〜 
『ティメー・クンデンを探して』 『オールド・ドッグ』
いずれも監督:ペマ・ツェテン、撮影:ソンタルジャ

2017年4月22日(土)12:30〜
『チベット牧畜民の一日』撮影:カシャムジャ
『陽に灼けた道』監督:ソンタルジャ
トークイベント(1作目上映後)
「東北チベットの暮らしとソンタルジャの世界」
三浦順子(翻訳家)×星泉(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
司会:武井みゆき(映画配給会社ムヴィオラ代表)

◆『草原の河』公開記念チベット映画傑作選〜ソンタルジャとの出会い〜
@大阪第七藝術劇場
5月6日(土)〜12日(金)

2015年/中国/チベット語/98分/DCP/ヴィスタサイズ
配給:ムヴィオラ
公式ページ:http://moviola.jp/kawa/
★2017年4月29日(土) 岩波ホール他全国順次公開
posted by sakiko at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月のライオン 後編

3gatu2.jpg

監督:大友啓史
原作:羽海野チカ「3月のライオン」白泉社刊
脚本:岩下悠子、渡部亮平、大友啓史
撮影:山本英夫
出演:神木隆之介(桐山零)、有村架純(幸田香子)、倉科カナ(川本あかり)、染谷将太(二海堂晴信)、清原果耶(川本ひなた)、新津ちせ(川本モモ)、佐々木蔵之介(島田開)、加瀬亮(宗谷冬司)、伊勢谷友介(甘麻井戸誠二郎)、伊藤英明(後藤正宗)、豊川悦司(幸田柾近)

零が川本家の三姉妹に出会い、安らげる場所を得てから1年。将棋界では獅子王戦トーナメントがせまっていた。養父である幸田は引きこもりの息子歩に突き飛ばされて頭に怪我を負い、不戦敗となった。後藤の妻の容態は悪化し、難病を抱える二海堂も体調は良くない。生真面目な島田は、故郷の人々からの期待に胃を痛めていた。一方、川本家では、家族を捨てて失踪していた父の誠二郎が突然戻って来る。

前編から1年後の桐山零と、彼をめぐる人々を描いた後編。前にもましてエピソードが数多く詰め込まれているので、140分もあっというまでした。連続ドラマならもっとゆったり描けたでしょうに、関係者のみなさまご苦労様と言いたいです。
零がトーナメントをどう制していくのか?将棋の勝負だけでなく、自分一人生きるのでいっぱいだったこれまでと違い、大切な人を守りたいと願う零が見られるこの後編もお見逃しなく。(白)


2017年/日本/カラー/シネスコ/140分
配給:東宝,アスミック・エース
(C)2017映画「3月のライオン」製作委員会
http://3lion-movie.com/
★2017年4月22日(土)全国ロードショー

“3月のライオン 映画とアニメの展覧会”も開催中
2017年4月1日(土)〜4月30日(日)
西武渋谷店 モヴィーダ館 6階、7階
詳細はこちら
posted by shiraishi at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする