2018年06月17日

ガザの美容室   原題, Degrade

gaza biyoositu.jpg

監督・脚本:タルザン&アラブ・ナサール
出演:ヒアム・アッバス、マイサ・アブドゥ・エルハディ、マナル・アワド、ダイナ・シバー、ミルナ・サカラ、ヴィクトリア・バリツカ、他

パレスチナ自治区ガザ。とある美容室。
電話できわどい話をしている肩をはだけた女性。
ロシア語で会話する母と娘。結婚式を目前にしている。
離婚した女性。
女性ばかりの美容室なのに、髪の毛をしっかり隠した敬虔なムスリマ(イスラーム教徒の女性)に、一日祈ってればとからかう女性。
お腹の大きな女性が産気づく。前に流産しているという。
義母やまわりの女性たちが、彼女を病院に連れていかなければとあわてるが、外では銃弾の音。とても連れ出せる状態じゃない。おまけに停電。
やがて、外がさらに騒々しくなり、負傷した男が無理矢理入ってくる。
大慌てで髪の毛や肌を覆う女性たち・・・

美容室に居合わせた13人の女性たちの様々な人生模様。
ずっと聴こえている騒音は、イスラエルの飛ばしたドローンらしい。そして、銃声。
これがパレスチナの日常なのだと思った。
どんなに攻撃されても、たくましく生きていかなければならないのだと。

「あんたらがハマスを選んだから、こんなことに!」
「私は選んでない!」
「ハマスもファタハも、どっちもクソよ」
「ハマスがもたらすのは貧困と破壊。イスラエルはオマケ」
こんな会話が飛び出してきて、てっきり「イスラエルに侵攻されているパレスチナ」を描いた映画だと思っていたのに、実は国内の勢力争いが日常に大きく影響しているパレスチナの縮図がこの美容室なのだと気づいた。
パレスチナの政治状況を知らないと、よくわからない会話なので、以下、プレス資料 川上泰徳氏(中東ジャーナリスト)のレビューより抜粋する。
****
ガザとヨルダン川西岸は、1994年にパレスチナ解放機構(PLO)の主流組織「ファタハ」の主導でパレスチナ自治が始まった。2006年のパレスチナ自治評議会選挙で、イスラム組織「ハマス」が「ファタハ」を破って勝利した。2007年夏、ガザではハマスがファタハを排除して支配するようになる。ファタハは腐敗して地元の有力家族と結びつき、マフィアがはびこった。一方のハマスは地域に慈善活動、社会活動、宗教活動で民衆に根をはるイスラム組織であるが、強力な軍事部門を有し、ファタハを排除してからは言論を統制する強権体制をつくっている。
*****

ガザで生まれ育った双子の監督タルザン&アラブ・ナサールが描きたかったのは、政治的な問題ではなく、パレスチナの人たちの抑圧された中での日常。
撮影準備をしていた2014年7月、イスラエルによるガザ侵攻が始まり、ガザで予定していた撮影を中止。2014年9月から10月にかけてヨルダンのアンマン郊外で撮影を行った。政治的にしたくないため、あえてイスラエルの侵攻については語っていない。

美容室の外にライオンが見えて、ファンタジー?と思ったら、2007年に自治政府ハマスが実際に行った「ライオンに自由を」という作戦に基づいたもの。マフィアが地元の動物園から盗んだライオンの救出作戦。銃弾も嫌だけど、野放しのライオンも怖い。

原題『Degrade』は、フランス語で退廃という意味。その名前をつけたヘアスタイルもあるそうだ。
退廃した政治のせいで、苦しい生活を強いられている女たち。「自分たちで政府を作ればどう?」と、ヒジャブの女性には「宗教問題相」、電話している女性には「通信大臣」と閣僚を割り当てていく。男たちよりも、生活向上に役立つ政府ができるに違いない。(咲)


2015年/パレスチナ・フランス・カタール/84分/アラビア語/1:2.35/5.1ch/DCP
配給:アップリンク
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/gaza/
★2018年6月23日(土)より、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次公開




posted by sakiko at 21:43| Comment(0) | パレスチナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

6月30日(土)ポレポレ東中野、7月7日(土)桜坂劇場ほか全国順次公開

96133f7796bb7d3b.jpg
(C)NHK 

監督:柳川強
原案:宮川徹志
脚本:西岡琢也
プロデューサー:西脇順一郎
音楽:大友良英
語り:仲代達矢
原案:宮川徹志「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」(岩波書店刊)
資料提供:那覇出版社、那覇市歴史博物館、沖縄県公文書館

キャスト
井浦新:千葉一夫
戸田菜穂:千葉惠子
尾美としのり:石野文男
中島歩:倉持昌幸
みのすけ チャールズ・グラバー 吉田妙子 平良進 津波信一 佐野史郎 大杉漣 石橋蓮司

1972年、沖縄返還交渉の舞台裏で何が起きていたのか。
日本のプライドをかけアメリカと闘った外交官“千葉一夫”を知っていますか?

1972年、沖縄の返還にあたり、アメリカとの交渉の最前線にいた外交官、千葉一夫。
返還交渉の知られざる歴史を描いたNHKドラマを再編集した劇場版。

今まで見ることのできなかった沖縄返還当時の外交資料が、2010年の外務省の「密約問題調査」がきっかけで公開され、この資料で対米交渉・対沖縄折衝の両面でひとりの外交官が大きな役割を担ってきたことが初めてわかった。この作品は、アメリカの理不尽な圧政に怒り、沖縄の現状に泣いた黒衣の外交官である「千葉一夫」の存在を、非公開資料や遺族への丹念な取材から掘り起こした宮川徹志の「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」を原案に、沖縄返還交渉の裏面史を骨太に描いた。TV放映版に、新たな映像を加え再編集した劇場版の上映が実現。

戦前、兵士として通信を傍受する仕事をしていた千葉は米軍の沖縄上陸作戦を傍受したが、何もできなかった。戦後、「いつか、沖縄を取り戻す」と外交官になった千葉は、アメリカと対等の立場で返還交渉に臨み、アメリカの統治下にあった沖縄からの核兵器撤去や、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう激しい外交交渉を重ねた。
 何度も沖縄に足を運び、沖縄の人々と交流し、人々の想い、苦悩に耳を傾けた。政府の思惑、本土との関係、アメリカの態度、押し付けに苦慮したが、妻の惠子に支えられながら返還交渉を続け、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と言われた。
しかし、全国の米軍専用施設面積に占める沖縄県の割合は、返還時は約58.7%だったが、基地を減らしたかった千葉の思いとは裏腹に、現在では約70.6%にもなっている。

基地問題でゆれる沖縄。政府と沖縄県民の思いの隔たりは大きく、基地が増えた分、沖縄県民への負担は返還前より重くなっている。それにしても米軍は節操というものがないのか。あまりに事故や事件が多すぎる。
政府の側に沖縄の県民のことを思いやる人はいないのかと何回も思ったけど、返還交渉の時には千葉一夫さんという人が交渉人として活躍していたということを、この作品で知った。この人がいなかったら、もっと沖縄は惨めなことになっていたことだろう。ことなかれ主義の官僚たちの中にあって、米軍と対等に臨み、激しく粘り強い交渉をし、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」とも言われたらしい(暁)。


公式サイト www.henkan-movie.com
製作年2018年 製作国日本 制作・著作:NHK 配給太秦
posted by akemi at 20:59| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲッベルスと私(原題:A German Life)

geppels.jpg

監督:クリスティアン・クレーネス
オーラフ・S・ミュラー
ローラント・シュロットホーファー
フロリアン・バイゲンザマー
出演:ブルンヒルデ・ポムゼル

ブルンヒルデ・ポムゼルは1911年1月11日ベルリン生まれ。1942年から1945年までナチス・ドイツの国民啓蒙・宣伝大臣ゲッベルスの秘書として働く。1945年、第二次世界大戦終戦後、ソヴィエト軍に捕らえられ1950年までの5年間、強制収容所に抑留される。1950年に解放され、1971年の定年退職までドイツ公共放送連盟ARDで働く。この映像のブルンヒルデ・ポムゼルは103歳。69年の沈黙を破って30時間に及ぶインタビューに答えた。

深く刻まれた皺にこれまでの年月を思います。まるでファンタジー映画に出てくる老樹の精のようです。はっきりした口調で、「何も知らなかった。自分に罪はない」と繰り返し訴えます。全体主義の社会で良い職を得、有能で好ましい容姿(美声でもあったようです)の上司を疑わず、知ろうとせずに過ごしたのでしょう。知るとどうなるか予想がついたから、考えるのをやめたとしか思えません。
『ハンナ・アーレント』(2013年10月 岩波ホールにて上映)の中で、アイヒマンの裁判を傍聴したハンナが「凡庸な悪」と言ったのを思い出しました。悪は悪人が作り出すのではなく、思考停止の凡人が作るという意味です。
著書「イエルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告」はこの映画の後増刷されたそうです。
ブルンヒルデ・ポムゼルは2017年1月27日、106歳で亡くなりました。この日は「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」だそうです。挿入されている多くのアーカイブ映像も貴重。(白)


2016年/オーストリア/カラー/シネスコ/113分
配給:サニーフィルム
(C)2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH
https://www.sunny-film.com/a-german-life
★2018年6月16日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー 
posted by shiraishi at 20:05| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V.I.P. 修羅の獣たち   英題:V.I.P.

syurano kemono.jpg

監督:パク・フンジョン(『新しき世界』)
出演:チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソク、ピーター・ストーメア、パク・ソンウン

北のエリート高官の息子キム・グァンイル(イ・ジョンソク)は、韓国国家情報院と米CIAが合同で亡命させた「企画亡命者」。韓国国内でVIP待遇を受けている。そんな彼が連続殺人事件の有力容疑者として浮上する。警視のチェ・イド(キム・ミョンミン)はグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョク(チャン・ドンゴン)は巧みにキム・グァンイルを追手から逃れさせる。さらに保安省の要員リ・デボム(パク・ヒスン)とCIA要員のポール(ピーター・ストーメア)も、キム・グァンイルを巡って攻防戦を繰り広げる・・・

それぞれの立場の男たちの思惑が複雑に交錯する物語。
夜の香港に降り立つチャン・ドンゴン。街角のレストランのテラス席で外国人の男と対峙する。チャン・ドンゴンが演じる男は、相手から差し出されたステーキを食べずにナイフを突き刺し、古いビルへと向かっていく・・・。
美貌をあえて封印しているチャン・ドンゴン。夜の闇の中で、さらに誰だかよくわからない。やっぱりチャン・ドンゴンは、彼らしくカッコイイまま登場させたほうがいい。(私は格別のファンじゃないですが! 熱烈ファンなら、なおさらそう願うでしょう!)
本作では、キム・ミョンミンやパク・ヒスン、さらに、出番は少ないけれど、国家情報院の幹部役のパク・ソンウンなど渋い男たちの存在感が光っていて、韓国の俳優陣の幅広さに唸ります。(咲)


2017年/韓国/128分/シネスコ/51ch
配給:クロックワークス
公式サイト:http://klockworx-asia.com/vip/
★2018年6月16日(土)シネマート新宿ほか全国 ロードショー
posted by sakiko at 09:20| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

フジコ・ヘミングの時間

fujiko heming.jpg

企画・構成・撮影・編集・監督:小松莊一良
出演:フジコ・ヘミング
ナレーション:三浦透子

フジコ・ヘミング。80代の今も世界を駆け巡るピアニスト。
日本人ピアニストの母とスウェーデン人デザイナーの父との間にベルリンで生まれる。両親と共に日本へ。5歳の時、父は家族を置いて日本を後にする。その後、母は一人でフジコと弟ウルフを育てる。
5歳から母の手ほどきでピアノを始め、東京芸術大学を経て、28歳でドイツ留学。長年にわたりヨーロッパで演奏家として活動するが、風邪をこじらせ聴力を失い、ストックホルムに移住。耳の治療をしながら音楽教師の資格を取得。教師の傍ら欧州各地でコンサート活動を続ける。彼女がピアニストとして名を馳せるようになったのは、1999年リサイタルとNHKのドキュメント番組がきっかけだった。
本作は60代で花開いたフジコ・ヘミングの生い立ちと、80代の今の彼女の日常に迫ったドキュメンタリー。カメラは2年にわたり、パリ、ニューヨーク、ブエノスアイレス、ベルリン、アメリカ・サンタモニカ、東京、京都・・・と彼女を追いかける。

ブエノスアイレスでのコンサート会場でピアノをチェックするフジコ。
「ピアノが悪い!」とちょっと不機嫌だ。ほかの楽器と違って、ピアノは持ち歩けない。
耳が悪いために、オーケストラとタイミングが合わず、演奏を中断する場面も出てくる。
ちょっと我が儘にも見えるフジコ。

フジコが世に遺したいものは、自分の家だという。家にこだわりのあるフジコ。
今も残るラフマニノフの家を訪ねる。
父母が暮らし、自分が生まれた当時のベルリンの家も訪ねる。70〜80年前のアパートがまだ残っている。
そして、現在のフジコの家。パリの古いアパルトマン、東京・下北沢、京都・祇園のど真ん中にある古民家、ベルリン、サンタモニカ・・・ どの家も骨董品がさりげなく置かれた居心地のいい空間。猫たちと気ままに過ごすフジコ。
14歳のときの絵日記も披露される。1946年の夏休みの宿題。父の血を引いたのか絵が上手だ。最後に、フジコは父が日本に遺した作品と対面する。5歳で別れてしまった父。フジコの今の姿を知ったら・・・と、見ている私が感無量に。フジコ独特の世界観も、ご両親あってこそと思った。(咲)


2018年/日本/115分/5.1ch/HD/カラー/デジタル
配給:日活
公式サイト:http://fuzjko-movie.com/
★2018年6月16日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー




posted by sakiko at 14:13| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする